♪どんどこ ドンドン どーん!

こんばんは。トニーです。真夜中ですね。

お正月休みは、あと1日です。きっと明日(もう今日か・・)は、クリニックに行って、「楽しい書類書き」と「楽しい整理整頓」を少しでいいから したいと思っています。


で、今日紹介したいのが、ズバリ!









です。

1988年3月に発売された矢沢永吉さんのベストアルバムCD 「ROCK'N ROLL」です。

このCDなんですよね。上京したての18歳の僕が、レンタルビデオ店でレンタルして、矢沢永吉の音楽と出会うきっかけになったのが。

その辺のネタは、僕が「覚悟の瞬間」という映像配信サイトで、独立直後の軽躁状態で語っていますので、万が一 興味がある人はどうぞ。

http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=518&from=up

で見れます。



このCDと出会ってから、もう27年近くたつんですね。

ベスト盤ということからか、今は廃盤になってしまっていて、最近アマゾンで中古品を手に入れました。

1982年から1987年までの期間のアルバムから、シングル曲にこだわることなく、ロックナンバーを集めたベスト盤です。

1.東京ナイト
2.TAKE IT TIME
3.CRYING FOR YOU
4.ROCK ME TONIGHT
5.逃亡者
6.YOKOHAMA 二十才まえ
7.ホープ
8.ROCK'N MY HEART
9.FADE AWAY
10.苦い雨
11.あの夜・・・
12.罪なデマ
13.SOMETHING REAL
14.止まらないHa~Ha
15.NETTAIYA(熱帯夜)

という渋い選曲になっています。(曲名を全部打ち込んでしまった時点で、一般客ウケ狙いは完全に捨てました。今日はわかる人だけ、読んでください)

基本 日本語の矢沢節の曲の中に、英語の歌詞の曲が、3曲(3 と 8 と13)入っていて、18歳の僕は完全に意表を突かれたのを覚えています。

今、聴き直してみて・・・。

この曲順で聴くと、ホントに「逃亡者」って 新しい出発!って感じの 爽やかな曲だなと実感しました。

キャロルの曲のセルフカバー「ホープ」もこの曲順で聴くからこそ、あのギンギンの超一方的な破壊力のパワーがバリバリ伝わってくるんだよな、って思いました。

唯一軽やかなノリの「FADE AWAY」の後の、「苦い雨」が最強!!なんだよな・・・

で、「苦い雨」→「あの夜」の「別れ」をテーマにした大人のロックナンバー2連発が、これまた最強!!で、18歳の僕は、「こんな歌、歌っていいんだ?!」ってビックリしたのを覚えています。

超定番曲「止まらないHa~Ha」も初めてこのCDで聴いたときは、「ただ事ではない!ただ者ではない!」とぶっ飛んだのを覚えています。

「止まらないHa~Ha」の後、余韻の残る「NETTAIYA(熱帯夜)」で幕を閉じることの 侘び寂び が分かるようになるのには、10年位かかった気がします。


と、いうことで、18歳の頃の ビクビク ワクワクしていた時代に 気持ちがワープすることができました。あの頃は、3,000円するCDを買うのは一大事で、300円とかでCDをレンタルして、カセットテープにダビングして聴いていました。懐かしいですね。

音楽って、ホントに、いいですね。(今日は、捻りも、落ちも、心理学ネタも 何もなくてすいません。たまにはイイでしょ)

♪どんどこ ドンドン どーん!