1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-03-31 12:12:05

5月の全国大会・3名出るよ

テーマ:ブログ
昨日は多数の方が練習にいらしてくださいまして、感動ものでした。
いやー、皆さんありがとうございます。感謝しまくりです。

夜は平川さんが来てくださいまして、
ミットを中心に指導をしてくださいました。
いつもありがとうございます。

久しぶりに練習にいらした方がまたちらほら。
いやー、久々の皆さんありがとうございます。感謝しまくりです。

久しぶりになるからなあ、なんか行きづらいよなあ、
などと考えるこたあないです。
「行ったら怒られるのでは」などと思うこたあないです。
怒るどころか感激して「いやあよく来てくださった」とお迎えします。
まあそんなおおげさなリアクションをすることはないと思いますが。
なので何ヶ月・何年練習から離れていようと気軽にいらしてください。
遠慮も気兼ねもちゅうちょも足踏みも何もいりません。


5月の大会ですが、昨日最終締切をいたしまして、
出場者は3名となりました。
あと、高知から1名が参加することになっており
現地で当ジムと合流します。

昨年はこの全国大会に2名が出場し、
1名が2戦を勝ち抜いて決勝に進み、
残念ながらそこで敗退しましたが準優勝の成績を残しました。
今年は優勝を果たす方が出ないかなと期待しております。
試合会場は姫路です。
遠方になりますが多数の方が応援に来てくださることを期待してます。


ダイエットモニター練習生の「くまきち」さんが目標体重に達しまして、
モニターを卒業されることになりました。
昨年3月より練習を始め、
ちょうど1年で7キロ強のダイエットを果たしました。
おめでとうございます。
7キロをただ単に落とすだけなら1ヶ月もかからないです。
私も一度10日で9キロ落としたことがあります。
ただ、それはダイエットではなく減量であり、
ハードな練習と食事&水分制限で
一時的に体重を落としただけのものであり、
通常の生活にもどればまたすぐに元に戻ってしまうものです。
当ジムで推進しているのは減量ではなく、ダイエットです。
一時的に体重を落とすのではなく、体質を太りにくいものにすること、
そしてしなやかな筋肉をつけることで体型をきれいに整えること、
それらを目的としてます。
なので完遂するまでに少し時間がかかります。
毎日ジムにいらして密度の濃い練習を続けることで、
3週間で無理なく5キロを落とした方もいらっしゃいますが、
仕事の都合で週4日ペースは保てても、
1回あたりの練習時間が短くなってしまう、
食事の時間が不規則になってしまう、
などのマイナス条件を背負ったうえで
ダイエットに挑むとなると、
どうしても時間がかかってしまうかと思います。
しかし、それでも一度作った体質としぼった体は、
そう簡単に元に戻るものではありません。
時に食べ過ぎてしまっても、
不思議なことにまたすぐに落とした体重に戻っていきます。
「形状記憶体質」と勝手に呼んでるあれです。
ダイエットモニターの皆さんのみならず、
ダイエットを目的として練習をされている皆さん、
どうぞできるだけ練習にいらしてください。
続けているうちにはっきりと自覚できるような成果が表れてきます。

ということで、さらにもう1名
ダイエットモニター練習生を募集いたします。
現在練習生としてジムにいらしている方あるいは
これまで体験入会をされたことのある方で、
週に4日以上練習に出てこられる方、
そしてその練習の内容と体重をブログで公開できる方
(ブログはご自身で立ち上げて、更新してもらいます)
ぜひご応募ください。
ご応募は必ずメールでお願いします。


ミニコミ誌「谷町通信」の最新号が入荷しましたので、
女子更衣室内に置いておきました。
どうぞご自由にお持ち帰りください。

プロボクサー2号くんの差し入れのチョコレートですが、
昨日完食されてました。
2号くん、ありがとう。
勝手なニックネームつけてごめん。


プロといえば、当ジムによくスパーリングに来てくださっていた
レンゴージムの練習生2名が先日行われたプロテストに合格され、
昨日トレーナーの方といっしょにあいさつに来てくださいました。
皆さんご多忙の中わざわざいらして下さいまして、
ありがとうございます。
「お礼を」とおっしゃられてたのですが、
いやいや当ジムの練習生もいつもいつもいい勉強をさせて頂き、
こちらこそ感謝しております。
あらためて、ありがとうございます。


体験入会は1回だけでは
ボクシングの本質はわからんと思います。
練習を終えた後、たぶん疲労感が9割くらい、
「おもしろかった」といった充実感が1割といったところかな。
それが2回目の体験入会となると、
疲労感と充実感が5分5分くらい、
3回目になると
疲労感3割の充実感7割といった変化が起こってきます。

なのでよろしければ体験入会は1回で終わらず、
2回か3回やってみることをおすすめします。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-03-30 10:26:07

400メートルダッシュは必要か?

テーマ:ブログ
昨日はやたらに寒かったですね。
なぜだろう、なぜかしら。

しかしジムの中はいつもと変わらず室温は高く、
さらにその中で皆さん激しい練習をされるため、
ヒートアップしまくりです。


スパーリングを数組行いましたが、皆さんなかなか強くなってます。
しっかりとウィービングで
相手の攻撃をかわしまくる方もいらっしゃいますし、
たたみかけるような攻撃で相手を圧倒される方、
相手の打ち終わりに合わせてタイミングよく打ち込む方、
皆さんそれぞれ成長されてるなとしばし感心いたしました。
ただ、欠点としてひきずっている部分が
まだまだ直ってないなと感じる方も・・・。
新しい技術の習得や、今持っている技術をより伸ばすことだけでなく、
弱点部分の補強も忘れずに進めていきましょう。
試合に出る出ないは別にして、
今よりうまく、強くなるにはそれも必要だと思います。


強く、うまくなっているのは成年男女の皆さんだけではなく、
ほぼ毎日練習に来ている小学生も急激に上達しまくってます。
長い時間を通して練習しているわけではないですが、
練習するラウンドは3分間ひたすら集中して動き、
休憩するラウンドはこれも集中して休憩し、
めりはりのある時間を過ごしてます。
そしてそれを強制してやらせているわけではなく、
自分でそのリズムを作って動いてます。
集中して練習できるのも練習に楽しさを感じているからでしょう。
練習して強くなり、うまくなる、そのことがまた楽しさを生み出し、
いい循環となってます。
そしてこれはこの小学生に限ったことではないですね。
年代・性別にかかわらず、
そう感じておられる方が多いのでは、と思います。


2010年度の選手登録申請第2弾受付中です。
これは4月1日から翌年3月31日までの1年間有効になる登録で、
公式試合への出場や、女子演技競技会の出場に必要となります。
登録者には選手手帳が発行され、
試合時の検診・計量結果及び試合結果が記載されます。
そのため、試合時には原則として選手手帳の携行が必要となります。

