思わぬことで昨日10月30日(水)に仕事初復帰を迎えました。

最初は新宿ローズガーデンホテルでただハロウィーンディナーを、そこにお勤めの加藤さんと一緒に頂くだけの予定でした。一介のお客さんです。

 

加藤さんとは丁度一年前10月23日、大好きな萩原ミミさんの東京でのファンの集いでお会いしました。たくさんの人がいる中、5,6人しか座れないちょっとそこだけ個室で離れてしまっているスペースがありました。その同じ席に加藤さんはいました。新宿のローズガーデンホテルの営業をしているとのこと。私の職業をお話のうちに知ると

 

「来年、演奏の依頼などをお話をしてもよろしいでしょうか?」

 

とその時におっしゃって下さって、後日お話を進める予定でした。

ところがすぐにくも膜下出血になり、そのまま一年経ってしまったわけです。

 

加藤さんが

「どなたか一緒にこのディナーを頂きませんか?

もちろん特別価格でご提供出来ます!」

とフェイスブックに書いているのがたまたま目に留まりました。

 

普段、ドライアイで本当に目が痛いので、ネットを見るのも仕事上の連絡の最低限のところ、たまたまこの投稿が目に飛び込んで来たのです。私は1年前の加藤さんのせっかくのお誘いにお応えが出来ずに、本当に心苦しくずっと思っているところでした。なので名乗りをあげ一緒にハロウィーンディナーを楽しむことになったのです。

 

この日は最終日ということもあり、普段でしたら2千円を別料金で払らわねばならないケーキブッフェも、コース料金の中に含まれているという大変お得は日でした。おまけに飲み放題ですよぉ~~。私はお酒は飲めませんが、飲兵衛さんには嬉しいですね。

 

せかっくなので、食事の前に空いている宴会場で1曲オルゴールで歌ってあげる約束をしました。その時に手の空いている、聴きに来られるスタッフがいたらどなたでも、という約束でした。加藤さんにはパンフレットとCDはお渡ししたのですが、生で聴いたことがなかったのです。

 

1週間ほど前に約束をし、この日を目指して体調管理をしてきました。ホテルが私の家から青梅街道で1本でそれも道沿い。新宿ではありましたが大変行きやすい場所でした。当日、午後3時頃だったでしょうか、加藤さんから電話があり、とても申し訳なさそうにお話になって来るので、「あ、もしかしたら都合が悪くなったのかしら、、」と思いながら話を聞いていると、

 

「他のスタッフに話ましましたところ、せっかくなので、一般のお客様の前で歌って頂くことは出来ないでしょうか、、、もじょもじょ、、申し訳けなさそうに小さな声で、、、」

 

「あ、全然構わないですよ?ただ、どんな小さな響きのある場所でも一般の場所では、PA(音響機材)が必要なんですね。人の身体に音が吸収されてしまうので、その響きは演奏をする時には再現出来ないのです。さてどうしましょう。」

 

と話は進んで行きました。ローズガーデンにも、もちろんマイクなどありますが、音楽用ではないので少し難しいかもしれません。なので私のPAセット一式を万が一の為に持って行くことになりました。長い間使っていないので、備品などが全部揃っているか心配でしたが、とりあえずある限りの機材を全部車に積みローズガーデンへ向かいました。

 

まさかお客様の前で歌うことになるとはまったく想像をしていなかったので、選んだ服がちょっと普段着に近いものでした。少し肌寒い季節なので流行りの楽なパンツスタイルでした。

 

衣装やお出掛け用の服は全部箱にしまってあり、一枚もないのです。なので、出ている中なから見繕って着るしかありませんでした。結局、最初に選んだカジュアルなままで、ガーデンで歌うというので、赤いコートを羽織ることにしました。これで少しはステージ映えする色合いになったでしょうか?

 

 

 

家から一本道沿いなので問題なくローズガーデンに到着をし、加藤さんも道路沿いに立って待っていて下さり、きめ細やかな配慮に感動をしつつ、無事一年振りの再会となりました。

 

車を降りるとすぐにレストランの責任者の方が来て、本当に丁寧にご挨拶をして下さいました。その後支配人もすぐお見えになって、本当に丁寧にご挨拶をしてくれました。こちらこそ本当に恐縮です。

 

青梅街道沿いからはホテルの正面しか見えないので、「ローズガーデン」のゆえんが分からないのですが、到着し目の前に広がる素敵な空間を見て、すぐに分かりました。そこは都会のオアシス、秘密の花園でした。残念なことにホテルのHPにはガーデン側が載っていないのです。とてもロマンチックな雰囲気もあるガーデンで私は大のお気に入りとなってしまいました!

 

さて、ひとつ問題があって、マイクテストが出来ないのです。お客様がディナー中なので、どうしても出来ないとのこと。なので、二階の誰もいない宴会場で、加藤さんがボリュームやエコーをその場で操作する練習を少しして、さあ、いざ出陣!

店内に掛かっている50’sぽい音楽を止め、支配人がマイクでお客様に丁寧に紹介をして下さいました。

「実はこのハロウィーンイベントディナーに本当のサプライズがございます。本日、偶然にもお客様の中にジョセフィーヌ・ニーディーさんという世界でおひとりのオルゴールルネッサンスシンガーの方がいらっしゃいまして、急な無理なお願いにも関わらず、数曲皆さまの為に歌って下さるの快諾して頂きました。(わ~と拍手が起こる)ニーディーさんは大病を患ったばかりで、万全な状態ではないそうですが、歌って下さいます!etc,,,」

 

そして私にタッチ。普段ならたくさん話すのですが、こんばんは、と名前を言い、10カ月前にくも膜下出血になり、今もリハビリ中であることを話しました。また、日本語を忘れてしまい話すのに困難になっても、歌は普通に歌えたことを話すと、どよめきが起こりました。

 

そしていつものサリーガーデンを歌い始めました。

 

 

 

この右に燃えている暖を取る三角柱の炎ありますよね。

これ、ものすごい温かいのですね。この近くにいるとまったく寒くないのです。遠目で見たことはありましたが、間近で体験してこれなら初冬までガーデンで大丈夫なのを実感しました。すごいですね。

 

ガーデンにはあまり人がおらず、私の真正面、写真を撮っているいる位置の背中がレストランなのです。そこはもう満員ですごい盛り上がりです。支配人の計らいで「どうぞガーデンの方に来て聴いて下さい」と言うと、ちびっこ連れの仮装の方などが近くに来てくれました。

 

 

 

これ、お外なんですよ。とっても素敵な趣でしょう♪

 

サリーガーデンを歌い終わって、手回しオルゴールが日本で開発されたこと、こんなに素敵な楽器で、初めての人でも誰でも演奏が出来るのに、生まれてから50年弱、まったく陽の目も浴びず、いまだに誰にも知られない状態であることなどを話しました。

 

そして、今日はまさか人前で歌うとは1%も想像になく、くも膜下後初めてのパブリック演奏になりました、、、と話していると同時にもう声が詰まって涙がボロボロ出て、ナイアガラの滝状態でした。ああぁぁぁ、うぅっぁぅうぅゃぁぁぁぁうううううううっぅっぅぅう。

 

すると、大きな拍手が起こり、さらに泣かせられそうになったのですが、皆さんの温かい愛情をオルゴールと歌声に乗せてクリスマスでよくCMで耳にする「荒野の果てに」を歌いました。サビの部分を知っている方も多く、「グロォ~~~ォォオ~~ォォ」と一緒に口ずさんでいる声が大変よく聴こえました。

4年前のビリヤードの平林英里子プロのフェイスブックからですが、この曲です。

 

もう一年近くリハビリと通院で家の中だけで過ごしており、発声練習もまったく出来ません。手が回らないのではなく、まだまったく無理な状態です。声はかすれてハスキーで特別に高い音でなくても、少し高くなるとまったく声が出ません。とてもひどい状態なのです。でも音が高いと無音状態になってしまうので、歌詞が飛び飛びになる感じです。知らない人には「こういう曲」だと思われるかもしれません。

声楽家の方が聴いたら「あれ、この人風邪かしら?」と一発で分かるほどです。
 

何度も歌っている最中にも泣きそうになるのですが、ここはちょっと技を使って涙をこらえました。

 

そして最後はバッハでしめくりさせて頂きました。

 

お馴染みのこの曲です。

URL: youtu.be

 

歌い終わった後は、とても言葉では表せないのですが、嬉しいとかじゃなくて、気持ちがどっしり落ち着き、一切の不安とかが一気にどこかに飛んで行った感じです。とても安心した落ち着いた気持ちになりました。

 

周りにいたお客様の数名からお声を掛けられ、「是非、当社のイベントに!」とお名刺を頂きました。

 

店内で加藤さんとディナーを頂き始めるのですが、おトイレに立った時など、すれ違う方々から「すごく素敵だったわ~」とお声も掛けて頂き、その場で泣きたかったです。

 

早くお稽古が出来るようになりたいです。まったく声が出ないのです。

 

あ、大事なディナーを忘れました。すんごいんです。

ばぁーーーーーん!!!

 

 

 

このチキン、二人で一羽ですよ!無理!笑

コウモリのスープに見えるのはカボチャのポタージュの中にニョッキが入っているのです。右上はさつまいもと栗のピザだったでしょうか。そしてデザートはお替り自由。よくあるグレードの低い小さなカットケーキじゃないんです。味のクオリティーが本当に違う!

 

チキンはどこを切っても味が中まですごく染みているのです。何より、加藤さんのサービスですごい割引のお値段になっていて、この日、来た方が良かったですよぉ~~お酒もワインでもビールでも何でも飲み放題。ちょっと信じられない価格にして下さったのですよ。

私は歌のお礼ということでご馳走になりました♪

来年はどなたか是非ご一緒しましょう!もちろん特別価格で!

 

ほんとここはすごい穴場です。今度から新宿に出たら絶対通います!加藤さん、素敵なハロウィーンディナーをありがとうございました!また来年!今度は家族で行きます!!

 

歌のお稽古、早く出来るようになりますように。

心から。

d912d7ce75537103bd1e3b600623ccf4_c4a6157bf61d0bd