1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-02-27 12:56:33

マスボクシングの効能

テーマ:ブログ
昨日は夜に平川さんが来て下さいました。
いつもありがとうございます。

トレーナーとして指導及びご自身の練習とを兼ねて
ジムに来て下さる方を募集してます。
週1回以上入れるペースであれば、不定期でけっこうです。
時間帯も自由で、あいた時間に来て下さればよいです。
申し訳ありませんが報酬はありません。
指導できるレベルの方を求めておりますが、
目安としてはアマチュアの全国大会出場経験者、
もしくはプロボクサーとして
なんらかの実績をお持ちの方とさせていただきます。


レンゴージムさんより2人の方がスパーリングにいらっしゃいました。
いつも勉強させて頂くことになり、ありがたく思います。
対外スパーリングはほんとうにいい練習になり、
当ジムの練習生にとってもいい練習機会です。


昨日はマスボクシングデビューを果たされた方もいらっしゃいました。
この実戦練習がいちばん練習効果が高くなります。
スパーリングはもちろんですが、
直撃をともなわないマスボクシングもなかなかです。
よける、さばく、すきを突いてすぐさま攻撃する、
など相手の動きに対応する時間が多く、
それだけに自分のペースで自由に動ける
シャドウボクシングやサンドバッグとは違い、
瞬発力や対応力が求められることになり、
それが自然に身についてきます。
なので、相手の攻撃を無視して
自分の攻撃ばかり一方的にするといったことでは
練習効果は半減します。
初めてマスボクシングをされる方には、
まずパリング(防御動作のひとつ)を教えてます。
まずは相手の攻撃をどうさばくか、それを念頭におき、
慣れてきたらさばいた直後に打ち返すことを意識して動いてもらう、
といった流れで進めてます。
さらに回数を重ねるうちに、
最初のうちはぎごちなかったそれらの動きがなめらかになり、
ジャブからの攻撃の組み立てや、距離のとりかた、
距離に応じての攻防などいろいろと考えながら動けるようになります。


ホットペッパーの最新号が入荷しましたので、
女子更衣室内に置いておきます。
女性練習生の方々はもちろん、
体験入会にいらした方もどうぞご自由にお持ち帰りください。


ダイエットの目的や、あるいは減量目的で
ウェアをたくさん着込んで練習される方を
ちらほらと見かけますが、体温調整には十分気をつけてください。
体が熱くなりすぎると、動きにくくなります。
特にスピード、体のキレ、それらがなくなってきます。
外でロープを跳んだり、あるいはロードワークをする場合は
多少厚着をしても大丈夫ですが、
ジム内は室温が高くなってますので、
すぐに体温が高くなり汗だくになります。
ちょっと熱くなってきたなと感じたら
ウェアの枚数を減らすなどして調整しましょう。
くれぐれもオーバーワークにならないようにしてください。
また、水分補給も忘れずにしておきましょう。


忘れ物のバンデージを昨日まとめて洗濯いたしました。
もうあまりにも忘れられた本数が多くなってまして、
箱に山積み状態になってましたので一度まとめて洗濯しました。
ウェア類は忘れられていたその日のうちに洗濯して、
数日後に乾いた状態で箱に入れておくようにしてますが、
バンデージはこのところそのまま箱に入れておくようにしてました。
しかし、引き取りが少なく収集がつかない状態になってきたこともあり、
一度整理すべきかと、洗濯して、巻いて、
また箱に入れておくことにしました。
忘れられた方、たぶんどれが自分のものかわからないと思いますが、
とりあえずは探してみてください。
ただ、ウイニング製の公式試合用バンデージや、
当ジムで入会者にさしあげているメーカーの
バンデージではないものも含まれており、
それらは判別できるのではと思います。


スパーリングを希望される方は、
スパボード(左から2番目)に記名ください。
毎日更新してます。
また、記名がなくても「今日スパーリングやる?」と
声をかけることもあります。
もちろん強制することはありませんので、
体調がいまひとつであるといった時は
無理をすることなくマスボクシングにとどめておくなどしてください。


「手ぶらで体験入会」や「見学即体験入会」も好評です。
連日ご利用者がいらっしゃいます。
どうぞ遠慮なくお申し出ください。

けど何も持たずに行ったら
「いくらいいよと書いてあっても、練習するのに手ぶらで来たんかい、
どあつかましいこっちゃ」
などと思われるのはいやだな・・・と気をまわす方も、
もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、
いやいやそんなことを思ったりはしませんので大丈夫、
どうぞお気軽にふらりとお立ち寄りください。

どうしても気になるよといった方は
ちょっとした芝居を打ってください。
あなた「あの、ちょうど近くを通りかかったんで
見学させてほしいんですが」
スタッフ「どうぞどうぞどうぞ、ゆっくりと見ていってください。」
あなた「ありがとうございます」
そしてとりあえず数分練習を見てからおもむろに
あなた「うーん見てたら自分もやってみたくなっちゃった、
このままでできますか?」
スタッフ「うーんスーツのままでは無理ですね、
    よかったらビジター用のウェアをお貸ししますよ」
あなた「えっ、ほんとうですか、ではぜひお願いします」
といったごく自然な流れで、
見学から体験入会に移行させる「役者シフト」も可能ですので
どうぞご利用ください。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-02-26 12:48:44

今、うちのジムはこうなってます

テーマ:ブログ
今日は終日雨が降るようで、外でロープが跳べないです。
どうぞジムの中で跳んでください。


気温が高くなってきており、シャワーを利用される方が増えてます。
シャワールームの利用は男性は10分以内、
女性は15分以内とさせて頂いてます。
ジムを出て、戻るまでの間でそれらの時間とお考えください。
次にお待ちになっている方がいることも多くなってます。
ご協力のほどお願いいたします。


