Jona魔女だより *とある魔女の"普通"の生活*
  • 09Aug
    • 「強烈な恥の感覚」の意外な正体。

      Jonaでございます前の記事のつづきです↓台風12号前後のジェットコースターのような天候と気温の変化からどうにかこうにか回復した後で、今回苦しめられた「強烈な恥の感覚」と「罪悪感」について考えました。じぶんの調子が良くなると、ダークサイドにはまっていたときに考えたことの意味がわからなくなります。なんであんなこと考えてたんだろう…って思考でうまく再現できない。あの「不合理で、理不尽な感覚」はなんだったの?自分の何かを(部分的に)恥じる、というのではない自分の存在そのものに対する恥の感覚、みたいな…。「わたしはこんな人間であることが恥ずかしい」なんなんだろうな、この感覚?なんでそうまで恥じる必要がある?もはや「罪悪感」なんて人間ほぼ全員、感じているのがデフォルトなのでそっちの話はおいといて「強烈な恥の感覚」についての探究をしてみたのでした。恥じる、というのは「他者との比較」が大前提としてあってその比較のなかで「自分は劣っている」という感覚。コトバンクで「恥」について調べてみると、やはり「他人の判断を基準にして、自己の行動の方針を定めること」という言葉が出てきました。(長いので引用しません、興味があったらコトバンク読んでみてね)要するに「他人軸」で世界を見てるときに恥を感じるってことだよね。だから、自分を恥じる理由なんて探せばいくらでも出てくるだろう。でも今回はなんとなく…どの理由も「後付け」なんじゃないのか、という気がした。恥の感覚、が先にあって、その恥を感じるための理由をわざわざ探してるような気が。さらに、この「恥」の感覚の "全て" をもともと自分が持っていたわけじゃないんじゃないか?とも思った。なんかこれ、わたしのものじゃない気がする…誰かのお仕着せとか、借り物な気がする…言い換えれば世代の連鎖のなかでDNAのなかに、または潜在意識の奥深くに埋め込まれてきた感覚な気がする…そんなことが浮かんだんです。で、思いがけないところでこの問題に決着がつきました。このときちょうどある本を読んでいて、夢中になって読める本だったので読書に集中することでだいぶ救われたんですけど、『卵をめぐる祖父の戦争』著者は、映画の脚本なども手掛けている新進気鋭の作家さん。この物語にものすごい勢いでひきこまれ、400ページ以上あるちょっと厚めの文庫本なのですがたった2日間で、夢中で読み切ってしまいました。舞台は、第二次世界大戦中「レニングラード包囲戦」の真っ只中。(↑Wikipediaにリンクしてますよ)1941年9月から1944年1月まで900日間も続いたといわれているレニングラードを包囲したドイツ軍による爆撃と兵糧攻め。飢餓状態の900日。休みなく爆撃の続いた900日。考えただけで過酷な時代悲惨で辛い時代の話なのですが描き方は淡々としていて、決して暗くないしユーモアもある若者同士の会話(アホな話w)に魅了され主人公の心の動きの描写などにもひきこまれました。これは最上級の冒険小説です。ボーイ・ミーツ・ガールものでもあります。かっこ悪いのが、むしろ「かっけー!」感じの。ほんとに「うーむ…、うまい!」と唸りました。こんなに夢中になって小説を読んだの、ほんと久しぶり。主人公は17歳の、やせっぽちの少年。これから命の危険に立ち向かうってときでさえ自分が人からどうみられているかを(「きっと僕がこのナイフを持っていたところで無様に見えるんだろうな」とか)気にしてしまう、少年です。弱っちくて、口下手で。女の子に恰好よく見てもらえるかも、と繰り出した「渾身の決めゼリフ」を言ったそばから、撤回したい!と恥じてみたり(笑)でもそんな彼が「子どもの頃に夢中になっていたこと」が彼と友達を助ける。その話はここにつながっていたのか!とびっくりする。戦争ものを読める方にはぜひ読んでほしいです。Jona魔女、絶賛おすすめ中です。読み終えたあと、すぐに最初のページに戻ってプロローグの部分を読み返したくなりますよ主人公が弱っちかったこと、その弱っちい主人公が友達を救ったことが痛快で、嬉しくてそのシーンに、感動で身震いしちゃって数日間この物語について思い返していました。それで、ある朝ハッとわかったんです。わたしが今回感じた「強烈な恥の感覚」の正体は「何も苦労していない今の自分」に対する恥の感覚だと。苦しい思い辛い思い歯を食いしばってする仕事とかだけでなく飢餓の経験ありとあらゆるものが欠乏した生活明日生きていられるかわからないという極限状態での経験。そういう経験を、わたしはしていない。若い頃、お金がなくて節約生活をしていたことはもちろんありますがそんなレベルの話じゃない。この物語の舞台のような時代『蛍の墓』みたいな 大戦中の日本や戦争で貧困の極地におちいったあらゆる国の人々の生活そういう極限の経験を、わたしはしたことがない。わたしが母に感じていた「負い目」の正体もこれじゃん!と気づいてしまった。母は82歳ですので、子どもの頃に戦争を体験しています。疎開も経験しています。食べものがない、ひもじい思いも。そんな経験が、わたしにはない。日々、平和に暮らしていて猫たちと遊び(そもそも猫を飼うことができているくらい余裕がある)毎日ちゃんとした料理を作るだけの材料があり足りないものはすぐに買うことができ緑の多い土地で風の音を聴きながらゆったりした時間が流れて得意な仕事だけしてお金にも困ってない状態そんな、平和で豊かな暮らしをしていることに対する強烈な、恥の感覚。ぎゃーΣ(ll゚艸゚(ll゚艸゚ll)゚艸゚ll)!!!って思いました。なにそれ!!って。それ、恥じることじゃないじゃん!?って。「わたしも、そういう思いをしなければならなかったのに」そんな心の声が奥底のほうからかすかに聞こえてきてぎゃー!ってなりましたw苦労をした人が偉い、という風潮・考え方は今でも厳然としてあるわけでそれはつまり「苦労をしてないヤツは偉くない」と言っているわけで。…だけどこれは、危険な考え方になりはしないだろうか?「苦労しなければ、欲しいものを手に入れてはいけない」そこには毒が含まれていないだろうか?好きなことをして自分に得意なことをして流れに逆らわずに、うまく波に乗りあまり苦労せずにうまくいっている誰かを蔑んだり侮辱したりそんな奴には価値はない、と言わしめる力につながるんじゃないのか?平和で、豊かに、楽しく生きることを否定し、そうならないようブロックする考え方になるんじゃないのか?わたしたちの物質的に豊かな生活は先人たちの苦労の上に成り立っているのは事実でけれども、そこには苦労だけでなく努力や創意工夫や情熱や夢や 希望やこうなったら素敵だ、素晴らしいぞという思いや新しい時代を生きる世代には幸せになってほしい…という思いもまた、あったはず。苦労をしてきた人々には敬意をもちたい。力を尽くして何かを成し遂げてきたことは尊い、と思う。けれどもそれが自分自身や他者を侮蔑していい理由にはならないし自分自身だけでなくどこの誰に対しても「苦労」を強いていい理由にはならない。自分がしたのと同じ苦労を、お前もしろ。そうしたら認めてやる。そうでなきゃズルい。この暗いエネルギーは人の心の底に残っていつまでも黒くくすぶり、暗い連鎖反応を惹き起こす。…ああ、その思いは確かにわたしの内側にあったものだった。自分の内側にあった毒をはらんだ暗く重いエネルギーの思考が台風という気候が大きなエネルギーで動くときに浮上し、表面化したことは偶然じゃないんだろうな、と思ったのでした。表面化してしまえば意識できるし意識できればそれを変えていくこともできる。なんていうか、ああ、助かった。と感じたのです。というわけでなんかこれは書かなきゃ、と思ってみなさんにシェアさせていただきました。これだけは書いておこう。自分の内側のダークサイドに触れるとき自分の軸を見失わないよう、慎重になる必要があります。そのエネルギーに触れて、一時的に揺り動かされても自分はちゃんと中心に戻ってくる、と決めてそう決めた自分を信じてくださいね。日々。

      22
      テーマ:
  • 07Aug
    • フィジカルがメンタルに及ぼす影響を甘く見てはいけない。

      Jonaでございますたいへんお久しぶりでございます。久々の気温25度。涼しいから、やっとブログ書けます。が、急激な変化で体が警戒モードになっているので夏用ワンピースの下に麻の腹巻き着用中。7月下旬。イレギュラーな進路を辿っていった台風12号、別名「ジョンダリ」。その週の(月)(火)は猛暑で(水)からの急な気温低下、からの台風12号。連日の暑さで、体力的にぐったりしていたところに、これ。気圧や気候の急激な変化に敏感な人はわかってくださるかと。この週は、精神的にもすっかりやられてしまいました。体がしんどいと、精神的にも、ひどく影響が出る。こういうときに「まだ消化しきれてないゴミや澱み」みたいのがブワーッと出てきちゃったりする。この期間はほんとに「自分の内側のダークサイド」にどっぷりでした。魂の闇夜、再来、まじか!と思いました。ブログに書いた矢先に自分で「自分イジメ」することになるとは思いもよらなかった。一週間、バッチリやってました、自分イジメ。やめようと思っても止まらないのがまた腹立たしい。暑さで参っていて、思うように動けない自分への叱責から「わたしは役立たずバージョン」の自分責め。母に対してめっちゃ不機嫌になり、八つ当たりからの、自己嫌悪。何かをする意欲も湧かず人との交流もほぼ遮断状態。今回、じぶんの内側に湧き起こったのは「強烈な恥の感覚」と罪悪感でした。罪悪感よりもこの、恥の感覚、というのがものすごく苦しかった。この「恥の感覚」のことは書き始めたら長くなっちゃったしつきつめていったらええっ!…∑L(゚ロ゚L)!!! って意外な展開になっちゃったので続きは次回アップします。ジョンダリが去った翌日から心身ともに、調子がだんだん回復してきていまはすっかり元通り。「魂の闇夜」と呼べるほど長くなかった。1週間で終わっちった。体の影響、おそるべし。フィジカル(体、五感)が及ぼす、メンタル(精神、心)への影響。やばい。あなどれない。「体と心は、どっちも自分」なんだから影響をしあうのは当たり前なんだよね。体が疲れてるときはロクでもないことを考えてしまうものです。ただでさえ疲労感倍増の、この季節。ちゃんと、休もう。体をいたわろう。日々の休息の時間だけでは心が、もしくは、体がなんか調子悪いって感じる人はそれ疲れてる証拠なのでメンテナンスしましょう、つまり、休みましょう。しっかり休息して、充電したあとのほうがぜーったいパフォーマンス上がるんだし。無理しても、イイコトないんだから。海おすすめ、海。…っていうかわたしも海いけてないじゃん!!…∑L(゚ロ゚L)!!!暑い(熱い)んだもん!o(TωT )

