【リブログ】それも、逆をする、なのね。 | ま、産婦人科医なんですケド。

ま、産婦人科医なんですケド。

 
   
   
   
   
おなかの赤ちゃんの声を通して
愛を伝えていく
産婦人科医のブログ


テーマ:
お医者も
大丈夫って言いたいし
治るよ、って言いたいことは
もちろんあるのです。


でもね、
私なんかはもう最初から
「わからん」言うようになった。


そう言うようになってから

クレームが減りました( ̄∇ ̄)


びっくりよ。




100%大丈夫って
飛行機乗るときも
バス乗るときも
何するときも
ないのよね。



100%があるとすれば
いつか死にますよ
くらい。



それが1秒後なのか
50年後なのかは
わかんないけど。



それもいつかなくなるかもしれん
(「死」の定義によるだろうけど)。




んで、
みんな、かどうかわかんないけど
患者さんとしてくる人は大抵
「自分の思いを後押ししてほしい」のね。

で、
表面的に言ってることと
後押しして欲しい思いが
違うこともよくあるのね。



だから
お医者が言うことが気持ちよく聞こえたら
それは
あなたの思いに合致してるから
ってだけで、


そこに「医学的に正しいかどうか」は
実は関係無かったりする。




でね、

もし本当に
その状態を良くしたいなら



あなたの思いに合致しない方を選ぶ、という選択が
良いことも、あるのです。




それも、「逆をやる」ってこと。




手術したくないのに手術を勧められた
みたいな時に


手術をするのが「逆」なひとも
医者のいう事を聞かずにいるのが「逆」なひとも
別の方法を探しに行くのが「逆」なひとも
いる。



いつもの自分ならしないことをする。




それでうまくいくことも
そうでないこともあるけど、


大切なのは
その状態とどう付き合うと自分が決めるのか
なのねん。




決めたつもりがなくても
やってることがその現れだったりするので
そこちょっと意識してみるのは
ありだと思いまーす☆





かんな@胎内記憶を持つ産婦人科医さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス