月


明日、10月8日は皆既月食ですね。
月が地球の影に隠れるとき、
真っ暗になるのではなく、
赤銅色に見えるということで、
ブラッドムーンと呼ばれているそうです。

月といえば、ハワイには月の女神ヒナがいます。
一昨日の風のヒョウタンでお騒がせしたマウイの
母とされています。

私達の勝手な心象で恐縮ですが、
私達のヒナのイメージは、ちょっぴり薄幸な美しき人。
炎の女神ペレや氷の女神ポリアフが芯が強く勝ち気な性格なのに対し、
ヒナは、いつも夫や息子、言い寄ってくる男性などに
無理を言われたり、惑わされたりしています。。。

なので、ブラッドムーンというより、
シルバームーンのほうがヒナらしいような気がします。

ヒナのカードは、マナカードにもあります。
なんと、唯一、ヒナだけ2枚に描かれている女神さまです。

一枚は、上下にクーとヒナが描かれています。
クーは「戦い」の神、ヒナは「癒し」の神。
一枚のカードで、相反する意味を持っているわけです。
ヒナは、クーの妻だったという説もあります。

もう一枚は、若いヒナと年老いたヒナが描かれています。
ヒナは、働き者で、いつもタパを打っていたそうで、
その様子が描かれています。
※タパとは木の皮で、叩いて、のして、衣服などに使われていました。

また、マナカードに描かれたものをひとつひとつ見ていくと、
いろいろなことが学べます。

たとえば、ヒナのカードには、ウニが描かれています。
月の女神で、ウニ? と不思議に思いますが、
ヒナのキノラウ(化身)がウニなのです。

もともとヒナは、海の中にいたウニだったそうで、
あまりに美しかったので、陸から見ても
キラキラ光ってみえたそうです。

それを、女性に目がない天の父ワーケアが見つけ、
海の中から拾い上げ、二人は結ばれたのでした。
ワーケアには、パパハナラモクという妻がいたので、
一悶着あるのですが、それは、また次の機会に(^^;;

マナカード2

一緒に、マナカードを通じて、
ハワイの神話や文化を確認しあいませんか?


マナカードの勉強会をひらきます。
10月31日金曜日
10:30-15:00(最大16:00まで)
参加費:1万円

44枚のカードを動植物カード、神話カード、カルチャーカードと
分類分けして確認していきます。

会場:スタジオflowjojony
JR目白駅徒歩3分
03-5996-0841
info@flowjojony.com


どうぞ、お気軽にご参加くださいましたら嬉しいです。