ネットショッピングが買い物の主流になりつつあると言われる昨今、皆さんのお家にも商品の入った「ダンボール箱」がいくつも積み上げられていて、処分に困っていたりするのではないでしょうか。

  それらのダンボール箱を処分する時、普通は、底を抜いて折り畳んでから、重ねて捨てることが多いと思います。

{30D7289D-5113-467A-8DA4-AF836F59A36B}

  この時の「箱が潰れていく時の動き」というのは、実は、私たち人間や馬の身体の動きを考える上で、非常に参考になるものなのです。




・井桁崩し

   乗馬では、身体全体を同時並列的に働かせて使うことが大切だと言われますが、いざ馬に乗って手綱操作などを行おうとすると、拳の動きに引きずられるように身体全体が一緒に動いてしまったりすることも多いものです。


  身体が「ひとかたまり」で回ってしまわないためには、「井桁崩し」といわれる身体の使い方が有効です。

  「井桁」とは、木材などを漢字の「井」の字の形に組んだもののことですが、その向かい合った辺を互いに逆方向に動かしていくと、段ボールの箱を畳むときと同じように、正方形から平行四辺形へと変形していきます。
{B7D1128E-7DC5-4610-AC85-3BB1C5C656A0}


   四角形を、一点を中心に回転させた場合には、4つの角の角度は変わりませんが、「井桁崩し」では、それぞれの角が同時並列的にその角度を変えていきます。


  この動きを人間の動作に応用し、例えば胸郭を「箱」として見立て、それを潰していくようなつもりで身体を使うことで、身体がひとかたまりで回るようなこともなく、手足を同時多方向に動かすような、より精妙な動きか出来るようになります。


また、この動き方では、予備動作(反動をつけるような動き)や、タメ、うねり(身体の中を力が順々に波のように伝わっていくような動き)といった動きを伴わないために、素早く、身体に局部的な負荷をかけずに楽に動作を行うことが可能になります。





 


・井桁で抜刀

  例えば、居合でた抜刀するとき、上体を脊柱を中心に回すように捻って抜こうとしても、刀は長いので上手く抜けません。

   敵に斬られる前に素早く抜くためには、もう片方の手で鞘の鯉口を握り、刀を差した腰ごと半身を後ろに下げるようにして鞘を引きながら、真っ直ぐに抜きつける必要があるわけですが、

この時の動きを上から見ると、「井桁崩し」の動きになっています。


{6760E97A-E9F0-4215-ABA3-53B80BEE5FF4:01}







空手などで、相手の突きを裏拳で払う時の動きも、やはり同じです。



  
{2FF8DDFE-1DBA-47A8-BD1B-E242EFBE3DBF}

  

・「回らない」巻き乗り

「巻乗り」は、直進している馬の進路を変えさせ、そのまま円弧を描くように曲がり続けて、一周りして同じ地点にもどったらまた直進する、という運動です。


  簡単なようですが、曲がりたい地点で身体を捻ってグイっと内側の手綱を引いてみても、顔だけ横へ向いたまま直進してしまったりして、スムーズに行うことが意外に難しいものです。


  上手く回れない理由として、まず考えられるのは、乗り手のバランスと、手綱の使い方です。


  蹄跡行進で既に乗り手の体重が外方に偏っていた場合、そこから馬の顔を内側へ向けても、全体のバランスとしては重心はまだ外方寄りですから、馬はすぐには曲がることが出来ません。


  その上、内側の手綱を引くために腰を捻じるようにして上体を回転させると、乗り手のお尻が外側へズレて、ますます外側荷重になってしまいます。


  更に、そうして上体を内へ回転させると、外方の肘や拳が前出し、外側手綱の規制が緩んで、馬の首付け根が外方の肩の方へ張り出すのを抑えることができず、馬の重心が外方の肩の方へ偏ってしまい、これも曲がれない原因となります。



  このとき、騎手の上体を「箱」としてイメージして、その側面を互い違いに前後にずらしていくような感覚で、開く拳と同じ側の半身を前に出すのと同時に、逆側の半身は後ろに残すようにしてやると、外方手綱が緩むようなことなく、馬を内方へ誘導することができます。

{95D1BF18-8C21-40EC-B5C4-7210CC73E085:01}



・駈歩

 駈歩では、例えば右手前の場合、まず「左後肢」が最初に着地し、その後は「右後肢」、「左前肢」と順に着地して、 最後に「手前肢」である右前肢が地を蹴って馬体が空中に飛び上がり、駈歩の一歩が完結します。

  「反手前の後肢」が推進の主役で、「手前前肢」が舵取り役を担うことになり、推進力は、反手前後肢から手前前肢へと対角線上のラインに沿って通り抜けるような形になります。

