数秘術サイクルから見る今後の流れ | 魂の記憶を呼び覚ますコーチ 数秘ナビゲーターのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

魂の記憶を呼び覚ますコーチ 数秘ナビゲーターのブログ

数秘術とコーチングのスキルを使い、あなたのこの世での役割使命を思い出し心豊かに幸せに生きる人のお手伝いをしています。

一人一人が魂の記憶を思い出すことで新しい日本の未来を創り出し、地球のアセンションが成功する手助けをしています。

お元気さまです。

 

魂の記憶を呼び覚ますコーチ「誕生数秘学の智慧」伝承者の清水裕善です。

数あるブログの中から自分のブログに訪れて頂きましてありがとうございます。

 

緊急事体宣言も首都圏をのこして全国的に解除され開放感の空気が漂い始めています。

 

2月辺りから流れ始めたコロナ狂騒曲もようやく第一楽章が終わりに近づいてくるのかなと思い始めています。

 

今年2020年は、数秘的にみて「大波乱」の年にあたり何が起きてもおかしく無い年と数年前から知っていたので、心の準備が出来ていたので慌てることなく対処しています。

 

逆に、今年は何が起こるかどんな流れになっていくのか予測しながら楽しく眺めています。

 

これも、それも、数秘術のサイクルの智慧を知っているからこそ未来の事を予測することが出来、色々な事に備える事が出来ています。

 

数秘術に出会って15年以上になり、サイクルの正確性や信頼性も年々増してきています。

 

そこで、今回は数秘術のサイクルを元に今後の流れを見ていきたいと思います。

 

今月5月は社会サイクル「9:完結」の月に辺り昨年からの流れにピリオドを打つ形に。

 

そして迎える、6月。

 

6月の社会サイクルは「1:発展」の月に辺り、2020年の流れが本格的に始まる月と読み解いていきます。

 

2020年は「4:安定(22:大波乱)」の年にあたっていて、その流れが6月から本格的に始まると読み解いていきます。

 

今までの流れを見ると、コロナの第一楽章も終わり6月から第二楽章が始まってくるのではないか。

 

今まで以上に「大波乱」含みの現象や出来事が起こってくるかも。

 

その流れを踏まえ、特に今後注目しているのが「7月と10月」の事を注目しています。

 

7月は「11:動揺の月」に辺り、精神的に動揺したり揺さぶられる流れに。

 

そして10月は「5:変化の月」に辺り今までの流れに変化の起きる月。

 

今年の今後の流れを読み解きながら、大事になってくるのが来月6月。

 

コロナも一旦収束を迎えようとしていますが、第二波、第三波がいつ来てもいいような準備は必要だと思う。

 

再び、緊急事体宣言が発令されてもいいように。

 

そのためにも「1:発展の月」の来月にどれだけ動く(行動)することができるか。

 

巣ごもり期間中に何かの決断したことや、この先の未来を思い描いた人もいると思います。

 

その事に対して、気になる人に会いに行く、思い描いた場所や地域に実際に行ってみる、終わらせたいと思った事を実際に終わらせるなど。

 

何でもいいので、未来に繋がる事に対して行動してアンカーを打っておく。

 

何かしらのアンカーを打って置かないと、大波乱の大波に飲み込まれて難破船と同じ人生を送る事になるかも。

 

2020年の流れを見た時に、行動できて動けたのは6月だけだった・・・になるかも。

 

この先の未来に対して、後悔しないためにもキーポイントとなる6月をいかに過ごすか。

 

今月も残す所10日を切りましたが、来月一カ月の時間を何に使うかジックリ考えてみてはいかがでしょうか。

 

あなたはどんな未来を思い描きますか。

 

【ご案内】
数秘術+コーチングセッションについて

 

 

 

(1)メニュー・金額について

 

↓↓↓↓

 

内容を詳しく見る 

 

 

 

 

 

(2)セッションのご感想

 

↓↓↓↓

 
お客様の感想を見る
 

 

 

ブログランキングに参加中
皆さまの応援”ポチッ”とよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

,