数名の練習生の方より直接、またはメールで
「前トレーナーの退職についての内容表現が厳しすぎるのでは」と
ご指摘がありました。
今月のはじめ、新体制に切り替わった際に、
退職に関連する説明を書いたあたりから
そのような指摘を何度か頂きました。
うーん確かにそうだなと今感じております。
昨年12月頃からたびかさなる苦情への対応やその他で
気持ちの余裕がなくなっていたこともあり、
ついつい感情的になってしまった部分があったと思います。
今あらためて考えますと、最後は良い形ではなかったものの、
長く勤めたトレーナーに対して、
礼を失した表現であったと反省しております。
いきすぎた表現については、本人はもちろんのこと、
ご指摘を下さった方々をはじめとして
読まれた練習生の皆さんに
不快な思いをさせてしまったのではないかと思います。
関係するすべての方々に、この場を借りましてお詫びを申し上げます。

現在の当ジムですが、新体制に転換して約1か月となりました。
指導陣が入れ替わっただけではなく、
指導方針もところどころ変わってます。
メインで指導にあたっている大竹さんも「こなれてきたな」と感じます。
ミットを受けることで練習生各自の技量を把握し、
今の実力よりも少し上のレベルを追いかけさせる形での
指導方法をとられてます。
特に、試合に出る出ないにかかわらず、
上級レベルであると判断された方には
少しハードなミット打ちを課しているようです。
それは年齢・性別を問いません。
たとえば、試合に出ることはないであろう年代の女性であっても、
「かなりできる」レベルの方には少しハードなミット打ちを課してます。
練習にいらっしゃる方は、皆さんどういう目的であれ総じて
「もっとうまくなりたい」「もっと強くなりたい」と
考えておられるでしょう。
そうなるには、「これくらいでいいだろう」ではなく
「ちょっと難しいな」くらいに感じるレベルに
挑んでいくことが実力向上のいちばん手っとり早い方法だと思います。

ミット打ちですが、現在は原則としていらした方全員に
トレーナー陣もしくは私がミットを受けるようにしてます。
ディフェンス練習のために練習生どうしがミットを受け合ったり、
練習生がミットを持ち、トレーナーに打ってもらうといったことも
自由にやってもらってますが、
それはあくまでも練習のひとつであり、
トレーナーがミットを持つことは別物と考えてます。

マスボクシング(直撃しない実戦練習)も
ほぼもれなくいらした全員の方にやってもらってます。
体験入会の方はもちろん、まだ早いかなと思われる初心者の方は
もう少し時間をかけることとしてますが、
今は以前より少し早い段階で
マスボクシングに進んでもらうことにしてます。
ただ、時間帯によっては組み合わせができないこともあります。
いらしている人数や、皆さんそれぞれのその日の練習進行状況によって、
組み合わせにあぶれてしまう方が出てしまうこともあります。
トレーナーや私が相手となって調整することもありますが、
体力的な面や(間をあけずに何セットも連続はきついです)、
指導に手いっぱいでその余裕がないといったこともありまして、
組み合わせが困難になることもあります。
その時はすみませんがご容赦願います。


新体制になって1か月、
指導陣の動きの早さ、指導への集中、それらが高まってます。
そのため全員の方のミット打ちはもちろんのこと、
さらに必要に応じたまんべんない指導も実現できており、
ジムフロア内には無理なく練習に集中できる空気があるように感じます。
かといって、ぴりぴりした鋭い空気や、殺伐とした空気ではありません。


体験入会にいらした方や、
練習を始めて間もない方が時々おっしゃることに、
「私なんぞが練習するのは場違いではないかと気遅れしてしまう」
です。
確かにその気持ちはわかります。
ハイスピード・ハイテンポの動きで練習されている方々を見て
「うわっ・・・」と感じてしまうことってあると思うのです。
しかし、そのハイスピードの方々も最初はおっかなびっくりで、
ぎごちない動きをされてました。
これは例外なく皆さんほとんどそうなんです。
最初からうまく動ける方っていないですよ。
指導陣の面々はもちろんのこと、
「速く・うまい」練習生の皆さんもそれはよくわかってますので、
初心者の方には何かとやさしいです。
しかし、1か月も練習すれば、その「速く、うまい」方々の中に
ご自分も加われると思います。
そして今度はご自分が
「うわっ、速くてうまい・・・」と思われる立場になってたりします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-02-25 11:25:52

ロードワークは無理せずに

テーマ:ブログ
昨日は夕方に松本さんが来て下さいました。
皆さんいつもありがとうございます。


久しぶりに練習にいらした方がまた何人かおみえになりました。
何か月、何年練習から離れて久しぶりにジムにいらしても
まったく抵抗も違和感もなく練習を再開できます。
毎日いらっしゃる方にも、
たまーに出てこられる方にも対応を変えることはありません。
皆さん同じように指導と対応をいたします。

ただ、練習が久しぶりになった方は、
体がなまっていることもありますし、
練習を再開していきなりハードな運動をしないほうがいいと思います。
ローペースで、ラウンド数もあまり多くならないようにしましょう。
まずは体を慣らしていくことですね。


ジム内での練習の前後に
ロードワークをされる方が何人かいらっしゃいます。
車や通行人の方に気をつけることはもちろんですが、
気温にも十分に気をつけてください。
昨日はわりと外気が高かったようですが、それでもまだまだ寒いです。
ジムフロアは暖房に加えて
練習されている皆さんの熱気で室温が高くなっており、
その分外の気温との温度差が激しくなってます。
走っているうちに体温も上がっていくのですが、
ウェアの枚数などでジム内外の温度差を調整するなど
考えてみてください。

