◆連載中のアナザーストーリー
丘 奈凰妃(おか なおひ)が、

「見えないものを見る人」「ほんとうのこころの声を通訳する人」
「あなたのこころをぽんと押す、ヒーラー兼石屋」にころがるまで。

こちらから一気に読めますので、ぜひ見ていってね♪

 

好評連載中「感情記憶をほどいたら、地上が楽園になった」シリーズ。

 

前回は、第19回 優しい宅配業者ばかりの人、クレーム案件ばかりの人の違い でした。

 

 

* * * * * * * * *

 

 

【感情記憶】とは?

 

感情 (「種類」×「大きさ」 × 「頻度」)× 思考

 

の繰り返しで、「わたし」の世界を定義づけるプログラム

 

 

 

さてさて、第20回からは、第3章に突入いたします。

 

感情をみていく4ステップの調子は、いかがですか?

 

最初からじっくり読みたい人は、まとめ記事からどうぞ〜!

 

 

新章をはじめるにあたり、ひとつ、大切なことを言っておきますね。

 

ほどいてもほどいても、感情記憶って立ち上がるものですよ。

 

「何度もなんども同じループが立ち上がってくるのが、当たり前」って思っておいてほしいぜ。

 

だって、何十年間そのプログラムをランさせて来たの? って話ですよ、そう簡単にほどけるかって話だわ(笑)

 

 

でも、「何度も同じループが立ち上がってる!」

 

って、気づいてる、

 

そのことが、すごくない?

 

って話なのですよ。

 

 

だって、それができた時点で、

 

◆ステップ1 うたがってみる

 

の、「客観的に自分の思考を見つめている」姿勢が、できてきているってことだもんね。

 

それができていたら、かならずほどいていけるよ。

 

 

 

 

 

ここまでで、たぶん、真面目な人ほど、

 

「なんとかして、楽園にいきたい!」

 

「なにが足りないんだろう? もっとどうすればいい?」

 

「なかなかうまくいかないなあ」

 

などとお考えでいらっしゃるかもしれません。

 

 

でもね、

 

 

ぶっぶーーー!!

 

はい、それ、全部、とおまわりー!!!

 

 

って話なんですよ。

 

 

だって、それこそが、楽園への道を遠回りさせる

 

「なんとかしよう」とする思考の正体

 

なんだもの。

 

 

連載当初から、何度か申し上げているのですが、

 

感情は、ただ、立ち上がってくるもの。

 

それにつられて、思考も、自然と、立ち上がってくるもの。

 

でしたね。

 

 

既に立ち上がってしまっているものを、

 

「なんとかしよう」とするから、苦しみが生まれるの。

 

だから、なんとかしようとせずに、

 

ただ、見つめること、が大事なのね。

 

 

…………

 

 

…………

 

 

うんうん、でも、

 

人って、つい、「なんとかしたくなっちゃう」のよねー。

 

わかるよー。

 

 

でもさ、そもそも、

 

「なんで、なんとかしないといけないんだろう?」

 

ってところについて、真剣に考えたこと、ある?

 

 

これから解説していくのは、

 

「なぜ、ひとは、そんなにも、すべてをなんとかしたがるのか」

 

というしくみのお話です。

 

 

ちなみに、第2章までを理解していると、この先のお話も理解しやすいので、もっかいまとめを貼っておくね、よかったら復習しておいてね。

 

まとめ記事から一気よみ♪「感情記憶」シリーズ

 

 

 

ではでは、ここから、ものすごく、大事なことを言うね。

 

 

この世のすべての考え(思考)の、必ずその根底にある考えがあるって、知ってる?

 

 

…………

 

 

…………

 

 

 

それはね、

 

 

「よい」と「わるい」。

 

 

あー、言っちゃった!

 

すごい大切なこと、言っちゃった!!

 

 

この世界の考えって、全てが対になってるんだ。

 

たとえばさ、

 

 

・正しい ← → 間違っている

 

・優れている ← → 劣っている

 

・好き ← → 嫌い

 

・美しい← → 醜い、汚い

 

・豊かだ← → 貧しい

 

・価値がある← → 無価値だ

 

 

などなど。

 

わかるかな?

 

ひとつの概念が存在すると、その真逆の概念が、必ず存在する、それがこの世界なの。

 

これをさして、「二元」と言ったりするよね。

 

 

そして、さらに、重要なポイントとして、

 

このすべてが、「よい」と「わるい」の対になっているの。

 

 

 

たとえば……

 

 

・「正しい」のは「よい」 ← →「 間違っている」のは「わるい」

 

・「優れている」のは「よい」 ← →「劣っている」のは「わるい」

 

・「好き」なのは「よい」 ← → 「嫌い」なのは「わるい」

 

・「美しい」のは「よい」← →「醜い」なのは「わるい」

 

・「豊か」なのは「よい」← → 「貧しい」のは「わるい」

 

・「価値がある」のは「よい」← → 「無価値」なのは「わるい」

 

 

どうかな?

 

これ、大抵のひとに、当てはまる感覚なんじゃないかな。

 

 

えっ、そんなの当たり前の話じゃない?

 

って、思うかもしれないね。

 

 

でも、これ、実は、当たり前じゃない。

 

そして、その「当たり前」こそが、自分を苦しめているんだ。

 

次回、もう少し、続きを解説していくね。

 

 

 

* * * * * * * * *


 

次回、

第21回 この世の全ての苦しみの正体→「○○ vs ●●」

 

の予定です(20時頃に更新しています。更新したらリンクを貼りますね)。

 

 

 

乙女のトキメキ【最新情報配信中】丘 奈凰妃LINE@  乙女のトキメキ
 

友だち追加

※登録できない場合、@hwd8743nで[検索]をお願いします(冒頭の@をお忘れなく♪)

 

サロンからのご案内をいち早くお届けする他、限定企画や特典なども配信予定です。

 

今なら、ご登録いただいたすべての方に、

「ほめほめ王冠」「ラッキークローバー」「けんこうおんせん」「ラブラブはーと」の4つのエネルギーを無料プレゼント!


毎日ひける、エネルギーつきおみくじも運用中♪