      15
      1
      テーマ:
  • 20Jul
    • 自分を知らないって怖いことだから。

      Jonaでございます前の記事に書いたとおり昨日は海に行ってきました!海に着いたのは9時くらいでしたけどほんとにもう、今年の暑さ、異常。「暑い」っていうより「熱い」。だからこそ海の水に浸かると気持ち良くて。波もそこそこ強かったのでばっしゃーん、うわーっ♪ていうのが楽しくて(語彙少ひとしきり、遊んできました。このところアンテナ感度強めになっていたので海に入ると皮膚のうえを電気がピリピリ走るような感覚で「充電」されていくのが体感できました。そりゃもう、今日はデートだもん!くらいの海への愛がじぶんの内側に溢れてる状態で海水に浸かっているので自分が充電されていくのが体感でわかるんですけど昨日はほんと、銭湯なんかにある「電気風呂」みたいにピリピリ~って皮膚感覚がめっちゃ気持ち良かった。ああ~ヤバい…このままでは地上に戻るのがどうでもよくなってしまうと思ったくらいに。前の記事につづけて書きたかったことがあって(前置き長くてすみません、ここから先も長いです)ええと、「ウツだったとき、やってよかったこと」から話を始めます。手仕事(手芸)が、わたしの場合心を休めて、達成感や満足感を得るのにとてもいい方法だったんですが当時もうひとつやっていたことがあってそれが「今日できたことノート」を書くってことでした。朝、ちゃんと起きれた、とか。ぬいぐるみの胴体を作れた、とか。お味噌汁を美味しく作れた、とか。●●の本を3ページ読めた、とか。ごくごく、ちっさいことでいい。箇条書きで書きだしてみる。ノートに書かなくても、裏紙でもいい。後から見返すことができれば何でもいい。不思議なもので、書きだすことで「可視化」すると自分にとっての「説得力」が強くなるのね。ウツになって、もうわたしは何もできないしわたしには何にもない、と思ったけど一日ボーッと過ごしていただけだと思っても…ふーむ。こうしてみるとできたことって意外とあるんだなぁ…( ゚▽゚)Jona魔女にとっては、その小さな気づきがすごく心地よかったんです。それに、ノートに恨みつらみとかネガティブなことじゃなく(それは別の紙に書いて、後でビリビリに破いて捨ててました)「できたこと」を書きとめて、後から読み返すと心がぽっと、明るくなる。ちーさなちーさな火が灯ったような感覚になる。何年も経って、それを読み返したときあの時のわたし、こうやってがんばってたんだなぁと、自分を愛しく感じました。言葉にする、っていうのは人間にとって本当に重要なことで。一日のなかで起こっては流れていく膨大なデータのなかから「今日はここが喜びポイントだったー」と書き出してみるとその日一日の「意味づけ」が変わる。自分が喜ぶポイントが分かってくればより精確に自分をいい気分にできるようになってくる。書きだすことで願いが叶う、っていう話があるでしょ。書きだすことで「思い」が明確になり、意識の中にも明確にメモリされるので、なにか行動を起こすときに、そっち方向へ自然と向かうから実現が早くなる、というメカニズム。ウツにおちいってる間は、何かを「望む」っていうのも考えられなくなったりするのでその代りに、「できたこと(→嬉しかったこと)」、を言葉にすればその思いが強化されるし、わざわざ書きとめた自分はこんなことが嬉しかったんだ、と自分を再発見することにもつながる。ウツ、ってほんとの自分の気持ちとほんとじゃない自分の気持ちとが思考で区別つかなくなって混乱してる状況なんじゃないのかな。自分の感情や気持ちが、わからない。自分が今どんな状態なのか、何を感じて、何を考えているのかわからない。感情を抑え込むのが上手になりすぎて、自分の気持ちがわからない。わたしもそうだったしそういう人がいっぱいいるなぁ、と思います。そもそもわたしは、初めてチャネラーさんにカウンセリングを受けたとき「Jonaさんは自分の感情を全くわかってないから…」と言われましたさ。そのときは、その言葉の意味すらわからなかった。何言われてるのかわからなかった。で、自分のことがわかっていないから、言葉で言い表せない。出てくるのは、あの人がこうでわたしは困ってて…という外側のことを批判する言葉ばかり。自分がどう感じているのか。その感情がどこからくるのか。何をきっかけにしてその感情が起こったのか。どんな気持ちなのか。頭のなかに、どんな言葉が(思考として)流れていくのか。そして、自分がどれだけ、自分の本当の気持ちを無視して自分に無理をさせてきたか。時間をかけて見つけてきたことが、いっぱいあります。自分を知らないって、怖いことだなぁ、と思う。自分を知らないと、自分の道から…いちばん楽で、楽しくて、スムーズに歩ける道からどんどん外れていってしまう。ウツのときは、人がなかなか自分の気持ちに共感してくれないと感じてものすごくイライラしたし、誰かが優しさから言ってくれたことに対してすら「あんたに何がわかる!」と心の中で鋭いナイフを向けたりもしたけれどもそもそも自分が自分のことわかってないんだもん他の人にはどうすることもできないわけで。「偽りの自分を見せておいて、人からの共感を得ようとする」ってなんか変だよね?でもそんな状態になっちゃうんですよね。当時の自分に言いたいです。「どうせ人はわかってくれない」と思うなら自分で自分をわかってあげようぜ、って。自分が一番に自分をわかってあげようぜ、って。そのほうが早い。どっちみち、他人はわたしではないのだし。自分を探求しよう。人生は、自分を知る旅以外のなにものでもないのだ、とJona魔女は思っています。自分を知るのは怖い(と感じる)けれど自分自身を知らないということの怖さよりは、ずっとマシ。自己犠牲を良しとする、前の世代には前の世代なりの役割がありましたそれが必要だった時代でしたでも人間も進化していかなきゃならないんで前の世代と同じことやってたらダメなんだと思う自分の親と同じ道を歩くことが子の役割ではない。今は時代が変わってきているそれもすごいスピードでこのスピードに、時には疲れちゃうんだけどなんとかこの時代を生き延びていきましょー。ではでは、くれぐれも熱中症にお気をつけて。この酷暑を生き延びていきましょー。

      46
      テーマ:
  • 18Jul
    • そりゃ自分責めばっかりやってればウツにもなる。

      Jonaでございます毎日暑いですね…ゴディバの保冷剤で後頭部を冷やしながらこのブログを書きます。(頂きもののチョコレートに付いてきた保冷剤)朝8時ともなるとかなり暑くなっているんでウォーキング&ジョギング、もう10日も行けてませんo(TωT )頭痛が怖いんだもん。でも明日あたり、せめて海に浸かりに行こうかともくろんでいます。じゃぶじゃぶしたいよ~水着は持ってるんだよ~夏休みが始まってしまうとこの海も人がたくさん来るでしょうから明日行かないとプライベートビーチを味わえないのです!さてさて最近、身近で「医者にウツって言われちゃった」という人が数名いて時々、メッセージのやりとりをしたりしててそのなかで気づいたこと、書き留めておこうと思います。Jona魔女もウツになったことはありますお医者には行きませんでしたけどざっくり言うと、きっかけは2011年に、在宅介護していた父を看取ったこと。介護をやり遂げたわけです。そしたら翌年、「燃え尽き症候群」にやられちゃった。父の死がウツの直接の原因ではなく、蓄積してきたいろんな要素がとうとう爆発してウツ状態になるための「トリガー」になった。お医者には行きませんでしたが催眠療法には通いました5回くらい通う間に、不信感をもってやめちゃったけどでも、気づきを得るための時間ではありました。最終的には Jona魔女の場合「手仕事」に心の救いを見出しまして…フエルト手芸、かぎ針編み、棒針編み。特に、かぎ針編み。↓当時の写真。ちなみにこれ、今でも編み続けてます。気が向いたときだけ。いずれベッドカバーくらいの大きさにつないでいくんだ。手仕事とかモノ作りって、エネルギーワークです。自分の手をつかって何かを生み出すことは「じぶんのエネルギーを整える作業」になる。エネルギーが整うと、自分の全体が整っていきます。ま、その頃の、そんなことをいろいろ書いた2016年の記事がこちらです。興味がわいたら、どうぞ。新年のご挨拶、と年末に読んだ本。『うつは手仕事で治る!』■昨日のつづき■ 年末に読んだ本。『うつは手仕事で治る!』■つづきのつづき■ 年末に読んだ本。『うつは手仕事で治る!』つい最近、理学療法士の友人が「この記事、是非~」と教えてくれました。こちらもどうぞ。編み物でうつ病など改善か 英調査 医療費削減への期待も(NewSphere)で、現在の話に戻ります。ウツの友人とやりとりをしていて気づいたのはそしてああ!わたしも同じだった!とつくづく思うのはウツになっちゃう人、またはウツになってる時って頭んなかで自分責めばっかりしてるんですよ。自分の至らないところ、弱点、欠点、不器用さ、容姿の嫌いなところ、などなど何から何まで、時には自分あまり関係なくね?ってことまであげつらってとにかく自分を責めて、ドMになってる。あげくの果てに、「お前(=わたし)なんか駄目だ、生きている価値はない」と言う。自分の頭のなかで。あの頃の、自分の頭のなかでリピートされる呪詛(呪いの言葉)がいまでも聞こえるようです。よくあんなこと考えてたな、こえー( ;゚─゚)ゴクリと思います。今のJona魔女は元々ウツっぽくなる気質だという自覚はあるけれどたいへんお気楽な人間になりましたので(ちなみにお気楽人間になれたのは心屋さんとHappyちゃんに出会ったことと、海辺のウォーキング&ジョギング、さらに海で遊ぶことが、めっちゃ役立ってるんですけど)そんだけ自分責めしてればそりゃウツにもなるわな、と過去の自分が経験したことを今や、まるでヒトゴトのように思うわけです。うっかりすると、またぶり返すかもしれないのでジョギングは続けていこーと思ってます。自己防衛策です。自分責めっていうのはさ、自分が自分に対して行う「イジメ」なんですよ。自分に優しくしてあげないと、自分がどんどん萎縮してしまう。自分自身に対するイジメは、他者からのイジメよりずっとずっと大きなダメージになる。イジメによる自殺がよく報道されますがきっと他者からのイジメを受けて、どうにもできないことに悩んで絶望や無力感を感じているうちに自分でも自分をとことんまでイジメるようになっていくことが原因になるのではないかと考えています。自分が自分をイジメないでいられたら自殺を選ばずに済んだのじゃなかったかな…と(ノ_・。)自分が自分を見捨てたら、もう逃げ道がないんだから…。だから自分を責める言葉、それこそ罵詈雑言ばかり浮かんでしまうんだろうけれどそれを「自分をいたわる言葉」に無理やりにでも変えていくこと。まずはここからだ、と伝えました。「あ、わたしは大丈夫。わたしは今のわたしでいてもいいんだ」と思えるようになるには、「訓練」が必要なんです。ずいぶん長い間、「自分はダメ」と思い込み続けてきたものを、「自分はOK」にしていくには、時間がかかるんです。くるんくるんに丸まってるカレンダーを真っ平らに伸ばすのだって時間かかりますよね。ましてや人(=自分)の心を平らにするにはそれ相応の時間がかかるもの。ウツの人は、完璧主義でもあるから自分を一気に変えたいと思ってしまうのでしょうが…なんつっても、わたし自身もそうだったんで。でも、そのうちに「時間をかける必要のあることには、時間はかかるのだ」という、文字で読むと当たり前に見えるけど認めたくないから認めてこなかった、その大事なことに気づけました。いや、当時は、気づいたというより「諦めた」って感覚でした。そして「そんな時間はない!」と焦燥感を抱いていましたけどいま振り返ってみると「なんだ、時間あったじゃん。ぜんぜんあったよ」と気づきました。「こんな状態でいちゃだめだ、仕事しなければ自分はダメになる」とも思い込んでいたけどいま大して仕事してないJona魔女はダメにもなってません。(たぶん)時間はあります。そして、この先「全然知らなかった道」が開けていきます。自分をちゃんと大事にして自分のダメなところも「いいよいいよ、そのくらい」って思えて「わたし、なかなかいい奴じゃん。好きなところけっこうある」って思えるようになればね。自分が思いもしなかった新しい道がひらけていくとき、きっとびっくりするよ当時、癒しへ至るまでの道中、(何年もかけてきましたよ、マニアだからw)Jona魔女にとっての魔法の言葉は「わたしみたいな人間が、ひとりくらいこの世にいたっていい」でした。これは自分で思いついた言葉です。自分のための「魔法の言葉」自分で見つけてみたらいいです。あとは 心屋さんから受け売りの「大丈夫」という言葉。友人はこれが効いているようですウツだった頃になんて絶対戻りたくないけどあの時間があって良かったな、って今は思います。そのくらい今は、シヤワセなので。ではでは、また。水分しっかり摂って、どうぞお元気で。

      25
      2
      テーマ:
  • 11Jul
    • 心がざわつく日々。

      Jonaでございます西日本の豪雨で被災された皆様に心からのお見舞いを申しあげます。なんてことでしょう(ノ_・。)先日の大阪地震から間もない時に…。いろいろな支援方法が立ちあがっていますね。ネット社会の弊害が懸念される昨今ですがネット社会の大きなメリットも際立つときです。こんなとき、お金だけ支援するなんて偽善じゃないかと罪悪感をもったりしがちなんですけどもきっと、常に集団でいなければ生きられない人間はその苦しみを共にしないことに罪悪感をもつようにできているのかもしれません。でも何もしないよりマシじゃないですかね。偽善者上等、くらいに思って出来る限りの支援をしていこうと思うんです。これを機に、毎月の寄付を始めてみるとか、どうでしょう。Jona魔女は国境なき医師団日本とピースウインズジャパンに毎月の寄付をしています。毎月の寄付といったって、1000円ずつです。でも、何年も続けています。どちらの団体も、今回の西日本豪雨の被災地にいちはやく活動を開始されていてもう、感謝ばかりです。わたしに出来ないことを、やってくれている。本当に有難いです。ほんの少しだけでも、支援のお手伝いができている、って。支援させてくれてありがとう、って。寄付を続けるとこんな気持ちを味わえます。それから、ネット大好き、なんちゃってウェブ屋としてお伝えしたいことはネットをうまく活用するコツは何よりも第一にその情報は「本当の情報」なのかを逐一確かめること。真面目に情報を探しているときには特に面倒くさがらないで、逐一調べてみること。「情報を扱う」ということに、意識的になること。ネットで拾える情報は玉石混淆ですから…。本当の話もあればまるっきりデタラメなものもあります。調べてもわからないこともあるけど調べないで無頓着に情報を扱うよりはずっとマシです。どうも、7月は心がざわついています。先日、7月4日に誕生日を迎えました。またひとつ大人になっちゃいましたwお祝いのメッセージにご返事するのに、半日かかりました。「ありがとうありがとう、みんな本当にありがとう」と言いながら、キーボートをカタカタ打っていました。日本全国各地からだけでなく、イギリス、イタリア、ドイツなどからもお祝いの言葉が届いて、ネット社会ってほんとすごいな、と感嘆しました。インターネットは「国境という”膜(まく)”を貫いていく針と糸」というイメージが頭のなかに浮かびました。それから叔父の一周忌があって親世代の老いっぷりに諸行無常な気持ちになったりわたしたち世代が肩に背負うものを実感したり。例の事件の死刑執行のニュースにも強烈にざわざわ…。身近な人がウツになったという話にも…。たまに、こうして心がざわつく時間がありますねぇ。7月7日、早朝の海です。この日は5時半に目が覚めたので、初めて早朝ランしてきました。1時間ほどで、こんなに日が昇りました。それから今朝は、素晴らしい朝焼け。猫に起こされたとき、カーテンの隙間からこの美しい紅色が見えたので慌てて起きて、写真を撮りました。日常の小さな幸せを喜ぶことは心がざわつく時にもわたしが良い気分でいるための手っ取り早いツールになると思うんです。小さなことを喜ぶって日常のなかに小さな宝石のかけらをちりばめていくことじゃないかな、と。その感性を失わず、小さな幸せに意識を向け、敏感であれる人って幸せな人だと思うのですではでは暑い日々が続きます。どうぞくれぐれもご自愛ください。

      35
      テーマ:
  • 30Jun
    • バイブレーションが上がるっていうのは、つまり。

      Jonaでございます一昨日は満月のおかげで一日中テンションが高く夜にはカーテン開けっ放しで月光を部屋いっぱいに入れて実際、体中にエネルギーが充ちていく感覚があって夜中に何度も目が覚めてそのたびに、まんまるい月が燦然と輝いているのを眺めてうっとり過ごしました。いやー実に良い満月だった満足した。お空の機嫌ってものもあるから満月が毎回美しく見られるとは限らないんだもんね。さて、今日の海。山から流れ込む栄養豊かな水のおかげで海藻がむっちゃ成長してる。注文していた水着(色気のないやつ)が昨日届いたのでどーしても今日は海に行きたくて1km歩いてジョギングスタート地点まで行き、走るのも1kmだけ。さっさと砂浜で裸足になって水に浸かり、海藻だらけながらも水が綺麗なエリアがあるのでどこからどこまでが綺麗なのか水中探検してきました。上弦の月・下弦の月の頃潮の干満が緩やかになったときに存分に泳げるように今日は水中環境の下見です。さてさて、↓この記事で書いた「アレ」(ちょうど夏至~満月からの流れにちょうどいいと思うのでリブログ)コレ。↓↓ 熱がこもらず夏でも涼しく安眠ストレートネック枕・クレーンネックスマホ首に竹首枕!頭寒足熱!竹の... 5,400円 楽天 硬枕(こうちん)買ったー(*^ー^)ノ竹でできた枕。ほかのお店で頼んでた桐製の枕が3週間待っても入荷しないので竹製にチェンジ。デザインが美しかったんですもの。ほらっ。まるで良い音の出そうな笛みたい。とても美しい。職人さんのこだわりが感じられるお品、大好き。早速寝てみたら。これいいーーーーー!!o(*>▽<)y何がいいって、Jona魔女、夜中によく歯ぎしりするんですけど(肩こりとかストレスで)これを使うと、頭の位置が少しだけ上を向いた感じになるので(この写真でわかるかな)頭が上を向くと上あごと下あごの間にゆるやかな隙間ができて自然と歯噛みしなくなるのね。普通の枕だと上あごと下あごがしっかり閉まる角度になるのでどうしても歯噛みしちゃってたけどこの角度、あごが楽ちん歯ぎしりは長年の悩みだったー。歯医者でマウスピース作ったくらい。良いものを買った。このところ、自分のためにお金をけっこう使っています。先日のウェブのお仕事で、予想外のお金が入ったので。(それだけ作業をしたってことでもあるけれど)ま、「けっこう」といってももともと貧乏性のJona魔女、その癖が抜けませんので高額な買い物とかはしてませんwなんつっても「日々の小さな幸せを味わいつくしてコスパ最高の幸せ体質に!」をモットーにすることに決めたからこの路線でいきます。で、この竹の枕買ったし美容院いって縮毛矯正&カットしてきたし(髪を整えると運気が巡りだすって『ゆほびか』の西田さんが書いてた)大学生以降持ってなかった水着買ったしちょい高価なエッセンシャルオイル買ったし寝るときの読書のためにベッドサイドランプ買ったしほかにも、あれこれこまごまとして「欲しかったもの」とりあえず全部買った。こうやって書いてるとほんと規模ちっちゃい(笑)とは思うんだけれどでも、自分の満足感は半端ない。超しあわせ。だって欲しかったもの手に入れたんだものねー。昨日、ぬか漬けのことを熱く語ったのは可愛い妹(友人だけど)からの「ぬか漬け始めました!」メールが嬉しくてじゃあこんなふうに手入れするといいよ!とメールで返信するんじゃなくてブログに書いちゃったのだけれどその妹のメール読んでて「あ、この子バイブレーション上がってる」ってふと思ったんだよね。バイブレーション、なんて単語普段はこっぱずかしくて使わないからわたしがこんな単語が思い浮かぶなんて珍しい、と思ったのだけれどもその彼女のメールから受ける印象を的確に言い表そうと思ったら「バイブレーション上がってる」だった。彼女のメールにあった言葉。「以前はそれを作れる提供できる、関われる側になることにものすごく憧れて、そうなれない自分にがっかりしたものですが、」くくーー!わかる!わかるよ!「特別な人価値のある人にはなれなくても、そんなことができる時間と環境と健康があることがもうすばらしくてすばらしくて。」ちょ、まじ君すごくね?なにそのバイブレーションだだ上がりな言葉!超絶ぶらぼーその心の変遷を、数ヶ月前に自分も体験したからなおさら歓びを感じました。Jona魔女はこう思うのですよ。今いる場所で、自分自身が幸せを感じていられたら、もう最強じゃないのかな。ほかに何が必要なんだろうか?2016年12月にHappyちゃんブログに唐突に出逢って「あなたが良い気分でいること以上に大切なことは何もない」って言葉に、すごい衝撃を受けてえ、なに、それでいいんだ?!って、それは心屋仁之助さん級の衝撃で。それで、わたしはわたしなりの実践(ていうか実験)をしてきたのですけど今年に入ってからウォーキングを始めたりそのうちジョギングを始めたり浜辺でアーシングして海に浸かってみたりぬか漬けを始めたり敷布団をやめてみたり竹の枕を買ってみたりどれもこれも「わたしの生活のなかでできる」「自分が良い気分でいる」ための小さな工夫のあれこれで気がついたら美味しいごはん毎日料理して食べられて愛する猫たちと一緒に暮らせて家族が元気なので日々の生活は幸せだし(もちろんイライラすることだって、当たり前にある)お金には困ってないし(お金があったらあったでいろんな使い方をしたくなるだろうけど)健康だし小さいことにこだわらなくなってきたし何かあっても立ち直りも早くなったし父の介護を終えて、最期まで看取りその翌年、介護の燃え尽き症候群でうつ状態になってこんな無価値な自分はいないほうがマシだと死ぬことばっかり考えていた頃にくらべて「バイブレーション」という言葉をあえて使うならば今の自分はむちゃくちゃバイブレーション上がってる、と断言できる。バイブレーション、というのはわかるようでよくわからない単語かもしれないけど自分の人生のタイムラインにあてはめてみればああ、なるほどとわかるよね。バイブレーションが上がってるバイブレーションを上げるっていうのはなんのことはない自分を大切にできているかどうか自分がハッピーに、心地よく感じることをして、良い状態に保てているかどうか、ってだけのことなんだと、ハッと気づいたのでした。ものすごい、シンプル。だけどそれが難しく感じて簡単にはできないと思っちゃうのは誰もが、自分に嘘をつくことに慣れちゃってるからだ。自分に嘘をつくことを良しとされてきたから。ついでに言うと「魂の闇夜」という言葉がわたしは好きなのだけれども「魂の闇夜」っていうのはバイブレーションがめっちゃ低い時期・そういう状態のことその「魂の闇夜」を切り抜けるとずっと後になってからその時間がギフトのように思えてくるなぜなら自分は何がイヤで、何を望むのかコントラストをくっきり認識できる時間だから。その苦しい闇夜の時間をくぐりぬける時「わたしは、これはイヤだ!」と意識できるようになるためのスパルタ訓練期間、っていうか。だから人間は人生のどこかでぜったいに「魂の闇夜」を経験するようになっているのだと思う。そこから逃げ回ることに全力を尽くしたりしなければ、だけど。それを体感することから逃げ回っていたら何がイヤで、何を望んでいるのかもわからないまま自分に嘘をつきつづけることになる自分に嘘をついているという意識すら抑圧したまま。原因がわかれば対処方法もわかるものを見て見ぬふりしてしまうのと同じ。だけど、そんなことに気づくのもたとえば「自分が毎日当たり前に寝てるこの布団はほんとに快適か?」とか、そんなレベルから訓練していけばいいんだって思ったのでした。メタフィジックス通信を大好きで、日々愛読しているのですが「バイブレーション」という言葉で検索してこのあたりの記事を読んでいてバイブレーションを上げよう! 33の簡単なヒントフィジカル・メンタル・スピリチュアルにバイブレーションを上げる33のヒントバイブレーション高い?低い? こんなところをチェックしましょう高次のバイブレーションにシフトした時の10のサイン自分で思っているよりアウェイクニングが進んでいる9つのサインやっぱり、けっきょく自分を大事にできているか自分に嘘をついていないかなのだし、けっきょくわたしが良い気分でいること以上に大切なことは何もないってホントのホントだなーと、会得したのでした。「いいじゃん、わたし、このままで。このままのわたしで。」深いレベルで「癒される」っていうのはさ自分自身の否定してた部分もまるごとひっくるめて「自分と仲直りする」ってことだからさ自分が心地良く過ごせるようにあれこれ工夫するのは仲直りには良い方法なわけだよね。自分をもてなす、っていうか。自分自身にたいするホスピタリティ。だいじにしよーぜ。じぶんはひとりしか、いないんだし。

