以前、このブログでもご案内した当駅に併設する「函館市縄文文化交流センター」で開講している縄文体験定期講座「植物の繊維利用(全3回)」についてですが、先月10月22日(日)に第一講座の「縄文糸づくり」が開催され、糸の素材となる植物の皮の取り出しが行われました。

 

 

糸に適した植物を乾燥させ、それを石などでたたいて柔らかくし、手で開き、皮から中身をはぎ取っていくんですねぇ。

 

そして、ひも状に残った皮を集めて、これを使って次回、第二講座で「縄文の布づくり」を行うのですが、この講座、全3回を1セットとした開催で参加者を募集し、開催されているのですが、次回の第二講座「縄文の布づくり」からもご希望があれば、ご参加OK!だそうです。

 

 

冬が到来したここ函館南茅部で、温かい室内で自然と向き合った手芸の手習いしてみませんか?

 

第二講座「縄文の布づくり」開催は2017年12月17日(日) 13:00~15:00 場所は函館市縄文文化交流センター内「体験学習室」で、参加料:200円です。

 

【お申込・お問合せ先】

函館市縄文文化交流センター

〒041-1613 函館市臼尻町551-1 担当:樋口、平野

TEL:0138-25-2030 FAX:0138-25-2033 Email:jomon-center@hjcc.jp

 

以前、ご紹介した「植物の繊維利用(全3回)」のブログ記事はこちら

 

※内容は予定なく変更になる場合もございますので予めご了承ください。

 

みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。

 

= 道の駅「縄文ロマン南かやべ」売店のご紹介 =

 

 

当駅の売店では国内の昆布産地の中でも上質で日本一の生産量を誇る「函館真昆布」と近年、健康食材として注目を集める「がごめ昆布」など地元の特産品や「縄文」をモチーフにしたお菓子類を販売いたしております。

 

是非、ご利用ください。

 

お車の運転は安全運転で。快適なドライブをお楽しみください。

 

・【当駅へは見どころいっぱいの3ルートから】(その1)「大沼・鹿部ルート」編はこちら

 

・【当駅へは見どころいっぱいの3ルートから】(その2)「函館市街地・川汲峠ルート」編はこちら

 

・【当駅へは見どころいっぱいの3ルートから】(その3)「恵山・椴法華ルート」編はこちら

 

道の駅「縄文ロマン南かやべ」のオフィシャルサイトはこちら

 

「函館市縄文文化交流センター」のオフィシャルサイトはこちら

 

 

このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。

このボタンをポチッと押してください。

   ↓


人気ブログランキング

AD