「巻き」爪ではないようです | 【足の学校 academy of totaltherapy】スタッフkei の徒然記録

【足の学校 academy of totaltherapy】スタッフkei の徒然記録

ドイツのフットケアを日本人向けにアレンジした【JPポドロジー】。
そのスクール大阪校講師であり直営サロン「足楽」に勤務する
スタッフkeiの日常をちょっぴりご紹介♪

こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

 

 

「痛みが無くなったのでご無沙汰してしまいました」
遠慮がちにそう話されたT様の両小趾は
”どこに魚の目があったんでしたっけ??”というほど
完全に消え去りました。

3か月経つのに再発気配がまったくなし。
これなら忘れられてもいいなあ~と伺うと
今度は拇趾の痛みだそうです。
他店でリフトアップ矯正もされていたようですが
拝見するにさほど巻いてはいません。

かなり前から痛かったとのことで
忙しい中我慢しながら今日までお待ちに。
爪溝にも鶏眼はなく、目立った角化もありません。

内反凹足と開帳足⇒ 外側荷重&前足部の回内で
靴の中で痛い場所に圧がかかることをご説明。
昔ヒールの靴をたくさん履いていた方に多い傾向ですよ♪に
大きくうなずき。
前回から愛用のインソールに加え、「靴を選ばずできる!」と
セルフテーピングも頑張ります!と前向きです。

目覚めた途端に「私どこで何してるんだっけ!!??」と
うろたえてしまったT様、お疲れ様です。
お仕事もほどほどに♪

 

今日も一日お元気で。 kei