「違和感」を生かす

テーマ:
  

  今年の春は桜の開花が早く、開花後には寒い日もあったものの、比較的お天気に恵まれてお花見日和の暖かい日が続きました。

{BACC74CB-096E-485A-A0BA-3B88A207DCBB}


  現在、日本で見られる桜はソメイヨシノが一般的ですが、これは明治時代以降になって広く植え付けされたもので、江戸時代以前には、桜と言えばエドヒガンやヤマザクラといった、古くから日本の山に生えている桜のことだったのだと聞きます。


  桜だけでなく、明治時代には、いち早く西欧列強に負けない近代国家を築きたいという欧化啓蒙政策の流れの中で、あらゆる産業や、芸術、 教育など様々な場において西洋由来の新しい技術や考え方が導入され、飛躍的な進歩を遂げたといわれていますが

その一方で、徳川期までの日本古来の文化が旧時代のものとして否定され、失われていったものも少なくないようです。


  例えば浮世絵や水墨画といった日本伝統の絵なども、ヨーロッパでは高く評価されていたにもかかわらず、当時の日本では「遠近法も知らない幼稚な絵」として否定され、当時の画家たちは遠近法を取り入れるよう国から強く指導されたといいます。

   学校の音楽の授業なども、子どもたちを西洋式の音楽に慣れさせ、近代的な軍隊で団体行動をとるために必要なリズム感などを養うために導入されたものであり、私たちがよく知る童謡も、そのために作られたものなのだということです。


  剣術や柔術などの武術にしても、旧時代の象徴とされ、稽古をしていると新政府に逆らう不逞の輩と見なされて厳しく取り締まられたりしただけでなく、

軍隊や警察官の訓練や、その予備軍である学校での教育のための課目として導入されるとともに、教官の指示通りに一斉に動くことが出来る「ある程度使える人間」を養成することに主眼が置かれ、

古の達人たちの編み出した精妙な「術」を継承・追求するようなことよりも、武士道の精神などを都合よく解釈した、思想教育的な色合いを強くしていったようです。


  馬術でも、現在、乗馬と言えばブリティッシュ式のスタイルが中心で、日本古来の古式馬術に触れるような機会は流鏑馬や神事などを除いてほとんど無くなってしまっているのは、そのような変革の影響なのだろうと考えられますし、

乗馬クラブのレッスンでも、21世紀の現在でもなお、いわゆる「体育会系」の騎乗者の人格さえも否定するような怒号が飛び交い、指導者が馬術部の学生や少年団の生徒をアゴで使っていたりするのも、そうした思想の名残りなのでしょう。


  長年の欧化啓蒙教育のおかげで、現在の私たちは近代的な建築やデザイン、音楽やダンス、スポーツなどに親しみ、中には世界的に活躍するような人も出てきているわけですが、

  そうした教育の中でいつの間にか刷り込まれ、当たり前のものとして定着している考え方や価値観といったものに、私たちはいつしか支配されてしまっている部分もあるように思うのです。


  例えば、つい最近も行われたオリンピックの中継などでも、選手のこれまでの苦労話や努力の過程などが詳しく紹介され、これでもかと言うほどに感動的な演出がされていましたが、

そうした場で多用される「諦めなければ夢は叶う」「夢を追いかけている姿は美しい」というような言葉や、それによって植え付けられたある種の精神主義的な価値観は、

時として選手や、彼らの活躍を自分の人生に置き換えて観ている人たちの心を縛り、競技生活や、部活や仕事、あるいは恋愛などに見切りをつけて次のステージへと進む決断をすることを難しくさせて、

いわゆる「こじらせ系」と言われるような人たちを生む一因にもなっているような気がします。


  また、スポーツの具体的な技術においても、「頑張っていればなんとかなる」といった単純なメッセージによって、動きの質を考えずただパワーやスピードをつけるためのトレーニングに励んだり、

言われた通りの「正しい基本」を疑うことなくひたすら反復し続けたあげく身体を傷めてしまうような練習方法が蔓延することにもつながっているのではないかと思います。



  私たちの行なっている乗馬や、武術などの世界で本来追求されていた精妙な身体の使い方というのは、

外から見ただけではわかりにくいけれど、受けた相手(馬)にとっては全く違う、というような、質の異なる動き(=「術」)なのだろうと思います。


  そうした動きは、「頑張っていればなんとかなる」と初めに習った形を繰り返しているだけでは、頑張ったという努力感は得られても、なかなか辿り着くものではなく、結局は「無駄な努力」ということになってしまうかもしれません。


  そうした「質的に異なる動き」を身につけるためには、まずそれが出来ている状態がどういうものかということを知り、自分がそれを出来ていないということをはっきりと認識して、その「違和感」を頼りに稽古を重ねていくことが有効だろうと思います。


  「違和感」というものは、手に汚れがついていると洗いたくて仕方がなくなるように、人間の行動を促す大きな原動力となるものであるからです。
 

  
  馬術に限らず、人が何かを学ぶ上では、

「あんなことが出来る人がいるのか!」
「自分も出来るようになりたい!」
「どうしたら出来るようになるんだろう?」
というような感じを学習者に思わず抱かせ、自分が今まで認識していた世界とは違う世界があるのだということを実感させて、

取り除かなければ気がすまないような「違和感」を抱かせるような、トリガー的な存在となる指導者に出会えるかどうかが、とても重要だと思います。


 

  乗馬の場合、騎乗者にとっての何よりの師匠は馬である、というように言われることもあるわけですが、

反抗されたりして何も出来ないのでは違和感どころか練習になりませんし、かといって何もしないのにスイスイ動いてくれても、自分の扶助や動きが合っているのかわかりにくい、というところが、難しいところです。


  求めたことを理解して協力的に動いてくれつつも、微妙な身体の使い方の違いによる「違和感」を感じさせてくれる、

そんな『師匠』のような馬に出会えるといいですね。