1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-05-31 13:56:40

それを不良品と言わずして何と言う

テーマ:ブログ
昨日は金光さん、大原さん、建部さんが指導にいらしてくださいました。
皆さんありがとうございます。

それにしても森久保さんと佐藤に加えて、
3名の方が指導に加わり、
いやいやこれってなんか豪華じゃないかと思いましたよ。
豪華でぜいたぐすね。

非常勤トレーナーの人数に定員は設けておりませんので、
希望される方はほぼお願いして来て頂くことになると思います。
まずはメールでお問い合わせください。
報酬はありませんが、
自分の練習をするかたわら指導をして頂くといった形でよいです。
選手としての、あるいは指導の実績があれば望ましいですが、
熱意でその不足分をカバーできる方であれば大歓迎です。


久しぶりに練習にいらっしゃる方が今月は特に多かったですね。
数か月ぶりの方もいれば、数年ぶりの方もいらして、
先月と今月は特におひさな方が多くいらしてます。
どれだけ長くいらしていなくても、またいつでもいらしてください。
お待ちしております。


エバーラストの14オンスのグラブをジム内で販売しております。
ひとつ気をつけて頂きたいのが、
同じグラブをお持ちの方が多くいらっしゃるので、
必ずお名前を書いておいてください。
そうでないと、間違えて使われたり、持って帰られたりしてしまいます。
できればよく見える部分に書いておいてくださればいいかなと思います。


小さいパンチンググラブは現在ジム内での販売をしておりません。
また探して発注いたしますが、
あの価格で販売できるグラブとなるとなかなかないのですよ。
値段だけを考えればあるのですが、
そのメーカーの品物は耐久性に著しく問題がありまして、
まさしく安かろう悪かろうのものばかりなのです。
サンドバッグは打っているうちに
中の詰め物が下の方にずれてたまってしまい、
上の部分、ちょうどパンチが当たる部分がすかすかになってしまったり、
ミットは1ヶ月ほどでこれも中の詰め物がこなごなになるといいますか、
使い物にならなくなり、グラブも似たようなことになり、
きわめつけはリングシューズで、
ある練習生がそのメーカーのショップで購入したのですが、
普通に1週間はいて使っただけで靴底がはがれはじめ、
それを瞬間接着剤で貼りつけてまた使ったところ、
数日後に今度は別の部分がはがれて、結局使い物にならなくなりました。
1週間だもんな、それはかわいそうだよと
購入した高校生に代わって私がメーカーに電話しましたら、
「そのシューズは在庫処分のセール品なので交換できない」との返答で、
「1週間でつぶれるようなものを平気で売るんか」と食い下がりましたが、
まったく聞きいれなかったため、
それ以降そのメーカーの品物は一切買ってません。
今後も絶対に買いません。
値段が1円でも買わんわ。
無料ならもらいます。まあ1週間くらいは使えるだろうし。


高校生といえば最近中学生・高校生が目立ってきてます。
ほぼ毎日来る人もいれば、週に数回って人もいます。
来る時間もまちまちですが、人数としては増えてきたなと思います。
いらしている皆さんは真剣に練習にとりくんでます。
皆さんそれぞれ単独で練習にいらしてまして、
友達といっしょに入会されたといったケースはないですね。
練習にいらして、他の練習生の方と言葉をかわすことはありますが、
べらべらだらだらとくっちゃべって、
練習をないがしろにするってことも見かけないです。
集中して練習にとりくんでますね。
たぶんその年代の練習生のほとんどは
「強くなりたい」という思いを持っていらしているでしょう。
1時間とか1時間半といった時間であっても、
集中して取り組めばその練習効果は確実にあがってきます。
才能やセンスはあまり関係ないです。
どれだけ集中して練習できるか、
そしてそれを継続できるかといったところで
後々の力のつきかたが変わってくるものと思います。

ただひとつここで申し上げたいのは、
自分に強さを感じられるようになったり、強さの自覚ができてきても、
それを周囲にひけらかすことなどしてはだめだよってことです。
学校で同級生を相手に「これがフックや」と見せびらかしたり、
ところかまわずシャドウボクシングのようなことをして、
自分がボクシングをやってるんだぞと見せつけたり、
それはかっこよくもなんともなく、恥ずかしいことです。
「能ある鷹は爪を隠す」ということわざのとおり、
強さを持っている方は、その強さを他人にひけらかしたりしません。
それをすることは、
そのまま自分の弱さをさらけ出していることと同じですよ。

そして、特にいちばんやってはいけないことは、
弱い者いじめをすることです。
いじめをしている加害者をぶちのめすことならいいです。
しかし、自分がいじめる側にまわることは絶対にしてはいけません。

あと、中高生の皆さんで、夜遅い時間帯に練習に来る人は、
帰りは気をつけて帰ってください。
いやまあ私が言うことでもないでしょうけど、気をつけてください。


夜遅い時間といえば、
夜9時とか9時30分から練習を始められても大丈夫です。
10時以降は10時30分の閉館まで自主トレーニングOKとしてます。
9時頃にいらっしゃれば余裕をもって練習できますし、
9時半頃からでも、ちょっと急いで準備をして、
10時までにミット打ちとマスボクシングとをすませて、
それ以降にサンドバッグを打つなどすれば
ひととおりの練習をこなせます。
遅くなっても大丈夫、どうぞ練習にいらしてください。


気温も高くなってまいりまして、少し練習しただけで汗が出まくります。
今日なんかは梅雨の間の晴れ間とあって
気温がアゲアゲになってるみたいですね。
窓も入り口ドアも開放することが多いのですが、
それでもフロア内の温度が上がりまくりです。
自然気温で出る汗は心地よいのですが、
脱水症状や熱中症にならないよう
体温の上がりすぎ=オーバーワークと
ならないようにご注意ください。
まずは水分補給をひんぱんにしましょう。
冷蔵庫内の麦茶、そして冷水機のミネラルウォーターは
すべて自由に何リットル飲んでもらってもかまいません。
飲み放題。
そして、適度な休憩ですね。
さらに体が熱くなりすぎたら外に出て
自然の外気で徐々に体温を下げましょう。
急激に体温を下げるのではなく、
じわーっと下げましょう。自然がいちばん。
体へのダメージも少ないです。
ジム内にエアコン冷房を入れるのはもう少し先です。


体験入会ですが、ボクシング未経験の方の初回の練習は
けっこうしんどくなったりします。
個別の体力を考慮し、
様子を見ながら適宜球形をとるように指示して、
無理のないペースで進めていきますが、
それでも日常生活では使わない筋肉を使うことも多く、
終わった後は筋肉痛に悩まされることも多いです。
で、ひととおりの練習後はまず、
ぶるぶるくんに乗ってもらいます。
操作方法はスタッフが指示します。
簡単なので「操作」とはおおげさですが。
ぶるぶるくんはマッサージ効果が高いため、
練習後に必ず乗るようにしましょう。
その後、柔軟体操を念入りにしてください。
練習の最初と最後の柔軟体操はしっかりと行いましょう。
それだけで筋肉痛の度合が変わってきます。

以上「筋肉痛はつらいよ」などとさんざん書きましたが、
それは最初のうちだけですし、
「おもしろかった」「楽しかった」と、
2回、3回体験練習にいらっしゃる方も、
本格的に練習を始める方もかなり多いです。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013-05-30 13:51:53

理想論 VS 暴論

テーマ:ブログ
梅雨ですね。
雨は降るわ、蒸し暑いわ、梅雨らしい梅雨ですね。
けどジムはいつもどおりにやってますので、
皆さん練習にいらしてください。

蒸し暑いってことは、汗がよく出るってことです。
できるだけ頻繁に水分補給をしてください。
いやまだ大丈夫だから、などと考えていてはだめです。
熱中症はこわいです。
のどのかわきがなくても、体は水分を欲してます。
オーバーワークにならないように、
適度な休憩と水分補給とを忘れずにしましょう。


蒸し暑くて汗をかくってことは、
練習が終わった後にシャワーを使って帰ろうって方も
多くなってるってことです。
特に電車でジムに来られている方は、
電車内で汗くさい人だと思われてないかと
気になさる方なんかも多いのでは、と思います。
自転車や単車でいらしている方はさほど気にされないと思いますが。
そんなこともあって、シャワーを利用される方も多くなってますが、
シャワールームのタオルは1人1枚の利用でお願いします。
「1枚じゃ足りないよ」って方は、
ジムフロアで使った普通のタオルを持っていって
それと合わせてご利用ください。
たくさん置いてあるように見えても、
うーん、足りなくなることもあるんです。
特にこの時期は雨降りが続くと洗濯物が乾くのに時間がかかりますし、
タオルの需要と供給のバランスが
大きく崩れることなどにもなってしまったりしてですね、
まあそんな難しいことをのたまうのはやめますが、
早い話が、1人で何枚も使われると、
他の人に迷惑がかかっちゃうよってことです。
なので、1人1枚でお願いしますね。


6月のジム内スパーリング練習会ですが、
現時点で数名の方が参加の申し込みをされてます。
参加を希望される方はできるだけ早めにお名前を書いて下さい。

できるだけですね、
これまでと同じ組み合わせにならないようにしたいのですが、
「この人とやりたい」とか「あの男ともう一度やらせてほしい」とか、
ご希望があればお申し出ください。
希望最優先で組み合わせをします。
特に、一度負けた相手と再度やりたいってのは大歓迎です。
そうでなくちゃ。
リベンジってこともないでしょうけど、
相手がわかっていれば、その相手への対策を練習をして、
再度対戦して、自分の力がどれくらい変化しているかってのを
確かめられるじゃないですか。
そんな意味でも、再戦希望は優先的に組み合わせをしますので、
遠慮なく申し出てください。

あと、ジムの中だけでやってる練習会なのですが、
もし外部の方で、
いっしょに練習させてほしいといったご希望がございましたら
できましたらメールでお問い合わせください。
ただ、多数の方となると難しいです。
ジムの中で細々とやってるものなので、
規模が大きくなると実施が難しくなります。
けど、どちらかの団体様とうちのジムとの対抗戦のような形であれば、
それはそれで、合同練習ということで大丈夫です。


昨日個人的な諸事情がありまして、
提携している整骨院で施術を受けてまいりました。
いやあ、おすすめです。
体のあちこちがテンパっている方には実におすすめです。
うちのジムの練習生の方には特別優遇がありますので、
皆さんどうぞご利用ください。
練習生限定です。

場所や連絡先はジムに掲示してありますので、
必ず予約をとってから行くようにしてください。


整骨院とも提携しているのですが、
その他うちのジムと提携を希望される会社様、商店様、
もしくは団体・個人を問わず
お話がありましたら、どうぞご連絡ください。


提携先といえば、カウンセリングルームとも提携をしております。
カウンセラーの方はもともと、というより今もそうなのですが、
フリーライターをされてまして、それだけに取材経験が実に豊富で
人間の心理状態やなんやらかんやらを読み、
それをほどいてまた組み立てる、
うまく表現できないのですがそういったお話に長けておられます。
そんなわけで一般のカウンセラーの方とはちょっと違った
お話ができるのでは、と思います。
また、この方は、
ご自身がカウンセリングを受けなければならないような
そんな状態に陥っていたご経験もお持ちであるため、
うわっつらをなぞっただけの理想論だとか、
正論ではあるけれど具体性に欠ける内容の話だとか、
そういったものはあまりせずに、現実に即した話をされます。
こちらも練習生には優遇があります。
場所や連絡先はホームページにリンクをはってますので、
必ず予約をとってから行くようにしてください。


ひきこもりや不登校の状態にある方、
いじめの被害に遭っている方が
カウンセリングを受けることもあると思います。
ひきこもりや不登校については、
心理的な原因が大きいのでは、と思いますが、
いじめ被害に関してはそれだけではないものと思います。