ですので、4月以降公式試合に出る予定の方、出る考えのある方は
できるだけ早く選手登録をしておいてください。
年度の途中でも登録手続きはできますが、大きな規模の大会は、
今年度の登録が完了した選手手帳携行が必須とされているため、
早いうちに登録をしておいたほうがいいです。
なお、昨年度以前に登録をしていて、
4月より継続して登録をされる方は選手手帳を提出ください。
新規での登録、選手手帳の結果記載ページがいっぱいになりかけている方、
選手手帳をなくしてしまった方は登録料の他、手帳代も必要になります。

4月以降に女子演技競技会(演技の部検定)に参加される方も、
選手登録が必要になります。


先週土曜日に女子合同練習会に参加された4名の練習生のうち、
2名が昨日練習に出てこられまして、
その2名がスパーリングを行いました。
また、土曜日はなかなかいい練習ができたよということで、
そこで練習したパートナートレーニングを
ジム内で実践するなどもされてました。
なるほど実のある内容だったようだねと
これまたしばし感心いたしました。

女性の皆さんもこのところ練習にいらっしゃる方が増え、
皆さんそれぞれ頑張って練習されてます。


4月から東京の大学に進学する練習生が、
わざわざあいさつに来てくれました。
いやいやありがたいことです。
その大学にもボクシング部があり、
入部して練習したいと言っておりまして今後の活躍が楽しみです。
その大学は関東1部リーグではないのですが、
毎年全日本選手権に何人かの選手が出場し、
全日本ランキングにも何人か入るレベルです。
7月に夏休みに大阪に帰省した際には
またジムに練習に出てくるとのことで、
力をつけてひとまわり強くなった姿をぜひとも見たいものです。


先日、当ジム出身のプロボクサーより
「400メートルダッシュは必要か?」と聞かれました。
どうなのでしょう?
私の意見としては、
「やってもやらなくてもいいけど、やるに越したことはない」です。
私自身はやったことがありません。
せいぜい50メートルとか100メートルまででした。
ただ、練習としては有効だと思います。
持久力と瞬発力が同時に養えるのではないかと。
また、時間がなく長距離のロードワークができない日などは、
それに代えてロングダッシュを
何本かやっておくってのもいいのではないかと思います。

ジムの練習の前に、あるいは後に
ロードワークをされている方が何人かいらっしゃいます。
言うまでもないですが、車や歩行者には十分に気をつけてください。
あと、ダッシュですが、ジムの玄関前から生玉神社の参道の周囲
(側道)を1周して戻ってくるコースは250メートルになります。
以前そのコースのタイムトライアルをやってたことがありました。
周回のため途中で方向転換がありますが、
ロングダッシュ用にはいいコースではないかと思います。


先週の土曜日にある練習生とのある会話の中で
「やきとりパーティー」というワードが出ました。
ああそういえば昨年夏に初めて行った「中締め会」は、
焼き鳥食べ放題&飲み放題の店でやったなと思い出しました。
今年はどうするかね・・・あの店もなかなか捨てがたいのですが、
そのさらに前、さきおとどしの忘年会で使ったどんぶりサラダの店
(一部の方々の間では「トラップサラダの店」)
などもいいなと考えてます。
いずれにしても、当ジムの公式飲み会は
「食べ放題&飲み放題」が絶対条件です。
その公式飲み会は、
盆前の「中締め会」と年末の忘年会の2回のみとしてます。


「体験入会は予約不要」です。ほんとに予約不要、
絶対に予約不要、真剣に予約不要、天地神明に誓って予約不要、
それでやっぱりどう転んでも結局は予約不要です。
なので、運動のできるウェア上下と運動靴だけ
持ってきてくださればよいです。
また、それらを忘れても、
ビジター用のウェアと靴の用意もありますので
「しまった、せっかく来たのに・・・」となっても大丈夫、
スタッフにお申し出ください。
また、女性の方には女性専用のビジター用ウェアを用意しております。
ただ、そうは言えども女性の方はやはり
「自分のウェアでないと・・・」と
ビジター用を遠慮されるかと思いますが、
「ウェアは持ってきたけど、あっ・・・靴忘れたっ」といった方は
お貸しできますのでお気軽にお申し出ください。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-03-29 12:58:11

練習の効果を考えよう

テーマ:ブログ
先週土曜日は建部さんが来て下さいました。
いつもありがとうございます。


先週土曜日はうーん土曜日のわりには
いらした人数がいつもより少なかったです。

昼も夜もいつもより少ないなが続きました。
今日はどうなるでしょうか。


5月の大会の出場申込締切は明日となってます。
現在2名の方が申し込みされてますが、
もしまだ出場を希望される方がいらっしゃれば
すぐにお申し出ください。


2010年度選手登録の第一次受付締切をいたしました。
次のジム内受付締切は4月15日といたします。
以降は毎月月末を締め切りといたします。


4月の試合ですが、申込をした階級に
どうしても体重を合わせられないといった方は
必ず私佐藤に相談してください。
練習時間を長くする、
ロードワークを何セットもするなどでの減量はまだいいですが、
サウナで汗をしぼり出して
体重を落とそうとすることは絶対にやめてください。
疲労感と倦怠感を何日か引きずることになり、
その間は十分な練習もできず、逆効果になります。


先日ブログのコメント欄に
「当てないマスボクシングは意味があるのか?」
といった質問を頂きました。
ここでもあらためて補足の説明をしますが、十分に意味があります。
確かに距離感やインファイトでの攻防については、
マスボクシングでは十分な練習ができないこともあります。
また、「相手にフックを引っかけて立ち位置を変える」
といった練習もできません。
それらの練習はスパーリングでやりましょう。
では直撃をともなわない実戦練習であるマスボクシングは
何の意味もないのかとなるとそうではありません。
防御技術(パリング・ダッキング・ウィービング・ステップワーク)
の練習、それらの防御動作の直後に攻撃を返す練習、
これらを特にマスボクシングで行ってもらいたいと思います。
逆に、相手の攻撃をよけもせず、さばきもせず、
自分の攻撃ばかり一方的に繰り返すようなマスボクシングは
まったく意味がありません。
それは「マスボクシング」と呼べるものではありません。

最近はボクシング未経験から練習を始めて、
マスボクシングをする前の段階で
「パリング」の練習をしてもらってます。
相手のパンチを自分のグラブで
軽くはたくような動作をする防御の練習ですが、
それを何回かやった後に、マスボクシングに進んでもらってます。
いわば最初は交互にパンチをうち、それをさばく練習をしてもらい、
その次の段階として、
交互に打つわけではなく互いに自由に攻撃できる状況で
いつ打ってくるかわからないパンチをさばく練習に進むわけです。
この段階をふんだ練習をすれば、
防御動作をおろそかにした無意味なマスボクシングをする方も
いなくなるのでは、と考えてます。


その他の練習についても
「こういった効果を得るため」といった意味があります。
たとえばロープ(なわとび)についても、最初に指導する跳びかたは、
わきをしめて手首でなわを回す=手首の強化目的、
かかとを上げてつま先で跳ぶ=つま先の強化→
フットワークがスムーズになる、
といった練習の目的があります。
また、ロープを跳ぶことで、足腰の強化や
フットワークやステップのリズム感を養う目的もあります。

シャドウボクシングやミット打ち、
サンドバッグなどについてもすべてそうです。
たとえばサンドバッグについても
むやみに力まかせに打ち込むのではなく、
フォームを確認しながら強く打つ、速く連続で打ち続ける、
サンドバッグの前後の揺れを利用して、
前に出て打ち後ろに下がってかわす、を繰り返し練習する、
フットワークを使って回りながら打つ、
その他いろいろな練習をしてみましょう。


ダイエットやシェイプアップを目的として練習される方にも、
考えながら動くことをおすすめします。
シャドウボクシングをする際にも、
たとえばワンツーストレートの打ちかたとして、
軽く前に踏み出して前の手を伸ばしきるストレート、
後ろの足のつま先を軸にしてひざと腰を回し、
体を半回転させて強く打つ手前の手のストレートを指導してますが、
腕を伸ばすことで上腕筋を伸ばして鍛え、
ひざを回すことでふくらはぎを、腰を回すことで腰まわりを、
肩から腕を伸ばすことで背中を鍛える=筋肉を養成して脂肪をおとす、
といった運動効果が得られます。
それらをスムーズに繰り返し続けることで、
体重を減らすとともに、体型がきれいに整っていくわけです。



体験入会にいらした方にはもれなく
いっしょうけんめいに懇切丁寧に熱心に心をこめて
がんばって一指導入魂の意気込みで、指導をいたします。
まあ体験入会の方に限らず、
皆さんに対して同じ気持ちで指導と対応をしてるのですが
初めてボクシングの練習をするって方には、
できるだけはりつきに近い形で
手とり足とりの指導をいたします。
なのてどうぞいつでもお越しになってくださいませませ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-03-27 10:36:24

バンタムかライトか、それが問題だ。

テーマ:ブログ
昨日は夜に平川さんが来てくださいました。
いつもありがとうございます。

4月の試合に出る練習生を中心にスパーリングを数組行いました。
皆さんまだまだです。
それぞれその場で指摘されましたが、
大きな、そして決定的な欠点があります。
夜スパーリングをした2人は、
昨日もそこを突かれてカウントを聞かされることになりました。
試合に出る方はあと2週間、
致命的欠点として指摘された部分の修正に努めてください。
いくらポイントでリードしていても、一発で展開を変えられ、
逆転されて負けてしまうことも考えられます。


減量について数名の方からご質問を頂きました。
まず、減量はしたほうがいいのか?ですが、
ケースバイケースだと思います。
たとえば、ふだんの体重が61キロの方は、
そのままで出場するとなると
ライトウェルター級(60キロ超~64キロ)になりますが、
可能であれば1キロおとして
ライト級(56キロ超~60キロ)で出たほうがいいかと思います。
まあ1キロや2キロであれば、通常よりも練習量を多くして、
さらにロードワークなどをすれば
自然に体がしぼられておちると思います。

現在は一般的に、過酷な減量をする選手は
かなり少なくなっているようです。
プロの選手はよく存じないのですが、
アマチュアではナチュラルウエイトで試合に出る選手も多いようです。
無理のない程度で体重をおとせば、体の軽さを体感でき、
動くスピードが速くなったり、パンチのきれが鋭くなったりしますが、
それも度を超えるとスタミナがなくなり、
終盤に動きが鈍くなってしまうこともあります。
可能であれば試合のない時期に希望する階級の体重まで減量をして、
どれくらい動けるかを確認してみるのがいいかと思います。

4月より階級区分が変更され、フェザー級がなくなります。
これまでフェザー級で試合に出ていた方は、
バンタム級またはライト級のどちらかに
転向することになりますが、
ふだんの自分の体重や体脂肪率などを考えたうえで
どちらにするかを決めてください。


で、ひとつ間違えないようにして頂きたいのは、
減量とダイエットは別物だということです。
減量は試合出場のためにするいわば一時的なもので、
ダイエットは恒常的なものです。
なので減量時に食事や
水分摂取の制限をして体重を減らすこともありますが、
ダイエットではそれをするべきではないと思います。
ずっとその生活を続けることは不可能だと思うからです。
当ジムの推奨するダイエットは、
ふだんの食生活にはできるだけ手を加えず、運動によって体質を変え、
体重減に加えて体型をきれいに整えることを目的としてます。
そのため希望される方には、
耳つぼダイエット施術で過食を抑える協力をしますが、
食事の内容を変えなさいとか、
水分を減らしなさいなどとは一切言いません。


時々見かけるのですが、
ミットを打つのではなく受けている練習生がいらっしゃいます。
練習生どうしでミットの打ち合いをしたり、
あるいはトレーナーに打ってもらってます。
これは防御の練習として実にいい効果があります。
パンチの軌道、打ち出しのモーション、当たるタイミング、
それらを体感することができます。
ミットを受ける練習を続けていくうちに、
マスボクシングやスパーリングにおいて、
相手のパンチを自分のグラブでさばくことはもちろん、
よけたりかわしたりすることもうまくなります。

現在はいらした練習生全員のミット打ちを
トレーナーが受けることを大原則として徹底してます。
そしてそれがうまくできてます。
しかし、練習生どうしでのミットの打ち合いを
禁止しているわけではないですし、
それも練習のひとつとして自由にやってもらってけっこうです。
これはマスボクシングと違い、
練習生どうしで声をかけ合って自由にやってもらってけっこうです。
「やりたいけど誰とやっていいかわからない」と思われる方は
スタッフに申し出てください。


「いらした練習生全員のミット打ちをトレーナーが受けること」
ができているのは、
皆さんにまんべんなく指導と対応をしているからです。
トレーナーの皆さんは、
体験入会にいらした方や、超初心者の方を除いて、
特定の方に何ラウンドもべったりとはりついて
指導をするといったことをしておりません。
そのため全員にまんべんのない指導ができてます。
かといって、全員に画一的な指導をしているわけでなく、
個別の目的や力量をもとにして指導の内容を変えてます。
まあ早い話が、試合に出る方や、出ないけど上級レベルの方には、
きつく厳しく激しくしんどいミット打ちをさせ、
初心者の方には基本動作を中心にしてローペースで打たせ、
今持っている力をフルに出しきれる形での練習ができるようにしてます。

そのため2ラウンドとはいえ、内容はかなり濃いものになってます。
圧縮されて凝縮されてるってところですね。


体験入会ですが、ウェアと靴を持ってこなくても大丈夫です。
「今日はこんなに早く仕事が終わるとは思っていなかったよ」
といった時に
「こんなに早く終わるなら 
今日体験入会に行く用意しとけばよかった」と
思わなくてもいいように、
ジムでビジター用のウェアと靴を用意しております。
なので遠慮なく何も持たずにいらしてください。
お待ちしております。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-03-26 11:13:07

2人目のプロボクサー

テーマ:ブログ
昨日はまだ雨が続いたためか、
昼間に練習にいらっしゃる方が少なかったですね。
それでも夜はなかなかの人数となりました。

建部さんが来てくださいまして、
ミットを中心に指導をしてくださいました。
いつもいつもありがとうございます。

昨日の練習人数のピークは夜9時頃。
スパーリングも行いまして、なかなか熱い練習となりました。
夜9時頃ジムにいらして練習を始める方も何人かいらっしゃいました。

少々遅い時間にジムにいらしても、十分に練習が可能です。
9時30分頃から練習を始めても、
30分間集中的に動くことで十分な練習効果が得られます。


久しぶりに練習にいらした方がまたおみえになりました。
何ヶ月、何年練習から離れられても、いつでも気軽にいらしてください。
チケットをお持ちであればそのまま使って頂けますし、
会費で利用したい場合は、
練習を再開された月からの会費を頂ければよいです。


プロボクサーになるために
プロ加盟ジムに移籍した元練習生がジムに顔を出してくれました。
昨日プロライセンスが発行されたそうで、
その報告のためわざわざ来てくれたようです。
彼は一昨年の末から昨年末にかけて公式試合の出場を重ね、
8試合を戦い、5つの勝利をあげて、
その実績でプロテスト免除でプロライセンスを取得しました。
デビュー戦はいつになるか未定のようですが、
当ジムを卒業したボクサーとして
応援を続けていきたいと思っております。

その彼が差し入れとしてチョコレートを持ってきてくれました。
また例によって女子更衣室内に置いておきますので、
自由にお持ち帰りください。


ホットペッパーの新しい号が入荷しましたので、
女子更衣室内に置いておきます。
ご自由にお持ち帰りください。
練習生の方はもちろん、
体験入会にいらした方もどうぞお持ち帰りください。


4月の試合ですが、8名の方が出場されることになりました。
あと残り2週間ほどになりますが、来週を練習のピークにして、
直前1週間は疲れを抜いて体調を整える時間にしましょう。


明日は女子の合同練習会が行われます。
4名の方が参加されますが、皆さん準備はできているでしょうか。
必要な持参物としてロープ(なわとび)がありますが、
ご自分のものをお持ちでない方は
ジムのロープを1本貸し出しいたしますのでお申し出ください。
昨日も1名の方がお持ち帰りになりました。
貸し出しを希望される方で今日練習に来れない方は、
明日の朝にでもいらしてください。11時以降なら開いてます。


なわとびのロープですが、昨日も1本追加いたしました。
月に数本程度ですが、時々新しいものを追加してます。


昨日マスボクシングについて
「組み合わせを考えて進めているので、
無断で勝手にやらないでほしい」といった内容を書きました。
それについて、トレーナーの大原さんよりご感想を頂きました。
おおまかにまとめますと、
「実戦練習はいろいろなタイプの方とさせたほうがいい、
考えられた練習相手が必要である」といった内容です。
いつも同じ相手とばかりマスボクシング
あるいはスパーリングをしていると、
まったく違ったタイプの相手にうまく対応できなくなります。
そういったことも考えて、体格や力量などを考える他、
「この2人はこれまでにあまりグラブをあわせたことがないよな」
といった点も組み合わせをする際の判断材料にしてます。
ですので、昨日書きましたように、
既にその日マスボクシングをされた方どうしがすることについては
問題ありませんが、その日まだマスボクシングをされていない方と
勝手にそれを始められると、
組み合わせの構想が乱されてしまうことになるわけで、
くれぐれも無断でマスボクシングをしないようにしてください。


ダイエットモニター練習生1名募集中です。
1名欠員が出たのですが、モニターを辞任された方がいらしたためです。
事情により週4回以上の練習ができなくなったため、
モニターをやめてチケット制を利用して
練習を続けたいと連絡を頂きました。
「今月は仕事の都合で週4回が難しい」とか
「体調を崩してしばらく練習ができない」など
一時的な事情であれば
モニターとして練習を続けてもらってもいいのですが、
今後継続的に週4回が困難であるとわかっている場合は、
モニター資格を返上して頂くしかありません。
その場合、その後も練習を続けていきたいと考えられる場合は、
月会費の支払いまたはチケット購入によって練習継続が可能です。
その際には入会金は必要ありません。


体験入会は初回はけっこう疲れますし、筋肉痛も起こります。
「うわーこんなにしんどいものなのか」と
思われる方もけっこう多いかと思います。
しかし、最初は皆さん誰もが総じてほぼ全員
みんな大多数例外なく全部オールそうなるんです。
休憩されてるときにジム内で動く練習生の皆さんを見て
「この人たちはすごいなあ」などと思われるかもしれませんが、
いやいやその方たちも最初はみんな
「うわーこんなにしんどいものなのか」と思ってたんです。
実はそうなんです。
リング上で軽やかにシャドウをされてる方、
小気味よくミット打ちをされてた方、
激しくサンドバッグを打ちまくってた方、そういった方々も実は最初は
「うわー・・・」だったんです。
2回目の練習での疲労度は初回の半分くらいになるかと思います。
3回目はそこからさらに減ります。
体がボクシングの動きに慣れてくるからです。
だって日常生活の中で左ストレートを打つとか、
つま先を軸にして腰を回転させてパンチを打つとか、
そういった動きをすることなんてないじゃないですか。
なのでふだん使わない筋肉を使ったり、
慣れない動きをすることで筋肉痛が起こり
それにともなって疲労を感じることとなるのですが、
2回目の練習となると体がその動きに慣れてきているので
動きもスムーズになり、疲労もたいしたことなくなります。
そして同時に少しずつうまくなっていくのですね。
というわけで、おためしの体験入会は3回までできることになってます。
「けっこう疲れたけど、もう一回試してみよう」と
2回目、3回目の体験入会をされることを奨励します。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-03-25 13:24:48

オーバー30での公式試合

テーマ:ブログ
昨日はまたあいにくの雨で困りました。
雨の日は外でロープを跳ばなくていいです。
雨にぬれてまで跳ぶ必要はないですし、
外で跳べないならジムの中で跳びましょう。
ジム内にロープを跳ぶスペースの余裕がないなら、
ロープを使わずに跳ぶ動きだけをする「エアロープ」をしましょう。
もしくはロープをすっとばしてもいいです。

終日雨降りのわりには
なかなかそこそこの人数の方々が練習にいらっしゃいました。
今日は少なくなるだろうなと覚悟してましたのでこれは意外でした。
皆さんありがとうございます。


4月の試合ですが、今日が申込の締切となります。
もしまだ「出たい」と思われる方がいらっしゃいましたら
お申し出ください。
また、既に申込をされている方で、
階級の変更や出場辞退などございましたらすぐにお知らせください。
本日いっぱいで申込を締め切り、
明日書類を書いて、明日の夜ジム終業後に投函します。
ですので変更がある方は
明日いっぱい(ジム開館時間内)までに連絡ください。
連絡がない場合は申告されている階級で申込をいたします。

