★ソロ登山★ | ジョイフルタイム店長のblog

ジョイフルタイム店長のblog

東京都八王子市千人町にある小さなトレーニングジムです。 
そこで働く店長のブログ       
電話 042-665-0336


テーマ:
ソロ登山に行く!
 
と言いながら無理やり人を誘い
 
無理やりに誘っても誰も来なくなりましたので、ソロ登山を始めるのは今だ!と、奮起しました。
 
 
 
そこで川苔山へ登ろうと思いまして、登るためのルートを探すと、渓流沿いを歩く登山道を見つけました
 
川苔山というと百尋ノ滝(ひゃくひろのたき)というメインスポットがあるのですが、それよりも昔、有人の山小屋のあった獅子口小屋跡を通るルートを選びました
 
昭和58年ごろまで営業していたそうで、それこそその当時は何十年もの間ハイカーで賑わっていたそうで40年・50年・60年それよりもっと前から登山愛好家の方々が登って楽しんでいたと思うと、その当時のルートを歩きたくなりました、ロマンを感じます
 
登山道の入り口
とりあえず獅子口小屋跡まで1時間半程です
整備され、歩きやすいですがところどころ斜面沿いの登山道が狭い個所もあるので注意が必要です
気温は1度程、身体は熱いので身体から湯気が出てました
相当昔に使っていたわさび田、当時のままこうした景色が残っているというのを見るのも登山の楽しみです
 
最近も使われているわさび田もありました
 
とりあえず、到着  
 
獅子口小屋跡、石で積み上げられ、結構大きな山小屋だったのだろうと回想させられます
 
 
ここで、少々休憩していると
 
かなり近くで、『グルルルルー!!!!』と、低く大きな唸り声が聞こえビックリしました
 
周囲を目を凝らし手に石を持って構えました
 
熊か!
 
熊の動きは素早く、奥多摩の熊は冬眠しないそうで一年中遭遇することがあると聞いていたので、すぐに小屋を後にしました
 
後から、その声をユーチューブで何の動物か探すと『猪』でした
 
 
その後も何かが後をつけてくるんじゃないかと不安です
 
山を登ってると、突然『ギャー』と、鳥の飛び立つ音なんかも突然なので結構ビックリします
帰宅後にネットで見つけた当時の建物、わさびで有名なようで、現在は梅郷の方でお店が営業しているそうです
 
急な斜面をしばらく登りやっと尾根
 
普段は登山中にはあまりおなかは空かないのですが、斜面が続いたので久しぶりに感じた空腹
 
カレーメシのビーフ味!!!
 
この味しか売ってなかったのでビーフです。
7分か8分くらいでトロトロ
激うま!!!!
一食分の量も500キロカロリー以下なので丁度良いです、この日は足りなかったので他にもエネルギーを補給しました
 
川苔山の山頂に到着すると、男性一名と会った以外は誰とも会いませんでした
 
メジャーなルートを外した里山に登るのは不安はありましたけど~、この自然との距離の近さと一人で自由な感覚が最高に気持ちいです

 

自宅5:00に出発し

 

7:30から登り初め

 

13:00に下山

 

ペース的にも、予定通りでした

 

フィットネスジム・ジョイフルタイムさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