心と体と | 目黒条のブログ
2018-02-28

心と体と

テーマ:映画

イルディコー・エニェディ監督のハンガリー映画「心と体と」をマスコミ試写会で拝見。

何を言ってもネタばらしになってしまうので「どういう題材の映画」というのが言いがたい本作ですが、サイコロジカルなテーマを奇麗にまとめた映画、とでも言えばよいのでしょうか。ベルリン国際映画祭金熊賞など各賞総なめ、というのも納得。個人的には、ブダペスト郊外の食肉工場が舞台、というところにドラマツルギーを感じました。

 

完全字幕だのみの外国語映画ということでは、ハンガリー語の本作もそうですが、岩波ホールで3月17日より上映の「馬を放つ」はキルギスを舞台にしたキルギスの言葉による映画です。「心と体と」は鹿さんの映画でしたが、「馬を放つ」はタイトルどおり、お馬さんの映画ともいえます。

「馬を放つ」パンフレットには、拙文を掲載いただく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

目黒条(めぐろ・じょう)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります