ビーコンヒルに登る 青空金魚市 今日の夕ご飯と猫たち | 上海男の料理日記【香港奮闘編】

上海男の料理日記【香港奮闘編】

香港で旅行会社を経営しておりますが、おかげ様で売上が上がってきました。過去の負債もどんどん返済出来てきて嬉しい限りです。

今日は朝6時からビーコンヒルに向かいました。
これは頂上からちょっと下のところで
香港島を望んだ風景です。海がきれいですね。
家を出てモンコック(旺角)から
セッキッメイ(石硤尾)公園経由で
チンタラ走って行きます。
 
タイチ(太子)を過ぎたら

 

あれ?突然ビニールに入れられた
金魚がたくさん道路に並べられてます。

 

人もたくさんきてます。
地べたに魚の入ったビニール袋が
たくさん置いてあってなんだろうと思ったら
金魚市場なんですね。

 

よく見るとビニールに値段が書いてあります。

 

小さい魚はこんなにたくさんで
HK$40(560円)ですよ。

 

これもしかして金魚街の
金魚屋さんが買いに来てるのかな?

 

こんな夜が開けたばかりに
こんなに人が集まってますからね。
山の上に見えるドーム、
あそこが今日行こうとしている
ビーコンヒルの頂上です。

 

ヤウヤッチュン(又一村)までくると
随分近づいてきた感じですよね。
 
セッキッメイ(石硤尾)公園です。

 

この先の坂道がきついんだ。
途中まで走って登りましたが
全部は無理でした。
もうここでも汗びっしょりです。
まだ気温30度になってないのにね。
 
歩道橋で道路を渡り、
ようやく山に登る道に入りました。

 

途中階段で登るところもあります。
ちょっと風景を見てみました。
ここで標高100mくらいかな?
 
ここから約3km、コンクリート舗装された
登山道を歩いたり走ったりして
頂上に向かいます。
途中2箇所水場があるので
立ち寄って頭から水を被ります。
そうしないと暑くて死んじゃう。
 
標高457mの頂上まで登りました。

 

このビーコンは民航局のもので
飛行機の運行に役立つ無線信号を発しております。
だからビーコンヒルって言うんですね。

 

これがあるおかげで山頂からの
見晴らしはよくありません。

 

北を望むとシャーティン(沙田)から
ずーっと先のマーオンシャン(馬鞍山)
まで見ることができます。
南側は視界が開けてません。
階段状の登山道を降りると
こんな感じで南側を望める場所がありました。
真正面に見える山、右側のピークは西高山、
その次のピークはビクトリアピーク、
漢字ではただ単純に山頂と呼びます。
左端に見えるビルはICC、
一時期世界一の高さのビルでした。
488mの高さがあるのでここよりも高いですね。
 
ここで写真を撮影してから下りはずっと走りました。
キロ5分20秒から30秒で下まで走りました。
疲れちゃったので下からはバスで家まで帰りました。
 
夕方お買い物に行こうとしたら
牛柄が車の上でくつろいでました。
ちょっと撫でて街市に行きます。
 
野菜を買って帰ろうとしたら線香屋さんに猫が。
だんだん近づいてきます。
あれ、マッチャとよくにた模様ですね。
背中の模様もよくにてます。
姉妹かと思っちゃいますけど
マッチャは中国との国境のそばで保護されたから
他人の空似なんでしょうね。
うちの子よりもちょっと太めかな?
 
夕ご飯はジェニーのリクエストでハンバーグです。
ポテトフライも作りました。
お味噌汁はナス、サラダはレタスだけ。
お新香はきゅうりとニンジンと生姜です。
なんとマッチャを撫でることができました。
今朝から餌を上げるときに顔を擦り付けて
甘えてくるようになっていたので
背中を撫でてみたら逃げません。
なに?と振り返っていますけどね。
そして靴の匂いをかぐのが好きなんですよね。
変な猫ですね。
 
今日の出費
バス代 HK$6.2
お米 HK$122.8
野菜 HK$10
合計 HK$139
 

↓クリックお願いします。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