ロードワークは同じペースで走り続ける方法と、
途中で何本かのダッシュを入れる方法があります。
走ることで足腰の強化、スタミナの養成、カロリーの消費、
といった効果がありますが、
ダッシュを入れることにより、瞬発力の養成効果が加わります。
ロードワークの距離、ダッシュの本数や距離は
特におすすめするものはありませんが、
その日の体調によって変えてもいいと思います。


相変わらず忘れ物が多いです。
特にバンデージは、はずした後足元などに置いて、
そのまま置き忘れてしまうといったことが多いようです。
忘れ物箱に入れておきますので、後で持ち帰ってください。
名前が書かれていないものがほとんどなので
どれが自分のものなのかわからないといったこともありますが、
「これではないか」と思われる物を持っていってもらえればいいです。


当ジムの女性練習生ですが、
最初から「私は選手として試合に出たい」とか
「スパーリングをしたい」と
希望されて入ってこられた方はいらっしゃいません。
「やせたいから」といったダイエット目的、
「部分的にやせたい」といたシェイプアップ目的、
「体を動かしてストレスを発散させたい」といった
フィットネス目的といった方がほとんどです。
中には「格闘技に興味があった」といった方もいらっしゃいますが、
きわめて少数です。

ですのでほんとに最初は
「最近運動不足だし、軽く運動やってみるか」
「けど1人で走るとかしてもおもしろくないし、
 1人では長続きしそうにない」
「スポーツクラブは費用が高いし、やることが単調になるのでは」
「じゃあちょっくらボクシングでもやってみっか」
「サンドバッグってのをたたいてみたらおもしろそうだ」
といった程度の連想ゲームでお越しくだされば十分です。
実際に初回の練習からサンドバッグ打ち、ミ
ット打ちをやってもらってます。
また、ただ単にサンドバッグとたわむれるかのように
むやみにぺしぺしとたたくのではなく、
ちゃんと正しい形で全身を使って
効果的に力を加えられるように指導いたします。
でないと、好き勝手適当に打ってるだけでは、
最初は楽しいかもしれませんがすぐに飽きます。
正しく打たないとおもしろくはないのです。
そういったこともあり、いらした方には丁寧に熱心に指導いたします。
その指導によって技量や実力が向上していくと、
さらにその先にそれまで見えなかったものが見えてくるようになります。
そうなればまた新たなおもしろさや楽しさを発見することになり、
ああボクシングって奥が深いな楽しいなと
またあらためて実感することになります。

私どもスタッフも個々の上達度合によって
練習内容のレベルを上げたり、
新しいものを提供したりにより、
マンネリになったり飽きたりしないようにいろいろ考えてます。
ボクシングは楽しくおもしろいです。


体験入会について時々聞かれるのですが、
練習の時間はおおよそ1時間程度になります。
ですので夜9時頃にジムに入ればラストまで練習できます。
ただ、時間を気にせずにのびのびと練習したい、とか
終わってからのシャワーは絶対はずせない、といった場合はさらに
もう30分ほど早く入ってもらえれば大丈夫です。

また、「女性練習生はいつも何人くらい来てますか?」
との質問を頂くことがありますが
いちがいに何人とはいえないです。
多くいらっしゃる日もあれば、少ない日もあります。
ただ、女性の人数もわりと多く、
昼も夕方も夜も何名かが練習しており、
時には6~7名が同時に練習されていることもあります。

あと「友人といっしょに体験入会に行ってもいいか?」ですが、
もちろんOKです。
2人、3人はもちろん、もっと多くても大丈夫です。
これまでの最高記録が5人同時だったと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-02-24 12:20:30

スパーリング後に当事者反省会を

テーマ:ブログ
昨日は昼に椎葉さんが来て下さり、夜は平川さんが来て下さいました。
ミットにマスボクシングの相手にと、動きまくっての指導をして下さり、
いつもいつもありがとうございます。

トレーナーとして指導及びご自身の練習とを兼ねて
ジムに来て下さる方を募集してます。
週1回以上入れるペースであれば、不定期でけっこうです。
時間帯も自由で、あいた時間に来て下さればよいです。
申し訳ありませんが報酬はありません。
指導できるレベルの方を求めておりますが、
目安としてはアマチュアの全国大会出場経験者、
もしくはプロボクサーとして
なんらかの実績をお持ちの方とさせていただきます。
多数の方のご協力を頂ければうれしく思います。
トレーナーの人数に定員枠は作っておりません、
ご自身の練習をするかたわらで、
練習生の指導もして頂ければよいです。


3月に神戸で開催されるサッカーJリーグの入場券を頂いております。
場所が遠方になるのですが、
行きたいとご希望の方は自由にお持ち帰りください。
数に限りがありますので、
ペアで行かれるとして1人2枚までにしてください。
ボードに貼っておきますのでどうぞご自由にお持ち帰りください。


女子の「演技の部」競技の
種目内容についての項目内容を貼り出したところ、
「コピーして1部もらえないか」とのご要望を頂きました。
同じように考えられる方もまだいらっしゃるかと思いますので
とりあえずは5部ほど持ち帰り用として貼っておきます。
演技の部検定を受けてみようかなとお考えの方は
どうぞお持ち帰りください。

なお、この検定を受けるには選手登録が必要になります。
日本アマチュアボクシング連盟への選手登録となり、
4月から翌年3月までの1年間が有効期間となります。
4月以降(2010年度)の選手登録は
3月中に受付を始める予定です。

3月27日の女子合同練習会ですが、
現在1名の方より参加の希望を頂いてます。
行こうかな、どうしようかな、と迷っておられる方、
いっしょに行く方がいますよ。
1人ぼっちではありません。
ということで参加を希望される方は佐藤までお知らせください。


