日本とは全く違う宗教、文化、経済の状況のイラン・トルコで、

 

「わたし」の中にある様々なものを見直すことになった12日間。

 

そこに溢れていた人々の優しさ、愛のかたち、見事にぶち壊された既成概念などをつづる、短期集中連載です。

 

 

前回は、

3. トルコに直行するはずが、なぜエジプトに行ったのか

 

 

でした。

 

 

* * * * * * * * *

 

 

まずはイスタンブールに着きまして、1日半の観光。

 

イスタンブール観光の思い出は後ほど書くとして、翌日の夜便で飛び、トルコからイラン エスファハーンに入国。

 

慣れないスカーフを顔にぐるぐる巻きにして、緊張の面持ちで入国検査をパスし、エアポートタクシーにて、深夜、ホテルに到着。

 

 

タクシーからホテルに向かう感想としては

 

「なんもねえーーーー」

 

でした。

 

夜だったこともありますが、しばらくは建物の影もなく、満天の星空がうつくしく、

 

「ああ、都会じゃない国に来たな」

 

という感じでした。

 

そしてしばらくすると見えてくる建物の影、そしてにょーんとした横文字の看板。

 

「読めねえ」

 

当然ですが、ペルシャ語は読めないので、どうしようもなく、英語が通じることを祈るしかないパターンでした。

 

ちなみに、着いたホテルのフロントでは英語が通じたし、観光地の要所でも割と英語が通じ、

 

タクシーの運転手さんにはガイドブックを開いて行き先を告げればOKで、ほぼ不便な思いはしませんでした。

 

やさしき世界。

 

 

さて、着いたホテルはとても広いお部屋で、

 

立派なダイニングテーブルに広いキッチンがついていて、どうしてこんなに立派な、という作りでした(コンロがマッチ点火だったのにはしびれましたが……)。

 

 

立派な横並びの椅子があったので、対談してみた

 

 

こんなにりっぱなじゅうたんがひいてあるお部屋だったのです、そしてこのじゅうたんが、わたしにとんでもない展開を巻き起こすのである(後ほどの回をおたのしみに)。

 

イランでもクロックス

 

 

この設備で、一泊2,000円ちょっとだぜ……。

 

ふるえるイランの経済事情。

 

 

さて、ともあれ、翌朝から観光開始。

 

かつて、ヨーロッパの商人に「世界の半分がここに集まっている」と言わしめたというエスファハーン。

 

その中でも、イマーム広場がメインの観光名所で、とにかく素晴らしいらしい。

 

ホテルから歩いていける、そしてその道すがらに両替所もあるよ、と教わって、長袖を着て、ヒジャブをかぶって、いざお出かけしました。

 

どきどきしながら歩くも、さほど物騒な感じはせず、のんびりモード。

 

ヒジャブのかぶりかたとか、大丈夫かしら? と思っていましたが、どうやら問題ない様子(後で様々なひとを観察していると、外国人はとりあえず頭にスカーフを巻いとけばOK、的な感じだなということがわかりました)。

 

 

そして、イマーム広間手前の両替所に立ち寄ったところで、パニックが起きるのでした。

 

 

とりあえず、20ドル札一枚を両替してもらった結果が、

 

 

……………

 

 

……………

 

 

これである。

 

224万イランリアル

 

 

20ドルが、札束になって、立ちました。

 

突然の札束持ち

 

 

ここで、我々は、はげしく混乱いたしました。

 

この計算によれば、ざっくり言って、「1万リアル=10円」

 

我々の財布は、50000万札で溢れたのですが、これが「50円」。

 

わたしたち日本人は、1万を超える単位の貨幣に慣れていないのです。

 

ゆえに、とっさに、5万札(約50円)を出したらいいのか、50万札(約500円)を出したらいいのか、わからなくなるのです。

 

お札にゼロが4つ並んだ時点で、もはや「たくさん」「高額紙幣」としか認識できない、日本人としての意識を痛感しました。

 

 

更に、他にも混乱した理由は多くありまして、

 

 

1. 物価が安い

そもそも、日本と比べて物価がお安め。

 

だいたい、3〜4分の1くらいの感覚かな(ざっくり)。

 

ただ、ここまでは、アジア圏の国では割とあることだと思います。

 

 

2. 経済制裁の影響が激しく、為替が超絶不安定

 

2018年、アメリカから厳しい経済制裁がなされた結果、急激にドル高が進み、リアルがめちゃくちゃ弱くなってしまったのです。

 

その結果が、あの札束である。

 

ちなみに、その結果、特に外国産の品物を中心にものすごいインフレが起こり、イランの人々の生活は今とても苦しい、とのことでした。

 

 

3. 公定レートと実勢レートが存在する

 

あまりにも為替が混乱した結果、対外的に(銀行などで)発表されているレートと、実際に両替や市場などで使われているレートがまったく違う、ということが起きているのです。

 

どういうことだ。

 

どういうことだ。

 

