★山★

テーマ:
今年、登りたい山のピックアップは出来ていてもなかなか行くに至りませんでした

明日には上高地が山開きになるそうです

先週に山開きと勘違いしていましたが今週です

平坦地が続くので、登山と言うよりハイキング

日々のメンテナンスのおかげで足はなかなか良い感じで、最近まで足を固定していましたが今は外して様子を見てます

ただその上高地も情報によると6月過ぎ頃が、新緑が混じりさらに壮大な景色になるそうで、今行く時期を考えてます

山は逃げないので、じっくり検討します



逃げるのは家族

誘っても

「ジムの人達と行っといでよ、私達を巻き込まないで!」

と、言われます

ジムの人達はガチ登山家だから、森林限界と言われる樹木が無くなる高度が自分の限界にもなりそうで怖いのです



よい言葉が思いつきませんが、景観がすごく綺麗で

どこからやってきたかわからない岩がゴロゴロしていて自然の脅威を感じます

噴火によって積もったのなら、岩のかけらとして尖っていたり割れたりする光景が見えるわけですが、山の上に河原の石のように丸く、しかも数百倍の大きさの石だと、どこからか流れてきたか?  かなり昔に海底だったとしてもさらに、流れてくるならさらに大きな丘があったはずだし、どのように形成されたのかとても不思議です

今のところ、地形が何億年とかけて次第に盛り上がってきて、下から突き上げられたのだろう、と言う自分の勝手な考えが一番しっくりきます


西暦が始まってからは今の地形だと思うので、地球や宇宙の誕生から考えると人類はほんのわずかな時代を生きる生き物なんだとつくづく感じます

その自然に形成された地を歩くのが魅力的でまた楽しいのです

歩くより休んでる時間が長いですが


そろそろ登りに行かないと、行く行く言って行かない人間になってしまい、本当は山が好きじゃないだ、と痛い所を突かれそうなのでちゃんと登りに行きます