昨年の今頃、挙式を挙げた…まだ迫る影を楽観視していたころの、日常最後の挙式となった新郎新婦様と先日お会いしました。
そうして、改めて新型コロナウィルスが現れてから一年経っているのだなと実感します。

 

いつもなら、何気なく去年と今との変化をふんわりと感じさせるだけのものが、新型ウィルスのおかげで、どことなく変化した物事をはっきりさせている気がします。
それは、社会にとっても、個人にとっても。

2020年の3月なんて、誰も今日の自分を想像なんてできなかったはずです。私は微塵も想像していませんでした。生活も、心の内のことも。
それはちゃんと変化の波に乗っかっている証拠なんだろう、と少し安堵するし、取りこぼすことなく全体が変化していく面白さを体感します。

感染者増減の波に合わせて、ものごとは決断を迫られ、常に浮き沈みをしている。
結婚式をどうしようか、と悩まれる新郎新婦様達をみているのはやはり心苦しいです。



常日頃から、結婚式・ご披露宴にまつわる決断に同席し、アドバイスし、決断することを促す中で、この準備の時間は「人生観」—とでも言うのでしょうか、これまでの生き方、思考の仕方、人との関わり方などがつまびらかになり、この「人生の晴れの日」をきっかけに変化を起こしたり、見つめ直す時間になる。そんな風に考えていました。

とくに家族仲や親族間の関係の様相は顕著に現れますし、ものを決める時の癖などは「一生に一度」という呪いの言葉が惑わせたり、むしろより研ぎ澄まされたり。人それぞれの反応を引き出します。

なんとなく「結婚式がどのようになるか」は、その人の人生観を表し、そしてそれから先歩んでいく道を、どのように進むかの指針になっているのではないかと考えるのです。


だからこそ「人生の晴れの日」である当日よりも、そこにいたるまでのプロセスを重視しているのですが、最近はその中でより人々が自身の中にある「真実」に至れるようになってきたな、と感じます。


昨年の最初の緊急事態宣言のなかでは、みな突然のことで混乱しながらも「まずは延期だ」と日延べをしていました。

以前までは、それほどにこの晴れの日を迎えることが当たり前で、絶対的でもありました。
日延べをして(でも)、いずれ行うもの。

だれもがプロポーズをされたらゼ●シィを買って、式場を選んで、ドレスを着て親に手紙を読む。
それが「当たり前」で「普通のこと」。たまに違うことをする人もいる。


ただ、一年が経ち、様子が変わってきたように思えます。
「そこまでして、すべきなのか?」という問いに答えを出し始めているのです。
それも、それぞれの答えを。

式場側の人間としては、当然「した方がいいに決まっている」という思考です。もちろんそこには、その晴れの日を迎えることそのもの、将来その日を振り返った時に得られるものがあると、知っているからではあります。
とはいえ、その価値観は—その世界観は全ての人に当てはまるわけではありません。

終わりの見えない不安を、一つでも終わらせたい。
そう考える方もいるでしょう。生きている中でこの不安を減らせる要素があるとすれば「結婚式」。別になくとも死にはしませんから。
夢があって無理をしていた。けれど妥協案が別にある。

夢は某夢の国で盛大なウェディングだったけれど。「結婚式がしたい」から、式場を地元の神社にして、地元の料亭で食事会にします。
「なにが本質か」を考えた末の結論。それは素晴らしいことでしょう。


今の社会は緊張が走り、みな微妙なところでバランスをとり続けている最中ですが、おかげで「結婚式とわたし」というものを、考えるきっかけになり、その時間を与えてくれているようでもあります。
きっと「結婚式」というイベントに限らず、様々なところで同様のことが現れているのでしょう。

「人と会うことを遮断されている」と言いますが、実際会おうと思えば誰とでも会えます。ただ、ハイリスクなのです。
そのリスクをおしてでも会いたいと思う人がいるのか。オンラインでいいか、と思えるのか。いっそ会わなくてもいいかと思うのか。

「ねえ、それって本当?」
「それって本気?」

覚悟を問われ、考える時間があるように思うのです。

 

 

Photo by 贝莉儿 DANIST on Unsplash

仕事している時の自分は偽りの自分なんだろうか。

占星術はまったりだらだら独学中なもので、自分のことすら深くは読み取れない。それでも日々新しく覚えたことを元に、もう一度、今一度と自分の出生図を眺める。

どうやら私自身を表す惑星(太陽)と、社会での現れ方を示すところ(MC)が、ギクシャクしている。
単純に読み取れば”本質的自己”と”仕事・社会での自己”との間に乖離が存在する、と。