もう連日のように忘れ物が多く、困ってます。
バンデージなどもう毎日どなたかが忘れていかれており、
名前が書かれてないのでどなたのものかわからず、
忘れた方もどれが自分のものなのか
確認ができないといったことになってます。
グラブ・バンデージ、それらにはできるだけ名前を書いてください。
同じメーカーのものを使われている方が多いので、
忘れた場合にどなたのものか区別がつきません。
というわけで皆さんよろしくお願いいたします。


昨日はスパーリングの他、
いろいろなんやらかんやらあれこれと練習を進めました。

スパーリングについてですが、
スタッフの側から「やるかね?」と声をかけることもありますが、
希望される方にもやってもらうことにしてます。
その希望なのですが、直接スタッフに伝えてもらってもいいですし、
「スパーリング希望ボード」に書いてもらってもいいです。
ただ、相手がいないといったこともありますので、
必ずしもできるとは限りません。
特に昼の時間は時間帯によっては
組み合わせができないこともあります。

今週金曜日の夜にレンゴージムさんより
数名の方がスパーリングにお越しになります。
対外スパーリングをやりたいと希望される方は
19時30分頃から始めますので
その前後にジムにいらしてください。
特に4月の試合に出る予定の方、出るつもりの方、
出ようかなと思っておられる方は
いい機会ですのでぜひ対外スパーリングをこなしてください。
ジム内での練習生どうしでのスパーリングとは緊張感が違いますので
実力の伸びかたもまた大きくなります。


昨日も見かけたのですが、スパーリングやマスボクシングをされた後で、
グラブを合わせた相手の方にアドバイスを求めるのは実に有益です。
アドバイスでもいいですし、感想でもいいです。
相手は自分に対してどう攻めようと考えていたのか、
自分にガードの甘さはなかったか、
攻撃をしかける時のくせやモーションは読まれてなかったか、
その他いろいろ気になることを直接聞いてみてください。
また、自分の側からも「こういう動きをされたのでとまどった」とか、
「この部分のガードが甘いので狙った」とか、
遠慮なく言ってあげてください。
それらは自分の長所であり、短所でもあります。
特に修正すべき部分があるなら、
そこを集中して練習して直しておかないと、
他の方とスパーリングあるいはマスボクシングをした際にも
同じようにつつきまわされることになります。
相互にアドバイスや感想を述べ合うことで
練習効果をより高めていきましょう。


現在練習は午前11時から始められます。
ただし、12時までの1時間は
スタッフが不在になりますので自主トレーニングのみです。
居合わせた練習生どうしで
マスボクシングなどやってもらうことは可能ですが、
直撃をともなうスパーリング等は禁止してます。
12時からは大竹さんが入りますので、11時にジムに入って、
体操・ロープ・シャドウボクシングと念入りにこなして、
大竹さんがいらしてからミット打ちをするといった流れで
練習されてもいいかと思います。

体験入会の受付は12時以降になります。
少し早く来てしまった方は申しわけないですが
12時以降に出直していただくか、
もしくは12時までお待ちください。


「手ぶらで体験入会」受付中です。
ウェアも靴も持たずに予約なしで
いきなり体験入会に来てくださってよいです。
また、靴だけ、とか半パンだけ、
といった部分貸しも受付してますので
お気軽にお申し出ください。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-02-23 10:00:00

女子「演技の部」競技

テーマ:ブログ
昨日は昼の時間に椎葉さんが、
夜は竹原さんと建部さんが来て下さいました。
皆さんありがとうございます。

トレーナーとして指導及び
ご自身の練習とを兼ねてジムに来て下さる方を募集してます。
週1回以上入れるペースであれば、不定期でけっこうです。
時間帯も自由で、あいた時間に来て下さればよいです。
申し訳ありませんが報酬はありません。
指導できるレベルの方を求めておりますが、
目安としてはアマチュアの全国大会出場経験者、
もしくはプロボクサーとして
なんらかの実績をお持ちの方とさせていただきます。


女子の「演技の部」の検定内容について
まとめたものを貼り出しておきました。
4月に演技競技会が開催される予定になってますので、
受ける考えのある方はご確認のうえ練習をしておいてください。
この「演技の部」の検定は受検年齢上限が65歳です。
「実戦の部(試合)」は35歳未満となってますが、
その試合に出場するには演技の部の検定で
C級に合格することが必要となります。
また、演技競技の選手権大会なども行われており、
そちらで入賞することを目標として練習に励むってのもありです。

その「演技の部」の合同練習会が
3月27日(土曜)に予定されてます。
場所は枚方市、近畿アマチュアボクシング連盟女子委員会の主催です。
要項を貼り出しておきますので、
参加希望者は佐藤までお申し出ください。


そろそろ3月分月会費の納入をお願いいたします。


4月以降の試合スケジュールも貼り出しておきました。
昨年とほぼ同じ内容になりますが、
いくつか変更されているところがあります。
4月の試合は土日の2日間にわたって開催されますが、
土曜日に成年の部、
日曜日に少年の部の試合が行われることとなってます。
昨年とは逆になっておりますので、
出場を考えている方はお気をつけください。

また、これから試合デビューを考えている方は、
いつの試合でデビューを果たすかを
あらかじめおおよその時期を決めておきましょう。
そしてその時期から逆算して、今どんな練習をすべきか、
どれくらいのレベルに達しておくべきか、それらを考えてください。
判断に迷うところがあればスタッフにご相談ください。

仮に決めた時期に間に合わなかった、仕事の都合等で出られなくなった、
そのようなことがあっても、
次の試合は半年後あるいは1年後になるといったことはありません。
早ければその翌月、長く間があいても数か月といったところです。
既に今も何名かの方から試合デビューの考えを、
また1名の方が4月のデビューを申し出られてます。

4月の試合ですが、現在3名の方が出場を表明されてます。
その3名ともライト級以下、
4月から階級区分が変わる対象の階級です。
再度自分の出場する階級の
新しい体重リミットを確認しておいてください。
くれぐれも「不必要に減量しすぎた」といったことのなきよう
ご確認のうえで調整を進めてください。


昨日はある練習生が、
トレーナーを相手にミットを受ける練習をされてました。
打つのではなく受ける側の練習です。
時々練習生どうしでミットの打ち合いをされていることがありますが、
打つ側はもちろんのこと、受ける側も防御の練習になります。
相手の動きをよく見て、打ち出しの微妙なモーション、
打ってくるタイミング、パンチの軌道、パンチが到達するタイミング、
それらを体感することが実に有益な防御の練習になります。
最初はジャブやストレート系のパンチを打ってもらい、
慣れてくればフックやアッパー、さらにはボディへの攻撃なども加え、
さまざまなパターンの攻撃をさばけるように練習しましょう。


体験入会ですが、ボクシング未経験の方の初回の練習は
けっこうしんどくなったりします。
個別の体力を考慮し、様子を見ながら適宜休憩をとるように指示して、
無理のないペースで進めていきますが、
それでも日常生活では使わない筋肉を使うことも多く、
終わった後は筋肉痛に悩まされることも多いです。
で、ひととおりの練習後はまず、ぶるぶるくんに乗ってもらいます。
操作方法はスタッフが指示します。
簡単なので「操作」とはおおげさですが。
ぶるぶるくんはマッサージ効果が高いため、
練習後に必ず乗るようにしましょう。
その後、柔軟体操を念入りにしてください。
練習の最初と最後の柔軟体操はしっかりと行いましょう。
それだけで筋肉痛の度合が変わってきます。

以上「筋肉痛はつらいよ」などとさんざん書きましたが、
それは最初のうちだけですし、
「おもしろかった」「楽しかった」と、
2回、3回体験練習にいらっしゃる方も、
本格的に練習を始める方もかなり多いです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-02-22 12:58:42

4月から階級区分変わります

テーマ:ブログ
先週土曜日は多数の方が練習にいらしてくださいました。
皆さんありがとうございます。

で、先日予告しました「お伝えすべきこと」ですが、
まず、既にご存知かと思いますが、
アマチュアボクシング競技の階級区分が変わります。
4月1日以降、新階級が適用されます。
変更されるのはライトフライ級からライト級までの階級となり、
ライトウェルターから上はこれまでどおりです。
また、ジュニアのみの階級であったモスキート級が
「ピン級」と名称変更されます。
詳細は試合出場希望ボードに貼っておりますのでご確認ください。
特に4月の試合に出る方は必ず確認のうえ、
新しい体重区分に合わせてください。

あと、来年度(4月以降)の試合のスケジュールも貼り出しております。
ただ、今後日程に変更があることも考えられます。


土曜日は昼は大竹さんと竹原さんの2人が、
夜は建部さんが来て下さいまして、終日2人での指導体制となりました。
私佐藤はいつもより遅い時間にジムに入りました。
多数の方が練習にいらしたのですが、
2人体制でなんとかカバーできたようで、
ただ、シャワールームのタオルがきれてしまったり、と
少々不手際も起こったようで申し訳ございません。


先週の金曜日になりますが、
女性練習生の方が新たにスパーリングデビューを果たされました。
スパーリングはマスボクシングと違って緊張感も大きく、
それだけに打ちあいや防御のひとつひとつが
体にしみこむような練習になります。
また、体力の消耗度やカロリーの消費度合も高くなります。

スパーリングは希望される方及び、
そろそろやってもいいレベルかなと思われる方に
「やってみますか?」とおすすめしてます。
ただ、その時に相手をできる方がいない場合は
すぐにスパーリングができないこともあります。

また、「やりたいと思ってるんだけど声がかからない」
といったこともあるかもしれませんので、
「スパーリング希望ボード」なるものを作ろうかと思います。
練習にいらした際、その日スパーリングを希望される方は
そのボードに名前を書いてもらうといった方式にしようと思います。
近日中に実施いたします。
また、名前を書いてない方にも「今日やらない?」
と声をかけることもあります。

あと、「マスボクシング」と「スパーリング」を
混同されている方もいるようですが、
その2つはまったく別のものです。
スパーリングはお互いに直撃をする実戦練習です。
そしてマスボクシングは直撃しない実戦練習です。
ただし慣れた方どうしで「腹は直撃ありにしよう」など、
独自のルールを作って練習することもあります。
また、マスボクシング初心者どうしの場合は
「防御を中心にしてやってください」と
スタッフより指示をして進めてもらうこともあります。
いずれにしても原則として直撃は禁止、
当てずに止めることをルールとしてます。
当てないように止めることも距離感をつかむ練習です。
もし勢いあまって当ててしまった場合は謝ってください。


現在、女性用シューズラックの靴の整理をしております。
更衣室前の廊下に置かれている靴で自分のものがあれば、
使った後ラックに戻してください。
一定期間戻されないままの靴は
持ち主がいないものとして処分いたします。
また、シューズラックの空いているところは
自由に靴を置いてもらってよいです。


先日からお伝えしてますが、忘れものが多いです。
忘れ物箱がまた山積み状態になってます。
今月中に再度忘れ物箱の整理をしないといかんかなと思ってまして、
古い忘れ物は処分することになります。
忘れ物をしたおぼえがある方は一度箱の中をご確認ください。


