苦戦する紙媒体と電子書籍

テーマ:

日々の生活の中で紙媒体の減少を感じることが多くなった。

以下の内容のように新聞や雑誌の部数は確実に減っている。

紙媒体に愛着を持っている人もいるが、電子書籍の方が軽く持ち運びが便利である。

紙の辞書を学校に持って行くよりも、電子辞書を持って行く方が楽であり、単語を調べる時間が短い。

この現実が数字に表れているし、高校時代でも電子辞書の所有率は高かった。

ニュースでも、新聞を駅で購入し電車や会社で読むよりもスマートフォンで片手で無料で読む方が断然お得である。

個人的に考えても、お金を支払い有料でWeb版を購読したいとは思わない。

 

自分で雑誌を作って見たいなと思っていたので、是非利用してみたい。

データを作るまでは可能だが製本となると背表紙の部分が不安になる。

開きにくくなったり、ページが取れやすくなったり、と考えるとどうも制作に気が向かない。

しかし、この会社を知り制作にあまり不安を感じないので作ってみたいなと感じた。

 

これは新しい良い考えだと思うが、名刺を入れるということは個人情報を手渡すということであるから、あまり入れようとは思わない。名刺にはメールアドレスが記載されているし迷惑メールの原因になると思った。

これは若い子に向けたアプリだなあと思う。

おじさんとか、おばさんが使うと冷めそうだが、高校生などはツイッタラーなどがウケ狙いで使いそうだなと思った、需要はあると思う。

ツイッターで使いたい時とかに便利だなと思った。

 

リンク先 https://niconare.nicovideo.jp/watch/kn2788

スライド製作者リンク先http://www.enspire.co.jp