【お客様の足】魚の目の塊 | 【フットケアスクール academy of totaltherapy】   スタッフkei のあんな事こんな事

【フットケアスクール academy of totaltherapy】   スタッフkei のあんな事こんな事

ドイツのフットケアを日本に合わせてアレンジした「JPポドロジー」。その技術をお伝えしている【足の学校】のスタッフkeiが、スクールに限らずあれやこれやを(ゆるりと)発信しています♪

こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。

 

 

「当日予約が入りました」

本来ならば予約システムのアラーム音で
そう知らしてくれるはずなのに
「cookie(cooky?)」の処理がうまくできず
音が出ず、スマホの着信を見て焦る私。。
足楽 大阪扇町店、今日はひとり勤務のk。


御昼ごはんの口になっていましたが
いそいそと準備をしお迎えしたのが
イケメンi様。
7月に足裏の魚の目除去(切開)手術を
皮膚科でしていただいたようですが、
角質の塊が大きくなってきて
急きょこちらへ。

見ると塊の下方にはそれらしき跡。
メインの塊付近は特に縫合気配もみられず
気を付けつつもしっかりと削ります。

60分後、
「穴あきましたね(笑)」とi様も苦笑。
魚の目付近の「土手」も削りました。

NBの素敵なスニーカーでいらっしゃいましたが、
この魚の目だとさぞ痛かったことでしょう。
変化してしまった横アーチと魚の目の関係をご説明し
アーチサポートとあしゆびの筋力アップをお伝え、
4週間後のご来店をお勧めしました。

ちょっぴり遠くからご来店くださったi様。
お休みの中、どこかでお手入れしてくれないか、、と
あれこれ探してくださったのでしょう。
お選び頂き、遠いところお越しくださり
ありがとうございました。

埋没してしまっている魚の目、
保護とアーチサポート、できれば継続しての
御来店で一緒に改善していきましょう♪
またのご予約をお待ちしております!

kei