      44
      テーマ:
  • 28Jun
    • 本日、満月。テンション高めにぬか漬けのことを書きます。

      Jonaでございます今日はテンション高いJona魔女です。なんでかっていうとなんでかわからないんですけどんん、いや、満月だからだと思いますたぶん。たぶん、と書くのは朝の目覚めから「おっ、今日はわたしテンション高い日だ!」と気づくからなのですが今日は、夏至のエネルギー酔いの対極だなぁ、とそれは意図的なものではなくてどっちかってゆーと体の反応なのでその日になってみないとわからなくないですかね?自分のテンション。あとね、テンション高いのは暖かくて強い風が吹いている一日だったのもありますわたしこんな風の吹く日大好き。テンション高いので普段はブログの更新を多くても数日おきの、このわたくしが今日は一日中書きたいことが幾つもぐるぐるしてどれテーマにして書けばいいんだかわからない感じだったんですけど嬉しいメールをもらったので「ぬか漬け」について書きます。ぬか漬け最優先(๑•̀ㅂ•́)و✧というのも、Jona魔女の可愛い妹が「ぬか漬け始めました!」ってメールをくれたのであ、そうそう。このときの「妹」です( ´艸`)↓↓彼女は、Jona魔女が勧めることいろんなことを試してみてくれて試してみたときの気持ちを話してくれるのでそういう意味でもすごく大事な情報をもたらしてくれる友人です。んで、今回は「ぬか漬け始めました!」ってめっちゃ嬉しいんですけどー( ´艸`)ってで、最近の「ぬか床お手入れ方法」と「めっちゃ旨くてハマってる食べ方」を書いておこうと思います。ぬか漬け最優先(๑•̀ㅂ•́)و✧なので。まずは、最近開発したお手入れ方法。ぬか床は「常温」で手入れするのが基本で、手入れをこまめにできない場合は「冷蔵庫保存」というのが定番みたいなんですがJona家ではぬか漬けめっちゃ消費するので冷蔵庫保存では、浸かる時間がかかりすぎるし夏季の常温保存は、ぬか床で旨みを出してくれる菌の繁殖加減が変わるので温度が高くて異常発酵するのを防止するために一日2回かきまぜたりするのもちょっと面倒だなぁと思っていてふと思いついたのが「クーラーバッグ保存」で「かきまぜは一日1回」という方法。えっとね、こんなの。その昔、友達が何かを入れてくれて、「クーラーバッグもあげるよ、使っていいよ」って言ってくれたもの。このなかに、ぬか床のタルを入れて保冷剤を配置します。保冷剤は「タルの足元と、フタの上」の三か所。それぞれ一個ずつくらいでいいみたい。ぬか床を美味しくする菌や酵母は、表面に産膜酵母、中間に乳酸菌、底のほうに酪酸菌、という分布をとるのだそうで、産膜酵母と酪酸菌が増えすぎると明らかに「これ美味しくないだろ」って匂いがしてきます。で、上のほうの産膜酵母と底のほうの酪酸菌の異常発生を防ぐために足元とフタの上に、保冷剤を配置しているわけです。冷蔵庫保存だと冷えすぎてかき混ぜるときに手が冷たくてかなわないし、常温だと発酵しすぎて扱いが難しくなるけどクーラーバッグ方式はかなり順調です。毎日フタを開けると、ぬか床がいい匂い。室温や保冷剤の大きさにも左右されますけどクーラーバッグの中の温度はだいたい20度前後。(温度計で実験済みw)5月に急に暑くなったとき、変な匂いがしてきて一度、むちゃくちゃ慌てましたがこの方法で美味しい匂いのする床に戻せて自信ができました。ぬか床が水っぽく、びしゃびしゃしてきたら漬けた野菜に、塩分が沁みこむとその分、水分が抜けてくるので抜けた水分がぬか床に溢れて、びしゃびしゃしてきます。そしたら「足しぬか」と「追い塩」をする。ただし、ほどよい酸味が出ているぬか床にかぎる。「ほどよい酸味が出ている=いい感じに発酵している」そこに、新しいぬかを足すわけです。ぬかと、必要な分量の塩を足して、ほんとなら1日くらいなじませたほうが良いのでしょうがJona家ではなにしろ消費量が多いので「足しぬか、追い塩」したらそのまま野菜も漬けちゃいます。「必要な分量の塩」はぬか床をちろっと食べてみて、決める。ま、多少しょっぱくなっても、野菜から水分出るから。Jona家では、お米屋さんで買ってきた精米したての「生ぬか」を使ってますけど手に入りにくければスーパーで変える「炒りぬか」でも。お塩は、あら塩で。「伯方の塩」とか「赤穂の天塩」とかスーパーで買えるちょっと良さげな塩、でいいと思います。はじめは、材料にこだわるより手軽にできるんだ~って実感したほうが楽しさが持続すると思うんだよね。ハマっちゃったら、自然と材料にこだわるようになるんだからwハマってしまった食べ方。山形の「だし」風に、ぬか漬けを細かく刻んでだし汁に浸けるっていう最初はほんとに「だし」風だったんですけどそれやってるうちに思いついちゃったのが「ぬか漬けのだし風 白和え」だし汁じゃなくてぬか漬けをあれこれ細かく刻んで「絹豆腐」を混ぜ込んで白だしで味をととのえるの。ごはんにかけてジュルジュル~って食べるのがあまりに美味しすぎて家族が「毎日これでもいい」っていうので昨日も今日も、これ。今日のは、えだまめ入り。キュウリ、ニンジン、冬瓜、ミョウガ、オクラ、セロリ、山芋、などなどを入れていますが(山芋は生でもOK)好きなぬか漬け、なんでもとにかく刻んで入れちゃう。ジュルジュル食感のものが入ってるほうが美味しいです。メカブとか納豆とか、足して混ぜてジュルジュル強化してもめっちゃ旨い。酒のつまみでもごはんにのせても、うどんにのせても、旨い。ちなみに、合うおかずってなんだろなーと思って今夜は「ナスみそ」を作ってみました。旨かったです。存分に自画自賛したいと思います。叔母が作ってくれた「はっさくジャム」がタレに入ってる。ああーヽ(´▽`)ノここまで書いて、気持ちが落ち着きました。明日もブログを「あれもこれも書きたい」って思えるかどうかは不明ですが何しろ、朝目覚めたときにテンションが決まるのでいやでもね、まじでぬか漬け毎日食べるようになってから自分のバイブレーション上がったと思うよね。なんといっても腸の調子がいい!それになんでこんな毎日食べてて全然飽きないんだ!?ってほんと不思議なんですけど体が欲してて、食べると体が細胞レベルで喜ぶもの、手間暇かけて毎日食べてるんだからバイブレーション上がらないわけがないよな、とも思います。日本人のソウルフード「米、味噌、漬物」の美味しさはどれも人間業ではないのです、と味噌や漬物は微生物が作ってるものなんですよ、と土井先生が『一汁一菜でよいという提案』で書いてました。Jona魔女、この本大好き! 一汁一菜でよいという提案 1,620円 Amazon 明日はセロリの漬物~( ´艸`)豆腐がないので白和えはおやすみ。ではでは、皆さま。佳き日々を。

      19
      テーマ:
  • 26Jun
    • 自分を調えようと思ったら孤独な時間を過ごすしかない。

      Jonaでございますもうね、今年の夏至。夏至のエネルギーすごくなかったですか?大阪旅行からの、地震。体の痛み。からの、夏至。ふらっふらでした。1週間、エネルギー酔い。夏至の日、天気悪くてほんと良かったよ…。空が雨雲で覆われたりするのは強すぎるエネルギーを緩和してくれるそうです。夏至には魔女の儀式をやりたかったんですけどちょ、儀式もなにも、これでは…ヽ(;´Д`)ノ梅雨明け前に片づけたいものがいっぱいあるのに体も頭も、動かないし。夏至の日をさかいに、少しずつ復活してきたものの先週はなんもかんも、あきらめました。出かける予定も全部キャンセル…。すんません…(´・ω・`)調子が悪い間、いつものような食欲もなく体重が減っていてラッキーでしたけども。調子が戻ったら走ってキープするぞ、と固く誓った先週であります。週があけて今日、走ってきたらだいぶ調子が戻ってきたことがわかりました。途切れ途切れに3キロのジョギング。海に浸かると本当に充電されます。「海はわたしの充電器」と真面目に思ってます(`・ω・´)去年までは森とか山を歩くのが好きでしたが樹木に囲まれて過ごす時間は瞑想に向いている。海は「生命エネルギーの充電装置」だと思う。思うっていうか、体感しています。膝のあたりまで海水に浸かってそのままザブザブ水のなかを歩いて足の裏に感じる、砂のざらざらした感覚や小石や貝殻のでこぼこ足が砂にめりこんでいく感じ寄せて、引いていく、波の動き自分の体感をしっかり感じとる練習。ときどき意識を足の裏から、日の当たっている首筋に移してみる太陽の熱を感じてみるなんて、ひとしきり一人で遊んでいると帰る頃にはスッキリ。充たされた感覚になっています。そうそう、今日は浜辺に先客がちらほらいて70代くらいのじいちゃんが一人で来ていたのですがおもむろに立ちあがりビート板の大きいやつを持って水に浸かり少し体を濡らした後に(ジジシャツに短パン、という恰好のまま)ビート板に乗っかって、水に浮かぶとき「わっはー(´▽`)」って子どもみたいな声を出して、笑っててあーそうそうそうですよねっ!わっはーですよね!(๑•̀ㅂ•́)و✧じいちゃんをちょっと離れたところから眺めていてなんだかこっちまで嬉しくなっちゃいました。じいちゃん、一人で遊ぶ喜びをよく分かっていらっしゃる。エネルギー酔いの状態から自分を調える(ととのえる)には誰かと一緒にいたってダメなんだ。ていうか、自分を調える必要があるときは人と一緒にいられない。自分のリズムを思い出すには自分本来の「自然なエネルギー状態」を思い出すには孤独な時間が必要なのです。だってそうしないと意識が散漫になるから。そばに誰かがいたらわたしたちって必ずその人のほうへ意識を向けてしまうから。そばにいるのが嫌いな人ならなおさら、そっちに意識を向けまいとして結局意識してしまうから。孤独な時間を過ごすとき焦りの気持ちが湧いたりもするあたし何やってんだろう、みたいなそんな恐れは根拠ない、ただの心の癖だ。そんな恐れをふりきってでも孤独な時間は必要。そういう孤独な時間は自然のなかに浸っているととてもとても深い意義のある時間になります。今日のお宝。右上のツートンカラーのは、何の容器だったんでしょうねぇ。綺麗。お気に入りの岩場に腰かけてフナムシたちと一緒に波の音を聴きながら水の揺らぎを見ていたら地球にとってはわたしもフナムシくらい小さい存在で人間がどうやったってこのでっかい存在は自らを絶えず修復していくのだなぁ、となんか、そんなことをぼんやり思いました。ではでは。皆様、佳き日々を

      24
      2
      テーマ:
  • 20Jun
    • 大阪に行ってきました。明日は夏至。

      Jonaでございますこの土日、大阪に旅行してきました。帰ってきた翌朝に、あの地震。初めての大阪、すごく楽しかったんです。古い友達、2人にも会えて。言葉を交わした人、みーんな人懐こくて、親切で。いやな思い、ひとつもしなかった。大阪いいところだなぁ、大好き~!としみじみ思って矢先で。会えた友達は2人とも無事で仕事で大阪にいたクライアントさんも無事で本当に、安堵したのですが朝からずっと続くニュースを見ていて前日に帰ってきたことに「良かった!」という気持ちもありながら驚きとショックのほうが大きくて。たまたま、その朝から旅行へいくという緊張感の影響で遅れていた生理が始まったので体がひどく痛んで体の痛みとともに2011年の地震のときを思い出したりもしました。思いのほかショックを受けてナーバスになっている自分に気づきました。同じように感じられた方も多いかと思います。にこにこ対応してくれたホテルのスタッフさんたち、美味しいお料理でもてなしてくれた居酒屋の人たち、大阪のこといっぱいお話してくれたタクシーの運転士さん、バッグを褒めてくれたカフェのお姉さん、Tシャツ買いに行ったGAPのお姉さん、みんな無事でいてほしいし大きな揺れで怖い思いをされた皆さんが無事で安心して過ごせますように祈りと光を送ります。元気な大阪でいてほしい。必ずまた遊びにいきます!という願いを込めて大阪フォトアルバムです。大阪城、かっこよかった!あまりに敷地が広いので(いい天気で暑かったし)なんとかトレインにも乗りました。宿泊したホテルがめっちゃ良かった!その名も…ホテル ザ フラッグ大阪市中央区東心斎橋1-18-30今年3月末にオープンしたばかりのホテルですこれね、アルファベット形の本棚なんですよ。「ライブラリー」があるの。 書棚の前に居座ってずーっと眺めていたかった。おもしろそうな本いっぱいあった!こちらのホテル、どこを見回しても絵になるのです。センスの良さが溢れだしてる!シンプルで、落ち着いた色調で、目が安らぐ…。快適なベッド。洗剤のへんな匂いがしない、ゴワゴワじゃなくて柔らかなシーツやカバー類。ここJona的にポイント高し。今回会えた古い友人がこのホテルを立ち上げから作ってきた一人です。お互いの紆余曲折を話せる、真摯に耳を傾けてくれると信頼できる友達。ずっとホテル業界で働いてきた彼女が今ここに彼女の夢を実現させて昔から綺麗な彼女だけれど10年以上たった今、相変わらず綺麗でとても生き生きしていてわたしは自分の目でそれを見られて嬉しかった。感動しちゃった(〃▽〃 )Jonaさんのイメージで、と部屋に生けてくれた花。「ナチュラルで鮮やかな青」嬉しくて気絶するかと思いました朝食はこんな素敵なスペースで。ビュッフェ形式の朝食、どれも美味しいし、食器も素敵だった。そして何よりスタッフさん全員にこやかでとても感じが良かったし友達の夢がホテルのそこかしこに表れているようで彼女がこのホテルを誇りに思っていることを感じられてしみじみ、感動。今後も大阪で泊まるなら、もうここ一本で決まりっす。地震の直後、ホテルの皆さんが冷静に適切に対応された様子が伝わってきてさすが、と思いました。もうひとつ、オススメ情報。日本酒が好きなら、このお店へ。そば居酒屋るちん↓食べログHotpepperグルメぐるなびホテルから歩いて30秒!ベロベロに酔っぱらっても大丈夫!(笑)丁寧で美味しいお料理蕎麦と日本酒(←最高の組み合わせ)店内も落ち着いてて素敵です。しっとりと大人の食事をしたい方にオススメ。2日目は、これまた古い友人が午後から仕事なのに「一瞬でも会えれば」とホテルまで迎えに来てくれて大阪滞在時間、まるきりノープランでいたJona姉妹に「あの大阪」を見せてくれました(笑)グリコ!かに道楽!!NGK!!日曜日で満席とか立ち見になっていて公演は見られませんでしたがおみやげショップでお買い物いっぱいしました。5000円以上おみやげ買うと、送料が無料になるなんてなんて嬉しいサービス!おみやげはここで買ってぜんぶ送りましたwお昼を一緒に食べた後また会おうねとタクシー乗り場まで見送ってくれてありがとう友達!で、大阪城へ行ったのです。(最初に戻る)タクシーの運転手さん、いっぱい喋ってくれて楽しかった!ちょっとナーバスになっていたのでブログ書けるかなって思ってたけど書いてよかった。楽しかった~って思い出せました。楽しかった。嬉しかった。また行くね、大阪。必ず(*^ー^)ノ明日は夏至ですね。時の変わり目。大事に過ごさなくては、となんだか今朝ふと思いました。大雨が、いろんなものを洗い流していきます

