Adobeは25日(米国時間)、Web動画やインタラクティブコンテンツ技術の「Flash」の提供を打ち切る方針を発表した。2020年末までにFlash Playerの配布を終了するとともに、新たなオープンフォーマットへの移行を促していく。

 Adobeの発表にあわせて、Webブラウザを提供するGoogle、Apple、Microsoft、Mozillaや、ゲームなどでFlashを採用するFacebookも、Flashからの移行を進める方針を発表。各社・団体が段階的にFlashのサポートを終了することを表明している。

 例えばGoogleは、現在のデスクトップ向けChromeブラウザでのFlashサポートページが18%に減少(3年前は80%)していることなどを理由に、Flashを段階的にフェードアウトすると説明。Microsoftも、Edgeブラウザでは'18年後半からセッションごとにパーミッションを要求、'19年中盤以降は、Edge/Internet Explorerの両ブラウザでのFlash対応をデフォルトでオフとするなど、徐々にFlash利用を減らしていく。

 Web上で動画やインタラクティブコンテンツを実現する技術として、Flash、Shockwaveは長い歴史を持っているが、近年はHTML5やWebGL、WebAssemblyなど、Flashを代替可能な技術が成熟し、Web上で多く使われている。そのためAdobeは、上記のWebブラウザ提供者らと協力し、Flashからオープン技術への移行を進めるという。

 なお、ゲームや教育、ビデオなど、特定の産業でFlashベースのシステムが構築されているものは、顧客のサポートを継続。また、2020年の提供終了までは、ブラウザやメジャーなOS上でのFlashサポートを継続し、セキュリティパッチなども提供予定としている。