暖かな春の陽気が続いたと思いきや、寒気がまたやってきて雪の結晶小雪が舞ったりしているここ南茅部びっくり

 

「泣面山」もその奥に見える「駒ヶ岳」の雪化粧もまだ取れませんねニコニコ

 

そんな早春の漁港の市場を覗くと美味しそうなものばかりビックリマーク爆笑

 

 

これは刺し網漁で上がった「ほっけ」ですねぇびっくり

 

 

切り身にしないと焼けないくらい良い形です照れ

 

 

そして、「まだら」です照れ

 

もうなごりになりますが、冬は鍋素材として大活躍ですが、これフライにしてワインビネガーで食べるフィッシュアンドチップスなんかにしても美味しいですねぇ音譜ニコニコ

 

 

そして、最近、ちょっと釣果が悪くなってますが、まだまだこれからの「マス」です目

 

さらに魚ばかりではありませんビックリマークびっくり

 

 

「ケツブ」です照れ

 

 

「ムラサキウニ」です照れ

 

 

「バフンウニ」です照れ

 

ホント、南茅部の海はステキですビックリマークラブ

 

そして、これらを見ていてふと思ったんですが、

 

なんだか縄文っぽい爆  笑

 

 

縄文の基本中の基本、土器の表面に縄目でつけられたデザインパターンなんて「ケツブ」の殻にそっくりビックリマークびっくり

 

 

この土器のいぼいぼなんてウニっぽい爆笑

 

 

この形状もツブ貝とかウニのようニコニコ

 

 

これはなんか魚の鱗のパターンのようにも見えるし目

 

こうしてみるとやはり縄文人の優れた感性は自然界のこうしたものから創作のインスピレーションを得ていたように思いますねおねがい

 

そして、漁港ではここ南茅部の基幹産業のひとつである大謀網(定置網)漁の船が、冬期の休漁中のおかでのメンテナンス作業を終えて海に戻りましたびっくり

 

 

 

これから沖合の大謀網(定置網)施設のメンテナンスと網の準備が進められ、いよいよ今シーズンの漁が始まりますねぇウインク

 

今年もまた多彩なお魚を見ることが出来ることでしょう爆笑

 

楽しみです!!照れ

 

= 道の駅「縄文ロマン南かやべ」売店のご紹介 =

 

 

当駅の売店では国内の昆布産地の中でも上質で日本一の生産量を誇る「函館真昆布」と近年、健康食材として注目を集める「がごめ昆布」など地元の特産品や「縄文」をモチーフにしたお菓子類を販売いたしております。

 

是非、ご利用ください。

 

お車の運転は安全運転で。快適なドライブをお楽しみください。

 

・【当駅へは見どころいっぱいの3ルートから】(その1)「大沼・鹿部ルート」編はこちら

 

・【当駅へは見どころいっぱいの3ルートから】(その2)「函館市街地・川汲峠ルート」編はこちら

 

・【当駅へは見どころいっぱいの3ルートから】(その3)「恵山・椴法華ルート」編はこちら

 

道の駅「縄文ロマン南かやべ」のオフィシャルサイトはこちら

 

「函館市縄文文化交流センター」のオフィシャルサイトはこちら

 

 

このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。

このボタンをポチッと押してください。

   ↓


人気ブログランキング