ボクシングって難しい? | ラッキースターボクシングクラブ

ボクシングって難しい?

女性の方が始めて練習されたときによく述べられる感想に
「ボクシングは難しいですね」があります。
確かに難しいです。私もそう思います。
奥が深く簡単なものではありません。
当ジムは体験入会の初回から基本動作を丁寧に指導いたします。
丁寧、それは言い換えれば「細かく」です。
肩の力を抜け、腕をしっかりと伸ばせ、
腰を回して打て、わきをしめろ、
その他ああだこうだと口を出します。
「細かくうるせえなあ」と
思われる方もいるかもしれません。
私どもとしても、最初に
「こうかまえて、こう打つんだ」とひととおり教えて、
後はどうぞご勝手に、と何も言わないでおくほうが楽です。
で、崩れた乱れたフォームでミットを打っても
「はいはい、お上手」とばかりに
何の修正も指示もせず、サンドバッグを力まかせに、
まるでじゃれあっているように打っても
「好きなように打たせとけばいいや」などと放置し、
「ミットを打たせたから指導をしたした」と
言っておればずいぶんと楽です。
指導スタッフの人員も1人で十分です。

しかし、それでは、基本が不十分のままになってしまい、
上達の進度は亀亀したものになり、
それ以前に上達を自覚する前に練習が
おもしろくなくなってしまうでしょう。
いつもいつも同じことばかり、同じレベルで繰り返すのでは
そのうち飽きてしまうからです。
徐々にではあっても上達してくれば
うれしい・楽しい・大好き、でおもしろいものです。

また、基本からしっかりと積み上げて上達することで、
目標としていること、たとえば
・強くなる、・ダイエットやシェイプアップ、・その他、も
より早く効果が上がり、目標達成がより近くなります。


体験入会は
「見て、さわって、ボクシングとはどんなものか感じてみる」
といった
内容の薄いおためし的なものではありません。
体験入会を経ずに入会されて練習を始める方も、
体験入会初回の方も、練習する内容は同じです。
「ボクシングを始めて初めての練習」です。
タイトルをつけるなら
「第1回 かまえかたの巻」といったところでしょうか。
あるいは
「トー○ス かまえかたを教わる・・・というお話」とか。

ただ、初回からミットもサンドバッグも打ってもらってます。
もちろん先述のとおり「そうそうお上手お上手」とか
「じゃれ合い打ち」ではなく、
基本に基づいた正しい打ち方の指導を行います。

 

 

 

大阪のボクシングジム

ラッキースターボクシングクラブのメインサイトはこちら