関西国際空港内の事業所の従業員がはしか(麻しん)に感染していたことが判明したと、大阪府が4月7日に発表した。

日本の空の入り口は、今も脅威にさらされている

    空港を運営する関西エアポート株式会社は公式サイトで、感染の可能性がある3月28日~30日に、関西国際空港を利用した人に、速やかに医療機関を受診するように呼びかけた。

    BuzzFeed Newsが同社広報担当者に取材したところ、「空港内のどの事業所から感染者が出たのかについては、これまで府も明らかにしていない。体調に異変を感じたら、すぐに医師に相談してほしい」との回答があった。

   この接触により症状が出現する可能性があるのは4月21日まで。また、受診の際には、事前に医療機関へ電話連絡の上、周囲への感染拡大を防ぐために、公共交通機関の利用は避けることが求められる。

   同空港では2016年にも、グループ会社の従業員1人がはしかに感染したことをきっかけに、合計33人の集団感染が発生している。

なぜ、このような注意喚起をしたのか?

   それは、はしかが空気感染をする病気であるためだ。

   はしかは「麻しんウィルス」を病原体とする感染力の強い病気で、空気感染だけでなく、飛沫感染、接触感染でも、人から人に感染する。はしかに免疫を持っていない人が感染すると、発症率はほぼ100%と言われる。

    原因の除去には陰圧室のような設備や、特殊なフィルターが必要で、手洗い・マスクのみでは予防できない。そのため、当該時期の空港利用者全員への呼びかけになった。

    主な症状について、厚労省は公式サイトで次のように説明している。

   “感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。”(出典:麻疹について - 厚生労働省)

   また、妊娠中にはしかにかかると流産や早産を起こす可能性もある。妊娠時はワクチン接種ができないため、はしかの流行時には外出を避け、人混みに近づかないようにするなどの注意が必要だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00010001-bfj-soci&p=2により作成します。