天龍寺入り口で英語で案内され…
いや、わたし日本人です…笑

リーフレットに参拝の順路らしきものが書かれていますが、すべて感覚で進む事にしました。

わたしなりのいつものやり方です。

見所みたいなところを見落としてるかもしれませんが、
わたしの感覚に語りかけてこないものは無視します。

最初に、おやっ?と思ったのは
"復元の流れ"という石碑が立つ小川?です。
写真撮らないでいいっかな〜と思いつつ、
気になる感じがあったので撮影。

{74EDA3C1-EA20-4AB2-9E7A-A53B0649B695}

柔らかくて朧げ、女性的で幻、妖精のような、
でも人の形を成さない何かを感じます。
たくさん可憐で綺麗なお花が咲いていたので、
それらの陽気かもしれません。

{6A8E730B-F961-4E74-B9CB-FEDB43D7E964}

先に進むと、目の前にハチが現れました。
空中停止してわたしを見ています。

後ろから別の観光客が来たらいったん退いて、
彼女たちが通り過ぎたら、
またわたしの目の前に戻り、
明らかに目線を合わせるのです。

ハチなのにわたしはまったく怖くありません。
攻撃してこない事を分かっています。

この場に歓迎されていると感じました。

「ありがとう!」と言うと、サッと消え去りました。




庭園といわれる場所に出ました。

つづく。まりかく。



人気ブログランキングへ
励みになります!ポチッとお願いします(*^^*)