財務省の闇を藤井厳喜氏が高橋洋一氏に聞く | 木下顕伸の日本・中東・世界情勢の解説

木下顕伸の日本・中東・世界情勢の解説

中東情勢を理解すると世界がわかる!日本人は中東問題に無関心だが石油の輸入依存は周知。中東問題、欧米・ロシア・アジアとの関係は、理解不能でも石油利権の考察で、複雑な関係は理解できる。そして、世界から見た日本のあり方も見えてくる。

1.財務省の特異体質は、出世主義と特別階級意識である事を元財務官僚が説明。

 

2.特別会計は、政府の子会社の資産、1000兆円、日銀450兆円。

 

3.政府は、バランスシートの負債だけを公表し資産を公表しない。

 

4.財務省は、子会社の資産と収入を見せたくない。何故なら使途を追求されるから。

 

5.消費税は、一人の官僚が出世の為に政治家を騙した。