シアター・ジョウ 2018 新春公演
たいらじょう デビュー25周年記念作品


新作「燭/TOMOSHIBI」


無事、全公演を終えることが出来ました!


これまで、子ども向け作品ではオリジナルを幾つか手掛けて参りましたが、大人のための作品でのオリジナルは今回が初となりました。


以前から取り組みたいとは思っていたものの、中々実現出来る機会がありませんでした。舞台デビューから25周年を迎える今年、今ならこの挑戦をしてみても良いのではないか?…と、公演を決意しました。


とは言え…自由な挑戦が可能となる「シアター・ジョウ」が無ければ実現していなかったであろうこの公演。そういう意味でも、このシアター・ジョウという場所にもつくづく感謝です。



色々な意味で極度の緊張に包まれた4日間…。
ちょっとこれまでき味わっとことのない様な緊張で、最終日まで変なソワソワ感が抜けませんでした。


どうなることかと思った今回の公演…

この全く得体の知れない演目にも拘らず、多くのお客様にご来場いただき、熱い熱い感想を沢山お寄せいただくことが出来ました!

本当に本当に、ありがとうございます!




毎公演、全く異なる雰囲気となりました。



爆笑に包まれた初日。
静けさと緊張の2日目。
どこかほのぼの、温かな3日目。
激動の最終日。

という感じでし。



前日よりも更に良い舞台にしようと、日々試行錯誤を重ね、この作品の持つテーマをじっくりと深めていくことが出来ました。



狭い空間にも拘らず、休憩なしの100分間…、ご来場いただいた皆様、最後までご覧いただき、本当に本当にありがとうございました!!



アンケート、全て読ませていただきました!皆さんのSNS等での投稿も拝見させていただいております。FAXにて、数枚に渡るレポートをお寄せいただいた方もいらっしゃいました!

どれもこれも詩人の様な…美しい感想ばかり。思わず涙が…。

全ての感想にコメントバックしたくなるようなものばかり…、いつかそんな特集もしてみたいものです!


この作品を通して伝えたかった、人と関わるもの全てとの関係…その素晴らしさ、恐れ、喜び…、それらこれらを、演劇というファンタジーを通して実感体感し、命の凄まじさを見つめつつ、明日を生きる力を蓄えていただけたなら、これほど嬉しいことはごさいません。



{C70DDE81-D802-461B-B968-0D697EA541FF}

架空の物語「G線上の女神」
その、女神
パメラの人形です。

公演を終え、ホッとしてるご様子。

つくりかけの人形…という設定です。

内部を空洞にしたく、デザイン画の時点では良かったのですが、そこから先は試行錯誤の連続でした。

苦労の甲斐あって、彼女の不思議なまでの妖艶さが、舞台を支えてくれました。






{65C2FEA8-DF3C-4EC7-AE6E-9CF73E94D0B8}

ブラックバックで…
パメラをもう1枚!






{20C45BC9-AA32-43FA-898D-84A311347E3E}

走馬灯の人々…
総勢120名。


紙コップに彩色をしました。

紙コップそのままの状態に絵の具で塗ると頼りないので、全て、下地としてガーゼを貼り込み加工→その上からジェソ(下地塗り)→そして彩色→更に木工用ボンドでツヤ出し&強度強化を施しました。

写真は劇中に現れる「走馬灯タワー」

この後、これが大変なことになってしまいます。

そのシーンはとてもうまくいきました。



それぞれの紙コップには役柄があります。

私がこれまで演じてきたキャラクターを始めとし、現代社会の日常に存在する人々も居ます。






{068A0E83-CECC-436E-8421-939765B08B7C}

終演後の舞台の様子です。

お客様にも撮影を楽しんでいただきました。






{7DCB779B-18E3-482C-80FD-7ADABDCB124B}

終演後は、走馬灯の人々が、まるでお花畑の様になりました。



今回の公演はこれまでにない大きな挑戦でした。

久々に…
かなり、かなり…
倒れる程に緊張しました。


これまでの人形劇経験で培った技法手法諸々の全てをこの舞台に踏襲させてみました。


近々、本作の脚本を、シアター・ジョウにて、一般の方にも販売したいと思っています。ぜひ、台本を読み返しながら、また色々と想像を膨らませ楽しんでいただきたいものです!


そして…
我こそは!
「燭/TOMOSHIBI」を演じてみたい!
という挑戦者!求む!笑。



語りたいことが山程あるのですが、今日はこれくらいにしておきます!


早くも次の新作の仕込みに追われております。


この「燭/TOMOSHIBI」を含め、4本の新作が同時進行で仕込まれておりました。ひとつは無事クリア!!笑。ここからは残りの3作品に集中出来ます!!

そのうちのひとつは大作でして…、昨年の夏に脚本は書き終えました。が、大変な作業はこれから…。この春頃、情報公開となります。

その他の作品も随時発表されますので、お楽しみに!




「燭/TOMOSHIBI」

上演に際し、お世話になった皆様、本当に本当に!ありがとうございました!

美術チームの皆さん!本当にお疲れ様でした!!連日に渡る長時間作業!妥協を許さぬチームのスタンスに支えられました!

シアターオペレーションのMちゃん!今回も本当に素晴らしいオペレーションでした!ほんと緊張したよねー!!お疲れ様でした!

作品にご理解いただき、多くの支えや励まし、そして貴重なご意見をくださった関係者の皆様!事務所スタッフの皆様!本当にありがとうございました!!

そしてそして、重ね重ねになりますが、この得体の知れない演目に期待を掛けてご来場いただいたお客様!本当に本当に!ありがとうございます!こうしてご来場いただき、観て頂かないことには成立しないこの世界。開催を決めたときには「観に来てくださる方は居るのだろうか…」と不安にもなりましたが、予想を上回る反響に、私自身、驚いております。


パメラはあそこまでして何を伝えたかったのか…。

その問に更に向き合い、本作をより深めていきたいです。



これからも!皆様に一層喜んでいただける舞台をお届け出来るよう!精一杯がんばります!!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!




さて、来月はいよいよ!
関東では4年振りの上演となる、
「オズの魔法使」が
東京都北区王子の北とぴあ(ほくとぴあ)

2/17(土)15:00開演です。


ぜひともご覧いただきたい公演!
貴重な関東での上演の機会となります!


この公演に向けて、こちらのブログで「オズの魔法使」についての特集…過去の公演の舞台仕込みメイキングなどをまた載せたいと思っております!そちらもぜひご覧ください!