1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-10-31 11:59:51

試合出場によるレベルアップ

テーマ:ブログ
昨日は金光さんが指導にいらしてくださいました。
いつもありがとうございます。

指導のお手伝いをして下さる非常勤のトレーナーを随時募集してます。
報酬はありませんが、
自分の練習をするかたわら指導をして頂くといった形でよいです。
プロ・アマチュアを問わず選手としての実績がある方、
または公式試合出場経験はないけれど
指導の経験がある方とさせて頂きます。
トレーナーに定員は設けておりませんので、
どうぞお気軽にご応募ください。


「谷町通信」の新しい号が入りましたので、
女子更衣室に置いておきます。
今月はクーポンいっぱい掲載だそうです。
おお、これはほんとうだ、
谷九近辺の店で使える割引券がいっぱいだ。
いやいやこれは使えるぜっ。
どうぞお気軽にお持ち帰っちゃってください。


うちのジムは明日11月1日でオープン10年目に入ります。
その記念になにかやるってことはないです。
これは創業当初からずっとそうです。
なんだかんだでよく続けてこられてるなと思います。
まる9年、長くってこともないですが、いろいろありましたし、
いろんな方がいらっしゃいました。
ジムができた初年度やそれに近い時期に入会されて
ボクシングを始めて、
今も練習に来て下さっている方もいらっしゃいますし、
ずっと使い続けている用具や設備もあります。
何もない状態から立ち上げて、
たくさんの方に助けられて、支えられてきました。
あるいは逆に悲しいことや悔しい、
無念の思いをしたこともあります。
全部ひっくるめて多数の方に出会いました。
9年間、いろいろありましたが、助けて下さった方や、
うちでがんばって練習をされている方、
しばらく離れてまた練習にいらして、と忘れずにいてくださる方、
そういった方が割合としては大半で、
その方たちにはいつも感謝の気持ちがあります。
よく考えれば9年間、
その気持ちがいつもジムを支えていたよなと思います。
もちろんこれからもその気持ちをずっと忘れずに、
練習に来て下さった方たちに還元していきたいと思ってます。


久しぶりに練習に出てこられた方が
またまたいらしてくださいました。
うちのジムは何か月、何年練習から離れられても、
またいつでも練習を再開できます。
会費は再開された月から支払を頂ければいいですし、
チケットは有効期限を設けておりませんので、
お持ちであればそのまますぐに使えます。
ジムは部活動ではないので、
長く練習に行っていないから除籍になるとか
そういったことにはならないので、
どうぞお気軽にいらしてください。

なんらかの理由で練習に出てこなくなる方は多くいらっしゃいます。
けがや病気が原因で
しばらく休んでいるうちにずるずると月日がたっていたとか、
仕事が忙しくなってしばらく休んでいるうちにずるずるとか、
スパーリングでぼこられて自信をなくしたとか、
昨日も書きましたが、試合で負けて自信をなくしたとか、
そんな根拠のない自信など持たなくてもいいと思いますし、
つまらない自信はただの思い上がりだ、
それが実力向上のじゃまをしているのだ、と
思ったりもするのですが、
ちょっと物事がうまくいかなかっただけで
投げ出す方ってのは珍しくないのです。
先に書いたように、自分には何が不足していたのかを考えて、
それを身につけるために練習すればいいではないですか。
高いレベルにいる選手の皆さんは、
自分に自信を持っている方ってあまりいないんですよ。
自信ってのは慢心でもあるわけで、
それは向上をとめてしまうもとになるからです。
完全とか完璧な選手はいないと思います。
より完全に近いところを目指して精進を続ける、
それによってまたうまくなり強くなる、
その繰り返しをずっと続けているのです。

特に試合に負けたからといって
「もう自信がない」と思われている方がもしいらっしゃったら、
「試合に向けてそれだけの練習をやったか?」とたずねたいです。
そこまでやった方っていらっしゃらないですよ。
またやればいいんですよ。
今回の試合に出たことで、
いつもの練習の何か月分もの経験値が得られてます。
勝っても負けても
ひとつレベルアップされていると考えていいと思います。
「そこまで」はできていないにしても、
何の練習もせずに試合に臨むような、なめたことをした方はいません。
試合直前に1週間か2週間ほどちょろちょろっと練習をして、
「練習したした」と自己満足をしていた方ってのもいません。
なので、試合前、
そして試合でやってきたことってのは無駄にはならないです。
また次を目指してください。


多忙がピークになってまして、今日も十分な内容にできません。
明日の午後1時までは時間がきちきちになってまして、
それが終わったら少しは余裕をもってこの記事も書けるかなと思います。


体験入会は予約は不要ですので、
いきなりふらりといらしてくださってよいです。
靴とウェアをもって来ていない場合も
貸し出しいたしますので大丈夫です。
あと、汗を拭くタオルも、
水分補給用の飲みものも用意してますので大丈夫です。
指導するスタッフも練習生の人数が多い時間帯は
複数名がジムに入るようにシフトを組んでますので大丈夫です。
というわけで、すべて大丈夫、何の心配もいりませんので
どうぞお気軽にいらしてください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013-10-30 12:54:41

負けたことを始まりにしよう

テーマ:ブログ

週末からまた連休になるみたいですが、
世間一般的には連休でもジムは休みなしです。

2日の土曜日はいつものとおりに朝11時から夜10時30分まで開館、
うち12時から夜10時の間はトレーナー常駐です。

3日の日曜日は昼1時から夜7時まで開館します。
いつもの日曜日のとおりです。
ペレスさんが指導に入ります。

4日の月曜日の祝日ですが、
昼1時から夜7時まで開館します。
ただし、トレーナーは常駐せず、自主トレーニングのみになります。
しかし、体験入会の受付はいたしますのでお気軽にいらしてください。


