こんにちは。

ブランドスタイリストKimikoです。

 

 

今、キャリアそのものやサービス内容、働き方を

変更しようとされている方のお話をたくさん伺います。

 

 

そんな中で、私がオーストラリアへの移住を目指して
紆余曲折したときのことを思い出しました。

 

 

 

◆ はじめましての方へ ◆

シドニー在住ブランドスタイリストKimikoです。
グローバルに活躍する起業家のパーソナルブランディングのコンサルティング・プロデュースをしています。

プロフィールはこちらから。
オーストラリアへ移住したストーリーはこちらから。

 

 

大阪で働いていた商社マンの私は、
「オーストラリアでグラフィックデザイナーになりたい」と
2002年にシドニーへ留学生としてやってきました。

 

 

デザインの学校を卒業してすぐに仕事につけたわけではありません。

 

 

オーストラリアで働き暮らすためには、ビザが必要です。
永住権保持者またはオーストラリア国籍でなければ
デザイナーとして仕事に就くことができません。

 

 

学校卒業後に申請できるはずだった永住権は、
コースが始まってすぐの移民法改正で
申請資格を失いました(泣)

 

 

職種によってはワーキングホリデーや学生でも雇ってもらえますが、
職務経験も永住権もないデザイナー志望の私には
そのオプションがありませんでした。

 

 

学校卒業間際に、留学エージェントでの仕事を見つけ
とりあえずはオーストラリアに滞在できる期間を伸ばすために、
学生からワーキングホリデーへとビザを切り替えました。

 

 

そこで出会った同僚のひとりが
デザインスタジオを経営する人と仲の良い人でした。
彼女は私をその経営者さんに紹介してくれたのです。

 

 

ワーキングエクスペリエンスという、つまりはただ働きですが
そのデザイン事務所に潜り込むことができました。

 

 

ここで急遽帰国することになったデザイナーさんの
後釜としてのポジションを得ました。
これが私のデザイナーとしての始まりです。

 

 

実は、先ほどの留学エージェントで
日本から来たばかりのオットに出会っています。
彼が偶然にも永住権の申請資格があることがわかり、
結婚したことで私にも永住権がおりることになりました。

 

 

「オーストラリアでグラフィックデザイナーになる」

 


という私の夢は、留学エージェントへの就職、
という回り道をしたことで手に入ることになりました。

 

 

運がとんでもなく良いことももちろんありますが
どうしても到着したい目的地があり、
それを口にしていたことで協力者が現れました。

 

 

 

 

目的地になぜ行きたいか、という理由があやふやだと
途中で困難な道に出くわすと、歩むことを諦めてしまったり
引き返してしまうかもしれません。

 

 

ですが、自分の「なぜ」に正直であれば、
道のりを変更してでも、いつかはそこにたどり着けると
私は身をもって感じています。

 

 

正直、というのは自分の感情に対してです。
世間的にこうだからとか、こういう風に人に見られたいとか、
そういう外的なものではなく

 

 

自分が腹の底から願う、自分にとって大切なものです。

 

 

そのためには、
崖を這い登るような険しい道をまっすぐ行ってもいいし、
カーブの多い道をゆっくりのぼって行ってもいい。
一旦、引き返して違う道を行くのもあり。

 

 

目的地がどこなのか、本当にそれは欲しいものなのか、
なぜそれを願うのか、は自分にしかわかりません。

 

 

「目的地」というのは、
物質面やキャリアといった目に見える結果に限らず、
その結果得られる
安心、喜び、信頼、などの感情を含みます。

 

 

迷いがない願いなら、叶うしかありません。

こうしたいけど、心のどこかで無理かもな、と思っていれば
それも叶います。
 

 

働き方を変える、環境を変える、

新しいキャリアのために勉強する、サービスを見直す、

 

 

そんな時に、いったん立ち止まって

本当に私は何を望んでいるんだろう、って
見つめて欲しいのです。

 

 

今週、2日間の無料ワークショップで
本当の願いを知り、それをビジョンボードにする、

ということをやりました。

 

 

ライブ中にいただいたコメントです。

 

今すぐやりたいことが明確になりました。

 

家族、友人、恩師への感謝を残したい!伝えたい!

 

家の中にいらないものため込んで見ないふりしてたけど、これを整理するのがまず第一。私のいらないものばっかり家族に残せないと思った~!

 

ビジネスのこと、自分のことに夢中になってましたが、子供や家族との時間を思い切り楽しむ、周りに感謝を伝えることの大切さを感じました。

 

 

アーカイブは、9月30日までご覧いただけます。
ぜひやってみてくださいね。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【無料】「生き方がブランドになる」ためのキホンのキ
ライフビジョン講座
Facebookグループ「ブランディング・カフェ」

閲覧期限:9月30日(金) 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

では、また!See ya!

 

メルマガのご登録はこちらから

 

 

 

ブランドスタイリストKimikoがわかる記事

私がオーストラリア移住を決めた、ある人との出会い

生きてて笑ってるだけでいい、と思ったあの日

 

 

ブランドスタイリストKimikoのライフワーク

人生の主役を生きる人たちのSTORY

 

写真撮影の舞台裏

 

 

 

◆ 提供サービス ◆

コンサルティング・講座・写真撮影
https://www.joidea.com.au/services

募集はメルマガでご案内しています。

 

 

Joidea
www.joidea.com.au