久しぶりに投稿します。

しばらくブログを放置してましたが、それでもポツポツとアクセスはあるようで、少しでも誰かの参考になっていれば嬉しいです。


内斜視手術から半年経過しました。
肝心の目の状態ですが、術後すぐに比べるとやはり少しだけ戻りはある気もしますが、もう『斜視』ではないと思います。
その程度の戻りです。

私は左目を手術したのでその分左目の方が位置のズレが少ない気がします。
私は両眼視機能がないので片目ずつをその都度切り替えて使っているので使ってない方の目が内側に寄りがちなのですが、その寄り具合が左目より右目のほうがやや強い気がします。

でもこれに気付く人は自分以外ではほぼいないんじゃないかなー?というぐらいの感じです。
結局自意識過剰かなっていうw

物の見え方、見方、目の疲れ等に関しては術前より少し改善した気がしますが、劇的に良くなった!とか両眼視できる!とかは特にありません。
以前より改善した、という感じです。
元々そういう効果についてはそこまで期待してなかったので、特に気にしてません。
目の位置は確実に良くなってますのでそこさえきちんと改善されているなら何も不満はないです。

目の違和感や痛みなどももう特にありません。
目は一生擦っちゃダメっていうのも一応守ってますが、やはり少し気が緩んできてるので多少は優しく擦りますw

手術する前は長い間ひたすら悩んで迷いましたが、決めてからは早かったですし、手術を終えた今はもっと早くやっておけばよかった!と思うまでになってます。
もちろんデメリットが何もない、100%成功するというわけではないのでそれなりに覚悟も必要ですが、私は覚悟を決めて良かったと思っています。

30代になってからでも手術はできますし、斜視も改善します。
コンプレックスから解放されると自分の世界がちょっとずつ広がります。
何歳だから…とか今さら…と自分の『本当は治したい』という気持ちに蓋をせずに、これからのことを考えて手術することも検討してみる価値はあると思います。

斜視で悩む方が少しでも減るといいな、と思っています。