指導のお手伝いをして下さる非常勤のトレーナーを随時募集してます。
報酬はありませんが、
自分の練習をするかたわら指導をして頂くといった形でよいです。
プロ・アマチュアを問わず選手としての実績がある方、
または公式試合出場経験はないけれど
指導の経験がある方とさせて頂きます。
トレーナーに定員は設けておりませんので、
どうぞお気軽にご応募ください。


ジムフロアのタオルが不足がちになってます。
日に日に気温が低くなってきて、洗濯物の乾く速度が遅くなり、
タオルの供給が追いつかないこともあるのですが、
それだけではなく、
タオルの枚数というか本数そのものが減ってきているようです。

すみませんが、タオルを持ち帰ってしまった方は必ず返してください。
「持って帰ってしまってました」と差し出さなくてもいいです。
帰りに受付デスク横の洗濯かごに入れておくとか、それでいいです。
故意に持ち帰っている方がいるとは思えないのですが、
なくなってきていることは確かです。
今後も続くようであれば、何らかの管理をすることになります。
そこまではしたくないですし、手間もかかってめんどうですし、
くれぐれもタオルを持ち帰ることはなさらないように、
もし間違えて持って帰ってしまった場合は、
まあいいかですませずに必ず持ってきて返すようにしてください。


今月も久しぶりに練習にいらした方が多くおみえになりました。
「今月も」って、今月はまだ今日と明日も残ってますが、
昨日までの時点でも多数の方が久しぶりにおみえになられてます。
ありがたいことです。
久しぶりにいらして、そのまま定期的に練習に来て下さる方もいれば、
はりきって動きすぎてしんどくなったり筋肉痛に悩まされてか
また来なくなってしまう方もいれば、さまざまになります。
けどまあ、またいつでもいらしてくださればいいです。

久しぶりにいらした方は、
何らかの理由で長く練習から離れてしまったということになりますが、
試合に負けた後、そのまま練習に来なくなった方もいらっしゃいます。
負けたからといって
ボクシングをやめてしまうってもったいないとも思います。
負けたということは自分に足りないものがあったということで、
それを補うためにまたあらためて練習をすればいいです。
体力がなかったのか、攻撃が不十分だったのか、
ガードがおろそかで打ちち込まれたのか、あるいはその全部なのか、
いろいろと足りなかった点があったものと思われますが、
それをまた練習すればいいではないですか。
負けたことでショックを受けるのはしかたがないことです。
むしろ、負けても何も感じないよりもずっといいと思います。
また次を目指してください。
ただ、なぜ負けたのかを考えず、
負けた原因を克服しないままにしていると、
次もまた同じことになってしまうかと思います。
まずはなぜ負けたのかを考えてみましょう。
セコンドをしてくださった方に助言をもらうのもいいですし、
私も全員の方の試合を見てますのでわかります。


体験入会ですが、「自分は体験入会だから」などと
引け目を感じることはありません。
堂々となさってくださってよいです。
体験入会にいらした方は基本的に最優先で指導することにしてます。
なぜかって、初めてのジム・初めてのボクシング、と
初めて尽くしだから。
初めての方に慣れた方より手厚い対応をするのはありだと思ってます。
もちろんいらっしゃる全員の方に手厚い指導と対応をいたしますが、
初心者の方や初めての方にはできるだけ時間をとりたく思います。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-10-29 15:05:40

多忙でごめんなさい

テーマ:ブログ
試合に関しての事後の事務処理で
ちょっと忙しいことになっておりまして、
こっちを書くのも十分な時間がとれません。
もうあと数日はその関連で忙しい日々をおくることになり、
このページの更新も不十分になるかもしれません。
あらかじめ申し上げます。


「涼しい」からそろそろ「寒い」に変わってきた今日このごろ。
シャワーの温度を2度上げました。
どうでもいいことですが報告いたします。


ボクシングの練習はダイエット・シェイプアップ効果の他、
ストレスを発散する効果も高いです。
体を動かすだけではなく、パンチを打ち込むことにより、
人間が本来持つ攻撃的欲求を充たすことができるため、
その面においてもスカッとさわやか・・・
あ、このフレーズは使わないほうがいいですね。
まあ早い話が爽快感をえられるってことです。
そうかい・・・あ、また失礼いたしました。
なので、初めてボクシングの練習をされた方のほとんどが
うーん、疲れはしたけど楽しかったよん、とおっしゃいます。
そう思って頂けるとうれしいですです。
しかし、その楽しさはまだ序の口、まずはフォームを整えて、
正しい動きでパンチを打てるようになりましょう。
それができるようになれば、
サンドバッグを打つにもミットを打つにも、
打ったときの手ごたえがまったく違ったなってきます。
それこそ「うおーっ」と感動することになるでしょう。
まあ声をあげる方はほとんどいないようですが、
心の中で叫んでいる方はけっこういるのでは?
そうなればますます楽しさが増し、
さらに高いレベルの練習を求める気持ちが起こります。
男性の方はリング、そして試合出場、とステップアップできます。
年齢が高くても出場できる大会もあります。
また、女性の方も同じステップがあります。
女性の方はスパーリングまで進む方が少ないのですが、
マスボクシング(当てない実戦練習)だけでは
もの足りないんって方には「女王様のマス」を用意してます。
さらにその上のレベルの「スーパー女王様のマス」
(男性も「打つ」ではなく、
「つつく」程度の攻撃を少しだけしてもよし)もあります。

ストレスをうまくつぶすことができれば、
表情が明るく活き活きと豊かになるため
それだけでも美しさが数割アップするかと思います。
ボディラインだけではなく、表情もきれいにして、
美しさの相乗効果を図りましょう。


体験入会は平日は昼12時から夜9時まで、
日曜日は昼1時から夜9時まで受付してます。
予約はいりませんのでお気軽にいらしてください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-10-28 15:05:34

昨日、試合がありました

テーマ:ブログ

昨日、神戸市民大会、全日本社会人選手権及び全日本女子選手権の
兵庫県代表選考会が行われ、
うちのジムからは総勢10名が出場しました。
神戸大会3名、社会人選考会6名、女子選考会1名です。
うち、神戸大会で1名、社会人選考会で2名が勝利いたしました。

社会人選考会では2名が代表認定されて、
12月に開催される全日本社会人選手権に出場します。
また、あと1名が現在保留状態になっています。

今回もいろいろと反省すべき点が多くありました。
出場された選手それぞれが
自分自身の修正すべき点を考えていると思いますが、
それをジム側がどれだけ修正のための練習をさせられるか、
この点が大きなポイントになってきます。

ボクシングは個人競技であり、相手選手と1対1の試合を行います。
しかし、練習は1人だけではできません。
1人でシャドウボクシングをして、サンドバッグを打っても、
それだけでは強くはなれません。
動きの形をきれいにすることならできますが、
強くなるには1人だけでの練習では限界があります。
どうしても対人練習が必要になります。

それらも必要なのですが、
もっとこういった練習をさせておけばよかったと
ジムとして反省すべき点が多くありました。
ふだん十分に練習していないことを、
試合中のリング上でやれと言ってもできるものではありません。
苦手としている部分を見つけて、
克服させておくのもジム側の役割です。


昨日も多数の練習生
そしてトレーナーの皆さんが応援に来てくださいました。
セコンドやタイムキーパーをしてくださった方、
ありがとうございました。
また、懸命に応援をしてくださった皆さん、
ありがとうございました。
いつも顔を合わせている方や、
対人練習の相手をされた皆さんが応援に来てくださったことで、
出場した選手も力を出せたと思います。
皆さんありがとうございました。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-10-27 00:53:58

女子演技競技会

テーマ:ブログ

昨日、女子演技競技会が実施されまして、
うちのジムから練習生1名が参加、C級演技検定に合格いたしました。
おめでとうございます。

指導されたトレーナーの皆さん、
練習の際にアドバイスをしてくださった
C級資格をお持ちの練習生の皆さん、
対人練習の相手をされた練習生の皆さん、
多数の方に感謝です。


昨日は昼に金光さん、夜に蔭山さんが指導に来てくださいました。
昼は他にもいらしてくださっていたなら
お名前がもれてしまってすみません。


今日の日曜日はペレスさんが指導に入ります。
先週は私が指導に入りましたが、今日はペレスさんが指導に入ります。

午後1時から7時までの開館です。
体験入会も受付してますので、どうぞお気軽にいらしてください。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-10-26 05:06:07

ジムのチームワーク

テーマ:ブログ
今日は土曜日なので「画像の日」なのですが、載せる画像がないです。
雨と風によって落ち葉やらなんやらで
ぐちゃぐちゃになったジム前を撮影して 
載せるってのもいいかなと思いましたが、
撮影するのを忘れて掃除してしまいました。


今日は、ある練習生の方があるところで書かれていた内容を材料にして、
少々書いていこうと思います。

今、試合が近い時期になってます。
9月から秋シーズンに入っているのですが、
9月の公式試合は当ジムから出場なし、
10月の練習会は5名が参加、
さらにまだ年内にいくつかの試合や練習会が予定されてます。
しかし、それらのスケジュールや試合会場、
その他の情報はほとんど書かないようにしてます。
もちろん、ジム内では開催要項やその他を掲示しております。
出場される方はもちろん、
ジムにいらした方はどなたでも見られるようにしてます。

試合に向けて練習を続けておられる方々は、
今デリケートな状態になってます。
明るく見えても、実はナーバスになっていたりします。
私も試合前はいつもそうでした。
誰もがそうでした、
試合で勝ちたいと懸命に練習している方はそうなるのです。
きつい減量をしている方はさらに精神的に不安定になります。
今試合のために練習されている方は、
その度合は違えど不安定になっているでしょう。

懸命に練習しているその方々に対して、
私は「がんばれ」と声をかけません。
することといえば、一般的な指導とか、対人練習のセッティングとか、
時にはさりげなく窓を閉めて室温を高くするとか、そのくらいです。
あまり特別なことはしてません。
私自身もきつい練習、きつい減量を経験してます。
なので今何をすればいいか、何をすべきなのか、
それらがわかるのです。
個別の体質等はさすがにわかりませんが、
どういう練習をすれば体重が落ちるか、力をつけるのに効果的か、
それらを具体的に指示することもできます。


そして、ある練習生が書かれてた内容からいくつか引用します。
その方の尊敬されている方が
「人から頑張れって言われるのが最もつらい。
もう、自分では精いっぱい頑張ってる。
これ以上頑張れと言われても、もうがんばれない。
これ以上頑張れと言われるのは、辛いことだ。」と
話されたそうです。

さらにその練習生の方はこう続けておられます。
今のジムの仲間は、「練習頑張ってください。」とは、もう言わない。
だって、練習はやってきてるし。試合頑張ってね♪って内容です。
心をこめないで、必死の人に向かって、
「がんばってください。」ってのは、ホンマに残酷。
励ましにもなってなく、必死な人に向かって
私は無関心でとりあえず、頑張れと言ってます。
という風にしか思えなかったりする。

すごくわかります。
私も選手として試合に出ていた頃、
そう感じたことが何度もあるんです。
がんばれと言われて、ありがとうと言いつつも
心の中では「うるせえバカ」と思ってたとかですね。
部の先輩方とか、いっしょに練習をしている方に対しては
そう思うことはなかったですが。

そして、うちのジムにおいても、
同じことをおっしゃる方が過去にもいらしたんです。
それも1人だけとかではなく、何人も。

「ほとんどジムに来ていない人が、こういう時だけ何をしに来るのか」
「本人は応援に来ているのかもしれないけど、
 練習には来ないで何が応援だ」
「練習に来ていない人に励ましの声をかけられても、
 何も知らないくせにと反感を持ってしまう」と、
私のところに「なんとかしろ」といった声が集まってきます。
ある時などは、
「ジムをやめたはずの人が来て、
 ウォーミングアップの際にタイムを計るなどしていたが、
 どうなっているのか、ちゃんと目を配って管理してほしい」と
手厳しい苦情を頂いたこともあります。

なので、いつからかな、
試合に関しての情報はジムの中でのみ公開することにしました。
ジムに頻繁に出入りして、
今回試合に出る方たちといっしょに練習されている方は、
いつ、どこで試合があるのかはもちろん、
試合に出る皆さんがどれだけの練習をされてきたか、
それらをわかっておられます。
わかっているからこそ、無責任な言葉をかけることはないですし、
試合に出る方たちも、
いつも顔を合わせる方がいることで安心感を持つかもしれません。
それは、いっしょに練習をされてきた方々に対して、
いわば同志のような感覚を持てるのだろうと思います。

どれだけの練習をして、
どれだけの努力を積んできたかを見てもいないのに、
試合の時だけレジャー気分で出てきて
「応援にきたよ」と言われてもねえ、
言葉を借りれば「こういう時だけ何をしにくるのか」と
そのように考える方って少なくはないみたいです。

人それぞれいろいろな考えかたをお持ちだと思いますが、
多く聞かれる希望や、確かにそうだなと思われる意見をまとめて、
ジムの方針やルールとして決めてます。
今回の話はルールってことはないですが、
私が試合に関する情報を公にしないようになったのは
なぜなのかってことを考えて頂きたいのです。
もうおわかりだと思います。
ジムで共に練習をされている方は、試合の情報を直接得てます。
選手の皆さんの頑張りを見て、
応援に行ってやろうと申し出られる方もいます。
レジャー気分の方はいないでしょう。
この試合に対しての頑張りを見ているため、
無責任な言葉をかけることもしないでしょう。


今月中旬の練習会では、私に対して
「もっとちゃんと選手の世話をしてくれ」と
嘆願に近い苦情を頂きました。
その日は朝に一度、出場する皆さんに簡単な指示をしただけで、
あとはずっと運営の手伝い、試合が始まってからは審判員、と
練習生の皆さんとは離れた行動をとってました。
それも必要なことではあるのですが、
ジムの代表の立場にある者が、
試合中ずっと不在にしているといったことではまずいですね。
代表、試合においては監督であるはずの者が不在になることで、
先述のような「ジムをやめたはずの人」あるいは
「やめさせられた人」がしつこくジムの公式行事である
試合にかかわってくるといったことも起こってしまってました。
それに対して、
その不快感を私に切々とぶつけてこられた方も何名かおられまして、
反省に反省を重ねております。

そういったことを防ぐためにも、
今後はジムのチームワークをより固めるべく
私がもう少し試合中の統括に動くつもりです。
大学の監督をしていた頃、部員によく話していたのが
「選手に一瞬でも気をつかわせるようなことをさせるな」です。
選手は試合のことのみ考えればいい、
そんな状態にしろ、と言っておりました。
特に選手に不快な思いをさせないように、
精神的な部分を乱させることのないように
気をつかえと指示してました。

ナーバスになっている選手に自然に接して、
緊張感をときほぐせるのは、
直前までいっしょに練習していた仲間でしょう。
私はその結束を固めるまとめ役になれればと思ってます。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-10-25 04:59:35

今日が台風のピークになるのでは

テーマ:ブログ
昨日は金光さんと森田くんが指導に来て下さいました。
いつもありがとうございます。

指導のお手伝いをして下さる非常勤のトレーナーを随時募集してます。
報酬はありませんが、
自分の練習をするかたわら指導をして頂くといった形でよいです。
プロ・アマチュアを問わず選手としての実績がある方、
または公式試合出場経験はないけれど
指導の経験がある方とさせて頂きます。
トレーナーに定員は設けておりませんので、
どうぞお気軽にご応募ください。


昨日も台風だの雨だのなんだのといろいろありながら
そのわりには多数の方が練習にいらしてくださってありがたく思います。
皆さんありがとうございます。

久しぶりに練習にいらっしゃる方も連日おみえになってまして、
皆さんありがとうございます。
うれしく思います。
「ずいぶん長く行っていないから行きづらいな」と
考えることなどありません。
どれだけ長い間練習にいらしていなくても、
いつでもすぐに練習を再開して頂くことができます。
どうぞ遠慮なくいらしてください。
長くいらしていないことを理由に退会や除籍にすることはありません。


ホットペッパーの新しい号が入荷しましたので、
女子更衣室に置いておきました。
どうぞ自由にお持ち帰りください。

それから、ひとつお願いなのてすが、
それらの本の上に汗でぬれたウェアを置くとかされている方がいるのでは、
と思います。
本の表紙が水を吸って
よれたような状態になっていることが多くあるのです。
本の上にぬれたものを置くってのはちょっと、と思います。
脱衣かごを用意しておりますし、それを使ってください。