      21
      テーマ:
  • 13Jun
    • 2018年下半期に向かう気変わり。

      Jonaでございます梅雨入りしてからもそれほど雨が降ってない印象ですがJonaの気分は毎年この時期に変化するようでこのところ、いろいろと「気変わり」してます。「気分」も変わってきてるし「気」そのものも変わってきてる感触。気変わり、その1。ブログのヘッダー画像を変えてみた。パソコン版のヘッダー画像を替えました。いつも行ってる海の写真を使いたくて。あと、サブタイトル(ブログの説明)も変えました。最近思っていたのです。日常のなかに「幸せの種」いっぱいあるなぁ、って。幸せを感じやすくなったのもジョギング効果だと思ってるんですけど日常のなかにある小さな幸せに今まであまりちゃんと目を向けず理想論ばかり追っかけてきた気がするのです。いつもの、普通の日常、のなかにある小さな幸せをしっかり味わうことで自分が幸せな気持ちになれたらそれはもうコスパ最高の幸せ体質だよね、と気づいたのです。お金が(あんまり)かからない、またはお金を直接必要としないところにある幸せ。(もちろんお金も大好きだけど)日常のなかでキラッと輝く、宝物みたいな瞬間。そういうのをもっと追及していこうと思います。気変わり、その2。敷布団をやめてみた。スロージョギングを始めた2月あたりからこの方のブログをときどき読んでいます。筆子ジャーナルミニマリストで、カナダにおすまいの筆子さん。ウォーキングやスロージョギングの心身への影響を調べてるときに出会ったブログです。わたしはミニマリストではないですけどもできるだけ必要最低限の物でシンプルに暮らしたいと思っています。なので、とても面白く拝読しています。で、ある日。こんな記事を発見。床にじかにシーツをしいて寝てみたら、グッスリ眠れて健康によいみたい板の上にあおむけに寝ると背骨のゆがみが矯正されます。脊柱(せきちゅう)を正しく保つのが健康には大事。「おっ。これもしかしてイケるかもよ?」と、是非やってみたくなって。Jonaの自室は押入れがなくて、限られた部屋のスペースに布団(しきっぱなし)それがいつも心に引っかかっていたのでこれだ!って思ったわけです。いきなり床にシーツだけは自信がなかったので家にあった「ごろ寝マット」を使うことにしました。長さ180cm、幅60cm、厚み4cmのその名も「Goronex(ゴロネックス)」!いい名前!w大のお気に入りの「木綿ケット」をシーツ代わりに。腰痛・肩こりになりやすいので今まではマットレス2枚+固めの敷布団だったのが…これが、いきなり厚み4センチの世界へ。さらに「木枕もいいよ!」と書かれていたので木枕でウソのように肩こり解消~健康にいいし、小さいし、床に寝るミニマリストには理想の枕です後頭部がすこし浮く感じの厚みにバスタオルをくるくる巻いて、枕がわりに。翌朝、これが意外と、いい感じ。へぇ~~っ( ゚▽゚)と思った。数日寝ていたら、厚み4cmの寝床を「固い」と感じなくなってきたので昨夜は4cmマットの隣の床に木綿ケットだけ敷いて寝てみたらやっぱりちゃんと眠れます。4cmマットは猫たちに取られてしまいました。明け方、わたしも4cmマットに移動して寝ていましたが普通に目覚めスッキリでした。とうとう木枕も注文してみたので、このレポートはまた後日!気変わり、その3。ライアーのトーニングセッションはお休みに。ときどきリンクを貼っていたこれ↓↓ しばらくお休みすることにしました。繊細で妙なる音の楽器「ライアー」を、じぶんで奏でてじぶん自身をトーニング(調律)するセッションで、うっとり。楽器やライアーの経験がまったくなくても大丈夫。(↓↓画像をクリック↓↓で、専用サイトへ移動します)昨年からセッションを始めるにあたって一昨年の9~12月にはたくさんのモニターさんに参加していただき昨年はセッションも、ぼちぼちやっていてセッションの内容自体は気に入っているのですがちょっとトラウマになったある出来事のためにライアーを奏でるということに積極的になれないまま今まで来てしまい、積極的になれないから、人にも積極的に薦められずにいて。だけどつい数日前、それこそ1年半も前からのそのトラウマをふっと抜けられたようで「もう、いいじゃん」と思えた瞬間があったのです。しまいこんでいたライアーを久しぶりにケースから出してチューニングして音を鳴らしてみました。懐かしい音は矛盾するようだけど、新鮮でもありました。思い返せば、ライアーにたまらなく憧れて是が非でも手に入れようと決めた4年前は老後まで楽しめる素敵な宝物を手に入れたことを心底喜んでいたのにその気持ちを忘れていた。その気持ちをやっと、思い出しました。ということで、しばらくは自分だけのためにこの美しく可愛らしい楽器を奏でようと思います。誰のためでもなく。仕事のためでもなく。ひたすら、自分だけの愉しみに。そう決めたら、スーッと楽になって涼しい風が吹き抜けたみたいな気持ちになりました。自分の心が楽になるのが何よりも一番大事。さてさて、いろいろ気変わりがしてますがぬか漬けは相変わらず毎日食べてますよ。ちょっと酸味が強くなったので、いろいろ工夫して調整中。マッシュルームのぬか漬け、気に入った!ズッキーニのぬか漬けによく合います。こういう「変化の時期」ってなにかこう、ぽかーん、と穴が開くような感覚もあり何か忘れてるんじゃないのか、と、うっすら不安になったりもするのですが年齢のおかげで、もう何度も体験してなじみのある感覚になったのでだいじょーぶだいじょーぶ、流されて行こう。と、思っております。ではでは、皆様も良い日々を。

      31
      1
      テーマ:
  • 05Jun
    • ジョギングを始めて良かったこと、いろいろ書いてみた。

      JonaでございますWebのお仕事が終わったので昨日は、5日ぶりに走りにいってきました。…暑い!ま、久しぶりだし軽く走ろうということで、往復2kmのラン。(歩く距離はもちょっと長いです)これは…日焼け止め塗ってても、確実に焼けるよな。それなら( ゚▽゚)どうせだから水着買ってきて泳いじゃおう…と決めた昨日の海行きでした。帰宅して、しばしネットで水着を探したことは言うまでもありません。今朝、母が「明日、雨降るよ。今日のうちに海いってきたら?」と教えてくれたのでお言葉に甘えて今日も走ってきたわけです。昨日は保育園の子どもたちが先生と一緒にいっぱい来て遊んでいたし何やら人が多くてすぐ帰ってきてしまったから。今日も、昨日と同じく引き潮で穏やかな、すごくいい海なわけですよ。↑ちいちゃいお魚が、すぐ足元に泳いでるのです。暇そうな大人たちが4~5人、レジャーシート敷いてあちこちで寝そべってる。意外と、暇な大人って、いるのよね。いつものように靴を脱いで波打ち際を歩いてたらどーしても、どーーーしても海に浸かりたくなってですね。・・・水着じゃないけど~今日スポーツブラだからいっかー。あの暇そうな人たちもわたしのことなど気にしてないでしょ。遠いし。というわけで、Tシャツ脱いで海に浸かってきましたよ!!めっちゃ気持ちよかったーーーーヽ(´▽`)ノ「きゃーっ!」って言った(笑)だって、これですよ これ。こんな水をこんな暑い日に見せられて(魅せられて)黙っていられるかーーっ!つってだぼっ、と首まで浸かって水の冷たさを楽しんできました。お魚、逃げない~かわゆい~で、ひとしきりじゃぶじゃぶ遊んで岩場に戻ってですね、はっ( ゚▽゚)気づきました。ランニング用パンツの内ポケットにウォークマン、入れてたことに。ウォークマン、御臨終…o(TωT )まっ、仕方ない。スマホに音楽入れなおそう。ジョギングを始めて良かったこと、その1。「あんまりくよくよしなくなった」前の記事でも書きましたけど性格変わったと思います。ええ。へらへらできるようになりました。3年前、あの心屋仁之助さんに会いに行ったときCDにサインをいただいてそのとき書いていただいた言葉が「へらへら生きよう」だった。最近はっと気づいたのです。おお、わたし、へらへら生きられるようになってきたじゃん!やったじゃん!うわー、めっちゃ楽じゃーん。こういうことかぁ。ジョギングを始めて良かったこと、その2。「体の変化」 筋肉がついて、脂肪が減ってきた 体重が少し減った 体のカタチが全体的にすっきりしてきた 走るときは二の腕を振るので、二の腕もすっきりしてきた体の「見た目」に関することはわかりやすくていいですね食事を制限しているわけではないし他のこと(筋トレなど)は特にしていないのですごく痩せたって感じではありませんが体をしっかり動かしていることで充実感が得られて心も満足するので体重が減らなくても気にしていません(減れば減ったでもちろん嬉しいw)それから、こんな良いことも。 筋肉がついたので、動くのが楽になった 肩こりや腰痛に悩むことが激減した 肌の調子が良くなった 体全体の調子が良くなった 衝動的な食欲がなくなった「目的地は1km先」程度なら、迷わず歩きます。1kmくらいなら大したことないねって思うようになったから。筋力がついたからでしょう、以前よりも体を軽く感じるので家事もさくさく進むようになりました。走ったあと、ピンク色に上気した自分の顔をみて「しめしめ いいぞいいぞ」と思います。このピンク色が、肌を綺麗にします。血流が巡って、代謝が活発になるからね。うむ、ほんと血流だいじな。お腹はしっかり空くんですが無駄なものを欲しなくなりました。食事の時間に、ちゃんと食べたい。それで充分。この意識の変化はおもしろく感じます。「ぬか漬け効果」も関わっていると思います。ジョギングを始めて良かったこと、その3。「心の変化」Jona魔女はタバコを吸うので走ったら息切れしてしまうのではと不安がありましたがあれ?ぜんぜんダイジョブだ。スロージョギングは息が切れるような速度で走らないしもっとスピードを上げても息が切れるような速度にならないよう体が勝手に調節します。そもそも自分に続けられるのかしら?今までいろんなことが続かなかったのに、という自信のなさもありましたが楽しければ、続くんじゃん。ということがわかりました。続いているから、自信もわいてくるようになりました。わたしだって継続できるんだ、って。さらに、ちょっと漠然としてますけど「いろんなことが、実は、意外と簡単なのかも」って思えるようになりました。ジョギングを始めて良かったこと、その4。「呼吸をたくさんするようになった」呼吸をちゃんとできてるってものすごい大事なことなんだ、とあらためて、実感しました。悩んでるときや、うつっぽいとき呼吸は間違いなく、浅い。体が固まっている。体は、酸素をすっごい必要としているのにその精神状態によって体がこわばるからその必要なものを取りこめなくなってしまう。何年も前のことですがOSHOのブレスワークに参加したことがありましたファシリテーターさんの絶妙な声かけで踊り狂い、そのあととことん呼吸をします過呼吸状態を自分で意図して作ります深く早い呼吸を力の限り続けていると手の先も、頭も、体全体も、痺れてきますもう、何がなんだかわからなくなる。それでも、こんにゃろめーっ!って勢いで自分の限界まで、呼吸を続けるとあるとき、限界がきて、力尽きて…床に横たわり眠りを受け入れると自分のなかに、完全な静寂が訪れる。目覚めたときにはまるで生まれ変わったようにあっけらかーん、となってぽかーん、として自分のなかに心地よい「からっぽ」が生まれます。運動した後「汗をかいて、スッキリした」とよく言われるけど、それよりも「呼吸をたくさんしたから、スッキリした」が、本当は正しいんじゃないのかな。ウォーキングだけ、の頃も楽しかったけど筋力がついてきてジョギングも始めて、ほんと良かったなと思います。走るほうが、いっぱい呼吸をするからね。以上、長々と書いてしまいましたがどなたかの参考になればいいなー。ではでは(*´∇`)ノこんなセッションやってます繊細で妙なる音の楽器「ライアー」を、じぶんで奏でてじぶん自身をトーニング(調律)するセッションで、うっとり。楽器やライアーの経験がまったくなくても大丈夫。(↓↓画像をクリック↓↓で、専用サイトへ移動します)

      36
      2
      テーマ:
  • 01Jun
    • 寝て、起きて、食って、出して、動いて、寝る( ˘ω˘)。

      Jonaでございます「ときどきWeb屋」のお仕事が一段落して今日はのんびりしています。下書きしたまま2日間ほったらかしてた記事、とても個人的なつぶやきなんですけどもちょっと直して、記してみます。今週は月曜日、火曜日、と連続して海辺ジョギングにいってきました。満月の数日前あたりから眠くて眠くてどーしょーもなかったのですがネムイときって、頭のなかもモヤっとなってつまらんことを考えはじめたりするのでそういうときは走りに行きます。どうしてでしょうインドア派だったわたしがこんなにジョギングを好きになるなんて。この歳で。この2ヶ月ほど「ときどきWeb屋」のお仕事がチームで動いていて特に先週あたりから意識はずーっとそっちに集中していました。Web屋稼業は、かなりこまかーいところまで把握して適切な処理をして一から十まで モレがないかってけっこう気を遣うしそれでもやっぱり手直しする部分が出てくるし追い込みの時期になると頭がいっぱいになるので夕飯のメニューを考えられなくなるPCの前にはりついていると肩や腰だって痛くなるのでだからこそ、リセットするために走ります(๑•̀ㅂ•́)و走るようになってから肩こり・腰痛が格段に減りましたそればかりか二の腕までもが引き締まってきました!体は鍛えれば、ちゃんと応じてくれるのねーと感心します。なんといっても走ると気分がスッキリします!スッキリする上に、すごい幸せな気分にもなる。これは、二の腕が引き締まったよりもずっと大きな収穫でした!(笑)ウォーキングするようになりスロージョギングに挑戦ししまいにはスローでもないジョギングをするようになってわたし性格変わったよね(๑•̀ㅂ•́)وと自覚してます。なんかねぇ。幸せだなぁ、って思うんですよねぇ。寝て、起きて、食べて、出して日々のやるべきことをやって歩いて、走って料理して、食って、寝る( ˘ω˘)スヤァふつー、です。普通な毎日。ただの、日常。ですがなんでしょう歳のせいでしょうかああ、幸せだなぁ、と思う日が増えました。幸せホルモン「セロトニン」大放出してますーって感じ。やっぱりこれ、運動するようになった影響なんでしょうねぇ。体ってすごいなぁ美味しいぬか漬けを毎日食べられることも今日は何を漬けようかな、と考えることも猫たちが毎日元気でいることも(まだほかにも3匹いますが)大好きな海を 思いがけず今まで知らなかった新しい場所から眺められることも今年もホーリーバジルの芽吹きが順調であったこともうーむ…こうしてみると、ほんと地味な写真ばかりですねぇ。当たり前の毎日の、地味な瞬間。だけど、これってすごく幸せなことなんだな、ってしみじみ思えるようになったのです。自分を生き辛く、苦しくさせている原因を知ってからぜったいこの状況を抜け出してやるって決めてここまでくるのに12年かかりましたけども決めれば、できるもんだ。自分で、やるって決めれば。よくここまできたね、わたし。と、今はジョギングまでするようになった自分を毎日褒めております。皆さんも、たまには自分を褒めませんかね?だってぜったい、一所懸命、考えて、生きてるんだからさー。ねー。

      17
      テーマ:
  • 25May
    • さらに、ぬか漬けとジョギングの話題。

      Jonaでございます今週は「プロフィール:魔女ときどきWeb屋」のWeb屋のほうのお仕事が珍しくたてこんでおりましてずーっとPCの前に座っていました。それで3日間、海に行かれなかったのですが今日はいてもたってもいられず久しぶりに走ってきました。体を慣らすために、軽く1km走っていつものように、波打ち際で足を冷やしまた1km走って帰ってきました。ああ、スッキリしたーーートンビです。やっとこんな写真が撮れた。こやつらは、三浦半島で狂暴化しているそうですがトンビが飛ぶ姿を見るのは、すごく好きなんです。風に乗ってホバリングしてすぃーーーっと流れていく姿を見るとジョギングの足も軽くなります。いつぞや、海にかかる橋を渡るとき、トンビが橋のそば、わたしのすぐ脇を飛ぶのと一緒に並走したことがあってまるで自分がトンビになったような気がしてすっごく不思議な感覚になりました。自分の背中に翼がはえて、すいーっと飛んでいるような。そのときだけは体の重みを感じない、不思議な体験をしたことがありました。海辺では、いろんなイキモノが波の干満で砂浜に打ち上げられていますがその造形の美しさに、ほーーっと見惚れます。帰りに、ぬか床に使っているぬかを買ったお米屋さんで「足しぬか」用の米ぬか(コシヒカリ)を買ったら80円という値段、ただでさえ安いのに、さらにまけてくれました(笑)こちらのぬかで、ぬか漬け始めたんです。美味しくて毎日食べてます!って言ったからかな。水分が増えて、ゆるくなったぬか床に足しぬかと、追い塩をしました。味がぼやけてきたぬか床に塩を足すことを「追い塩」というそうです。日本語っていいなぁ、と思います。足しぬか+追い塩をした、我が家のぬか床。塩をなじませるために、野菜を漬けるのは一日休むことにしました。前の記事で、ぬか漬けって五感で楽しめるし精神的にも良いと思うよってことを書いたんですけどももうひとつありましたよ、ぬか漬けの楽しさ。それは…「宝探し」感覚が楽しめること!!前日、自分でぬか床に沈めた野菜を「発掘」する楽しみ(笑)どろんこ遊びしてたらお宝みつけちゃった、的な楽しみ!≧(´▽`)≦しっとりしたぬか床に、ガボッと、でも優しく手をつっこんで野菜を傷つけないようにゆっくりぬか床を探っていく。あーそうだった、昨日これ漬けたんだっけー( ´艸`)…とか思い出しながら、ひとつひとつ掘り当てていく楽しみ。今夜の「ぬか漬け盛合せ」はサラダのように彩り豊かな一皿になりましたはー頭がうまく回りませんので結局今日も、海とぬか漬けの話題だけです(笑)明日もまた 皆さんにとっても わたしにとっても(おなかの調子が)良い日でありますように。

      27
      テーマ:
  • 18May
    • 五感で楽しむぬか漬け、ストレス解消にも?

      Jonaでございますぬか漬けの話題が止まりません。今日もどうぞおつきあいください。前の記事↓を読んでいただいた方のなかには、…ぬか漬け、やってみようかなとその気になり始めた方も3人くらいはいるのではないか。そんな方の背中を押してぬか漬け仲間を増やそうと思って今日は「ココロのこと」というカテゴリで書きます。何度も書いていますがぬか漬けを始めたきっかけは海辺ウォーキング中に立ち寄る精米をその場でしてくれるお米屋さんでぬか(もちろん精米したて)が1kg80円で売ってるのに目をとめたこと。あー、うまいよね、大好き。ぬか漬け。特に夏には、食べたくなるよね。と、お米屋さんの店先で、思っちゃったのでした。父方のおばあちゃんのぬか床がずっと家にはあったので子どもの頃から、ぬか床かきまぜるのは好きだったんです。そのぬか床がダメになってしまって、15年。それなら、自分でやったらいいんじゃん、とふと出来心が起こりまして。やってみたら、楽しい!楽しいんですよ!いいね、やっぱり出来心には従うべきだ。料理研究家、冨田ただすけさんのレシピに書いてあるとおりに材料を揃えて、手順を追って。白ごはん.comhttps://www.sirogohan.com/水と混ぜても最初のうちはポソポソした感じ。まさに「ただ米ぬかと水を混ぜただけのもの」って感じ。これ、初日の写真です。日が経つうちに見た目もしっとりしてきて色が濃くなってくる。かき混ぜるときの音もしっとりしてくるからお、変わってきたぞ、と実感できる。香ばしいぬかの香りが、じわじわと酸味を帯びた香りになってきて明らかに「何かが内側で起こっている!」とわかる。野菜の水分がぬかに移るからかき混ぜる手に感じる重みもずっしりと、柔らかくなってきてなんかね、楽しいんですよ。ぬか床まぜるの。毎日1回、混ぜる時間がくるとうきうきしちゃう。なんで楽しいんだろう、と考えていてこれ、何かに似てるよね…とハタと気づいたのですがああーーーそうだ!子どもがどろんこ遊びする感覚だ!どろんこに手をつっこんでつかんだり、こねまわしたり、どろだらけになった手をみてキャーって笑ったりするあの感覚に似ている!うむ、楽しいわけだ。その、ぬか床を混ぜた手を、水で洗うとしっとりしています。その手ざわりに、ひとりで「くふふっ」となります。独特の残り香も好き。あったかい匂いがして。全然「くさい」とは感じないんですよ。タッパーだと混ぜにくいので700円くらいの漬物用のタルを買ってきました。そして何より美味しい!!毎日、自分が手をかけて育てていくので美味しさもひとしおなんです。家族にしてみれば毎日、気にかけて、手入れして、時間をかけてできあがったものが食卓に出されるとやっぱりすごく喜んでくれる。するとですね、ご飯、お味噌汁、ぬか漬けこれだけで、家族がかなり満足してくれるわけです。というか、わたしと母は、もうこれで充分。わたしはダイエットになるし(それに夕飯のときはビールで晩酌したいし)母は歳のせいであまり食べられないので少量で済ませてしまうからこそ「良いもの」を食べたいと思う。でもこの「ご飯、味噌汁、ぬか漬け」なら安心できる。とはいえ、もちろん他のおかずも出すので日々の夕食の構成は…ご飯、お味噌汁、ぬか漬け、メインのおかずうまい味噌汁と、ぬか漬けさえ出しておけば喜んでもらえるのでメインの料理はかなり手抜き(笑)夕飯の支度がすごく楽になりました。しっとりして、色も濃くなった我が家のぬか床。いい感じです。ちなみに、お味噌汁は合せ節でだしをきちんととる日もあれば顆粒だしで済ませる日もあり。合せ節(混合削り節)は近所のスーパーで買える、これが気に入ってます。 【2980円以上送料無料】混合削り110g 「職人のだし」【工場直送】【削りたて】【産地厳選】... 399円 楽天 (邪道かもしれませんが)しっかりした味が好きな我が家では、この合せ節でおだしを取ってからほんの少し、顆粒だしも混ぜます。ぬか漬けに合わせて、だしをとったお味噌汁を作れば食事の満足感も倍増。家族の反応が、全然ちがう!もちろん、自分自身の体の反応も。ああ、良いものを食べました、という感覚になる。だしを取るようになったきっかけは、2冊の本。なぁんだ、簡単じゃん!と目からウロコが落ちた。 一汁一菜でよいという提案 [ 土井善晴 ] 1,620円 楽天 だし生活、はじめました。/梅津有希子【1000円以上送料無料】 1,512円 楽天 ↑だしについてすごい調べてられているし、おもしろく気軽に読めました。1500円もあれば、ぬか床の材料は全部買えるのに毎日1回の手入れさえすればその後の満足感はずーっと続く。視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚五感すべてを使って育てていくから面白くて、美味しいし、満足感はハンパないし日本人のDNAに響く「体に良い食べもの」を作りだせる。失敗したらしたで、昔からの知恵だから解決方法はいくらでも探せる。時間と関わった人々によって集積された知識が今も生きた情報として使えるってすごいな、と思う。これが文化だよな、って。食べものに対する意識も、自然と変わっていく。楽しくて、美味しくて自然と(勝手に)意識が変わっていくのなら、ストレス解消にかなり役立つんじゃないのか?とJona魔女は思っているのです。だいたい、ストレスを抱えているときって人は自分責めもしてますから良いものを、自分で手間と時間をかけて育ててちゃんとしたものを食べている、という満足感は自分を大切にすることにもつながるような気がしますよ。実感として。お金さえ出せばすぐに食べられるものをどこでも買える、豊かな日本です。必要なときにはそういうものをどんどん利用すればいい。せっかくの豊かさを享受できるのだから。でもそういうのばっかり食べてると、なんとなく気分がすさんできません?豊かな日本では「食育」も大切にされるようになりました。食事の材料になるものがどこで生まれどんな環境のなかでどうやって育ちどんなふうに食べものとして提供されているのか何を食べれば体に良くて、安全なのか意識するということは、くるりとひっくり返って自分が「どんな食べ物を、どうやって食べているのか」と、意識のベクトルは自分にも向かうんではないかと。あとね、「ぬかみそくさい女」という言葉は、むかしはイケてない女性を形容する言葉でしたけども今からの時代「ぬかみその匂いを知ってる女性」はめっちゃイケてると思うんですけどね。あえていえば「温故知新タイプの意識高い系」ですかね。自画自賛になっちゃいますけどね←さあ、あなたもぬか床作ってみませんか美味しいよ。くふふフォトブック、作りました。制作の経緯は[Listening to Nature]記事一覧にてご紹介してます。ご注文いただいてから印刷し、印刷屋さんから直送されます。いつでもお求めいただけます。1冊 1,000円(消費税・送料込み)文庫本サイズ、59ページご注文は、↓ここをポチこんなセッションやってます繊細で妙なる音の楽器「ライアー」を、じぶんで奏でてじぶん自身をトーニング(調律)するセッションで、うっとり。楽器やライアーの経験がまったくなくても大丈夫。(↓↓画像をクリック↓↓で、専用サイトへ移動します)

      25
      テーマ:
  • 16May
    • ぬか漬けとダイエットの素敵な関係。

      Jonaでございます昨日は夕飯の前にひとっ走りしてこようと4時半ごろ、走りに行ってきました。夏日で暑いなぁと思いながらも本格的な夏が来る前に「暑くても走る」をリハーサルしておくことに。太陽は西に傾いていい感じの写真が撮れました。今朝、朝ごはんに昨日の残りのぬか漬けを出すと母が嬉しそうにひとこと、「ぬか漬け食べ始めたおかげかしら。昨日も今日も、あったのよ!」あった、というのは、お通じのこと。Jona魔女、これにはビックリしました。えぇー!っと驚きました。なぜなら母は、ひどい便秘症で2日も続けて出る、ということなんてここ数年、一度も無かったから!なんと…!!!5月10日に自家製ぬか漬けを出し始めてからまだ1週間たってないのに!Jona魔女、今年のお正月から歩き始め、3月からスロージョギングを取り入れ、5月からは運動に加えて「腸活」をすることにしたのです。腸内環境を改善しよう、と。それで、最近よく広告が出ている「ヤセ菌を増やすサプリメント」を試してみることにしました。「ぬか漬け」を始めたのはダイエットとは関係なく、お米屋さんで売っていたぬかが「わたしをぬか床にしない?」と呼んだからなのでしたwで。体重は何ヶ月も変わらなかったのです。減っていく脂肪と、付いていく筋肉の重さが拮抗していたようです。なんといっても筋肉のほうが重いので。ところがつい一昨日、朝の着替えのときに「…んん?体のカタチが変わってる…?」と感じ、昼食後に体重をはかってみたら体重が2kg減っているのを確認!いえーい!✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。…と喜んでいた矢先に母の「昨日も今日もあった」報告。これはスゴイぞ!と。腸は、全身の免疫を司っている、と解明されてきました。腸には、体中の免疫細胞の60~70%の「免疫細胞」が大集結していて体に有益なものと、害のあるものとを判別して有益なものを体内に取り込むように働いています。その腸がバランスを崩したら…そりゃヤバいことになります。Jona魔女はもともと腸が弱く、ストレスを感じるとまっさきに不調が出るのは腸です。それから、40代半ばを過ぎて体の機能低下や、痩せにくくなったことが気になっていました。で、今までやったことなかったけど「運動」してみよう、とウォーキング&スロージョギングを始め、体に対する意識が自然と高まってきたので腸活もしてみることにしたのです。腸内環境を改善して、やせやすくなるぞー!と。最近、『ネイチャー』誌に掲載されたことで話題になっているヤセ菌(バクテロイデス)は、善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌、納豆菌)でも悪玉菌(大腸菌、ピロリ菌、ウェルシュ菌)でもなくて善玉菌と悪玉菌の戦況を見て優勢な方へ加担する性質のある「日和見菌(ひよりみきん)」なのだそうでということは腸内を善玉菌が優勢、な状態にしておけばヤセ菌が優勢になる、ということのようです。ヤセ菌(バクテロイデスちゃん)は余計な脂肪の吸収を抑えてくれる「短鎖脂肪酸」を腸管内で生成していて筋肉にも働きかけ、脂肪を燃焼する効果も持っていて代謝がよくなるので痩せやすくなるのだそう。そのヤセ菌は、発酵食品や、生野菜や果物に含まれる酵素が大好きなのだそうで。ぬか漬けは日本の誇る「発酵食品」だしあの独特の酸味は「乳酸菌」によるもの。さらに、生の野菜をぬか漬けで食べることで野菜の酵素を、効果的に摂ることができる。(加熱調理すると酵素は壊れちゃいますもんね)なんて素晴らしいんだー!ぬか漬け!ほんと日本人で良かった。母のおなかの調子についてはまだまだ観察の余地がありますけどもなんといっても古い年代の人なのでぬか漬けは、体に合っているんではないかと思うのです。エリンギおいしいよ、エリンギ。いろんなサイトから情報をいただいてきたので(こちらとか、こちら。ありがとうございました!)特にオススメの内容「ぬか漬けにダイエット効果あり!3つの理由とおすすめ野菜とは?」https://cocoaru.net/9554興味のある方はぜひ、ご自身でも調べてみてくださいね。ちなみに、ASAFUKUさんの「腹巻、足首ウォーマー」も使い始めました。 ヘンプ腹巻 |天然素材の蒸れないあったか腹巻き 2,700円 楽天 【店内全品ポイントUP中!】【メール便なら送料無料】ASAFUKU 足首ウォーマー アサフク ... 1,512円 楽天 快適です!足首を冷やさないようにしたほうが、走るとき楽です。腹巻きは、腸活の一環として。腸のことでおもしろかった本はこちら。 腸が死んだら、人は死ぬ―整腸が人類を救う 1,400円 Amazon ↑ずいぶん前ですがお仕事でご一緒させていただいたことがあった先生ですそれともう1冊。 脳はバカ、腸はかしこい Amazon 腸、大事。よかったらぜひ。フォトブック、作りました。制作の経緯は[Listening to Nature]記事一覧にてご紹介してます。ご注文いただいてから印刷し、印刷屋さんから直送されます。いつでもお求めいただけます。1冊 1,000円(消費税・送料込み)文庫本サイズ、59ページご注文は、↓ここをポチこんなセッションやってます繊細で妙なる音の楽器「ライアー」を、じぶんで奏でてじぶん自身をトーニング(調律)するセッションで、うっとり。楽器やライアーの経験がまったくなくても大丈夫。(↓↓画像をクリック↓↓で、専用サイトへ移動します)

      22
      1
      テーマ:
  • 13May
    • ぬか漬け、始めました。

      Jonaでございます今日は日曜日だというのに早く目が覚めてしまったので朝食前に、ひとっ走りしてきました。…が、勇み足で家を出たにもかかわらずイマイチ、調子が出ない。走ったり、歩いたり。小さな港の正面にある神社では今日は何かお祭りがあるようで人がいっぱい。ロードバイクの人たちもいっぱい走ってる。なので、最短ルートを走って&歩いて海に足をつけて(冷たくて気持ちいい!)帰ってきました。Jona魔女、4月25日から「ぬか漬け」を始めたのです!いつも歩いているルートにお米屋さんがありましてちょっとコンビニ風にいろいろ売っているので、よく立ち寄っていたのですが精米したての新潟コシヒカリのぬか 1kg 80円で売ってるんです。米ぬか、安っ!ぬか漬け… やってみようかなぁ。どうしようかなぁ。しばらく悩んでたんですけど思い切って始めることにしました。かれこれ15年前になりますけども母親が3ヵ月ばかり入院したときに父方のおばあちゃんから分けてもらった古くて美味しかったぬか床が手入れされずに、ダメになっちゃったんですな。その後も母の状態が安定するまで長くかかったしJona魔女もその頃は実家にいなかったので我が家はぬか床の無い家でした。いやそれにしても今ってほんと便利インターネットがこれだけ普及したおかげでいろんな料理のレシピが、いくらでも見られる。で、あれこれ検索して参考にしたのは料理研究家 冨田ただすけさんの白ごはん.comhttps://www.sirogohan.com/とっても良いサイトです素晴らしい。シンプルで見やすいし、伝え方がとても優しい。Jona個人的に大絶賛のサイトです。ぜひ。で、ぬか床の作り方と手入れhttps://www.sirogohan.com/recipe/nukadoko/とにかくこの通りに作ってみよう、と。レシピ以外にやったことは「焼きあご 半尾」を加えてみたことだけ。とりあえず1kgのぬかと、1リットルの水を混ぜて入れられる容器へ。その晩、兄に「ぬか漬け、始めたよ!ほれ!」と見せると、それはそれは喜んでおりました。「で、いつ食べられんの?」「まだ食べられないの?」という質問を何度されたことでしょうヽ(;´Д`)ノ毎日混ぜて、乳酸菌を育てていく。丁寧に、手をかけてあげる。ああ、こういうのってほんと良いなぁ、としみじみ思います。…それに、意外と簡単だった。なぁんだ、どうして今までやらずにいたのだろう、と思うくらい。家族みんな大好きなの分かってるんだから、もっと早くやればよかったよ。さて、5月10日が「ぬか漬け解禁日」でした。まだまだ若い味ながら、美味しかった~!自分で作ったぬか床!これからずっと育てて使っていく、ぬか床!野菜ががんがん食べられるぬか床!むっちゃ感動!言いようのない感動これは昨日の夕方、取りだしたもの。浸けていたのは、キュウリ、エリンギ、コンニャク。エリンギ、うまっ!!友達に「ぬか漬け始めたの~」と話したところあれが美味しい、これが美味しい、といろいろ教えてくれたので片っ端から試してみようと思います。今夜は、ゴーヤ、アボカド、厚揚げ、を浸けます。むふっ明日の夕飯が楽しみ。以上、最近は走ることと、ぬか漬けのことしか考えていないJona魔女からのレポでした。フォトブック、作りました。制作の経緯は[Listening to Nature]記事一覧にてご紹介してます。自然とともにいる「余白の時間」に、自分の中心に戻りませんか。ご注文いただいてから印刷し、印刷屋さんから直送されます。1冊 1,000円(消費税・送料込み)文庫本サイズ、59ページご注文は、↓ここをポチこんなセッションやってます繊細で妙なる音の楽器「ライアー」を、じぶんで奏でてじぶん自身をトーニング(調律)するセッションで、うっとり。楽器やライアーの経験がまったくなくても大丈夫。(↓↓画像をクリック↓↓で、専用サイトへ移動します)

      10
      テーマ:
  • 10May
    • 「カカオニブ」で薬草ブーム再来?

      Jonaでございます昨日、お昼頃に雨があがったので用事をいろいろ済ませるついでに、歩きに行ってきました。こんな、シブい色の空と海。facebookでも海の写真を毎回シェアしているのですがある方がこういうにび色の海もいい。フィルムで写真を撮っていた頃は、これぞカラー写真で撮るべき色だと感じていました。とコメントしてくださってああーー、なるほど!とすごく新鮮で、そのセンスが素晴らしいと思いました。浜辺はだいぶ綺麗になっていて、空き缶5個だけ、拾ってゴミ箱に捨ててきました。昨日は7㎞の行程でしたが、左足首がちょっと痛いのと、荷物が邪魔であまり走らず。でも、海の上にかかる長い橋を渡るとき海の眺めを見ながら、思わず走り始めたらトンビがわたしのすぐそばを風にのって流れるように飛んで一緒に並走したのはむっちゃ気持ち良かったですスマホのGoogleアプリが加工してくれた写真。一昨日、昔の職場の大先輩たちとお久しぶり~の飲み会がありました。沖縄に移住しちゃった先輩から、すごい綺麗なハンカチをいただいて、ほくほく綿と麻の混紡なんですよーめっちゃ良くないですか?(Jona魔女いま麻製品にちょっとハマっている)それから、ハワイ旅行にいってらした先輩からもおみやげをいただいて、カカオニブス。カカオ豆のハスク(外皮)を取り除いて、焙煎し、粗く砕いたもの。カカオ(学名:Theobroma cacao)はアオギリ科の植物。(アオイ科に分類されることもあります)アガベシロップ(リュウゼツランのシロップ)でほんのり甘味がつけてあってでもカカオニブ自体はほろ苦くて、一口ガリガリ噛んだらあー!これだよ、これ!と魔女の血が騒ぎました。Jona魔女のツボにどんぴしゃ。チョコレートは好きだったんですけどどうも最近は、強すぎる甘味がジャマに感じて別に食べなくていいや、って思ってました。だけど、カカオニブは美味しい!焙煎して砕いただけってのが、実にいい!なんていうか、スッゴい「効く味」です。クセになりそうでヤバい感じ。カカオニブもまた、流行りの「スーパーフード」と呼ばれいていてもてはやされている成分は、ポリフェノール、カテキン(フラボノイドの一種)、食物繊維、マグネシウムなど。ポリフェノールの「抗酸化作用」がアンチエイジングに役立つ!というわけです。その他にも、アルカロイド類のカフェイン、テオブロミン、テオフォリンが含まれています。テオフィリンには気管支拡張作用があって、純粋なココアパウダーで作ったココアは喘息の子どもちゃんのおやつにいいです。この記事でも、そのことちらっと書いてます。こどもちゃんに良いハーブ。https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-11228035469.htmlテオブロミンは人体内にカフェインを摂取したとき肝臓で代謝されてできる成分でもあって、気分をほどよくアゲてくれます。だから、カカオニブスはリラックス系ではなくシャキッ!とさせる系の自然食品。ちなみに「マテ茶」も同じ感じ。含まれている成分がカカオと似ています。精神疲労、肉体疲労、集中力低下、の時にふさわしい自然食品。心因性の頭痛にも良いです。ほどよく興奮させて(ハーブ業界では”中枢神経を賦活させて”という言い方をしますが)集中力などを高める、という感じです。ほどよく集中力が高まっているときってリラックスも同時にしていますよね。それで、リラックス効果もある、といわれてます。ですけど、カフェインが入っているので過剰に食べるのは、もちろんダメです。ダメダメです。コーヒー飲み過ぎるのと変わんないですから。コーヒー中毒とかチョコレート中毒ってありますけどカカオニブもそういった中毒になりうると思います。カカオの学名 Theobroma cacao のTheobroma(テオブロマ)は、ギリシャ語で「神」を意味する theos と「食物」を意味する bromos をくっつけた語で「神の食べ物」を意味します。そういう神秘的な食べ物はですね、ほどほどに、がいいですよ。カカオのことを調べようと思って久々に、この本を引っぱり出しました。カカオは載ってませんでした(笑)この本は、Jona魔女がハーブについて学び始めたときものすごく憧れて、買った本です。絶版になっているので中古本しか買えませんが当時は中古でも、ものすごく高価だったんです。1万円で買えたのはラッキー!って思った。だけど今はずいぶん安いんだね。ハーブ勉強する人、買わないのかな?収載されている大半のハーブの写真が載っていてこんなに美しい事典、ないのになー。 ハーブ大全 Amazon でも、カカオニブのおかげでこの本をまた開くことができてああ、やっぱりこの本、死ぬまでに全ページ読まなくちゃとまた薬草マイブームがきそうな予感です。夢中になって、遠ざかって、またブームがきそう…一周回ってきた感じ?(笑)窓の外は、また雨。どうぞ皆さま良い一日をフォトブック、作りました。制作の経緯は[Listening to Nature]記事一覧にてご紹介してます。ご注文いただいてから印刷し、印刷屋さんから直送されます。いつでもお求めいただけます。1冊 1,000円(消費税・送料込み)文庫本サイズ、59ページご注文は、↓ここをポチこんなセッションやってます繊細で妙なる音の楽器「ライアー」を、じぶんで奏でてじぶん自身をトーニング(調律)するセッションで、うっとり。楽器やライアーの経験がまったくなくても大丈夫。(↓↓画像をクリック↓↓で、専用サイトへ移動します)