そうなんだろうか。


実際今のところ私はのびのびと仕事をしている。
決して稼ぎは良くないし、恵まれた環境のおかげで成り立つレベル。
それでも仕事自体は好きなことで、楽しめていて、職場環境も人間関係にも不満がない。(寒いわ!風邪ひく!くらいか)
お客様とおしゃべりするのが大好きで、それはそれはのびのびと働いている。


その姿は自己との乖離があるのだろうか。

仕事、に限らずパブリックな—表面的な公共性の高い場において、私の人物像は(自認している限りだけれど)、皮肉屋で、文句が多くて、感情の起伏が激しい人物。陽キャっぽい。
もっとあるけどまあここは端的に強調されるところだけ。

でも、プライベートな場においてその限りではない。
もうすこし思慮深いし、感情は案外穏やかにしている。根っからの陰キャ。むしろパブリックな人物像とは真逆のキャラクター。

そう言う意味では、乖離しているんだろう。


もちろん、両者間は断絶しているのではなくて、
仕事仲間の中でも、親しい人にしか話していないことがあったり、チームには話すけれど別セクションの人には話さないことがあったり。
パブリックな自分とプライベートな自分。その分量にもグラデーションがある。

とはいえ、両はしは真逆でさえある。

それは確かに本質的な自己と、仕事・社会に立つ人物像との乖離だ。

たとえプライベートな関係とされる親しい友人であっても、”パブリックな自分”の方が濃度が高いこともあるし、”プライベートな自分”を特別隠しているわけでもなかったりする。
それでもその濃淡は、無意識のうちに使い分けられている。

最近ちょっと特定の場所だったり(以前書いた「あたらしいSNS」とか)、特定の人には意識的に(有意識的に)プライベートな自分を表すようにしていたりする。

意識的になると、実際こんなに乖離しているのかと実感する。
まあどちらも、嘘も本当もない、私自身であることに変わりはないのだけれども。

 

 

Photo by yulia pantiukhina on Unsplash

「本当の自分ってなんだろう」
という問いは、いつでもどこでも目に入るし、誰しもが一度くらいは考えたことのあるものでしょう。

「本当の自分とは」「本質を生きるとは」
言葉が深まるにつれ、深みにはまって見失うことさえありますが、公共の場とプライベートの境界線が薄まっている今は余計にそう感じるかもしれません。
人との距離が近づきすぎて、自分と他人が同一化しすぎている気もします。
みんな「他人を思いやりすぎ」て、自分は思いやらないのです。


そして良くも悪くも現実と仮想現実(ネット)も、境界線がとろけていく。
twitterやInstagramといった大手SNSはネットの海の中でありながら、すでに実社会の自身と直結しその繋がりはリアルな(実際的な)繋がりがほとんどになっています。
テクノロジーの発達は喜ばしいのですが、複雑な心境です。

何年も前、それこそ10年以上前のmixiが日本で流行する少し前は、あくまでネットの中は実社会とは隔てられていて、虚構の世界でした。
それが今ではその隔たりはほぼ溶けきってしまったようで、たとえ偽名や偽のイメージを立ててもそこには実在する存在があり、攻撃されれば実際に打撃を受けることになります。


そんななか、あたらしいSNSが登場しているようです。
そこはまるで、昔懐かしい静かなネットの海の中のようなのです。
深海のような、真空のような静けさのなか、人々がひとりごとをこぼし、時折それにサインを送るような。


設定できるのは、名前を自由にすることと、自分の紹介文くらい。
アイコンは限られた中から選んで設定して、他のSNSとは連携することはありません。
アプリ開発者側からも他SNSのIDの情報交換などは禁止するとアナウンスされています。
実社会から、切り離された世界です。
そこでは、友人をそのSNSに誘ったとしても出会えるかどうかはわかりません。
アカウント同士の意図的な検索はできません。