また、男性の方にもお願いなのですが、
自分の衣類やバンデージや、その他をジムフロアに置く方がいますが、
脱衣かごを使ってください。
広いスペースのあるジムではないですし、
個別の私物を入れる場所として脱衣かごを用意してます。
それをお使い頂くようお願いします。


また少し試合に関しての話になりますが、
今回はヘッドギアとファウルカップは私がまとめて持っていきます。
ですので、皆さんはそれぞれ
自分の用具など必要品を持って行って下さい。
必要なものは
・選手手帳(表紙に写真貼付、
 中のページの記載が必要な部分はちゃんと書いておくこと)
・ユニフォーム(今回は色は自由です)
・バンデージ(公式試合用バンデージ)
・靴
・タオル(セコンドに預けてください)
といったところです。
ハンカチとチリ紙は各自の判断にまかせます。
おやつは300円以内、あっそれは自由です。

集合時間に遅れないように、もし遅れそうな場合は必ず電話ください。
集合時間に試合会場に来ておらず、連絡もない場合は失格となります。

試合会場までの詳しい交通手段等は
ジムに掲示してますのでご参照ください。
車での来場は禁止です。
大学の駐車場は連盟役員のみ利用できることとなってます。
近くにコインパーキングなどの
駐車場があったかどうかはよくわかりません。
公共交通機関をご利用ください。

今回は私もジムチームの監督として統括管理をこまめにいたします。
皆さんに集合してもらってのミーティングや、
セコンドや応援のシフトなど、できるだけ細かく管理をして、
選手として出場する皆さんが万全の状態でリングに上がり、
リング上では存分に力を発揮できるように目を配ります。


台風の影響での雨は、たぶん今日がピークになるのではないでしょうか。
天気予報をこまめにチェックしてますが、どうもその気配が強いですね。
どれほどの雨になるかはわかりませんが、
大雨警報ではジムを休むことはいたしません。
避難指示以上で検討します。



ボクシングの練習はダイエット・シェイプアップ効果の他、
ストレスを発散する効果も高いです。
体を動かすだけではなく、パンチを打ち込むことにより、
人間が本来持つ攻撃的欲求を充たすことができるため、
その面においてもスカッとさわやか・・・
あ、このフレーズは使わないほうがいいですね。
まあ早い話が爽快感をえられるってことです。
そうかい・・・あ、また失礼いたしました。
なので、初めてボクシングの練習をされた方のほとんどが
うーん、疲れはしたけど楽しかったよん、とおっしゃいます。
そう思って頂けるとうれしいですです。
しかし、その楽しさはまだ序の口、まずはフォームを整えて、
正しい動きでパンチを打てるようになりましょう。
それができるようになれば、
サンドバッグを打つにもミットを打つにも、
打ったときの手ごたえがまったく違ったなってきます。
それこそ「うおーっ」と感動することになるでしょう。
まあ声をあげる方はほとんどいないようですが、
心の中で叫んでいる方はけっこういるのでは?
そうなればますます楽しさが増し、
さらに高いレベルの練習を求める気持ちが起こります。
男性の方はリング、そして試合出場、とステップアップできます。
年齢が高くても出場できる大会もあります。
また、女性の方も同じステップがあります。
女性の方はスパーリングまで進む方が少ないのですが、
マスボクシング(当てない実戦練習)だけでは
もの足りないんって方には「女王様のマス」を用意してます。
さらにその上のレベルの「スーパー女王様のマス」
(男性も「打つ」ではなく、
「つつく」程度の攻撃を少しだけしてもよし)もあります。

ストレスをうまくつぶすことができれば、
表情が明るく活き活きと豊かになるため
それだけでも美しさが数割アップするかと思います。
ボディラインだけではなく、表情もきれいにして、
美しさの相乗効果を図りましょう。



体験入会ですが、土日ももちろん受付してます。
土曜日は平日と同様に、昼12時から夜9時まで受付してます。
およそ1時間くらいの練習になりますので、
夜9時までにジムにいらしてくだされば大丈夫です。

日曜日は昼1時から夜、
というか夕方ですねの6時まで受付いたします。
日曜日は夜7時に閉館しますので、
その1時間前までにいらしてくださいってことです。

そんなわけで、平日は時間をとれないけど、
土日ならいけるよって方はどうぞ遠慮なく土日にいらしてください。
お待ちしてます。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-10-24 13:07:04

公式行事の統括と管理

テーマ:ブログ
台風の動きが気になります。
昨日はほぼ終日雨でしたが、
それでも雨のわりにはいらした方の人数が多かったかなと思います。
皆さんありがとうございます。

今日は朝から晴れ間が見えたりしてますが、
昼からはどうなるでしょうか。
雨のピークは明日になるような予報が出てます。
さあどうなるでしょうか。

仮に明日警報が出たとしても
ジムはいつもどおりのスケジュールで開館します。
避難勧告なら状況を見て考えます。
ジムは開けるけど、
皆さん各自で判断してくださいねといったところですね。
避難指示ならジムはお休みにします。


先日も書きましたが、
ジムの練習生が多数参加する試合が予定されてます。
今回は私もできるだけジムの参加者のほうに目を向けます。
今月半ばの練習会の際は、
点呼の際に出場者の皆さんと顔を合わせて
簡単な打ち合わせをしただけで、
あとはずっと運営の手伝いと審判とをやってました。
そっちの人手が十分でなかったためです。
けど、ジムチームの監督として、それではだめでした。
そのためと言うわけではないですが、
出場者全員が敗戦となってしまいまして、責任も少なからず感じてます。
いてもいなくても結果は変わらなかったとは思いますが、
それはやるべきことをやったうえで言えることだと考えてます。

今回はできるだけ出場者の側、
現地にいらしたジムの皆さんの側にいるようにします。
組み合わせ発表後のミーティング、
セコンドやタイムキーパーの割り振り、
応援にいらしてくださった方へのちょっとしたお願い、
そして、試合中の応援、その他いろいろ、
運営役員である前に、ジムチームの監督なのですから、
選手が100パーセントの力を出せるように
気づかいをするべきだと思ってます。

なのでいつもよりやかましく、
いつもより皆さんといっしょにいる時間が長く、
いつもよりあちこち動きまわって、
それが少しでもいい結果につながればいいと思ってます。

皆さんの側にべったり密着とまではいかないですが
かなり高い割合でそこにいるといったことをしたいと思います。

練習生が出場する試合も練習会もジムの公式行事です。
皆さんのプライベートの集まりであれば別ですが、
ジム代表者がその公式行事の統括をせずして
どうするのだといったところです。
先日の練習会においても、その統括管理に関連することで、
数名の方からあることについて苦情を頂きました。
そのようなことが起こらないように、
統括管理をしっかりとやっていきます。


久しぶりに練習に来て下さる方が多いです。
皆さんありがとうございます。

久しぶりにいらした方で、長いブランクのある方は、
ぼちぼちと体を慣らす程度で動いてください。
はりきってとばして動くと、
ずっと休んでいた筋肉に大きな負担をかけることになり、
体のあちこちが痛いことになってしまいます。


今月も久しぶりに練習にいらした方が多く、ありがたく思います。
何か月、何年練習から離れられても、
どうぞお気軽に気兼ねなしに、気楽にお越しください。
久しぶりにいらしても、「なんで長いこと来なかったんだ?」
とたずねることはありません。
なので、ほんとにややこしいことは何も考えずに
ふらりといらしてください。

久しぶりにいらして下さった方の中には、
「Uターン」の形で戻ってこられた方もいます。
こちらからたずねることはないのですが、
その方ご自身より、
「一度離れて、あらためてここの良さがわかった」と
話を持ちかけられることも時々あります。

どこのジムも指導と対応とを懸命にやっておられると思います。
すべてのジムのことを知っているわけではないですが、
たぶんそうではないかなと思います。
ただ、ジムそれぞれに方針や方向性、考えかたがあるわけで、
そこに合う合わないはあると思います。
たとえば、ストレートにプロボクサーを目指すのであれば
当ジムは向いてませんし、
体験入会や超初心者の段階を終えても、
練習中ずっとはりつきでの個別指導を望まれるのなら、
これも当ジムは向いてません。
探せばそういった指導をして下さるジムもあります。
VIPあるいは特別会員といった待遇で、会費も特別価格のようです。

当ジムはアマチュアボクシング専門ジムです。
なので当ジムからプロボクサーになることはできません。
ただし、アマチュアの公式試合に多く出場して、
勝利を重ねてプロに転向することはできます。
その場合はプロ協会加盟ジムに移ってもらうことになります。

当ジムの方針は、
「いらした全員の方が、ご自身の目的や目標を果たされること」
を主眼としてます。
試合に出て勝ちたい、ダイエットを成功させたい、
精神的な強さを身につけたい、
あまり深いことは考えずに気持ちよく体を動かしたい、
皆さんそれぞれに練習の目的や目標があるかと思いますが、
まんべんなく指導と対応とをすることで、
それらはそれぞれ果たされると思います。
そして、それは実際に数字として見える成果になって表れてます。

「まんべんなくていねいに」がどれくらいのレベルなのかは、
人それぞれにとらえかたが違うと思います。
練習に行ったら、はじめから終わりまで
ずっとはりつきでいることがそうだと考える方もいれば、
とりあえず一言二言でも言葉をかわせばそれでいい、
と考える方もいると思います。
当ジムの場合は先述のとおり、
体験入会や超初心者の方を除いてべったりのマンツーマンは無理ですが、
トレーナーがミットを受けるラウンドはもちろん、
それ以外の部分でも各練習生のレベルに合わせて
必要なところで指導や対応をいたしております。
その成果は試合出場者数や
ダイエット成功者の実績で表すことができてます。
特に試合出場に関しては、
最初から試合を目的として練習を始められた方は少なく、
練習を続けているうちに試合に出たいと考えて、
出場に至った方が大半を占めます。
練習を続けていくうちに実力を伸ばし、
そうなるに至ったわけですね。

当ジムも試行錯誤をさんざん繰り返しながら
より良いジムになろうと模索しまくってます。
「改善・改良はエンドレス」のスローガンはエンドレスに掲げ続けます。


体験入会はウェアと靴を持たずにいらしても大丈夫です。
ビジター用のものを貸し出しいたします。
見学だけのつもりでいらして、
見ているうちに練習したくなったとか、
予定してなかったけど、時間があいたので寄ってみた、など
「突発的体験入会」にも対応できますので、
いつでもいらしてください。
もちろん予約や事前連絡は不要です。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-10-23 12:29:57

減量とダイエット

テーマ:ブログ
昨日は金光さんが指導に来て下さいました。
いつもありがとうございます。

指導のお手伝いをして下さる非常勤のトレーナーを随時募集してます。
報酬はありませんが、
自分の練習をするかたわら指導をして頂くといった形でよいです。
プロ・アマチュアを問わず選手としての実績がある方、
または公式試合出場経験はないけれど
指導の経験がある方とさせて頂きます。
トレーナーに定員は設けておりませんので、
どうぞお気軽にご応募ください。


