いつも私の目の前にいるあなた


どうして あなたは そんなに 強いの?


私とあなたとでは 何が違うの?


あなたは いつも 人前では


どんな時でも笑っていて


私にはとても真似できないことだわ


同じ顔をして 同じ身体をして 同じ声で


喋る、もう1人の私のあなた。


そんな あなたのことが 私は大嫌い。


だって私は弱い人間なんですもの。


いつも 私は鏡の前で どうしたらいいか


迷って泣きそうになっている


私を見て笑っているのね。


世間の人は私を見てきっと


いつも笑顔で元気な人ね って


言うけれど それは 本当の私じゃないの。


他人が見ている 元気な私は


心の弱い情けない私を見られたくないと


隠そうと現れる 弱い人間の もう1人の私


あなたのことが 世界で一番大嫌いだけど


世界で一番 あなたのことが大好きよ。


もしも 私と あなたが ひとつに


結ばれたら どんな人間が


人前に現れるのかしら?


いつか あなたに 頼らなくても


いいように なってみせるわ。


それまで 仲良くしましょうね。


鏡の中にいる もう1人の 大嫌いな私。









にほんブログ村