  そのため、駈歩のときには、馬体は進行方向に対して真っ直ぐではなく、軽く斜め横向きの半身の姿勢で構えたような形になり、右手前なら、馬は身体の右側面を進行方向に向けて走ることになります。

  
{15C36598-B80D-4B26-8A5D-CC603D39B49C}

  上の図では、ただ長方形が斜めになった感じですが、これを、右の肩が前に出るように「箱を潰した形」で走っているイメージにしてみると、より右手前駈歩の動きが理解しやすいのではないかと思います。

  「井桁崩し」で身体を使っているのは、人間だけではなく、  馬も、方向変換や駈歩などの際には、身体を斜めに潰すようにして使っている、と考えることが出来ます。


   駈歩のレッスンでは、「外向きに座るくらいのつもりで」  というように言われることもあると思いますが、ただ外を向いて座ったのでは、顔まで外を向いてしまったり、随伴が出来なくなってしまったりすることも多いものです。

   そこでこのとき、馬と一緒に、騎手の上体の「箱」も、内方の側面を前に、外方の側面を後方へとズラすようにして「潰す」つもりで構えてみると、内方前方への随伴と、内方手綱と、外方の側対扶助の操作とを同時並列で行うようなことが出来やすくなるのではないかと思います。

  



  
 ・手前変換


  潰したダンボール箱を、いったん元の直方体に戻して、そのまま逆方向に潰していく、という様子をイメージすることで、手前を変える際に人馬の姿勢が差し変わっていく時の動きを理解しやすくなり、より馬の動きに添った随伴が出来るようになるだろうと思います。

{D506DBBF-D121-40E4-9E1C-81500FEF6820}



  群泳する小魚の一匹一匹が一斉に方向変換して逆方向へ進んでいくように、身体各部の運動方向を同時並列で転換させるようにすると、身体をひとかたまりで回したりするのに比べて楽に、素早く姿勢を変えることが出来るだろうと思います。

{AFE75143-F1C6-4ABB-9A6C-A187957952D8}




・『反対手綱』


  

  そんな『手前変換』の感覚を養う方法として、


誘導したい方向とは反対側の手綱で、「ブレーキをかけながら押っつける」ようにして、馬を傾けて曲がっていく『反対手綱』のを使ったとジグザグ歩行の練習が効果的です。



①常歩で、まず、どちらか片方の手に、両手綱をまとめて持ちます、


②そのまま、拳を左右に動かして、圧し手綱のような感じで馬の首を横に押し、馬を左右に曲がらせてみます。

  馬はジグザグに進んでいくと思います。

  
③そうしながら、今度は、拳をただ左右に動かすのではなく、自分のみぞおちのほうへ向かって軽く引き上げるようにして、ピンと張った手綱で馬の首の付け根に触れるようにしてやってみると、同じように馬は斜めに進みますが、顔が進行方向とは反対に向くような感じになると思います。

 このとき、顔の向きとは逆側へ馬が進んでいくのは、馬の首の付け根の辺りの重量が、顔の向いている方向とは逆側の肩の方にかかるような状態になっているからです。

  馬がどちらへ進むかは、顔の向きに関わらず、首の付け根から先の部分の重さがどちらの肩にかかっているか、ということが馬の進行方向を決める、ということになります。

④慣れたら、これを両手で手綱を分けて行います。

  馬の体勢を後ろへ起こしてやるつもりで、両手綱でハミの位置を高めに保つ
ようにしながら、左右の脚を使って誘導するようにしていくと、馬体をほぼ真っ直ぐにさせたまま、肩から左右に進んでいくような感じを実感することができるでしょう。


 コツは、上体の「箱」を潰すようにして、開き手綱側の肩や肘を前に出して構え、反対手綱側のブレーキを効かせるように意識することです。

 
このように、  「反対手綱」と、同じ側の脚、そしてハミによって馬の前と側方に壁を作り、唯一壁のない、開き手綱の拳の方向へ誘導するような扶助操作を、『側対扶助』と言います。

  これによって、ただの蛇行とはちょっと違う、前肢が横へ歩くような動きを実感できるのではないかと思います。
  


・『追い越し禁止』

   誘導や駈歩では、「騎手の身体のパーツの中で、回転する方向あるいは手前肢と同じ側の拳が先頭で、外方の脚が最後尾」という順番を守って進んでいくつもりで随伴してやると、身体が捻じれにくくなると思います。
  
  これをイメージするためにも、「、ダンボール箱を潰す動き」は有効だと思います。


  「井桁崩し」の動きは、じつは特異なものではなく、上手な人は自然に行っているのだろうと考えられますが、同時並列の動きの中で無意識的に行なわれる動きのため、あまり意識されることがなかったのだろうと思います。


  お家にある箱を動かしながら、人や馬の動きを色々想像してみるのも面白いのではないでしょうか。

  
  
{2F669BE8-121E-4247-BA8F-116382692533}