練習生の方からスポーツドリンクを頂きました。
ありがとうございます。
大切に使わせていただきます。

このスポーツドリンクですが、粉末を水に溶かして作るタイプです。
本来は1リットルの水で溶かすことになっているのですが、
ジムで作るときは
1.5リットル~1.8リットルくらいで溶かしてます。
と言いますのも、1リットルではちょっと濃いかな、
つまり糖分が多すぎるのではないかと考えてそうしてます。

スポーツドリンクは体内に吸収されるスピードが早いため、
おなかにたまってたぷたぷにならないといったメリットがあります。
しかし、ダイエットを目的として
練習にいらしている方が多いうちのジムでは、
あまり糖分の多い飲み物はお勧めできないなと思ってます。
練習中の水分補給は脱水状態防止のためにも必要なことですが、
飲みやすいからといってがぶ飲みしてしまうとさすがにまずいでしょう。

また、現在試合前の減量、
あるいはリミットの体重維持をされている方は
スポーツドリンクを飲むべきではありません。
水、もしくは麦茶にしておいたほうがいいです。
それも口を湿らせる程度ですね。
そのような小さなことであっても、すぐに体重増につながります。
ダイエットをされている方は、長い期間をかけて
体型をひきしめながら体重を落とす形をとっていますが、
試合前の減量はいわば一時的なものであり、
ちょっとしんどい思いもすることになります。
食べたいものも食べられない、飲みたいものも醜聞に飲めない、
そして運動量はいつもよりも増やしていく、
そうやって体重を減らして
出場する階級のリミットに合わせていくわけです。
そのしんどい思いをすることで、
闘争心や勝つことへの執着心を高めていく効果もあります。

ダイエットと減量はまったくの別物です。
ダイエットは先に書いたとおり、
体型をひきしめて整えながら体重もおとしていきます。
いわばボクシングにおけるダイエットはシェイプアップに重点をおき、
それにともなって体重も減っていくことになります。
その間は食生活も自由ですし、何かを制限するといったこともないです。
そして、しなやかな筋肉がついて脂肪がそぎ落とされた体は、
少々の食べ過ぎや単発の暴飲暴食くらいで
またリバウンドすることもなく、
一時的に体重が増えても、またすぐに元の体重に戻ります。
形状記憶体質ってやつですね。

減量は単に一時的に体重を落とすものです。
ダイエットのような形で
試合前の数か月をかけて徐々に落とす方もいますが、
数週間から数日でいっきに落とす方もいます。
食事制限はもちろん、水分摂取の制限をされる方も多くいます。
そのうえで運動量を大幅に増やし、
体に入れるものより出ていくものを増やし、
体重を減らしていくわけです。

そして、このきつい減量を自分に課し、
それを乗り越えることで
強い闘争心と勝つことへの執着心とを高めることができます。

そのようなわけで、ダイエットと減量はまったくの別物であり、
減量をして試合に出た方は、
試合後に暴飲暴食に走ることが多いのですが、
「胃が小さくなった」と表現されるように、食が細くなってます。
なので、急にたくさん食べると
体がそれをうまく受け入れることができず、
吐いてしまったり、胃痛が起こったりすることも多くあります。
特に初めて減量をされた方は、
試合後は少しずつ食事量を戻していくことをおすすめします。

ああっと、スポーツドリンクを頂いたよといった話題からいつのまにか
ダイエットと減量の話題に変わってしまってましたね。
まあいつものことです。


昨日は「軽くさわる」条件のスパーリングを行ないました。
「軽く当てる」よりもさらにソフトなスパーリングです。
ボクシングの練習の中でも
この実戦練習はもっともカロリー消費度合が高く、
体重を減らすのに適した練習です。
シャドウボクシングやサンドバッグ打ちを何十分もやるよりも、
スパーリングを3分間×2回連続でやったほうが減量効果が高いのです。

また、スパーリングには届きませんが、
直撃のないマスボクシングであっても
まあそこそこの減量効果はあります。

シャドウボクシングやサンドバッグは、
まず自分のペースで動くことができます。
そのため、体にストレスがかかりません。
しかし、マスボクシングの場合は
相手の動きに応じて動くことになるため、
自分のペースで自由に動くことができません。
そのため体に高いストレスがかかり、
カロリーの消費量が高まるものと思われます。
科学的根拠はないのですが、そんなところだと思います。
実際にそれで体重が減ってます。
また、全身をくまなく動かし続けることになるため、
より高い運動効果が得られることになります。
これは間違いないです。

スパーリングはさらに、打たれるといった緊張感が高くなるため、
体にかかるストレスが半端なく大きくなります。
さらに動きもより激しくなるため、運動量も多くなります。
凝縮された3分間ってところですね。

わたしゃスパーリングなんて無理だわよと思われる方は、
マスボクシングをしっかりみっちりやりましょう。
常にパンチを打ち続ける、相手のパンチは必ずさばく、
運動量と相手の動きに合わせて動くことの効果で、
ダイエット効果を高めましょう。


今日は朝から雨ですね。
終日降り続き、明日も雨の予報が出てます。
気になる台風の動きですが、さてさてどうなるでしょうか。

いずれにしても、ジムはいつものとおりのスケジュールで開館します。
避難勧告が出れば考えますが、警報の段階では休むことはありません。


雨とあってタオルがなかなか乾かず、
ジムフロアもシャワールームもタオル少なめになってます。
乾いたはしから追加して供給を絶やさないようにしてますが、
需要にうまく追いつけるかどうか心配ですね。
慢性的な不足になるようであれば、コーナ○か業務スー○ーで
タオルを買ってきて追加します。