今回の試合もそうなのですが、
30歳を超えた年齢の方が何人も出場されます。
昨年も1年間のトータルで
20余名の練習生が公式試合に出場されましたが、
そのうち半数くらいは30代の方です。
また、10月の大会には40代、50代の方も出場されてます。
30歳を超えてからボクシングの練習を始めて、
公式試合に出場して、勝利を得て、
さらにはトーナメントの優勝や、大会の特別賞(最優秀選手賞など)を
頂いた方もいらっしゃいます。
もう30だから試合出場を目指すのは無理だな・・って
ことはありません。


小中高校は春休みに入ったようで、
昼の早い時間から練習に出てこられる方もちらほら。
ジムは朝11時から開いてますので
早い時間からいらしてくださってもいいです。
ただし11時から12時の間は
トレーナー不在の自主トレーニングとなります。
それでも11時30分頃から練習を始めて、
12時に大竹さんが入った後に
ミットを受けてもらうといったこともできます。
初心者の方には自主トレーニングはあまりおすすめできませんが、
マスボクシングに慣れまくっているレベルの方は、
自主トレも大丈夫だと思います。

また、以前やっている方がいらしたのですが、
昼と夜の2部練習をすることもできます。
「春休みは宿題もないし、時間があまって・・・」といった方は、
この春先に強化練習ってのはいかがでしょう。
昼と夜では練習にいらっしゃる顔ぶれも違いますし、
雰囲気もまた違います。
会費で練習されている方は月内に何度練習に出入りされてもよいですし、
チケットをご利用の方は、1枚でその日1日自由に出入りできますので、
昼にいらした際にチケットを提出すれば、
夜はあらためてもう1枚提出しなくてもいいです。


以前から何度もお願いしておりますが、
無断でマスボクシングをしないようにお願いします。
マスボクシングはスタッフが組み合わせをして進めてます。
フロアにいる練習生の顔ぶれ、
皆さんそれぞれのその日の練習の進行状況、
その他いろいろな要素を考えて
誰と誰を組み合わせしよう、と考えます。
あの人とあの人を組んで・・・
けどそうなるとあの人の相手がいなくなるな・・・といった
パズルを解くような感覚で組み合わせを考えることもあります。
しかし、そうして組みあがった構想を、
勝手な行動でこわされることもあります。

実際に昨日もそれがありました。
しかたなく、考えていた組み合わせを変えて、
1人の練習生に2ラウンドずつ
2人を相手にしてもらうことで調整しましたが、
必ずしもそのような調整ができるとは限りません。
はっきり言いますが、他の練習生に対して迷惑です。
自分さえよければ、自分さえ練習できれば、
誰がわりをくうことになろうが関係ない、
そういった考えかたをされていると思われてもしかたないですよ。

もちろん積極的に多くの練習をこなすのはいいことだと思います。
マスボクシングは1日に何セットやってもらってもよいです。
「あの人とやりたい」と希望されてもよいです。
ただ、すべてスタッフに申し出て許可を得てください。
昼は大竹さん、夜は私佐藤がその進行を管理します。
既にマスボクシングを終えた2人が、
再度同じ組み合わせでマスボクシングをされることはかまいません。
同じく、マスボクシングを終えている方どうしが
声をかけあってされることも問題ありません。
それによってその日マスボクシングをする相手が
いなくなるって方が出ることはないからです。

しかし、その日まだマスボクシングをしていない方に
声をかけて勝手に始める、
まだしていない方がスタッフにマスボクシングの指示をされないうちに
他の練習生に声をかけて勝手に始める、
それらは禁止いたします。
もう一度言いますが、迷惑でしかありません。

数年前ですが、この件を何度言っても聞きいれることをせず、
周囲の練習生に「マスしよう、マスしよう」と声をかけたり、
さらには勝手に他の練習生どうしの
マスボクシングの組み合わせをしたり、
しまいにはスパーリングの組み合わせまでしようとした方がいまして、
最終的には別の理由も含めてなのですが、
ジムをやめてもらいました。
その人が勝手なことをすることで、
マスボクシングができなくなる方が何人も出るからです。

ロープやシャドウボクシングは何ラウンドやってもらってもいいです。
サンドバッグも何ラウンド打ってもらってもいいですが、
鏡の上に貼ってある練習メニュー表に書いてあるように、
1セットは最高5ラウンドまでにして頂きたく思います。
5ラウンド打って、しばらくラウンドをあけて、
また打つといったことはかまいません。
ミットもフロアにいるスタッフ・トレーナー全員に
1セットずつ受けてもらっていいです。
練習生どうしでミットの打ち合いをしてもいいです。
それらはすべて単独練習なので、周囲に影響を及ぼすことはありません。
ただ、マスボクシングに関しては別です。
再度申し上げますが、マスボクシングは
必ずスタッフに声をかけて許可をとってやってください。


ダイエットモニター練習生に欠員ができましたので1名募集いたします。
週に4日以上練習に出ることが可能で、現在の体重が50キロ以上あり、
5キロ以上のダイエットを目指す方、ぜひご応募ください。
現在練習生として練習されている方、
もしくは体験入会をされたことがある方に限ります。
必ずメールでご応募ください。
お待ちしております。



体験入会ですが、いつでもお気軽にお越しください。
「手ぶらで体験入会」もOKです。
靴・ウェア・タオル、すべて揃えてます。
体験入会は1回につき1000円を頂いてますが
(後に入会された場合、入会金からその分を割引します)
ウェアや靴のレンタル料等は頂いておりません。無料です。
また、ジム内のスポーツドリンク・麦茶・ミネラルウォーター、
これらもすべて無料です。
ですので急に時間があいちまったよの時とか、
なぜか急に気が向いたよといった時、
そのまま気軽にお越しくださればそれでよいです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-03-24 14:05:08

グラブもバンデージも名前書いてね

テーマ:ブログ

昨日は夜に平川さんと建部さんが来て下さいました。
皆さんいつもありがとうございます。


今週末の女子演技競技練習会ですが、
平川さんが引率として参加者全員が
まとまって現地に入ることになりました。
女性練習生の「主将」格の方から
参加される皆さんに連絡が入ると思います。


来月10日に女子競技の新しい種目の
練習会が開催されることになりました。
昨日案内を頂きましたが、
「条件付スパーリング」のような形式だということです。
詳細は開催案内を掲示しておきますのでご確認ください。

その他の掲示物も多数あります。
試合に関連するものの他にもいろいろとありますので、
皆さんひととおり目をとおしておいてください。


今日の朝、3階のシャワールームの掃除をする際に、
カビ除去洗剤を使ったところ、
塩素系液体洗剤特有の刺激臭がたちまして、換気扇を回してますが、
12時現在まだ少しにおいが残ってます。
夕方には落ち着くのではないかと思いますが、
昼過ぎ頃はまだ残ってるのではと思います。
「異臭がするよ」と思われた方、
そんな事情がありますのでご心配なく。


