丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ

熱く、情熱をもって仕事をすることの大事さ、大切さを伝えていきます。意識をほんの少し前に向けることで毎日の小さな変化の中から人生や仕事にとって大切なことが見えてきます。


テーマ:

いけるいける!!

 

ギンザ・シックスがいよいよ本日オープン

 

(店内の吹き抜けには草間弥生さんのアートが。かなりのインパクト)

 

東京の銀座に「ギンザ・シックス」がいよいよ本日オープンします。

 

なかなか内覧会にお邪魔するタイミングがとれなかったのですか、昨日、ぎりぎりでお邪魔してきました。

 

平日にもかかわらず、一昨日も昨日も、本当にたくさんの方が内覧に訪れていました。

今日のグランブオープンはかなりの人手が予想されます。

 

 

さて、そのギンザ・シックス。

店舗の特徴やこれまでの経緯などについては週末から来週アタマにかけてまとめて記事としてご紹介しますので、ここではちょっとちがった視点から紹介したいと思います。

 

それは、感性と科学、サイエンスとアートの融合という点についてです。

同施設は外装に有名建築家をいれ、日本らしい外装を表現しています。

内装にも場所によってインテリアデザイナーや建築家をいれ、それぞれの空間で表現したいテーマを明確に、店舗のハードで表現しています。

 

また音楽にもこだわりをもっています。

 

映像ではチームラボさんに協力してもらい、店内に日々変わる映像を流しています。

 

照明も売場によって工夫しており、なんといってもね外光を上手にとりいれて、明るい店内を作り上げています。

 

 

そして、フロアによって導線を上手に使い分けていて、百貨店的な雰囲気を持つ食品と、海外の商業施設のような空気感をもつ化粧品、案ポートブランドコーナーを作っています。

 

それぞれのフロアがそれぞれのコンセプトで売場を作っています。

 

その空間で感じるのはアートとサイエンスの融合です。

 

これからの時代は、ただ、売ることだけを考えて店を作ってはいけない ということを感じさせる店づくりが大事であることを認識させられます。

 

いかにアートを取り込むか。

いかにお客様に心地よくいてもらうか。

お客様にぶらりと立ち寄ってもらえるハードを作れるか。

 

特に都心型の商業施設にはこうした条件が必須なのです。

 

おそらく百貨店という業態では成しえなかった店がこのギンザ・シックスでは見られます。

 

脱百貨店というカタチをJ.フロントと森ビルチームがどんな風に表現しているのか。

 

ぜひ一度ごらんになってほしいと思います。

いずれにしても、業界の常識どおりの店ではゼッタイにやっていけないということです。

 

今日も脱業態、脱現状でいけるいける!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ikeruさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。