私は、トランプ占い師です。

 

当然、トランプで人を占う技術を持っており、それに基づいて、人に助言を施します。

 

人が幸せになるように取り計らって、自分はその恩恵を受ける事は無い。

 

人様に助言を施して、それによって幸せになったならば、成功報酬として、一部を金銭として頂く。

 

時々、私がドキッとするような、私本人が好意を持つ女性が、恋愛運を占って欲しいと言ってきたりします。

 

彼氏との恋愛がうまく行くかどうか、そんな内容が大概で、そういう占いに限って、吉札出たりして、占い師涙目です。

 

でも、その人に占い師が好意を持つのであれば、それならば尚の事、その人の幸せを願い、吉を願うのが任務です。

 

 

占い師は、要するに、自分自身の幸せを切り売りして、生計を立てているのですよ。

 

自分が幸せになるが為に、他人を利用する道とは、真っ向反対です。

 

たとえば、任侠道などは、モロにそうです。他人の人生を滅茶苦茶にして、その財産を巻き上げて、私腹を肥やす。

 

私は、今後とも、任侠団体構成員、暴力団関係者を占って、その犯行が上手くいくかどうかを占ったりはしません。

 

私以下、紋章舎メンバー一同は、今後も、犯罪に加担することはしません。

 

AngelWingに始まり、Fisher、Ribbon、Moru、Dreamの内、現在指導しているのはDreamのみですがね。

 

 

さて、昨日は、弟子のDreamに会いに行きました。

 

そして、件の、極道にスカウトされた旨を話して、自分の職業運を占わせました。

 

結果は、凶。その道に進む事は、危険性を伴うことを示唆しました。正確な占断です。

 

そして、恋愛運も占わせて見ました。結果は吉。ただ、仕事に専念した上での話、と。妥当です。

 

その時、弟子Dreamが言いました。

 

「仕事を頑張って欲しい。」

 

 

私は、何度も、何度も、今の仕事を辞めようと考えていました。

 

しかし、この世相で、新しい職を見つける事が、非常な困難を伴うのは、事実。

 

また、極道の身分を隠して働いてる同僚男性の件もありました。

 

それに関しては、もう、企業側に言おうと思います。

 

その、当該人物と、同じ時間帯に働きたくない、と。

 

また、酒の部署で働きたくない、と。

 

で、いや、困るよ、夜の人手が足りないから雇ってるんだからさ、なんて言われたら辞表提出です。

 

この場合には、弟子の意見を尊重して、また、昼間の仕事を探す事になるでしょう。

 

何はともあれ、話し合いが第一です。

 

 

私も、36歳、それなりに生きて来てるつもりですが、師が弟子から励まされるというのも、中々無い話です。

 

まだまだ、人生、知らない事の方が多いですね、とは。

 

職場には、「覚醒剤の密売を匂わせる組織へのスカウトを受けて、怖い。」と電話で、申し出ます。

 

明日の午前中にでも、電話を掛けてみようと思います。

 

復職以前、以上の問題ですね。

 

 

幻覚は、かなり減ってきています。

 

今では、ほとんど意識しなくなるレベルになりました。

 

明日が、勝負の日です。寝ます。