うちのジムでは、いじめの被害に遭っている方を
積極的に受け入れる体制があると以前書きました。
その専門のコースを作っているわけでもなく、
入会される際にその申告を必要としているわけでもありません。
また、入会時に、
何を目的として練習をするのかと確認することもないです。
試合に出たいといった目的の方もいれば、
ダイエットやシェイプアップを目的とされている方もいます。
フィットネスの感覚で体を動かしたいと思う方もいれば、
ケンカに強くなりたいからと思われる方もいます。
目的は皆さんそれぞれさまざまでいいと思います。
そして、ジムとしては、
「この人は試合目的だから」、「この人はフィットネスだから」と
対応や指導の内容を区別することはありません。
ただ、試合に出る方にはちょっときつい練習をさせるとか、
あるいは目的に関係なく、
皆さん個々のレベルに合わせた指導ができるように心がけてます。

なので、「ケンカに強くなりたいから」といった目的で
練習をされてもいっこうにかまいません。
むしろ、明確な目的があれば、
練習に対する集中力も高まるというものです。
「ケンカに強くなって、自分をいじめているやつらをぶちのめしてやる」
そんな目的で練習にいらっしゃる方も大歓迎です。
ただ、ボクシングの動きの形を覚えるだけでは強くはなれないです。
スパーリングを何度もこなして、
実際に相手と打ち合う経験を積まなければ強さは身につかないです。
直撃をしないマスボクシングだけでは全然足りないです。
ほぼ毎日練習に来て、それを続けても、
1ヶ月くらいではまだ強さは身につかないです。
強くなるための基本ができてきたといったところでしょうか。
そのあたりから希望すればスパーリングを練習にとりいれていきます。
最初は軽く当てる程度で、打ち合うことに慣れることから始めましょう。
そこから徐々に全力で打ち合うスパーリングにシフトして、
緊張感みなぎる中で攻撃と防御とを両立できる動きを身につければ、
早ければ3ヶ月、時間がかかっても半年ほどすれば、
今、自分をいじめている相手くらいなら
十分にたたきのめせるくらいにはなれます。

自分より弱い人をいじめて喜ぶやつってのは、
実際にはそれほど強いわけではないんですよ。
自分に自信がないから、自分より弱い人を見つけていじめるんです。
そんな中途半端なやつなんて、
少し頑張って練習すればすぐに超えられます。
本当に強い人ってのは、自分より弱い人をいじめたりしないものです。
今いじめの被害に遭って、学校が、
さらには人生がいやになってるって方は、ボクシングをやりましょう。
自分が強くなることがいちばん手っ取り早いですよ。

「そんなことでいいのか」とか
「いじめの根本的な解決になっていない」とか
「そうなると別の子がいじめられることになる」などと
反論もあるかもしれませんが、
じゃあどうすればいいのかってことですよね。
理想論とか正論がいちばんなのはいいですが、
それらで、いじめられて苦しんで悩んでいる子が
救われるのかってことです。
暴論だろうとなんだろうと、
とりあえずは現実に被害を受けている状況から脱することができれば
それでいいんじゃないですか。
少なくとも被害を受けている子はそれで救われます。
正論だけど何も変わらず誰も助からないより、
暴論だけど1人はほぼ確実に救われる、
それなら私は暴論を選びます。


体験入会ですが、ウェアと靴を持ってこなくても大丈夫です。
「今日はこんなに早く仕事が終わるとは思っていなかったよ」
といった時に
「こんなに早く終わるなら
 今日体験入会に行く用意しとけばよかった」と
思わなくてもいいように、
ジムでビジター用のウェアと靴を用意しております。
なので遠慮なく何も持たずにいらしてください。
お待ちしております。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-29 11:47:50

基本は半身(はんみ)

テーマ:ブログ
今日も朝のうちは雨が降ってましたが、
今はちょっと餅ついた、あっ違った、おちついたのかな。
昼からはどうなるかわかりませんが、
雨が降ろうと、台風が直撃しようと、ジムは開けます。
警報が出ても開けます。
避難命令とか待機命令となればさすがに考えますが、
これまではそれらが出たことはないです。


雨が降るということでほとんどの方は
傘をお持ちになっていたようですが、
もしお忘れになったといった方がいらっしゃいましたら、
ジムの貸傘をご利用ください。
借りていった方は、次回必ず返してくださいね。
いやほんとマジで真剣にお願いしますです。
ジムの貸傘ですが、減りまくってるんですよ。
骨が折れたとか壊れたら廃棄してますが、
そうでなく返されないまま減っていくってケースがとにかく多いです。
以前、「借りる際に記名するノートなど作ればどうか」
といったご意見を頂いたことがありますが、
いやそこまで厳密に管理するのもなあ、と思います。
使った後、そのまま返さないとなれば、ジムも困りますが、
急な雨が降りだした時に
傘をお持ちでない練習生の方も困ったことになるわけで、
迷惑がかかるのはジムだけではないということです。
そのあたりをおふくみおきのうえ、必ず返却されるようお願いします。


6月のジム内スパーリング練習会ですが、数名の方が記名されてます。
参加を希望される方はできるだけ早いうちにお名前を書いてください。
もしですね、練習会当日に参加人数が奇数になって、
全員の組み合わせができないよとなった際には、
早いうちから名前を書いている方から優先的に組み合わせをいたします。
なので、いらん余裕をかまして
締切日ぎりぎりとかそんな時期に名前を書いた方は
場合によっては組み合わせができないっすよといったことになります。
そんなわけで、できるだけ早いうちにお名前をお書きください。

単なるスパーリングであり、練習ですから、お気軽にご参加ください。
ただ、形式上とはいえ勝敗をつけることとしてますので、
いつものスパーリングよりも緊張感が高まることは間違いなく、
その緊張感の中で打ち合うことで、
実力の伸びかたが加速度的にアップする効果があります。
強くなりてえのさって方はぜひご参加ください。
結果はともかくとして、得られるものは大きいですよ。


最近やたらに目立つのですが、
上体を半身のかまえにせず、
正面を向いた形に近いようなかまえをとる方がいます。
うちのジムで最初にかまえかたを指導する時は、
必ず体を正面ではなく横向きに近い
「半身」といわれるかまえかたを教えてます。
これはうちのジム独特のものではなく、
ボクシングの基本のかまえなのです。
なぜそうかまえるかといえば、ボクシングは腕だけでなく、
全身を使ってパンチを打つことがほとんどになるからです。
体を正面に向けてしまうと、
そのかまえから打てるパンチは、腕だけで打つものになってしまいます。
体重をのせた重いパンチが打てなくなります。
そして、パンチの距離が短くなります。
つまり、相手にかなり近い距離でないとパンチが当たらないのです。
同じ階級で、同じような体型の相手と打ち合いをした場合、
リーチの差はほとんどないのに、相手のパンチはことごとく当たるのに、
自分のパンチは届かない、といったことになります。
また、防御の面でも問題があり、
まず腹が正面を向くため狙われやすいですね。
さらに、両腕でガードをしているつもりでも、
両方のグラブの間にすきまができるとか、
相手にとっては狙いどころ満載といったところです。

そんなわけで、基本どおりの半身のかまえをとりましょう。
相手に対して正面を向いて、
腕だけで短いパンチを打っても当たらないです。


あともうひとつ、ガードの重要性を特に意識してください。
左のパンチを打った時は、
右の拳と腕は自分のあごと腹を守る位置に置きましょう。
右のパンチを打った時はその逆です。
サンドバッグやミットを打つ時は、
自分だけが一方的に打つだけになるため、ガードの必要はありません。
マスボクシングにおいても、原則として直撃は禁止としてますので
ガードができていなくても打たれることはありません。
しかし、それはパンチを止めてくれているから
打たれていないだけであって、
直撃OKのスパーリングになれば、
その止めてもらっているパンチはすべて顔面だの腹だのを直撃して、
そのたびに動きを制されることになってしまいます。

あらためて、ガードの重要性をよく考えましょう。
時々、腕でガードするとか、
相手のパンチを自分のグラブではじく動きではなく、
頭や体を振ってよける動作をしている方がいますが、
そのほとんどはちゃんとよけられてないです。
パンチを止めてもらっていなければ直撃されてます。

まずは相手のパンチを自分のグラブではじく動作、パリングですね、
これを確実にできるようにしてください。
それが高い精度でできるようになれば、
相手のパンチが見えているということで、
そのパンチを体や頭を振って確実によけることもできます。
よけることと、よけるふりをすることとは全然違うってことです。


正しいかまえ、打ちかた、防御、それらはすべていうならば、
無駄のない効率的な動きかたってことです。
同じ3分間動くのであっても、
くずれたかまえから、
力まかせのパンチばかり振りまわすことを繰り返すよりも、
整ったかまえから無駄のない
最小限の動きで最大限の力を出す打ちかたをするほうが、
無駄なスタミナを使うこともなく、
体の筋肉の使いかたもより濃密になり、
試合に出るために練習されている方も、
体重を落としたり体型をひきしめるために練習されている方も、
それぞれの目的でいちばん効率のよい練習、
時間の使いかたになるってことです。


体験入会はほんとに予約はいりません。
いきなりお越しくださっていいです。
ウェアや靴をお持ちになってなくても
ビジター用のそれらを貸し出しいたしますので大丈夫です。
「いきなり来てもらっていいですよ」ってのは、
そこまで準備できていることも含めての言葉です。
平日と土曜日は昼12時から夜9時の間にお越しください。
日曜日は昼1時から夕方6時までの間にお越しください。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-28 13:16:36

梅雨入りだそうです。

テーマ:ブログ
昨日は笠井さんが指導にいらしてくださいました。
いつもありがとうございます。


指導のお手伝いをして下さる非常勤のトレーナーを随時募集してます。
報酬はありませんが、
自分の練習をするかたわら指導をして頂くといった形でよいです。
選手としての、あるいは指導の実績があれば望ましいですが、
熱意でその不足分をカバーできる方であれば大歓迎です。

非常勤トレーナーの人数に定員は設けておりませんので、
希望される方はほぼお願いして来て頂くことになると思います。
まずはメールでお問い合わせください。


女子更衣室に上着の忘れ物があります。
ハンガーにかかった状態で忘れられていたため、そのままにしてます。
お心あたりのある方は次回お持ち帰りください。

このところこのような上着の忘れ物が時々見受けられます。
練習で体温が上がったため、
着て帰るのを忘れちゃったよってことかなと思います。
そのまま置いておきますので次回お持ち帰りください。


なんか今日初めて読んだような気がしないなあ、
前にも読んだことがあるようなフレーズだ、
これってもしかしてデジャブなのでは? 
と思われた方がもしいらっしゃいましたらいやそれは違います、
デジャブではありません。
1週間ほど前に書いた内容を一部だけ変えて載せました。
もしほんとにとまどってしまった方がいらしたらほんとにごめんなさい。


近畿地方も梅雨入りしたそうですね。
今日もぼちぼちと、というか、ぽつぽつと雨が降り出してます。
「雨降ってるし、今日は練習に行くのやめとこうかな」
なんて思ってはだめですよ。
ジムは駅から徒歩3分、練習はすべて屋内、
雨の日のロープはジムの中で、
もしくははしょっちゃってしまうかのどちらかで。
というわけで、今日も多数の方が
練習にいらしてくださることを期待してます。