体験入会は2回、3回とお越しになることをおすすめします。
初回の体験入会で挫折してしまわないでください。
「想像していた以上にきつかった・・・」
と思われる方も多いでしょうけど、
初回の練習はほぼ例外なくそう思ってしまうものなのです。
2回目、3回目となると体がボクシングの動きに慣れてきますので
ちっとはましになります。
そこからさらに練習を続けると、
さほどきついなとは感じなくなります。
で、動くだけでせいいっぱいだったのが、
形に気を配る余裕が出てきて、
練習がさらに楽しくなり、成果もあがってきます。

なのでぜひ、初回で「いやあきつかった」と思われた方は、
「もう一度試してみるか」と体験してみてください。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-10-22 11:39:09

試合

テーマ:ブログ
昨日は建部さんと森田くんが指導に来て下さいました。
いつもありがとうございます。

昨日はいつもの週明けに比べて
けっこう多数の方が練習にいらしてくださり、
ありがたいことです。
夜などは私と森久保さんの2人だけでは
ちょっときついかなといったことになりましたが、
建部さんがいらして、森田くんが来てくれて、実に助かりました。

指導のお手伝いをして下さる非常勤のトレーナーを随時募集してます。
報酬はありませんが、
自分の練習をするかたわら指導をして頂くといった形でよいです。
プロ・アマチュアを問わず選手としての実績がある方、
または試合出場経験はないけれど指導の経験がある方とさせて頂きます。
トレーナーに定員は設けておりませんので、
どうぞお気軽にご応募ください。


日曜日も多数の方が練習にいらしてくださったのですが、
昨日も多数の方がいらしてくださいました。
皆さんありがとうございます。


先日の雨でタオルがまだ乾ききっていなくてですね、
タオルが不足がちになってしまってます。
今日も夜などはなくなってしまいまして、
使いたいのに使えなかった方にはご迷惑をおかけしました。


昨日の夜ですが、少しばかし事情がありまして、
しばらくの間、玄関ドアも窓もすべて閉め切っての練習をいたしました。
多数の方が練習していることによって、
室温が高くなりまくってましたが、
事情がありましてそうしました。
しかし、いい汗をかいたと肯定的な感想を下さった方も多く、
ひと安心といいますかなんといいますか。


すでにジム内のボードで告知してますように、
公式試合の予定があります。
今回は3つの試合が同じ会場で同時に開催され、
うちのジムからは10名の方が出場いたします。
実は、今年初めての公式試合参戦で、
そのうちのひとつの試合には、過去最高の人数が出場いたします。
さらには高知マウントオリーブのメンバーも
何人か出場することになっており、
ちょっと遅めの体育祭といったことになってます。

昨年は10月半ばの練習会に多数の練習生が参加して、
体育祭といった様相になりましたが、
今年はこの3つの試合がそうなります。
そして、その試合は、この試合だけで終わるわけではありません。
えらくややこしくめんどくさい表現になりましたが、
内容についてはジム内で告知しているとおりです。

出場者10名の他、
何名かの方が応援やお手伝いに来てくださるようです。
ありがとうございます。
試合会場への交通手段をまとめて、ボードに掲示いたしましたので
出場者の皆さんはもちろん、
応援にいらしてくださる方もご参照ください。

今回は私もできるだけ出場者の皆さんや、
応援に来てくださった練習生の皆さんと
試合会場での行動を共にしたいと思います。
監督として統括をして、セコンドの割り振りや応援のまとまりなど
できるだけスムーズに進むように目配りをしようと思います。

出場者の皆さんにはそれぞれ大きな意味を持つ大事な試合ですし、
ジムとしても今年初の公式試合参戦であり、
重要な位置づけと考えてます。
そのようなわけで、いつもの私は大会役員として動き、
審判員として動き、うちのジムの練習生出場する際には、
セコンドや応援はいらしてくださったトレーナーの皆さんに
おまかせすることが多かったのですが、
今回は可能な限り監督としてチームの統括にあたりたいと思ってます。
大学や高校などであれば、ひとつのチームとして結束が強いのですが、
ジムの場合はそれが薄いことが多いのです。
今回はちょっとジムの練習生・トレーナーの皆さんが
ひとつのチームとして結束してこの試合に臨めるように、
大会運営や審判ももちろんやりますが、
試合会場でのうちのジムのことももう少し力を入れようと思ってます。
そんなわけで、試合当日は
練習生の皆さんといっしょに動くことも多くなると思います。


あと、出場される方にひとつ注意ですが、
体重がなかなか落ちないからといってサウナを使うことは厳禁です。
それをすると疲労感とだるさと脱力感とその他いろいろにさいなまれ、
試合どころではなくなります。
そんな状態でリングに上がっても、
いい結果が得られることなどありません。
現時点でまだリミットアンダーにいきついておらず、
これまでのペースから考えて簡単にはアンダーにもっていけない、
間に合いそうにないといった方は1人で悩まずに相談ください。
食事の内容、運動量、それらを聞いたうえで、修正すべき点はないか、
また、ジムでの練習についても練習内容、動きかた、おとしかた、
その他細かく指示します。
だるさや疲労感なしで体重を落とせるように考えて指示します。
必ずご相談ください。


ウェアや靴を持たずに体験入会にいらした方には、
それらを貸出ししてます。
そのレンタル料といった特別料金を請求することはありません。
また、洗濯して返さないといけないといったこともありません。、
ジムで洗濯しますのでそんなお気づかいはされなくてよいです。
着替えた後、使ったウェアは
受付デスク横の洗濯かごに放り込んでおいてください。
また、シャワーを利用された場合は、シャワールームにある洗濯機に
放り込んでおいてもらえればよいです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。