主観的な感覚と客観的な数字

テーマ:

No.222



こんにちは。  


【鹿児島、徳之島】

健康運動指導士&コンディショニングトレーナーの大田勝也です。



今日でお盆休みも終わり。

明日からバリバリ働きます!!



さて、最近の坂ダッシュで新たに取り入れたモノがあります。


それは、


「ストップウォッチ」


です。



単純に何秒で走れるのかを知りたいと思ったので購入しました。




そして、実際使ってみると思わぬ発見が!!!




【坂ダッシュ1本目】


タイム1155

(タイム測ると面白いな~)




【坂ダッシュ2本目】


(1本目より速い気がする!タイム出たんじゃないか!?)

タイム1196



1本目より遅っ!!!




こういった具合に、

タイムと自分の感覚に大きくズレがあるのを知りました。


・主観的な感覚

・客観的な数字


客観的な数字は嘘つかないですもんね。


そして、私の主観的な感覚は錆びついますね笑




運動やトレーニングにしても、

客観的に見てもらう必要性を改めて感じますね!



正しく評価してくれ、動きのクセを指摘してくれるトレーナーを見つけましょう!!







本日は以上です。


大田勝也