それ故にでしょうか。普段の自分では表に出せないような、秘めている自分の言葉もそこに立たせることができるのです。
悲しい時に悲しいと言い、辛い時に辛いと言い、嬉しいことは噛みしめるように嬉しいと言う。屈託のない呟きが流れてきます。
「彼氏がかっこいい。しあわせ」とか「恋人と別れた、つらい」とか。
大手SNSでは揶揄されてしまいそうな、それでもその人が今抱きしめている感覚たちが、純粋なままにあふれています。
そこでは強がる必要も、クールに装う必要もないのです。

人は互いを気遣うあまりに、違いを受け入れられないあまりに、互いに自分を装わねばならない。
マナーだとか、思いやりだとか、礼儀だとか。


だから恋人と別れて辛くても、「きっと次にいい出会いがありますよね」と強がる必要がある。
自分より辛い人は他にもいるからとか、考えなくちゃいけない。

「彼氏めっちゃかっこいい。なんて頭がお花畑ですね」と自嘲する必要がある。
他の人の目には、恋人はかっこよくないかもしれないから。
別れたばかりの人には、自慢しているように思われるから。


でも装いを重ねていけばいくほどに、その内側に存在する純粋な「それ」は存在感を失い、根幹を見失う。
そうして薄っぺらになって、カスカスの存在だけがこの世を彷徨う。
存在していることに、気づいてもらえない—認識してもらえない「存在」は、消えてしまう。なかったことになる。

「存在」がそこに存在するために、誰かに認識してもらうことで存在できるのだとしたら。
新しいSNSでは、装いを解いた純粋な「存在」がそこに在るのだと、認識することができる。

そこに映し出されているのは実体をもたない純粋な「自己」。
実体をもたせないで実態を表せられる。
たとえ攻撃をうけたとしても、実体がないのでダメージは受けない。

それは自分のために。自分だけのために。
自分で認識をすることで、そこに純粋な「私」を存在させられる。
存在させられるから、自分の中から生まれたものを、抱きしめられる。

周囲の人々も、そこではその「存在すること」を喜びあいます。
教え聞かされてきた、”魂の世界”のようです。
なんと心地の良いのだろうと、漂うような気分を味わっています。

 

Facebookを見ていると”角さん”のメッセージ投稿が必ず目に入る。

沖縄のマスターヨーダ。カウンセラーの中川角司氏。

魂の目的を模索する人たちを応援するいつもの投稿が、今朝はとくに目に入っていろんなことを感じさせてくれる。

今日は「愛について」の気づきについて。

「愛とは」という話題は、多分おそらく私にとっては恋愛のそれに限らず、すごく重要な、知りたい事柄なのだと思います。

角さんに質問をしたことがあります。

「愛しているのに、愛のはずなのに、一緒にいられなくなりそうです。

私のこれはもうただの執着(エゴ)になってしまったのでしょうか」

愛かエゴか

この命題を常に問い続けるくせがついています。そんななかで、当時「きっとこの人以外に愛せる人なんていないのだ」と思っていた人との別れが近づいていて、余計に知りたかったのです。

今自分が抱いているものが、彼との時間が作り出した執着でしかないのか、本当の愛なのか。

彼のために、と。彼といるためにと、努力しているようだけれども

「そう在りたいと思っているのか、そう在らねばと思っているのかです」

一瞬考えてしまって、口をつぐみかけて「そうか…」と呟いて、言い訳を続けた記憶があります。

「そう在らねば」と、努力し続けてきた自分のための言い訳でした。

彼から別れを告げられて、全てが終わりへ向かう数日前のことでした。

今日の角さんの投稿が、あの日のことをもってきたのですが、映画のワンシーンかのようです。

真っ白の砂浜と、青い海。ウェディングドレスとシャツのカップルがセルフ前撮りをしている姿。秘密の場所へむかう道中。

あの日、みんなで歩いていたのに、二人でその話をさせてもらえたのはきっと意味があったんだと、ハートが引き裂かれるような感触の中で角さんの言葉に思考を巡らせていました。

