うちのジムはこんなジム | ラッキースターボクシングクラブ

うちのジムはこんなジム

うちのジムはどなたでも気軽に練習できる
アマチュア専門ジムです。
年齢・性別・職業・目的不問でお迎えします。
選手として試合に出たい方、公式試合出場機会を用意してます。
ダイエット&シェイプアップを目的とされる方、
ボクシングの練習がそれらに実に効果的なのは
かねてから言われていることですし、
当ジムのダイエットモニター練習生のこれまでの成果表を
見て頂いてもおわかりになるかと思います。
また、フィットネス目的で練習にいらした方も多数いらっしゃいます。
精神力の強化を図る目的で練習に来られている方もいらっしゃいます。
どのような目的であれ、
まんべんなく丁寧に熱心に指導いたします。

また、練習の環境や雰囲気作りにも気を配っております。
ボクシングは激しいスポーツですが、
ジム内では激しい部分だけを追及するわけではありません。
選手として試合に出る方には激しさを課しますが、
そうでない他の目的の方々にはそれはいたしません。
オーバーワークになるからです。
「まんべんなく丁寧に指導」とは、
皆さん個別の体力や進度を見ながら
それに合った指導をすることです。
また、雰囲気作りですが、「どなたでも気軽に入りやすい」
ことに重点をおいております。
ジム全体が「ムラ社会」となっており、
新参者が入りにくいオーラを放っているといったことはありません。
また、どなたでも気軽に出入りできるように
さまざまな部分で敷居を低くしてあります。
たとえば極端な話ですが、
あいさつなしでジムに出入りしてもいいのです。
実際にはほとんどの方が「こんにちは」と入ってきて、
「お先に失礼します」と帰っていきます。
ただ、それを自然にできない方、
抵抗感を持つ方がいらっしゃることもよくわかってます。
そういった方は何も言わず入ってきて、黙々と練習をして、
また何も言わずに帰って行く、
そういったことをされても大丈夫であるようにしてます。
あいさつを強制することはありません。
それを苦痛に感じる方がいらっしゃることを知ってます。
いつか自然にそれができるようになればいいんじゃないですか。
できなくてもいいですし。
また、ジム内で何も言わなくても、
スタッフに声をかけられなくても困ることがないように
スタッフの側から
「ミット打ちをするよ」「対人練習をするよ」と声をかけますし、
その他細かい指導や対応も
スタッフの側から歩み寄る形ですることがほとんどです。
ですので「聞きにこないほうが悪い」とか「言わないから悪い」
などと言ったり考えたりすることはありません。
それができる方ばかりではないとわかってます。
なので、
「自分は無口だし、うまく周囲になじめないんじゃないだろうか」と
心配されることはないです。


体験入会は1回だけでは
ボクシングの本質はわからんと思います。
練習を終えた後、たぶん疲労感が9割くらい、
「おもしろかった」といった充実感が1割といったところかな。
それが2回目の体験入会となると、
疲労感と充実感が5分5分くらい、
3回目になると
疲労感3割の充実感7割といった変化が起こってきます。

なのでよろしければ体験入会は1回で終わらず、
2回か3回やってみることをおすすめします。

 

大阪のボクシングジム

ラッキースターボクシングクラブのメインサイトはこちら