昨日は雨とあって練習にいらっしゃる方がいつもより少なかったですね。
雨の日は外でロープを跳ばなくてもいいです。
ジム内で跳んでもらっていいですし、
ロープの練習を省略されてもいいです。
また、「エアロープ」として、
ロープを跳ぶ動きだけをしてもらってもいいです。


女性練習生のお一人がスパーリングデビューを果たされました。
「軽く当てる」といった条件でのスパーリングでしたが、
果敢に攻めて、懸命に動き、
充実した2ラウンドになったものと思います。

そろそろ4月分会費の納入をお願いいたします。
3月はチケット利用だったけど、
4月からは会費にしたいと思われる方は、
早いうちに会費を払えば、その日から4月末までは
チケットを使わずに保有しておくことができます。
また、3月は会費だったけど、
4月からはまたチケットにするといった方は、
4月になってからチケットをご利用ください。


ご自分のパンチンググラブをお使いになる方が多くいらっしゃいますが、
できましたらお名前を書いておいて下さいますようお願いします。
同じタイプのものを使ってらっしゃる方もいるわけで、
ええっと・・・これって自分のだったっけ・・・
といったことにもなりかねません。
わかるところに名前を書いておいてくださればそれもなく安心です。

また、バンデージにも名前を書いておくことをおすすめします。
バンデージの忘れ物がけっこう多いです。
で、一昨日も1組忘れられていたのですが、
洗濯した後に確認したところ記名されており、
昨日そのご本人が練習にいらしたので直接お返ししました。
記名があれば受付デスクで保管して、ご本人にお渡しします。
名前がないと忘れ物箱に入れておくことになりますが、
数が多いためどれが自分のものだったか
わからなくなることも多くあります。
なのでできれば記名しておいてください。


女性用のシューズラックですが、
どこが誰の場所だと決まっているわけではないので、
あいているところに靴を入れてもらっていいです。
パンチンググラブ等は靴の上においてください。
横に置いて1人で2足分使うといったことのなきようにお願いします。
また、靴は置かないけど
グラブだけ置いときたいといったことも可能です。
いずれにしても1人につき靴1足分のスペース利用でお願いします。


ダイエットモニター練習生の皆さんにお知らせですが、
何らかの事情でしばらく練習に来られないといった場合は
必ず連絡ください。
また、ブログ上でもその旨書いたうえで、
時々練習内容でなくてもいいので何か書いてください。
週に3回または4回以上練習に出てくることと、
そのつどブログを更新することが必要であることが
無料で練習できる条件となっていることを忘れないよう願います。
会費またはチケット代を払って
練習に来てくださっている方に対して不公平になります。
「今月は年度末のためなかなか練習に出られない」との申し出をされ、
ブログでもその旨告知して、さらに時々更新をされている、
とここまでされている方は1人だけです。
そうそう簡単に解任することはありませんが、
度を越えている場合は解任通達します。
あと、モニターに採用されていながら、
連絡もなく、練習もほとんど出ておらず、
ブログの公開もされていない方については採用取消とさせて頂きます。


4月の試合ですが、今週末を締切としてます。
現在7名の方が出場の申込をされてます。
出場される方は2010年度選手登録の申請もしてください。
選手手帳をお持ちの方は更新登録となりますので、
手帳を提出ください。



体験入会にいらした方は、
余裕があればさりげなくジム内の雰囲気なども感じてみてください。
当ジムの空気は殺伐としたものでもなく、よどんだ部分もなく、
まあなんというか普通です。

たとえばカウンターメインの寿司屋でいえば
親方がやたらに下の職人や見習いの衆を叱りつけ、
それによってはりつめた空気が漂っているとか
親方や職人が常連客とべったりと話ばかりして、
他の客には声をかけられた時だけ対応するとか、
そういった雰囲気はありません。
また、古本とかの量販店等で見受けられる
誰に言うでもなく「いらっしゃいませー、こんにちはー」と
同じ調子でほぼ定期的に声を出す無機質な空気とか、
そういったものもありません。

厳しい雰囲気もなく、スタッフと一部の練習生が仲良しグループを作り、
べったりとはりついているとか
表面上だけの空虚な勢いづけとか、
そういったものはなく、ほんとうに普通の空気です。

なので「周囲にとけこめるだろうか」といった心配もなく、
「人間関係を作るのがわずらわしい」といった心配もありません。
ボクシングは個人競技ですので、
チームで力を合わせて取り組むといった練習を行うことはありません。
対人練習は行いますが、スタッフの指示のもとで進行しますので
自分で練習相手を見つけなければならないとか、
綿密な打ち合わせをしなければならないとかもありません。

もちろん「友人を作りたい」といった目的で
練習にいらっしゃる方もいるかとは思いますが、
それもまた可能かと思います。

まあ皆さん細かいことは気にせずに気軽にいらしてください。
皆さんいわば人それぞれ、人生いろいろ、
当ジムはすべての方に受け入れて頂けるものと思ってます。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-03-23 10:15:21

雨の日の練習

テーマ:ブログ
今日はまた終日雨が降ったりやんだりになる様子ですね。
ロープは外ではなく、ジム内で跳んでもらってよいです。
また、「エアロープ」・「シャドウロープ」といった、
なわを使わずになわとびをする動作だけですませる練習に
代えてもらってもよいです。


昨日は祝日の振り替え休日でしたが、
ジムは自主トレーニングのみ受付といたしました。
私は終日不在にしておりましたが、
平川さんと松本さんが寄ってくださったようで、
いつもながらありがとうございます。

提出されたチケットと出席簿を見ると、
休日のわりにはそこそこの人数の皆さんが
いらしてくださっていたようです。
中には半年ぶりくらいでしょうか、
久しぶりにいらしてくださった方もおみえになっていたようで、
長らく練習から離れてらっしゃる皆さん、
遠慮はいりませんのでいつでもいらしてください。


4月の試合ですが、出場申込締切がせまってきてます。
今から練習をして準備するということではきびしいものと思いますが、
出ようかどうしようか迷いながら
練習だけは続けてたといった方は大丈夫です、
どうぞお申込ください。
現在6名の方が出場予定にされてます。
また、選手登録の受付も始めてますので、
4月以降の1年間で公式試合に出場を考えている方は
早いうちにお申込ください。


ジム提携の整骨院ですが、自由に行ってもらっていです。
初回は必ず保険証をお持ちください。
そのうえで受付で当ジムの練習生である旨をお伝えください。
その後、何度受診されても
練習生特典は継続しますのでどうぞご利用ください。
肉離れ、ねんざ、といったものから、
肩や腕の筋肉のいたみ、腰や足のいたみなど
自覚する箇所があればぜひ一度診てもらってください。

場所は日本橋駅から徒歩3分ほどですが、
ジムから直接自転車で行けば10分くらいです。
ご希望の方にはジムの自転車を貸し出しいたしますのでご利用ください。


マスボクシングですが、「当てない」ことは大前提ですが、
「当てられない」ことをいいことに
ディフェンスをまったく意識せず、ひたすら攻め続けている方がいます。
それではほとんど練習になりません。
相手の攻撃をかわしたりさばいたりしながら自分の攻撃をする。
スパーリングや試合ではそれが当たり前のことで、
よほどの技量格差がなければ
ディフェンスなしで攻め続けることなどできないです。
また、「当てない」を無視して、
止めるための加減をせず、当てる勢いで打ち込む方もいます。
目にした時は注意してますが、くれぐれも気をつけてください。
「止めることができない」「思い切り打ちたい」のであれば、
スパーリングをしましょう。
ただ、スパーリングとなると
先述のとおりディフェンス無視で打ちまくることなどできないため
ガードをしていないところに打ち込まれて動きを止められたり、
まったく違った動き方しかできなくなるはずです。
マスをやる際にはパーリングやらウィービング、
あるいはダッキングなどふだん練習している
ディフェンス技術をできるだけ使うように心がけてください。
さらにはディフェンス直後に攻撃を返すことも忘れずに。


先週土曜日も数組のスパーリングを見ましたが、
皆さん総じて強くなってます。
攻撃力もディフェンスもそれぞれレベルアップが見られます。


大竹さんと竹原さんの指導ですが、2人とも底が深いなと感じます。
プロの世界で国内上位で戦い、
外国でも試合を重ねた経験があるからでしょう。
選手として試合に出ている方や、
そうではないけど上級者といえる実力の方には
少々きびしい指導をすることもありますが、
その皆さんの持つのびしろを確実に引き出して
伸ばしていっているなと感じてます。
また、初心者・中級レベルにある方にも適正な指導を行い、
実力の向上が図られてます。


体験入会ですが、基本から丁寧にしっかりと指導します・・・が、
最初からいきなりうまくできることはほとんどありません。
最初に学ぶ左ストレート(左利きの方は右ストレート)にしても、
簡単なように見えても実際にやってみるとそう簡単ではありません。
けれどまあ最初は皆さんそんなものですよ。
1回や2回の練習ですぐにできるものではないですが、
それだけ奥が深いってことで、やりがいがあるということです。
それでも続けて練習すれば
1ヶ月か2ヶ月後にはけっこうさまになってきたりします。
サンドバッグもびしびしばしばし打てるようになります。
なのでまあ1回練習しただけで
「ひえー、こんなに難しいのかよ」などと思わず、
せっかくだからやってみっかと、もう1回いらしてみてください。
お待ちしてます。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-03-20 10:21:47

体力がないけど、練習はできますか?

テーマ:ブログ
来週月曜日の22日は祝日の振り替え休日となりますが、
ジムは自主トレーニングのみ受付として開館いたします。
時間は11時~18時までです。
スタッフは常駐いたしません。
飲みものやタオル、シャワールームは自由にご利用頂けます。
居合わせた練習生どうしで
ミットの打ち合いやマスボクシングなどしてもらっていいですが、
スパーリングをはじめとする直撃をともなう練習は禁止いたします。
なお、チケット利用の方は、チケットが必要となりますので、
必ず1枚提出ください。


昨日はまあわりと多数の方が練習にいらっしゃいました。
皆さんありがとうございます。

夜は平川さんが来てくださいました。
いつもありがとうございます。

女性の方もなかなかの人数の皆さんが練習にいらしてくださり、
女性どうしの軽いスパーリングも1組行いました。

女子演技競技会の開催要項を掲示してあります。
4月の下旬に開催される予定で、申込締切は4月中旬頃になります。
演技の部・C級の資格取得を希望される方は
この競技会に参加して検定を受け、
合格することが必要になります。
なお、参加には選手登録が必要になりますので
必ず登録の申請をしてください。
参加申込と選手登録の申請を同時にすることもできます。

昨日も何人かの女性練習生より「受けたい」との希望を聞いてます。
現在当ジムではC級をお持ちの方が3名いらっしゃいます。
この競技会は年に数回程度の開催ですので、
ぜひこの機会に取得をおすすめします。


4月の試合の出場申込締切は3月25日としてます。
5月の試合は3月29日です。


「体力がないのだが、ボクシングはできるか?」
といったご質問を時々頂きます。
それは大丈夫です。
ジムで行う練習は、個々がめいめいに進めていきます。
たとえばエクササイズのように
何人かが同時に同じ動きをするといったものではありませんし、
団体スポーツのように
チームプレイを練習するといったこともありません。
パートナートレーニングを行うことはありますが、
相手の方より体力が劣るために
練習に弊害が出るといったことはありません。

また、最初はスタッフがほぼマンツーマンで
指導をすることになりますが、
様子を見ながらできるだけ休憩を入れるようにしてます。
練習は3分間(1ラウンド)動いて、
30秒休憩(インターバル)をして、の繰り返しになりますが、
その30秒に加えて
1ラウンド3分間そのまま休憩しましょうと指示をします。
もちろんご自身から「ここで休憩させてほしい」
と申し出てくださってもよいです。

体験入会も含めて何回か練習を続けられると、
体がボクシングの動きに慣れてきます。
体そのものが動くことになれること、
そして、パンチを打ったり足を動かしたりする際に
よぶんな力を入れてしまうことが少なくなり、
体力の消耗度合が低くなります。
効率よく動けるようになるということですね。
なので体力面に関しての心配は不要です。


先日大原さんがいらしてくださった際、
フットワークについての指導をされておりました。
前に進む、後ろに下がる、横に動く、
これらの動きをするときは足のつま先部分を使います。
つま先の、特に親指のあたりを使うことになります。
前に進むときは、基本は前の足を前に踏み出して、
後ろの足をひきつけるといった動きになります。
また、逆に後ろの足のつま先で地面をけって
その推進力で前進するといった方法をとる方もいます。
それも間違いではありません。
要は、歩くように動くのではなく、
すり足ですばやく動ければいいわけで、
それを可能にするにはつま先部分をうまく使うことが必要になります。
つま先の強化をするにはロープを跳ぶことが手っ取り早いかと思います。



体験入会ですが、大丈夫です。
やさしくていねいに、そして熱心に指導します。
痛いことはしません、まあ筋肉痛は起こると思いますが
打撃系の痛さは体験しません。
その筋肉痛も最初は
けっこうきついことになったりするかもしれませんが、
2回、3回と練習を続けるうちに
体が慣れてくるのであまり起こらなくなります。
筋肉痛が起こるってのは、
その部分の筋肉をふだんあまり使ってなかったということで、
使っていないためその部分にいらん脂肪がまとわりついてたりします。
その寝ていた筋肉をたたき起こして、
寝ていたすきにつきまとっていた脂肪くんを
「さあ、もうきみらの居場所はないよ」と、とっとと消えてもらう、
それによってその部分が細くなり、体重も減るってことですね。
ふくらはぎとか、腰まわりとか、おなかまわりとか、
背中とか、二の腕とかそのあたりですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-03-19 12:45:31

さてさて試合シーズンですよ

テーマ:ブログ
昨日は大原さんが来て下さいました。
いつもありがとうございます。

昨日はうーん天気が今ひとつだったためか
火曜日・水曜日にくらべて練習にいらした方は少なかったですね。
今日はどうなるでしょうか。
多数の方が練習にいらしてくださることを期待してます。
皆さん来てくださいね。

練習にいらした人数のピークは夜9時頃になりました。
遅い時間から練習を始められても大丈夫です。
1時間あれば十分にひととおりの練習をこなせます。
30分であってもところどころラウンド数を短縮して、
ひとつひとつのラウンドを集中して動けば
十分に練習の効果が上がり、満足感も充足感も得られるはずです。
ミットの2ラウンドははずさず、
その他の練習をラウンド数をけずって調整しましょう。
夜10時までめいっぱい練習して、その後に着替えを始めてもいいです。
また、女性の方は夜10時30分までシャワーを利用できます。
男性の方はすみません、10時までとしてます。


4月の試合の開催要項が届きましたので本日中に掲示しておきます。
告知した日程どおりの開催となります。
既に5名の方が参加の申込をされてますが、まだ受付しておりますので
出場を希望される方はボードに記名ください。

また、女子のC級演技競技会の開催要項も届きました。
既に数名の方から「受けるわよ」と参加表明を申し出られておりますが、
本日より正式に参加受付を開始いたします。
こちらはボードに記名する形式ではなく、
直接お申し出頂くことにします。
この競技会はいわば「C級検定実技試験」といったところで、
一定の点数をクリアすればC級認定され、
参加者のうち得点が上位であった方は表彰されることになります。

なお、試合出場、演技競技会参加のいずれも
2010年度の選手登録が必要になりますので
こちらもお忘れなくお願いします。
手続きは佐藤までお申し出ください。


その2010年度の選手登録申請受付を開始いたします。
これは4月1日から翌年3月31日までの1年間有効になる登録で、
公式試合への出場や、女子演技競技会の出場に必要となります。
登録者には選手手帳が発行され、
試合時の検診・計量結果及び試合結果が記載されます。
そのため、試合時には原則として選手手帳の携行が必要となります。
ただ、4月の試合に関しては
登録の完了が間に合わないかと思いますので、
申請中であっても出場できます。
しかし、5月の全国大会は
「登録完了印の押された選手手帳の携行」が絶対条件となり、
それがなされない場合は失格となり、出場できません。

ですので、4月以降公式試合に出る予定の方、出る考えのある方は
できるだけ早く選手登録をしておいてください。
年度の途中でも登録手続きはできますが、
4月・5月の試合に出る方はすぐに手続きをしてください。
なお、昨年度以前に登録をしていて、
4月より継続して登録をされる方は選手手帳を提出ください。
新規での登録、
選手手帳の結果記載ページがいっぱいになりかけている方、
選手手帳をなくしてしまった方は登録料の他、
手帳代も必要になります。


試合出場に関してですが、
まず、これまで試合に出た経験のある方は
希望すればそのまま出場できます。
初めて試合に出る、デビューとなる方については、
技量と体力が試合に出られるレベルであるかを考慮したうえで
出場させるかどうかを判断します。
技術面に関しては、攻撃面よりも防御の面を重視して判断します。
特にガードがしっかりとできているか、そのあたりを見ます。
攻撃については、インサイドブロー(グラブの内側で打つ)や
頭を下げたり前に突き出したりする、
そういった動きが目立つ場合は
ある程度まで矯正されない限りは出場させません。

なので、初めて試合に出る方については、
3ラウンドを戦い抜く体力があり、反則行為で自滅することがなく、
相手の攻撃をある程度防げる
(完璧は難しいとしても、ザル状態ではないレベル)、
そして何よりも「試合で勝ちたい」といった強い意志を持っている、
それだけ揃ってないと試合には出場させられないです。



今朝、女子更衣室内の掃除をした際に、
シューズラックの裏とか湿気でカビがはえかけていたところに
カビキ○ーを噴射して汚れ落としをいたしました。
そのため、まだ少しそのにおいが残っているかと思います。
夕方頃には落ち着くだろうと思いますが、
「なんか異臭がするわね」と思われる方、
そういうわけなのでご安心ください。

で、女性用のシューズラックですが、
どこが誰の使用区画だとか決まっているわけではないので、
どうぞ空いているところに靴を置いてください。
1人1区画(靴1足分)に限ります。
靴を置いて、その横にグラブなどの用具を置くといったことはだめです。
用具は靴の上に乗せて置いてください。


旧型のスタンディングバッグですが、
引き取ってくださる方がいらしたので昨日お持ち帰りいただきました。
今回はジムの関係者の方ではなかったのですが、
使ってくださるようでありがたく思います。

また、旧型のぶるぶるくんはまだ3階に残ってます。
もし「使いたいからほしい」と思われる方がいらっしゃいましたら、
さしあげますのでお申し出ください。
ただし引き取りにこられる方に限ります。
ジムの関係者の方でなくてもよいです。


来週月曜日の22日は祝日の振り替え休日となりますが、
ジムは自主トレーニングのみ受付として開館いたします。
時間は11時~18時までです。
スタッフは常駐いたしません。飲みものやタオル、
シャワールームは自由にご利用頂けます。
居合わせた練習生どうしでミットの打ち合いや
マスボクシングなどしてもらっていいですが、
スパーリングをはじめとする直撃をともなう練習は禁止いたします。
なお、チケット利用の方は、チケットが必要となりますので、
必ず1枚提出ください。



体験入会は3回までできます。
できれば2回、3回と体験されることをおすすめします。
だって初回はとにかくしんどいのです。
初めてのジム、初めて顔を合わせるスタッフ、
初めてのボクシング練習、と初めてずくめで緊張してしまううえ、
ふだん使い慣れない筋肉を使ったり慣れていない動きをするなどで、
筋肉痛は起こりまくるは、とてつもなく疲れるわ、
もちろん休憩は頻繁に入れるのですが、
とてもとても追いつかないです。
初回は誰でもそうなのです。
しかし2回目は筋肉痛も疲労感もそれよりずいぶん軽減されます。
気持ちも体も慣れるからですね。
3回目はそこからまたさらに楽になり、
逆に楽しさや面白さをより感じられるようになります。
なので初回で「あーもういいや」と終わらず、
できれば2回か3回お試しくださればわかってもらえるのに・・・
と思ったりします。
「ちがうんだっ! 誤解なんだ!」の心境ですね。
というわけでぜひぜひ数回の体験入会をおすすめします。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。