そういえば先週だっけか、
ひきこもりの方の練習について書くと予告したと思います。
忘れかけてましたが、忘れきらないうちに今日書きます。
うちのジムは、ひきこもり・不登校の状態にある方、
また、いじめの被害に遭っている方を
積極的に受け入れることとしています。
今はありませんが、以前はひきこもり・不登校の
専門時間帯を設けておりました。
しかし、その方たちだけでは
パートナートレーニングの顔ぶれがいつも同じになってしまうため、
その時間帯を撤廃しました。
いじめ被害に遭っている方に対しては
特別な受け入れ企画を作ってないのですが、
それらの状態にある皆さんが気軽に練習にいらして、
練習を続けていくことができるようにジムの環境を整えています。
それは口だけでそうのたまっているわけではありません。

あいさつをせずに出入りしてもいいです。
ジム内に「常連ばかりのなかよしグループ」がはびこっていて、
トレーナーがそこに加わっていることで
新参者は入りにくいオーラを出しているといったこともないです。
かといって、ジム内の空気がどんよりと沈んでいて、
入りにくいなといったこともありません。
そのあたりの雰囲気や空気を作ることには特に注意してます。

さらに、私を含めてトレーナーの対応についても、
十分に気をつけています。
指導や対応についてはていねいにすることはもちろんですが、
必要以上に干渉しないことも必要だと考えています。
特にプライベートにはできるだけ立ち入らないように気をつけています。

まだまだ書くべきことは多くあるのですが、
一度にまとめて書ききれないので
ちょっとずつぼちぼちと書いていきます。


体験入会もウェアと靴を持たずにいらしても大丈夫です。
ビジター用のものを貸し出しいたします。
見学だけのつもりでいらして、
見ているうちに練習したくなったとか、
予定してなかったけど、時間があいたので寄ってみた、など
「突発的体験入会」にも対応できますので、
いつでもいらしてください。
もちろん予約や事前連絡は不要です。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-27 15:51:40

基本がなくては何も進まないよ

テーマ:ブログ

昨日はジムの都合で自主トレーニングのみといたしました。
そのような状況でもわりとそこそこなかなかの人数の
皆さんがいらしてくださいました。
皆さんありがとうございます。


ひとつ書いておきますが、
自主トレーニングの日もチケットの提出は必要です。
指導はありませんが、
施設を使用するということでチケットを出して頂いてます。
しかし、チケットを出さず、
また出席簿にも○をつけずに練習された方がいらしたようで、
チケットを出し忘れて帰ったのか、
もしくはチケットをきらしていたけれど
トレーナーがいないため購入できなかったものと思います。
その方は次回いらした際に2枚提出下さい。

チケットを忘れた場合は、「ツケ」にして練習することができます。
次回いらした際に2枚提出下さい。
また、自主トレーニングの日等で、トレーナーが不在にしている際は、
机の上に「練習に来たけどチケットを忘れた」
といった置手紙を残しておいてください。
よろしくお願いします。

あれ、あの人来てたのにチケット出してないよ、
といったことがないように、
練習にいらした際は必ず出してください。


ちょっと遅くなりましたが、6月の会費の納入をお願いします。
6月に入ってからの納入でもいいですが、
あまり遅くならないようにお願いします。


6月のジム内スパーリンク練習会ですが、
6月23日の日曜日に実施する予定にいたしました。
参加希望の方はボードに名前を書いてください。

この練習会はほんとに単なる練習なので、
その結果どうたらで悲観することなんてないです。
思うように動けなかったとか、
力を出しきれずにふがいなさを感じたとか、
練習なんだから別にいいじゃないですか。
そこで自分に何が不足しているのかを確認して、
次の日からそれを補う練習をすればいいんですよ。
自分に何が不足しているか、修正すべき点は何か、
それらを浮きあがらせて確認するための練習です。
そこで思いどおりの結果にならなかった、無力さを感じた、
だからといってもうやめるってのは、
それこそいちばん恥ずかしいことだと思うんです。

また、公式試合で負けたからもうやめるってのも同じく、
そんなことを考える必要なんかないと思います。

まだたとえばですね、公式試合に何十戦も出場している選手が、
体力をはじめとする力の衰えを感じて、
練習だけではもうそれらをカバーすることができないなと悟って
後進に道を譲るために引退をしようというなら、まだわかるんです。
けれど、まだ始めて間もないとか、キャリアが浅いといったレベルで
「負けたからやめる」と考えるのは
単に思いあがっているだけだよと思われます。
うちのジムの練習生には、
円熟の域に達している方はいらっしゃいません。
プロボクサーとして長く戦い、
既に引退されているといった方々は除きます。
いわばそのような未熟なレベルにある方は、負けてあたりまえですよ。
だって、不足しているものばかりなんですから。
それをひとつひとつ伸ばしたり修正したり作ったりしていくんです。
負けたからといって悲観することなどないです。

プロボクサーの方には、
負けたことで引退を決めたといった方も多くいます。
けど、プロの方と同じ考えかたをするってことが
その時点でまちがってます。
プロの方と、練習生の皆さんとは、
練習量も全然違いますし、背負うものもまったく違います。
試合が中心となった生活をしてます。
そのようなプロの方を真似するなど、
それはおこがましすぎるぞと思います。
そんなレベルまで達していないのに、
何を考えてるんだということです。

先週実施した5月度の練習会でいい結果にならなかった方から
「6月にもう一度同じ組み合わせでやらせてほしい」と
申し出を受けました。
そうでなくちゃ。それくらいでなくちゃ。
なぜ負けたのかを考え、どうすれば勝てていたのかを考え、
不足していた部分を練習することで、次は同じことにならないようする、
そして、練習が自分の実力になっているかどうかを確認する、
それでこそこの練習会の意味があるといえます。

というわけで、今日から6月度の練習会の参加募集を始めます。
「この人と組み合わせをしてほしい」といった
ご希望がございましたらお知らせください。
希望を最優先で組み合わせいたします。


先週金曜日から3日間、兵庫県のインターハイ予選に行ってきました。
そこで審判員をしたのですが、
あらためていろいろと勉強をさせてもらいました。
高校生はほとんどの皆さんが、形の整った動きをされてます。
半身のかまえ、手前に置いた拳であごを守る基本のガード、
打った側と逆の側の拳と腕はガードの位置に置く、
それらはすべて基本中の基本なのですが、
ほぼ例外なく出場された選手の全員が
それをしっかりと身につけていました。
相手に対して体を正面に向けて、わきをひらいてパンチを打つとか、
胸のあたりの位置から腕力だけでパンチを打つとか、
左を打ったら右の拳が下や後ろにずれていくとか、
そんなことをしている選手はまったく見られなかったですね。
決勝の試合はもちろん、1回戦からそうです。
各高校の先生方はほんとに基本の部分から
ひとつひとつたたきこんでるなと感じました。

それができていないと勝ち負け以前に試合にならないです。
半身のかまえをとらずに上体を正面に向けてしまうと、
すきだらけになって打ちこまれまくります。
そのかまえからだと射程距離が短くなるので、打っても届かないです。
自分のパンチは届かないですが、相手のパンチは届きます。
そして、打っても腕の力しか入らないので軽いパンチにしかならず、
そのパンチも届かないだけでなく、
軌道が大きいので簡単によけられて空振りばかりになり、
腕の力だけで打っているのでスタミナの消耗が激しく、
動きが鈍ったところをたたみかけるように打ちこまれて、
何もできずにレフェリーにストップをかけられて
終わりってことになります。

基本のかまえ、基本の打ちかた、
基本のガードにはすべて意味があります。
攻撃、防御、すべてにおいて
最も効率のいい動きをするためのものです。
その基本をおろそかにしていると、すぐに頭打ちになってしまいます。
今そうなってしまっていると感じたら、
原点に戻ってまた一から練習しましょう。
基本からやり直しましょう。


今日は試合とか、かたい話しばかりになってしまいました。
明日はもう少しくだけたことも書くかなと思います。


体験入会はウェアの用意がなくてもできます。
体験入会しようとジムまで出っかっけたが~♪
ウェアを忘れて~ゆかいな・・・といった方や
体験入会に来たのにウェアも靴も何もかも忘れちまったい、
おう、なんてこったい、マイガッ!といった欧米な方も
ビジター用のウェアと靴を用意してますのでOK、
ノープロブレム、ドントマインドです。
靴は男女別にほとんどのサイズを網羅してますので
ほとんど適合するものがあります。
また、ウェアはTシャツから長袖までいろいろあり、
ご自身でお選び頂けます。

なので、何の用意もないけど練習したくなっちまった方も
どうぞお気軽に体験入会にお越しください。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-26 04:00:53

今日は体験入会できなくてごめんね

テーマ:ブログ
今日は内田トレーナーがお休みを頂きますので、
ジムは自主トレーニングのみとなります。

体験入会の受付もできません。ごめんなさい。

夕方には佐藤が戻ってくる予定ですが、
いつ頃になるか時間がわからないため、
体験入会受付は終日不能といたします。
ご容赦ください。

今日はいつもの自主トレ日と同じく、
ジム内のタオル・飲みものは自由にご利用ください。
3階シャワールームも利用できます。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-25 09:15:39

明日の日曜は自主トレーニング日です

テーマ:ブログ
明日の日曜日・26日ですが、自主トレーニングになります。
ジムは開館いたしますが、内田トレーナーがお休みを頂きますので
申しわけないですが自主トレーニングだけとなります。
私こと佐藤は午前中にジムを開けた後、
兵庫県のインターハイ予選に出向き、
戻ってからジムに入ろうかと思っているのですが、
何時に戻れるかは未定です。

いつもの自主トレ日と同じく、
ジム内のタオル・飲みものは自由にご利用ください。
3階シャワールームも利用できます。


というわけで、本日もインターハイ予選に行ってきます。
戻りは何時になるかわかりません。
夜もジムに入れない時間が出てくるかもしれません。
ごめんなさい。

けど練習はいつもどおりにできますし、
トレーナーが不在になる時間帯はありません。
つつがなく、ぬかりなく、やってますです。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-24 17:53:26

インターハイ予選

テーマ:ブログ
次の日曜日・26日ですが、自主トレーニングになります。
ジムは開館いたしますが、内田トレーナーがお休みを頂きますので
申しわけないですが自主トレーニングだけとなります。
私こと佐藤は午前中にジムを開けた後、
兵庫県のインターハイ予選に出向き、
戻ってからジムに入ろうかと思っているのですが、
何時に戻れるかは未定です。

いつもの自主トレ日と同じく、
ジム内のタオル・飲みものは自由にご利用ください。
3階シャワールームも利用できます。

昨日は昼に椎葉さんが指導に来て下さいました。
いつもありがとうございます。


バンデージですが、既に発注はしているのですが、
入荷は月末あたりになりそうです。
来週の中盤から週末ってところですね。
今しばらくお待ちください。


先日のスパーリング練習会で、
何組かの対戦において、
ストップをかけて反則の注意をすることがありました。
アマチュアボクシングはプロの試合とは違い、
プロでは許容される範囲の反則でも、
アマチュアでは反則として厳しく注意される行為があります。
たとえば、頭を低くする、前に突き出す、
グラブの内側で打つ、相手を腕や体で押す、
などが目立ったところです。

また、それら危険とされる行為の他、
スポーツマンとしてのマナーの見地から
反則とされている行為もあります。
まず、相手に対しての挑発行為や暴言、
レフェリーをはじめてする審判員に対しての反抗的態度、
これらは厳しく注意され、度合によっては
即減点、即失格とされることもあります。
また、ダウンを奪った際にはニュートラルコーナーに行き、
カウントが進む間そこで待機することになりますが、
コーナーにもたれかかってロープに両腕を置くなどの行為は、
相手に対しての侮辱ととられ、注意を受けることになります。
そして、その注意をされている間はカウントも停止され、
ダウンした相手は数秒であってもそれだけ長く休むことになります。
そのことも頭においておきましょう。