その日から一年もしないうちに、私はケロっとしていて、

去年より今年が、昨日より今日が、今が、一番幸せだ

などと言えるようになっていました。

完全に、「彼とのストーリーは終わった」のでした。

だって、あの頃の自分は「そう在らねばならぬ」だったし、それはあの瞬間に即答できなかった時点で、わかっていたことでした。

ただ、今日は「終わった」物語を、

ああ終わったんだね。

と裏表紙を見た思いでした。

「愛しましたか?」については、強い思い込みの中で愛しているんだということを自分で信じ込むことは出来る。

ですが、「愛されましたか?」については、愛されているという事は、気づかなければ永遠に分からない。

最近は気づきのことを書くことが多いですが、本当に「気づきの扉」が開けなければ、その先の学びには進みません。

引用元:中川角司|facebook

「愛しましたか?」は、多分十分に経験した。

思い込みも、信じ込みも、十分に。

じゃあ次に私が気づくべきは「愛されましたか?」なんだと。

未だに、これがずっとうまく出来ない”気づき”だから。

そして、自分に許可できないことだから。

あの日の海の思い出が、また別の思い出を連れてくる。

”備瀬のワルミ”に行った時のことです。

(現在は立ち入り禁止となっています)

打ち寄せる波が白く泡立って、まるでシフォンのようで花嫁のトレーンとベールを思わせました。

あの時のインスピレーションは、今の自分の仕事において背中を押してくれるインスピレーションです。

私はすぐに連想ゲームに入るので、思い立って映画をみはじめました。

久しぶりに『マンマ・ミーア!』を。

沈んでいた今朝の心が白いシフォンに包まれて、若々しい少女に戻ったような気分にさせてくれました。

そしてまた、記憶につながっていくのです。

 

新月のときにはお願い事を。
大好きな月への先日のお手紙に、”これからどんな自分で在りたいか”を綴りました。

「好きなものごとだけ集めて。そうやって『幸せ』な姿であること」
それが私の在りたい姿のひとつだと書いています。

たとえば自室の中には、自分の部屋なのに自分の好きではないものがある。
それは過去の自分が好きだったもの、思い出の詰まっているもの、だれかに押し着せられたもの、仕方なくそこにあるもの。

人は誰しも、「好きでないもの」を選んでしまうことの方が多いのかもしれません。
だって、こういうふうに選べと教わった。
コレ以外を認めてもらえない。
これが似合うと言われた。
そういう無意識がたくさん働いてしまうのです。

だから、お買い物をする時も、何かを選ぶ時にはしっかりと頭を使わないといけない。無意識に選んではいけない。
その無意識の「好き」は本当に今の自分が思う好きなのか、定かではないのです。


だから、問う。
「私はこれにときめく?ときめかない?」
そう、KonMari Method!

彼女は家の中のものを片付ける際に、そのメソッドの中で「ときめくか、ときめかないか」で仕分けていきます。
さっきの例えである自室の中なら、”好きか・嫌いか”だと、好きなものが多いに決まっています。
でもそれは「今の自分」が好きだと言っているのか?
「過去の自分」が好きだと言っているのか?
このふたつを区別する素晴らしい方法が「ときめくか否か」なのですね。


そのことに気がついて、ぐるりと部屋を見渡してみる。
過去に自分で選んで、今は気に入らないもの。
文字通り「お仕着せ」られたもの。
「好きではないもの」…つまり今の自分ではないものがチラホラ。


どれも元々は私が”自分以外の目線を考慮して”選んだもの。
(自分の部屋のものだから、誰かに見られるものでもないというのに…!)
もちろん自分が選んだことには変わり在りませんから、自己責任でも在りますし、その当時は気に入っていたものもあります。

ただこの1年ほどは、手元にあるものに違和感を感じ、多少無理をしてでも気に入ったものと買い換えるようにしました。
だって、過去の自分が購入したものや、押し付けられたものたちは目に入ると、ときめかないどころかイラっとするのです。
そうしたら、部屋の中がなぜか嫌いな赤いものばかりだったのが、ミントブルーばかりになりました。


ものを選ぶ時だけではなく
”どこで手に入れるか”
”どこで過ごすか”も。
それから、もともと人と会うことが少ないのですが、”誰と過ごしたいと思うか”も自分に正直でいられるように努めています。

止めることのできない時間の流れを、どんなふうにしたいか。
この人と過ごしたい。
この場所で選びたい。
こういうものに囲まれていたい。

「ときめき」はまるで心の中で、なにかが煌めくように写ることだと思っています。
「ときめくもの」はまるでInstagramのストーリーズにあるフィルターがついたように、キラキラとしていて一目でわかります。
ただその煌めきを、”頭の中の誰か”は「身の丈に合わない」「らしくない」などの言葉でかき消すので、まだすこし努力が必要なのですが。

それでもいつか、ときめくものだけに囲まれて暮らせるように、少しずつ、ちょっとずつ。

 

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash