久しぶりの地パンシリーズの更新になりました。

今回ご紹介するのは、山形県の超有名ローカルパン。
たいようパンのベタチョコです。
昭和39年からのベストセラー商品ですね。
いわゆるコッペパンを縦割りにしたサンドパンの部類なのですが、そのインパクトある見た目が凄い。
断面にべったりとチョコレートがコーティングされています。



結構分厚いチョコレートコーティングの下には、バタークリームが塗られています。

これをメリメリと折りたたんで食べるのが、ベタチョコの正しい頂き方らしいです。

コッペパン、チョコレートコーティング、バタークリームという組み合わせは、銀チョコというパンでもお馴染みの味わいなのですが、このベタチョコはそれら類似するパンを遥かに上回る濃厚な味です。

昔ながらの全く容赦ない味わいとでも言うんでしょうかね。
ある意味満足度の高いパンではあります。



B級グルメランキング