★釣り★

テーマ:
お盆休みを頂きまして、ありがとうございました
 
 
連休が続きますと、完全オフ気分になり
楽しみにしていた連休だったのに、胃腸の風邪にかかりまして今回も体力の回復に努めました
 
 
 
昨日の休日は、そろそろテント泊登山を計画しようと、ジムに通うYさんの指導を受けました
 
学生時代から山岳部で鍛えて来られ、クライミングやロープ技術など経験を活かされて、緊急時の対処などなど、50年以上の経験を持ち合わせています
 
Yさんの装備は軽いかと思いきや、常に40mのロープやハーネスなども装備しているので装備重量は重いです
 
軽さも重要ながら、重い装備でも耐えられる身体を作る、と昔は40kg、50kgと装備を担ぎ登山も訓練として行っていたそうです
 
『テントを、かつげなくなる体力になったら登山は降りる』、と自分の中の基準があるようです
 
 
今回のレクション用に用意されたこのテントも冬山でも対応出来るように全て入れて3kgと重さは軽くはありません
 
夏はツェルトという、雨風をしのぐことのできるシートでカバーする事もあるそうです
 
 
 

ただ一応、今回のメインは渓流釣り

 
私も渓流釣りは好きですが、源流近くまで上がり釣った事はありません
 
天然のイワナやヤマメを釣ることができます
 
漁業組合で放流される区域よりさらに上流へ足を運びます
 
 
林道の終点から6km以上は山奥へ向かいます
到着するまでは登山
 
 
結果、天然ヤマメをゲットしました
たどり着けばそこがポイントなのではなく
 
さらに人が入らないポイントまで足を伸ばします
 
いやな予感はしていましたが…
持参されたロープ
 
 
 
 
 
朝4時に自宅を出発し、釣りのポイントで合流
 
メジャーな山ではないので、周囲に人はおらず駐車場から身支度をし黙々と歩き始めます
 
携帯も圏外
 
GPSを頼りに目的地まで向かうのです
 
沢の音しかしないこの感覚
 
結構好きかも
 
 
 
このロープワーク
 
必要に迫られる事はまず無いと思っていましたが、それは突然訪れます
 
 
 
ロープと言うと、首を吊るくらいしか思い浮かばない(笑)
 
と、笑う所でございますが
 
家内に言った所
 
家内
「全然笑えないんだけど」
 
と、恐らくネット上でも叩かれるであろうギャグです
 
 
がけや岩を登ったり平行移動するため、落ちたら死んでしまうやつなので、レクチャーは真剣に受けないとヤバイです
 
 
テンションを保ちながら崖を先に登ったところ
川に落ちた時のためのロープ
 
ただし、自分でつけてる装備には防水加工がされていないので、iphoneは確実に水没します
 
映像ではそれ程と感じませんが、途中の岩はグラグラするし足場は悪いしで気を抜けません


いくつかの、ロープ技を習得しました
 
危険箇所でもロープ技術がつけば割と安全に登れます
 
が!
 
私の求めている、快適登山のハイキングではなくなりつつあります
 
ハイキングコースにロープ使う所は無いし
 
 
今回は記念にハーネスやカラビナをプレゼントされました
 
そして首吊りロープの40mもプレゼント
 
ロープをやらなきゃいけないみたいな感じになってきました
 
渓流釣りをする際にはロープ技術が必要で、これが無いと奥地にいけず、魚をゲットする事が出来ません
たまたまこうした経験者の方が居ていただいて、安全に行うことが出来たのは本当ラッキーでした!
 
足を滑らせたらどうしよう、つかんだ岩が崩れたらどうしよう。。。と、想定しながら慎重に行動することが出来るのも自然の楽しさです
 
終わってみての感想は。。。
 
楽しい!またやる!
 
 
 
帰りの登山道に居たミヤマクワガタ君
 
持ち帰ろうとしましたが、自然にいれば長生きしそうなものが、持ち帰って子供のおもちゃにされたら可哀想なので開放してあげました