ちなみに、後で冷静に計算したところ、2.6倍くらい違っていました(公定レートは1$=約42,000リアル、実勢レートは約110,000リアル)。

 

2つのレートが存在するなんて、ガイドブックのどこにも書いてなかったし、最新版のガイドブックと現在の為替の状況に2.5倍以上の開きがあるなんて予想もしていなかった。

 

※我々が手にしていた「地球の歩き方」は2017-2018年版(最新)、そこに記載されている為替の情報は2016年のものでした。

3年前は、このような2つのレートの極端な開きも存在していなかったのでは、と推測します。

 

最新版のガイドブックが役に立たないどころか、その情報によって逆に混乱するという、人生初の体験でした。

 

しびれる。

 

 

 

4. 商売では「リアル」でなく「トマーン(=10リアル)」の単位が使われている

 

通常のお店での値段は、「リアル」でなく「トマーン(=10リアル)」表記がなされていることが多いのです。

 

つまり、「500,000」と書かれている時、50万リアル(50円)なのか、50万トマーン(500円)なのか、わからないのである。

 

数日経つと、「だいたいこの品物だったら、トマーン表記だろうな」ということがわかってくるのですが、

 

初日は、物価の値段のめやすが、まったくわからなかった。

 

 

 

これらのすべてが重なった結果、わたしたちは激しく混乱し、何かを買おうとするたびに、とりあえず、換金して手に入れた札束の中から、言われるがままにお札を差し出し続ける、という不安極まりない一日を過ごしたのでした。

 

 

夜になって、冷静に計算してみたら、

 

「物価、やすっ」

 

「為替レート、思ったよりめっちゃいい」

 

となって、はあーーー、と脱力しました。

 

生々しく動く、経済のうねりを、初日から感じた旅でした。

 

 

ちなみに、チャイハネ(伝統的な喫茶店)は、めちゃくちゃごはんが安かったんだけど、見てこれ。

 

 

トラディショナルフードの1行目、20万って書いてあるけど、つまり200円だからな。

 

そしてそれが、これである↓

立派なミール

 

200万という単位も見慣れなければ、これが200円という物価にも慣れず、結果、会計時に混乱しまくる、という意味がおわかりいただけましたでしょうか。

 

 

 

* * * * * * * * *

 

 

次回、

【プレゼント有】5. 素晴らしすぎる世界遺産の無駄遣い?!

 

の予定です。

 

21時〜22時頃に更新予定、更新したらリンクを貼りますね。お楽しみに!

 

 

* * * * * * * * *

 

ほぼ毎日、Blogよりさらに濃いお話をお届け♪

丘による書き下ろし・撮り下ろしの豪華5大特典もついているよ!

 

 

 

万一、うまく開かない、登録ボタンが押せない、などの場合は、こちらから直接ご登録も可能です↓

 

友だち追加

 

 

ハート「7つの感情記憶 宝石箱」公式LINEでは…ハート

 

・ほぼ毎日、配信予定

 

「感情記憶をほどいたら、地上が楽園になった」シリーズをもとに、「地上の楽園」を見つけるためのさらなる考え方や視点をお届け

 

「7つの感情記憶」をはじめ、様々な感情の扱い方のコツをお届け

 

・クリスタルやヒーリングアイテムなど、物質世界と自分のこころの世界をつなぐ、様々なヒントをお届け

 

 

丘が日常の中で、どのように世界をとらえ、感情記憶を観察しほどいているか、ということをメインにしつつ、

 

丘がどのように石やエネルギーの世界をみているか、などについても、日々お届けしていきます。

 

 

 

ハートもれなくもらえる ご登録5大特典ハート

 

1. 丘 奈凰妃との1対1トーク

 

2. 人生が奪われる3つの感情 (音声)

 

3.誰も知らない「神様の定義」(PDF)

 

4.二極化のものさし(PDF)

 

5.石の記憶から、あなたが生まれた意味を知る(動画)

 

 

皆様のご登録を、こころよりお待ちしています♪

 

* * * * * * * * * * 

 

 
 
◆丘 奈凰妃(おか なおひ)ってこんな人
教師一家に生まれた真面目な子が、
「見えないものを見る人」「ほんとうのこころの声を通訳する人」「あなたのこころをぽんと押す、ヒーラー兼石屋」にころがるまでのストーリー。ぜひ見ていってね♪

 

◆「感情記憶をほどいたら、地上が楽園になった」シリーズ

丘が「あ、今ここが楽園だ、やべー、生きるの面白いなw ウェーイ!!」となった秘密、「7つの感情記憶」のからくりを大公開♪

 

乙女のトキメキ丘からのお知らせがいち早く届く【公式】丘 奈凰妃LINE  乙女のトキメキ

 

友だち追加

※登録できない場合、@hwd8743nで[検索](冒頭の@をお忘れなく♪)

 

【登録特典】

・「ほめほめ王冠」「ラッキークローバー」「けんこうおんせん」「ラブラブはーと」の4つのエネルギーを無料プレゼント!

・ 毎日ひけちゃう、エネルギーつきおみくじ運用中♪