ディアナ恒例の道場マッチ。第2試合では青野敬子が堀田祐美子とのタッグで、かつてディアナを席巻したヒールユニット・暴走軍を1日復活。JWP時代の同僚だった倉垣翼&米山香織との対戦、そして試合後は堀田の言葉に感極まる。メインイベントではSareeeがジャガー横田との越境タッグで勝愛実&藤ヶ崎矢子と激突。ジャガーのJカッターから裏投げ1発で矢子に勝利したSareeeは、勝に対し「いつでもやってやるよ」と迫ると、ジャガーに向かって打倒を宣言。井上京子と佐藤綾子の不在(山形でのPR活動)もあり満席とならなかった会場を見渡して悔しさをにじませると、今後の巻き返しを誓った。




『第十回 25“D”ホームマッチ』
◆9月15日(土)神奈川・ディアナ道場 25“D”スタジオ(17:00)
観衆80人


▼伊藤薫の男はつらいよ?第一弾・20分1本勝負
 ○伊藤薫(10分44秒/ダイビング・フットスタンプ→体固め)MASAMI●
▼暴走軍復活・20分1本勝負
 堀田祐美子&●青野敬子(9分20秒/ハヤブサ直伝ファルコンアロー→エビ固め)倉垣翼○&米山香織
▼ディアナ VS PURE-J・20分1本勝負
 ○Sareee&ジャガー横田(14分46秒/裏投げ→体固め)勝愛実&藤ヶ崎矢子●