体験入会は3回までできます。
3回めいっぱいやってもらってもいいですし、
1回か2回こなされた後に入会されるといったことも可能です。
もちろん、3回やってみたけど
やっぱやめとくわってことでもかまいません。
初回は筋肉痛が激しくなりますが、2回目はそれほどでもなくなり、
3回目はさらにそれほどでもなくなります。
まあぜひとも一度おためしください。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-02-20 20:18:01

本日更新できません

テーマ:ブログ
本日私佐藤は兵庫県の高校新人大会審判及び、
兵庫県連盟の常任理事会出席のため、
ほぼ終日外出しとりました。
なので本日はサイトの記事更新ができません。

会議で出た議案や決定事項のうち、
いくつか練習生の皆さんにお伝えすべきことがあります。
詳しくは来週月曜日にここで書きます。
また、ジム内でも掲示するなどして周知徹底につとめたく思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-02-19 13:49:30

モニター練習生の正体は?

テーマ:ブログ
昨日はうーん人数が多い時間帯と少ない時間帯が分かれた1日でした。
まあそんな日もあるわさ。

練習人数のピークは21時前頃でした。
少々遅い時間になっても十分に練習できますので、
夜9時を過ぎてからでも遠慮なくジムにいらしてください。


シャドウボクシングについて質問を頂きました。
まず、おおまかに区分すると、
「フォームを確認するために行う」と
「相手を想定してイメージトレーニングを行う」
で練習してください。
フォームの確認は、鏡に向かって自分の動きを確認しながら行います。
わきは開いてないか、腕だけで打っていないか、
腰はしっかり回っているか、
打った後にひいた拳はあごを守る位置に戻っているか、
初心者の方はそのあたりをひとつひとつ確認しながら動いてください。

初心者を超えた中級者以上の方は
あまり鏡に向かって動くことはないのではと思いますが、
されるのであれば、コンビネーションの連打を繰り出した際に、
全体の動きの形が崩れてないか、バランスがとれているか、
そのあたりを確認しながら動くのがいいと思います。

相手を想定してのイメージトレーニングですが、
相手が自分の目の前におり、
打ちあいをしているものと考えて動きます。
なので、自分だけが一方的に打ちまくる動きだけではなく、
相手が打ってくるパンチをさばいたり、かわした後に打ち返すとか、
すばやく立ち位置を変えてそこからまた攻撃に転じるとか、
いろいろと攻防のパターンを繰り返してみましょう。


ダイエットモニター練習生が
久しぶりに7名の定員枠いっぱいになりました。
本日全員のブログにリンクをはりまして、公開いたしました。
「ブログに書いたこの練習内容を見れば、
これが誰なのかばれてしまいますね」と
おっしゃった方もいらっしゃるのですが、
うーん、ばれたらばれた時です。
けどまあばれてもジムにもご本人にも
何か弊害があるってわけでもないです。


ひきこもりモニター練習生も現在募集中です。
こちらもまず体験入会をされたうえでご応募ください。


ジムに出入りする際のあいさつですが、
あいさつなしでこそっと入ってきて、
練習した後にこそっと帰ってもいいです。
「大きな声であいさつしろ」とか
「やり直せ」などと強制することは一切ありません。
できる人は「それくらいできるだろ」と思われるかもしれませんが、
それができない、苦痛であるといった方もいらっしゃるのです。
「学生のうちはそれでいいかもしれないが、社会では通用せんぞ」と
おっしゃる方もいると思いますし、私も同感です。
ただ、それを苦痛だと感じる方の気持ちもよくわかるのです。
なので強制は一切しません。
「できるけどしない」のではなく、
「したいけどしない」方には何も言いません。
その方々は多かれ少なかれ、
そのことにコンプレックスをお持ちのはずです。
今できなくても、いつかできるようになればいいではないですか。
なので気にせずにいらしてくださればいいです。

また、スタッフの側はどなたにもあいさつをします。
ジムに入る時は必ずあいさつをしてます。
ジムにいらした方には必ず「こんにちは」とあいさつをしてます。
夜も「こんにちは」で通してますが、まあいいではないですか。
中には夜でも「おはようございます」と入ってくる方もいますが、
飲食関係をはじめとした業界では
朝も夜もあいさつは「おはようございます」なのです。
それも別にいいかと思います。

しかし、ひとつご容赦を頂きたいのは、
スタッフがあいさつをできない状況にあることもあります。
まず、マスボクシングをしている真っ最中はすみません、
ご容赦ください。
あと、ミットを受けている時も
タイミングによりできないことがあります。
練習生が打つモーションに入って、それを受けるまでの間とか、
打ちかたなど指示や指導をしている時などですね。
そういった時もありますので、あらかじめご理解ください。


明日の土曜日ですが、私佐藤は試合(高校新人大会)の審判等で
ほぼ終日外出します。
そのためサイトの更新が十分にできないことになりますが、
ご容赦ください。


体験入会は予約なしでいつでもいらしてください。
昼は12時から受付できます。
夜は21時までに入ってくだされば練習できます。
平日は夕方17時から18時30分頃が
比較的練習されている方が少ないです。
しかしいついらしてもスタッフがていねいに指導いたしますので
どうぞ遠慮なくお気軽にいらしてください。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-02-18 11:24:44

筋肉痛を「きんちゃん」と呼んでいいか?

テーマ:ブログ
昨日は夜にレンゴージムさんから練習生の方が
スパーリングにいらっしゃいました。
いつもながらいい勉強をさせて頂き、ありがたく思います。


昨日はまた女性の方が実に多くいらっしゃいました。
といっても何十人・何百人といった人数ではありませんが。
女性が多いとはなやかですね。
しかし、女性への指導は手を抜いて適当にするとか、
逆に男性よりも丁寧に、何ラウンドもはりついて指導するとか、
そういったことはいたしません。今はもうそのようなことはありません。
いらした方には公平に平等に、丁寧で実のある指導を心がけてます。
ただ、練習生それぞれの進度に合わせて
指導内容が変わるってことはあります。

久しぶりに練習にいらした方もまたまた数名いらっしゃいまして、
いやいやほんとにうれしいうれしい感激です。
いやほんとに何か月・何年練習から離れられても、
再開することは簡単です。
何も言わずいらして、そのまま練習すればよいです。
チケットをお持ちであればそのまま使えますし、
お持ちでなければ購入されるか、月会費を払ってすぐに練習できます。
まあそんなわけで長いこと練習から離れていらっしゃる皆さん、
いつでもお気軽にいらしてください。
皆さんがご存じのジムとはまったく違った雰囲気になってます。
どうぞ一度だまされたと思っていらしてみてください。
「くそっ、だまされたよ」などと思われるようなことはないです。
大丈夫です。


4月以降の試合ですが、
おおよその時期は昨年4月以降のスケジュールと同じだと思います。
前半シーズンは4月・5月・7月・と大会があります。
選手として試合に出る方、これからデビューを考えている方は、
どれに出るか、どこでデビューするかを考えておきましょう。
ただ、5月の試合はデビュー出場はできません。
すでに試合出場実績がある方に限られます。

忘れ物があいかわらず多いです。
なぜだっ!?
いや、なぜかはわからないのですが多いのです。
昨日も女子更衣室内にコンビニで買って
そのままの状態だと思われる雑誌が忘れられており、
忘れ物箱に入れておきました。
で、忘れもんをされた方は忘れ物箱(ぶるぶるくんの背後にあります)
から引き上げて持って帰ってください。
心あたりのある方は断りなしに確認して持ち帰ってくださってよいです。
ただし、間違えて自分の忘れたものではないものを
持って帰らないように気をつけてくださいね。
昨日もどうやら間違えではないかと思われることがあったようです。
よく確認したうえで引き上げてください。

ただ、そこで確認しづらいのがバンデージとパンチンググラブですね。
どちらも同じものを持っている方が多数いらっしゃいますので、
名前が書かれていないと
どれが誰のものなのかわからないことになります。
バンデージは週に何組も忘れられておりまして、
ほとんどに名前が書かれておらず、
とりあえず箱に入れてはいるのですが、
はたして持ち主本人のもとに戻っていってるのでしょうか。
絶対に忘れることなどあるわけなーいと断言できる方はまあいいとして、
うーん忘れることもあるだろうなと自覚をお持ちの方は、
名前を書いておくことをおすすめします。


サイト内に「今月のラッキースター」というコーナーがありますが、
12月に初回分記事が掲載された後、
更新されていないではないかばかもんとご指摘を頂きました。
すみません、更新すること以前に、
コーナーを作ったこと自体を忘れておりました。
このまま何もなかったかのように
コーナーを消し飛ばしてしまうかなとも考えましたが、
1回だけで終わりにするとか、
「捨てるの? その程度だったの?」といったことは、
何事においても私のポリシーに反することでもあり、
せめてあと何回か続けてみようと決めました。
できるだけ早いとこなんか書きます。

さらに「裏ブログもずっと更新してないけど、どうなっているのさ」
などとご指摘がありました。
こっちはそうですね、当分は休載ということにします。


リングの利用について少し書きます。
リングは皆さん自由に使って頂いてかまわないのですが、
練習する内容によって利用の優先順位があります。
まず、スパーリングや女王様のマスといった
直撃をともなう練習が最優先となります。
それらをする際には、
その当事者2名とレフェリー1名以外はリングから出て頂きます。
次に、マスボクシングとミット打ち、
そして体験入会あるいは超初心者レベルの方の
シャドウボクシング(かまえかたをはじめとするフォームチェック)
が優先となります。
そして、ごく普通のシャドウボクシングがいちばん最後になります。

なので、リング上でマスボクシングが2組同時進行している、
マスボクシングとミット打ちが同時に進行しているなどの際は、
普通のシャドウボクシングはリングの外で練習して頂きたく思います。

なにぶん限られたスペースであり、練習にいらした人数が多い時などは
少々せまい思いをさせてしまうこともありまして、
はなはだ恐縮とは存じますが、
どうぞご理解のほどお願いいたします。


体験入会はおおよそ1時間程度の練習になります。
その間ぶっ通しでひたすら練習をするというわけではなく、
時々休憩をはさみながら進めていきます。
なのでそれほどきついと感じられることはないですが、
ふだん使わない筋肉を使いまくることになるので、
筋肉痛が起こると思います。
それもまあいわば最初のうちだけで、
慣れれば起こらなくなります。
なので「これを毎回味わうことになるのか」と
心配なさることはありません。
大丈夫ですよ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-02-17 11:48:48

マスボクシングで効率よくダイエット

テーマ:ブログ
昨日はまあなんというかおちついた1日でした。
いや別に波瀾万丈の毎日をおくっているわけではないですし、
おちついた日がほとんどなのですが、
うーんまあなんとなく書いてみました。

夜は松本さんと平川さんがお越しになりまして、
ミットやマスボクシングやその他いろいろと指導をして下さいました。
いつもありがとうございます。

トレーナーとして指導及び
ご自身の練習とを兼ねてジムに来て下さる方を募集してます。
週1回以上入れるペースであれば、不定期でけっこうです。
時間帯も自由で、あいた時間に来て下さればよいです。
申し訳ありませんが報酬はありません。
指導できるレベルの方を求めておりますが、
目安としてはアマチュアの全国大会出場経験者、
もしくはプロボクサーとして
なんらかの実績をお持ちの方とさせていただきます。


ダイエットモニター練習生の募集ですが、
さらに2名の方からのご応募を頂き、
応募要件を充たされていたため即採用といたしました。
よってダイエットモニター練習生の募集は中止いたします。
今後卒業(目標達成)者が出るか、リタイアされる方が出るか、
何も言わずに勝手にいなくなる方が出るか、
いずれかによって欠員が生じたときにまた募集します。

そのモニター練習生のうち1名ですが、
金曜日よりモニターとしての練習を始め、
土曜日の練習で1キロ減、
日曜日は休んでついつい過食してしまったことにより元に戻ってしまい、
昨日練習を終えた後には1.5キロ減、といった
すさまじい増減を繰り返してます。
最初のうちはこの増減が激しくなります。
もしくはなかなか減りません。
しかし、ある程度練習を続けると、体質が変化してきます。
少々食べすぎて体重が増えてもすぐに元に戻り、
さらに体重を減らそうとする体質に変化します。
それを当ジムでは「形状記憶体質」と勝手に呼んでます。
1.5キロ減の方は昨日マスボクシングを
2ラウンド×4セットやってました。
4セットとも別の相手です。
直撃をしないとはいえ、実戦練習は緊張感をともなううえ、
自分の思うままのペースで動けないといったこともあるため、
「時間対効果」が高くなります。
自分のペースでサンドバッグを激しく打った1ラウンドと、
マスボクシングをした1ラウンドとでは
マスボクシングのほうがカロリーの消費度合が高いはずです。
そして直撃をともなうスパーリングとなれば
それがさらに高くなります。
というわけで、女性の方も
マスボクシングまでの実戦練習は取り入れてます。
もちろん練習を始めてすぐに
それを練習メニューに加えることはありませんが、
そろそろいいかなといった頃合になればマスボクシングを始めます。
ただ、女性のスパーリングについては
希望される方にのみ実施いたします。


このところなぜだかどういうわけだか、忘れものが多いです。
昨日もバンデージに、パンチンググラブに、
練習ウェアに、と忘れられとりました。
グラブで名前が書かれているものは持ち主がわかるのですが、
昨日は名前が書かれていないものが、
しかも片方だけ忘れられておりまして、
うーん、これはへたをすれば
持ち主の方のもとに戻らない可能性もあるよと少し心配。
忘れ物はぶるぶるくんゾーンの壁際に置いてある
忘れ物箱に入れるようにしてますが、
もうすでに満杯であふれかえってます。
先月この箱の整理をして、古いものを処分したのにもかかわらず、
もうまたいっぱいになって山積みになってしまっとります。
あっ、忘れた、と心あたりのある方はまずこの箱の中をご確認ください。
また、貴重品や小物類はこの箱ではなく、
受付デスクで保管しております。
現在は女性用腕時計を1つお預かりしてます。
女子更衣室内で拾得いたしました。
お心当たりのある方はお申し出ください。


以前ぶるぶるくんゾーンの左側にあった「ぶるぶるくん3号」ですが、
まだ3階に置いてあります。
もし「家で使うからくれよ」って方が
いらっしゃいましたらお申し出ください。
ただし持って帰ることができる方に限ります。
もしくは配送の手配を自分でできる方もOKです。

また、先日入れ替えた旧スタンドバッグも
ご希望の方がいらっしゃればお譲りいたします。
「家で打つからくれよ」って方がいらっしゃいましたら
お申し出ください。
ただし持って帰ることができる方に限ります。
もしくは配送の手配を自分でできる方もOKです。


皆さんの練習を見ていると、
上級レベルの選手の動きや技術を模倣して取り入れたものと
思われる動きをされる方が何人かいらっしゃいます。
試合会場で観た他の団体の上級選手の技術や、
ジム内で上級者の技術を見て覚えて
取り入れたものと思われます。

それらについては奨励してます。
試合からジム内で行うスパーリングまで
、実戦の中で繰り出される数々の攻防技術や
試合運び、ペースのとりかた、それらすべてがいい勉強になります。

ただ、気をつけてもらわねばならないのが、
中には反則行為となるものもあるということです。
たとえばフックですが、プロの選手のほとんどは
拳を縦にした形でフックを打ちます。
その打ち方が悪いとは言わないのですが、
ナックルパート(拳の正面のひらたい部分)を当てないと
反則打となります。特にアマチュアのルールでは
この反則は危険性が高いものとされ、かなり厳しく注意されます。
そのためアマチュアボクシングの練習では
手のひらを下に向けた打ち方を指導します。
どうしても縦打ちをしたいと思うのであれば、
確実にナックルパートを当てられるように練習してください。
時々サンドバッグをまるで手のひらで打っているかのように
ばちばち拳の内側を当てまくっている方がいますが、
それは反則行為、危険行為とされます。

次にもうひとつ例をあげますが、
腕をおろした状態から払うように打つジャブやパンチですが、
スピードをあげるために手を開いて打ち方がいますが、
それは「オープングローブ」という反則になります。
手を開いて打つことは反則です。
かまえをとった時点で力みをなくすために
握りを甘くすることは問題ありませんが、
打った際、拳を握った状態で当てないとそれは反則になります。
これは「フリッカー」と呼ばれる打ち方で、
長身でリーチのある選手が特に好んで使うのですが、
ただ単に形だけのまねをせず、
有効打となるように当たる際にしっかりと握るように練習しましょう。


体験入会は今日も明日も明後日もその翌日も受付いたしております。
予約は不要です。
何も持たずにいらして下さってもよいです。
ウェアも靴もビジター用のものをご用意できます。
どうぞいつでもいらしてくださいね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。