フェイスブックが暴露された。ワクチンに関する情報を世界的に検閲している証拠です。 | 木下顕伸の日本・中東・世界情勢の解説
新型コロナウイルスに関する情報について

木下顕伸の日本・中東・世界情勢の解説

中東情勢を理解すると世界がわかる!日本人は中東問題に無関心だが石油の輸入依存は周知。中東問題、欧米・ロシア・アジアとの関係は、理解不能でも石油利権の考察で、複雑な関係は理解できる。そして、世界から見た日本のあり方も見えてくる。

 

 

 

米国の友人が送ってくれました。

https://www.projectveritas.com/news/breaking-facebook-whistleblowers-expose-leaked-internal-docs-detailing-new/

以下記事の内容です
Facebookが、ワクチンに関する懸念を世界規模で秘密裏に検閲するための新たな取り組みを示す内部資料を公開 Facebook社からの回答です。"私たちはこのポリシーを会社のブログで積極的に発表し、またヘルプセンターを更新してこの情報を伝えました。" -Facebook社のスポークスマン 2人のFacebookインサイダーが、「ワクチンへの不安」(VH)を世界規模で抑制する計画を詳細に記した社内文書を提出しました。 この機能の目的は、VHのコメントに対するユーザーの露出を「劇的に減らす」ことだと述べています。また、"作成、「いいね!」、報告、返信など、VHコメントへの関与を減らす "ことも目的としています。 あまりにも衝撃的な事実だったため、1人だけでなく2人の内部告発者がProject Veritasに名乗りを上げ、この言論の自由を抑圧する計画を一般の人々に知らしめることになりました。 あるフェイスブックの内部告発者によると、フェイスブックでは、コメントの検閲や埋没を決定するために、段階的なシステムを使用しているそうです。 潜在的に、あるいは実際に起こった出来事や、安全性に懸念を抱かせるような事実を記述した「衝撃的なストーリー」を含むコメントは降格されます。 情報源によると、コヴィッドの予防接種について懸念を抱かせるような "本当の出来事や事実 "は、その信憑性や公共の利益に貢献する能力に関わらず、降格されたり隠されたりするのが妥当だという。 "何かしなければならない」とフェイスブック関係者の一人は語った。 Project Veritasは、これらの文書についてFacebookのトップ・スポークスマンに連絡を取ったが、返ってきたのは簡潔で大まかな声明のみで、透明性に関する我々の最大の疑問には答えられなかった。 "彼らは、あなたのページに掲載される前に、あなたが見る前に、このコンテンツをコントロールしようとしています」と、もう一人のFacebook関係者は付け加えました。"もし私が仕事を失ったら、どうすればいいのか?でも、それは私にとってはあまり気にならないことです。" [ニューヨーク州ウェストチェスター-2021年5月24日] 2人のFacebookインサイダーがProject Veritasにリークされた内部文書を提出した。