      19
      テーマ:
  • 07May
    • 今日の浜辺は、悲しい光景でした。

      Jonaでございます今日は朝から曇っていて、肌寒くて…めっちゃテンションあがりました!(๑•̀ㅂ•́)و✧5月ともなると、歩いたり走ったりするの、もう暑いんですもん。肌寒いのに、雨降ってない!行かないわけないじゃん!ということで、今日もウォーキング&スロージョギング行ってきました。ウォーミングアップに1.4km歩いてから、2.7kmのスロージョギング。海を眺めて小休止した後、のんびり走ったり歩いたりして、帰ってきました。本日は「小潮」。満潮から間もない時間帯だったので満々と水をたたえる、ゆったりした海。でもね、今日はとても悲しくなりました。悲しい光景でした。連休にはこの浜辺に、多くの人が遊びに来ていました。ご家族連れ、友達連れ。小さなテントの数々と、バーベキュー、の光景が広がっていました。連休中にも歩きにきたし、車で通りかかったりもして、おお~、にぎわっているなぁ、と思いながら眺めていました。そして今日、連休明けにこの浜辺に降りると打ち上げられた山のような海藻に混じってあちこちに散乱するゴミ…ゴミ…ゴミ。はぁ…とため息。TABICAの企画、4月いっぱいやりまして、次の開催は「10月」にしてるんですけども【横須賀】多々良浜へのウォーキングで気分爽快!シーグラス拾いも♪https://tabica.jp/travels/42034月以降、温かくなったおかげで海藻の成長が活発になったので浜辺に打ち上げられる海藻の量も激増してそこにたかるコバエがものすごい数いるのでこれはちょっとなー見映え悪いよなーと思い、それで次は10月開催としたのですが…今日の浜辺を眺めて、5月に開催日をもうけておかなくて本当によかったと思いました。普段、時間や気持ちに余裕があるときはゴミを幾つか拾って帰ったり、空き缶ゴミなら、すぐそばの駐車場に空き缶用のゴミ箱があるから、拾ったりしてたんですが今日の光景はちょっと、その次元を超えてました。悲しかったです。ニュースでも、よく見る光景だけど…自分が好きで日常的に来ている浜辺が汚されるってこんなに悲しいものなんだな、と初めて実感しました。悲しい気持ちで自宅に着くと、スイカズラ(ハニーサックル)が咲いていてJona魔女この花、大好きなんです。待ってた!この甘い香りが花開くのを待ってたよ!やっぱり今年は少し早いんだね。と、スイカズラに声をかけました。この花に慰められました。スイカズラの花は「金銀花」とも呼ばれる生薬、咳止め、解熱などにきく薬草です。でも何より、この甘い香り。初夏の薫り自然はただ淡々と咲いて、散って、流れて、波打って自然が豊かな場所に住んでいてよかったな、と思ったのでした。

      15
      2
      テーマ:
  • 03May
    • 恒例の魔女仕事、薬草クリーム作り。

      Jonaでございます最近このブログを見てくださっている方にちょっと自己紹介なのですが2016年まではこのブログ「薬草魔女Jonaの部屋」というタイトルでした。そもそもこのブログはハーブ(薬草)やアロマテラピーのことを学ぶのがすっごく楽しくて大好きだったのでそれについて書いていくために始めたブログでした。「薬草魔女」という肩書?を返上したときのことはこの記事で書いてますけども。ハーブやアロマを生活のなかで使うのは「当たり前」。自分にとって「特別」なことでは無くなったのでお教室やサロンをやっているわけでもないしブログに書くことも少なくなっちゃったんですな。で、現在に至るわけですが定期的に魔女仕事はしてましてそのひとつがこれ薬草クリーム作り。…分かる人にはときめく画像かもしれませんが分からない人には「なんじゃこりゃ画像」ですねきっと。ざっくり説明すると植物油にハーブを一定期間、浸けこんだものをミツロウで固めて、クリーム(っていうか軟膏)として自分のスキンケアに使うっていう。スキンケア用クリームを手作りするわけです。作れるんですよ、自分で。ええ。わりと簡単。できあがった薬草クリーム。いい香り。植物油に、ハーブを浸けこんでハーブの薬用成分を浸み出させた油を「インフューズド・オイル」っていいます。製法と呼び名は他にもいろいろあります。ハーブが持っている脂溶性成分(油に溶ける成分)を活用する方法です。もともと自分用に作っていた薬草クリームですが友達にも気に入られて「今度クリームいつ作る?」とせっつかれるようになり(笑)昨日は、夏用のクリームを作りました。記録のために、今回のレシピ。<ベースオイル>グレープシード油スイートアーモンド油<オイルに浸けこんだ薬草2種>セントジョンズワートカレンデュラ<その他の基材>マカダミアナッツバター精製白色ミツロウ<香り付け(アロマテラピー用の精油)>レモン、ラベンダー、和ハッカ、スペアミント、ゼラニウムラヴィンサラ、コパイバ、ニアウリ蓋がきっちり閉まる(漏れない)ジャムびんをアルコールで消毒したらハーブティーとして売っている「セントジョンズワート」と「カレンデュラ」をだいたいジャムびんの高さの3分の1くらい入れる。できれば細かく刻んだほうが、成分を抽出しやすい。そこに植物オイルを注ぐ。今回は、グレープシード油とスイートアーモンド油。空気がたくさん入っていると酸化が気になるので作りたいオイルの分量に合ったびんを選んで空気があまり入らないようにしたほうが良い。蓋をきっちり締める。毎日、ジャムびんを振って混ぜて、2~3週間。このとき「良いオイルになーれ」と呪文を唱えること。振り混ぜるとき、うっかりしたジャムびんだとオイルが漏れることあり。注意。Jona魔女がハーブについて学んだJAMHA(日本メディカルハーブ協会)ではこのオイルを「ハイパーカルオイル」と呼んで教えてくれました。ハイパーカル(hypercal)、というのはセントジョンズワート(学名 Hypericum perforatum)とカレンデュラ(学名 Calendura officinalis)をくっつけた、呼び名。この浸出油、傷を治すのに、本当によく効く。なんといってもセントジョンズワートの和名は「セイヨウオトギリソウ(弟切草)」という。昔は刃傷(かたなきず)を癒すのに使われたそうです。これ↓ セイヨウオトギリソウ。カレンデュラは、マリーゴールドの一種で薬用として使える品種。咲いた姿はおひさまみたい。傷口に、太陽のエネルギーを与えて治してくれるイメージ。古来から、外用として皮膚や目の不調に使われてきたハーブです。これ↓ カレンデュラ。可愛い~カレンデュラの学名はCalendura officinalis ですけども学名に officinalis(オフィキナリス)と付くものは古来から「薬用」として使われてきた歴史を持っていて、目の炎症や麦粒種(=ものもらい)ができたときに昔の人は、ハーブティーを冷まして目を洗うのに使っていたそうですがそれはつまり抗菌作用があるってことなんですね。ちなみに、16世紀のフランスではアンリ4世の王妃であるマルグリッド・ド・ヴァロアがこの花を愛し、エンブレム(紋章)として使ったそうです。わかる~その気持ちわかる~…という話は過去にも書きましたので、よかったら。作りかたに戻ると、こうやって毎日うきうきしながら振り混ぜたハイパーカルオイルをですね、消毒した鍋に、3枚くらい滅菌ガーゼを重ねて濾します。お好みで、バター類(シアバターとかココアバターとか)とミツロウをお鍋を熱して溶かしていきます。ミツロウを入れないと、軟膏になりません。(バター類だけだと固まりません)↓溶けかかっている白い粒がミツロウ。鍋を熱するのは、ガスコンロなら湯煎で。Jona魔女は便利なのでホットプレートを使ってます。バターは、今回、マカデミアナッツバターを使いました。上の写真で、底のほうで溶けてます。で、こうして基材が溶けたらちゃんとしたアロマテラピー用の精油で好きなように香りをつけます。すーっとした香りにしたかったので和ハッカをベースに、樹木の香りも加えました。あああーーーいい香り。楽しみに待っててくれる友達がいるので作るのも楽しいです。で、こういう手作りコスメを作るのは簡単だし、楽しいのですが使う器具をちゃんと消毒するとか安全な材料を揃えたりするのにもそれなりに知識が必要です。もし何かご質問があれば、いつでもどうぞ↓↓ではでは、皆さま5月の始まりを楽しまれますようにフォトブック、作りました。制作の経緯は[Listening to Nature]記事一覧にてご紹介してます。ご注文いただいてから印刷し、印刷屋さんから直送されます。いつでもお求めいただけます。1冊 1,000円(消費税・送料込み)文庫本サイズ、59ページご注文は、↓ここをポチこんなセッションやってます繊細で妙なる音の楽器「ライアー」を、じぶんで奏でてじぶん自身をトーニング(調律)するセッションで、うっとり。楽器やライアーの経験がまったくなくても大丈夫。(↓↓画像をクリック↓↓で、専用サイトへ移動します)

      16
      テーマ:
  • 30Apr
    • 是非ともオススメ★野菜の冷製ポタージュ。

      Jonaでございます今年の春は、暑い。さっきニュースで、4月なのに夏日が9日もあったと言っていました。桜も早かったし、ほかの花々が盛りを迎えるのも早かった。ということで、我が家の台所でもひと足早く、夏のメニューを作り始めました。暑くなると、Jona家では「野菜の冷製ポタージュ」をしょっちゅう作ります。たくさん作って、大きなタッパーに入れて冷蔵保存できるので、楽だしなんといっても、同居している兄がこのスープが好き。毎日出しても喜んでいるくらい、好き( ゚▽゚)この冷製ポタージュを出すと、毎回ずずーっと啜って、「うまっ。」と言ってくれますwお野菜は、基本的にジャガイモとタマネギを必ず入れますが他には冷蔵庫にあった野菜でよいので在庫一掃セール的に助かるメニューでもある。といいつつ、特にわたしが好きなのはなかなか入手できない真っ赤なビートを使ったスープ。ですが昨日はラッキーなことに!スーパーで下茹で済みのビーツが手に入ったので早速作りました!色が可愛いくて好き~それに、ビート甘くて美味しい~ビートは「ビーツ」とも呼ばれてますけども。昨日はこんなのが売ってたので、すかさず2パック買いました。日持ちするのはマジ助かる!次回スーパー行ってまだ売ってたら3パック買おう。ビートは、ボルシチに使われるお野菜で「食べる輸血」と言われるくらい栄養豊富。疲労回復にすごく良いそうです。これからの季節、夏バテ予防にもぴったりだね。リン、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウムビタミンA/C,ナイアシン、ビオチン、食物繊維…が豊富。なんつっても、この色素の濃さ!これだけでテンションあがる。<作りかた>ざっくりですけど、昨日はこんなふうに作りました。(分量は、Jonaのお気に入りの鍋に合った分量です)ジャガイモ 中2個タマネギ 中1個カリフラワー 1/4玉くらい?ビート(下茹で済み)小3個---ここから下は、冷蔵庫の残り野菜---セロリの葉っぱ 2本分くらい?カブの葉っぱ たぶん2玉分くらいカリフラワーの美味しそうな茎の部分 薄切りにしてコンソメ 3個水 900cc塩、こしょう  お好みでJona魔女特製ミックスハーブ粉※ 小さじ1くらい…あと何か入れたっけな。忘れちゃった。材料を全部切って鍋に放りこみ水を加え、コンソメを乗っけて、煮る。好みで塩コショウ。柔らかくなって、ヤケドしないくらいに冷めたらミキサーでトロトロにします。※追記:ミキサーにかける前に、牛乳を200ccくらい混ぜます! 牛乳を加えるとすごく食べやすくなります。大きいタッパーにまとめて冷蔵庫で保存。かんたん。ちなみにミキサーはこれのピンク色、使ってます。 ショップジャパン ミキサー マジックブレット ベーシック ブラック MGTB01KD 8,989円 Amazon ※「Jona魔女特製ミックスハーブ粉」は、ドライハーブ5種類をミックスして(バジル、ローズマリー、タイム、オレガノ、セージ)↑のマジックブレットで粉末にしたものです。それぞれのハーブの配合は、お好みで。セージは少な目、がポイント。セロリの葉っぱってスジっぽいからサラダだと食べないからもったいないけどミキサーにかけてしまうので、スジっぽいのも味わいのひとつになります。あっ、食物繊維だみたいな(笑)カブの葉っぱも、冬ならごま油で炒めてお醤油とかつお節で、ごはんのお供ですけども夏は冷製ポタージュいき。カリフラワーもとても良いのが手に入ったしビーツと合いそうな気がしたので加えてみました。美味しかった。ていうか、まだあるから、明日も食べます。カボチャ使っても美味しいしニンジン、セロリ(葉っぱじゃない、美味しい部分w)、キャベツもいいし、大根や小松菜も美味しい。生のバジルが手に入れば、より美味しくなるしシソは、ビーツによく合います。バジルやシソは、煮込まないでミキサーにかけるときに生の葉を加えるほうが美味しい。今年も大活躍の、冷製ポタージュです。どうぞお試しあれ。

      6
      テーマ:

プロフィール

Jona魔女

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
JAMHA認定ハーバルプラクティショナー/シニアハーバルセラピスト  ケルティック・アースウィズダム...

続きを見る >

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス