1日(木)シードリング後楽園大会にて、初代王者決定トーナメント準決勝で中島安里紗に敗れた中森華子は、「PURE-Jのベルト、次の防衛戦の相手にオマエを指名してやるよ!!」と絶叫。大会終了後、コメントブースで中島に詰め寄った中森はPURE-J無差別級王座を懸けての再戦を改めて要求。やる気を見せない中島だったが、最後は根負けする形で対戦を受諾した。




★コメントブースでの中森と中島
 中森「私は今日オマエに負けたけど、言いたいことあんだよ。12月9日、PURE-J後楽園大会でPURE-Jのベルトに挑戦してこいよ」
 中島「今それどころじゃないし…オマエのベルトとか」
 中森「私はチャンピオンなんだよ。私の権限があるんだよ」
 (帰ろうとする中島を引き留めて)
 中森「挑戦してこいよ。逃げんのかよ?」
 中島「……」
 中森「もう決定だよ、決定」
 中島「…自分はシードリングのベルトを獲ることを、すべてを懸けてやってきたんで…。PURE-J? ベルト…?」
 中森「オメーの気持ちなんて、どうだっていいんだよ」
 中島「好きにしろよ(扉を閉める)」
 中森「わかったよ! わかりました! 決定しました! 今日の借りを何億倍にも返して、12月9日後楽園大会、中島安里紗をぶっ倒します!」


『PURE-J CLIMAX 2018』
◆12月9日(日)東京・後楽園ホール(11:45)


◇決定カード
▼PURE-J認定無差別級選手権試合・30分1本勝負
 (王者)中森華子 vs 中島安里紗(挑戦者)