当ジムでは各種提携先を常時募集しております。
形態は特に指定しておりません。
現在のところ、
整骨院2院とカウンセリングルームとの提携をしております。
いずれも、練習生の方が利用される際にはメリットがあります。
「こういう形での提携はできないか」と
いったお申し出があれば検討しますので
どうぞお知らせください。


本日より兵庫県のインターハイ予選に出向いておりまして、
ホームページの更新が大幅に遅れたり、
内容が少なくなったりします。
あらかじめご了承ください。






いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-23 14:01:41

減量とダイエットは別ものだよ

テーマ:ブログ
次の日曜日・26日ですが、自主トレーニングになります。
ジムは開館いたしますが、内田トレーナーがお休みを頂きますので
申しわけないですが自主トレーニングだけとなります。
私こと佐藤は午前中にジムを開けた後、
兵庫県のインターハイ予選に出向き、
戻ってからジムに入ろうかと思っているのですが、
何時に戻れるかは未定です。

いつもの自主トレ日と同じく、
ジム内のタオル・飲みものは自由にご利用ください。
3階シャワールームも利用できます。


昨日は金光さん・斉藤さん・森田くんが指導にいらしてくださいました。
いつもありがとうございます。

指導のお手伝いをして下さる非常勤のトレーナーを随時募集してます。
報酬はありませんが、
自分の練習をするかたわら指導をして頂くといった形でよいです。
選手としての、あるいは指導の実績があれば望ましいですが、
熱意でその不足分をカバーできる方であれば大歓迎です。

非常勤トレーナーの人数に定員は設けておりませんので、
希望される方はほぼお願いして来て頂くことになると思います。
まずはメールでお問い合わせください。


男子更衣室にカッターシャツと、上着の忘れ物があります。
ハンガーにかかった状態そのままで置いてありますので、
忘れちまったよって方はお持ち帰りください。


練習生どうしでミットの持ち合いをやってもらうことがあります。
マスボクシングをする前に
1ラウンドずつ交替で持ちあうこととしてます。
これはディフェンス練習のひとつとして行なってますので、
トレーナーが受けるミット打ちはまた別に1セットやってもらってます。

この練習生どうしのミット打ちですが、
打っている相手に対してあれこれ指摘をしてもらっていいです。
「距離が近すぎる」、「腕の力で打ちこんでいる」、
「ガードができていない」など
気がついたところをそのまま指摘してあげてください。
パンチを受けながらいろいろと気づく点があると思います。
「打ち終わりのガードが甘いから、
 タイミングを合わせて打てば簡単に当たるな」
「腕力で打ちこみにくるから、打ち出しのタイミングがわかるな」
「近い距離で打ってくるから、ジャブで動きを止められるな」
などと、相手の動きを見て
自分はどう攻めればいいかという点も考えてみてください。
相手のくせや動きに応じてどう戦うか、
戦略構想を考える習慣をつけることもいいかと思います。
なので、思ったこと、感じたことを遠慮なく言ってあげてください。


今日もいい天気です。
今週はいい天気が続くみたいですね。
ということは気温も高くなり、
ジム内の室温も高くなるということですね。
うんまだエアコンをつけるには早いかなと思います。
昨年は6月の下旬頃からつけてたと思います。
ほんとは7月からつけるつもりが、
暑かったのでフライングして6月のうちからつけてました。
フライング冷房ですね、あっ、
くだらないことを書くと怒られるのでやめときます。

今のところは窓とか玄関ドアとかを開放して
自然の風を堪能できるようにしてます。
必要以上に室温を高めないようにしてまして、
室温が上がれば汗が出る、汗が出れば体重が減る、と考えている方も
いるかもしれませんが、そ
んな形で体内の水分を出して体重を減らしても
それは一時的なものであって、
しかも不健康なダイエット法であるとしかいえません。
さらには熱中症になってしまう危険性もともないます。

うちのジムのダイエットに関しての考えかたは、
無理なく筋肉をつけて、
体型をきれいに整えながら体重を減らしていくといったものです。
きれいに整った体型を「形状記憶体質」と勝手によんでますが、
練習をしばらくしなくなっても、
そうそう簡単にリバウンドすることはありません。
以前うちのジムでは「ダイエットモニター制度」なるものを実施して、
ダイエットの進捗状況を公開してもらう企画を行なっておりました。
その内容は今も残してありますので
ご参照頂ければおわかりになると思いますが、
無理な食事制限はもちろん、
異常に室温を高くした室内での練習もさせてはないです。
うちのジムが推奨するダイエットは、
一時的に体重を落とす「減量」ではなく、
体型をきれいに整えて体重も減らす理想的なダイエットだからです。
体重が減って、練習をやめて
しばらくしたらまた体型が元に戻ってしまったとか、
そういったことがなきように体型だけでなく体質も「太りにくい体質」、
「脂肪がつきにくい体質」に変化させられるように考えてます。
そのため、体重が減った後もずっと練習を続けていなければ、
その体重を維持できないといったことにはなりません。


女性の方はほとんどが最初ダイエットやシェイプアップを目的として
練習にいらっしゃるのですが、
練習を続けていくうちに
いつのまにかスパーリングなんぞをやっちゃってたと
いった方も少なくはありません。
ボクシングの楽しさに目覚めて、「ダイエットのための練習」から
「戦うための練習」に気持ちがシフトするのですね。
そうなるってのも、どなたにもていねいに熱心に
指導しているからだと思います。

年齢・性別・目的その他にかかわらず、
どなたにもしっかりときっちりと指導と対応とをいたします。


体験入会は複数で連れ立っていらしてもよいです。
複数でいらっしゃるとリラックスして練習できる利点があります。
どちらかといえば単独で来られる方の割合が大きいのですが、
複数での体験入会も可能です。
いつでもお気軽にいらしてください。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-05-22 11:32:36

5月なのにもう真夏日か・・・

テーマ:ブログ
昨日は笠井さんが指導にいらしてくださいました。
いつもありがとうございます。

指導のお手伝いをして下さる非常勤のトレーナーを随時募集してます。
報酬はありませんが、
自分の練習をするかたわら指導をして頂くといった形でよいです。
選手としての、あるいは指導の実績があれば望ましいですが、
熱意でその不足分をカバーできる方であれば大歓迎です。

非常勤トレーナーの人数に定員は設けておりませんので、
希望される方はほぼお願いして来て頂くことになると思います。
まずはメールでお問い合わせください。


うちのジムのトレーナーは、
ページを見て頂ければおわかりになるとおり、
かつてスター選手だったとか有名選手だったって方はいないんですよ。
どちらかといえば地味だった方が多く、
けど努力を重ねて少しずつ実績を作っていったって方がほとんどです。
実績といっても広い視野で見ればそれほどたいしたものではないですが、
才能も何もなく、さほど期待もされていない中で黙々と練習を続けて、
ひとつずつ勝ちを重ねて、少しずつ力をつけていった、
そんな方が多いです。
森田くんはプロテストに2回落ちて、3回目で合格しました。
私はヘタすぎてフックやアッパーを教えてもらえないまま放置され、
練習を開始して2年半ほど経過した後に
自分で勝手にそれらの打ちかたを覚えました。
他のトレーナーの皆さんも、
スムーズなボクシング人生を送ってきたわけではないと思います。
そんなことで、悲哀を知っている方が多くいますので、
練習にいらした皆さんにも
「なんでこれしきのことができないんだ」といった
「できる人の目線」や「強者の目線」で
指導や対応をおこなうことはありません。

そんな指導陣ですが、
だからといって指導が不十分になるといったことはないです。
これもページをご覧くださればおわかりになるとおり、
多数の練習生が公式試合に出場して
書かれてあるとおりの戦績を残してます。
ボクシング未経験、さらにはスポーツの経験もほとんどない方に対して
ていねいに熱心に指導を続けることで、試合に出られるレベルに達し、
そして勝つことができた、勝ちを重ねることができた、
そんな練習生は多数いらっしゃいます。

最初は試合に出るなんて考えておらず、
フィットネスの感覚で練習を始め、
練習を続けていくうちにボクシングのおもしろさにとりつかれ、
実力の向上を体感し、試合に出てみようと思うようになり、
といった経緯で公式試合に出場する方も多くいらっしゃいます。
ジムとしては「この人はフィットネスだから適当に指導すればいいや」
といった手を抜いた指導や対応はいたしません。
どなたに対しても基本の部分からしっかりと積み上げる指導をしてます。
ただ、個々の体力やレベルに合わせた指導をいたしますので、
誰に対してもハードな練習をさせるといったことはないです。


バンデージの在庫がなくなりました。
入会された方には1組さしあげることになっているのですが、
それもまだ全員の方にお渡しできていないうちに
在庫がなくなっちゃったわ。
早いとこまた発注いたします。
少しばかりお待ちください。


昨日はなんでも京都で気温30度を超えたそうですね。
大阪もそれに近いくらいに気温が高まってたのではないかと思います。
ジムの中も室温が高くなっていたと思います。
皆さんくれぐれも熱中症にお気をつけ下さい。
水分補給をおこたることなく、油断してはだめです。
「いや別にのどかわいてないもん」とか考えてはだめです。
先手を打っておくのですよ。
のどはかわいていなくても、
体は気づかぬうちに乾いてきたりしているものです。
気がついた時にはああ体がだるくなってきた、どうしたのかしら私、
といったことになってしまいます。
なので、そうならないうちに、
自覚がないうちに先回りして水分を補給しておく、
これが熱中症対策の鉄則で得策でサクサクっと水分ごくごくですよ。


練習生どうしでミットの持ち合いをする機会を増やしてますが、
マスボクシングの前にするだけでなく、
「もっとやりたいよ」って思う際は
練習生どうしで声をかけあって
ミットの持ち合いをしてもらっていいです。

そのミットですが、手を入れる部分ですが、
ミットそれぞれでサイズが違います。
なので、バンデージを巻いた手が入りにくいなと感じたら、
別のミットを使ってください。
無理やり押し込むように手を入れることで、
ミットのその部分が傷んでしまったり、
使えなくなってしまうこともあります。
無理のなきようにお願いします。


次回のジム内スパーリング練習会ですが、6月の下旬に予定してます。
決定しましたらまたボードに告知を書きますので、
参加希望の方はお名前を書いてください。

その練習会のジャッジをして下さる方を募集いたします。
ジャッジといってもたいそうなものではなく、
左手に赤、右手に青のカウンターを持ち、
今のパンチは有効打だと思ったら、
そこでボタンを押すだけの簡単なお仕事です。
まちがったらどうしようとか考えることはありません。
ジャッジってのは正解というものがありません。
選手を見る位置や角度で有効打かどうかの判断が分かれたりもします。
いわば全員が正解だといっていいです。
このジャッジの経験をすることで、
ボクシングの幅が広がることになります。
選手として試合を見る、観客として見る
、審判員として見る、指導者として見る、
それぞれ視点や見た時の感覚がまったく違ったものになります。
いろいろな視点を経験してみてください。
というわけで、
次回希望される方がいらっしゃればジャッジをお願いします。
ほんとに気軽にやってもらえばいいです。
また、もし「レフェリーをやりたい」と
希望される方がいらっしゃれば、そちらもぜひお願いしたいと思います。
やりかたはもちろん指導いたします。


体験入会はほんとに大歓迎です。
毎朝ですね、ジムを開けまして掃除などしながらですね、
今日は体験入会の方が来てくれるかな、何人くらい来るかな、
たくさん来てほしいな、と期待に腹を、
あっ違った、胸をふくらませております。
そして、来て下さった方には
ほんとに真剣にていねいに指導してます。
予約なしで来てもらっていいというのは、
いつでも対応できる体制があるからです。
また、ウェアや靴なども用意しておりますので、
急に思い立って何も持たずにいらしても大丈夫です。


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。