男はいくつになっても強さに憧れる | ラッキースターボクシングクラブ
2019-01-10 02:35:51

男はいくつになっても強さに憧れる

テーマ:ブログ

 

うちのジムには70代の方が数名練習にいらしてます。
そのうちいちばんキャリアの浅い方が、
今目に見える速さで上達されてます。
また、技量だけでなく、体力も向上を続けてます。
毎日練習にいらして、ひととおりの練習をこなして、
2ラウンド1セットのマスボクシングを何セットかこなされて、
2時間か3時間ほど練習されてます。

練習量が多いだけでなく、
技術を習得し、それを磨こうとされる姿勢もお持ちです。
指導を受けたことはもちろん、
さらに応用の技術も自ら学んで身につけられており、
70代という年齢でなかなかできることではないです。

年齢が高くなればなるほど、
「この年で今さら強くなってもしかたがない」
「もう年だからうまくできるはずがない」などと
あきらめてしまいがちです。
また、修正するように指示されても聞き入れず、
「これでいいから」「もういいから」と
頑なに「自分のやりかた」を変えようとしない方も
これまでに何人も見かけました。

しかし、今練習にいらしている上達中のこの方は、
そのような気持ちを持たず、態度をとらず、
指導されることはもちろん、
自分自身が積極的に技術の習得と吸収を続けています。
それにより、効率のいい動きをされることで、
無駄なスタミナ消耗がなくなり、
無理なく長時間の練習をこなすことができており、
体力の向上につながっています。

こういった方はジムの財産です。
私は今54歳なのですが、
「20年後、この方と同じ年代になった時、
 この方のようにこれだけ動けるだろうか」
「この方のように70を超えても元気に動けるように
 がんばらないとな」と考えることがあります。
それはたぶん私だけでなく、
この方の背中を見て、追いかけている方は
まだ多くいらっしゃるだろうと思います。

男はいくつになっても強さに憧れるものです。
年齢を理由にして、強くなることをあきらめたり、
無理だと決めつけることなどありません。
そして、強さに憧れ、追い求めることで、
いくつになっても若々しくいられるという大きなメリットがあります。

 

大阪のボクシングジム

ラッキースターボクシングクラブのメインサイトはこちら

 

 

 



 

 

JOHNNYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス