真昆布漁の最盛期を迎えている真昆布の里、ここ函館南茅部。

 

 

このみなみ北海道の東海岸で採れる真昆布は、身が厚く上質で乾燥したものを裁断するとその切り口が白くなり「白口浜真昆布」と呼ばれており、海岸線を同じくする隣町の鹿部町もやはり採れる真昆布は「白口浜真昆布」です。

 

 

そこでこの度、当駅に併設する「函館市縄文文化交流センター」と鹿部町にある道の駅「しかべ間歇泉公園」さんとの共同連携企画として「白口浜真昆布」を使った昆布アート、その名も「昆布ローチ」を作るワークショップを二日間にわたり開催いたします!!(「しかべ間歇泉公園」は14日(月)まで)

 

 

【開催概要】

日 時:2017年08月11日(祝)・12日(土) 計2日間

          ※「しかべ間歇泉公園」は14日(月)まで。

会 場:①【函館市縄文文化交流センター】は「体験学習室」

       ②【しかべ間歇泉公園】※詳しい会場は現地でおたずねください。

参加料:お一人様1個につき500円(税込)

     ※尚、函館市縄文文化交流センターは別途、入館料が必要となります。

※各日・各会場、先着10名様までです。

詳しくは、お問合せTEL:0138-25-2030(函館市縄文文化交流センター)まで。

 

(道の駅「縄文ロマン・南かやべ/函館市縄文文化交流センター」)

 

(道の駅「しかべ間歇泉公園」)

 

「白口浜真昆布」らしい和のテイストの色調で、なんだかめでたい感じもしますね。

 

当駅の売店では、そのお祝い事の席では欠かせない折昆布の真昆布やしっかりとそのお出汁が取れるだし昆布など各種真昆布製品を取り揃え、販売いたしておりますので是非ご利用ください。

 

 

みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。

 

= 道の駅「縄文ロマン南かやべ」売店のご紹介 =

 

 

当駅の売店では国内の昆布産地の中でも上質で日本一の生産量を誇る「函館真昆布」と近年、健康食材として注目を集める「がごめ昆布」など地元の特産品や「縄文」をモチーフにしたお菓子類を販売いたしております。

 

是非、ご利用ください。

 

お車の運転は安全運転で。快適なドライブをお楽しみください。

 

・【当駅へは見どころいっぱいの3ルートから】(その1)「大沼・鹿部ルート」編はこちら

 

・【当駅へは見どころいっぱいの3ルートから】(その2)「函館市街地・川汲峠ルート」編はこちら

 

・【当駅へは見どころいっぱいの3ルートから】(その3)「恵山・椴法華ルート」編はこちら

 

道の駅「縄文ロマン南かやべ」のオフィシャルサイトはこちら

 

「函館市縄文文化交流センター」のオフィシャルサイトはこちら

 

 

このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。

このボタンをポチッと押してください。

   ↓


人気ブログランキング