試写会で観てきました★



あらすじ:ハイスクール時代はチアリーダーのアイドル、30代の今はシングルマザーでハウスクリーニングの仕事をするかたわら、かつての恋人と不倫中の姉・ローズ。妹・ノラは、バイト先で逆ギレしてはすぐクビになってしまい、いまだ父親ジョーと実家暮らし。ジョーは怪しげなお菓子の訪問販売で一攫千金を狙い、ローズの息子オスカーは何でもナメるクセが原因で小学校を退学に。そんな人生にぶきっちょな家族が、ローズとノラが始めた“新しいビジネス”で自分たちの生活を立て直そうとする。それは犯罪や事件の現場をクリーニングする、ちょっとあぶない“清掃業”だった。

◆JOY◆ ~つれづれ日記~

『魔法にかけられて』のエイミー・アダムスは可愛かったなぁLOVE
今回はガラリと変わって・・・ちょっと人生に疲れてるシングルマザー。

学生時代の栄光を今も忘れられずに、引きずってる姉ローズ。
妹に嘘をつき、子供を預けて夜な夜な学生時代の恋人と不倫中。

毎日鏡の前で一人、うまくいかない現状を『私は強い、パワフル・・・』と自分に言い聞かせて現状を受け止めている。

◆JOY◆ ~つれづれ日記~
妹のノラもまた不器用。
何やっても続かず、空回りするばかり。

バイト先もトレーをひっくり返し、逆切れして首になってしまう。

◆JOY◆ ~つれづれ日記~

子供の学費を稼ぐために、高収入を得られる事件の痕跡が残る現場をキレイにする清掃業を始める。
母は強し、と言うけれど・・・血はもちろん、臭いも残る現場の掃除だなんて、なかなかやろうとは思わないよね。

二人の清掃業が軌道に乗り始めた、と思った矢先トラブルが起こってしまう。

ローズが同級生たちとの集まりに、ノラ一人に仕事を任せてでも行きたかった気持ち・・・分からないでもない。

今までうまくいかなかった人生、やっとやりがいある仕事を見つけたローズ。
セレブな友人たちに、私は起業してうまくやってる、とちょっと自慢したかっただけなんだよね。

・・・が人生、ドラマのように簡単にうまくはいかない。

時にみじめで、苦しくて、失敗して悩んだり、落ち込んだりもする。

だけどそこでくじけずに、また立ち上がって前へ進んでいけば、希望がきっと見えてくる。

どんなときでも家族はかけがえのない存在。
学校で“私生児”といじめられたと話すオスカーに『私生児はかっこいいんだよ』と笑いとばすノラ。

もちろん喧嘩もしたりするけれど、支え助けてくれる家族の存在はあたたかい。

◆JOY◆ ~つれづれ日記~

最後にちょこっとだけテレビに映る映画のシーンが、彼女達の未来に希望を暗示してるように見えました。

じわっと胸があたたかくなる作品でした。