1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-01-31 05:55:55

電撃発表!

テーマ:ブログ
明日2月1日より指導体制が一新いたします。

まず、常勤トレーナーの入れ替わりがありました。
本日より元プロボクサーの大竹永寿氏が
常勤トレーナーとして指導にあたってくださいます。

大竹さんはプロボクサーとして30戦近くの戦績と、
トレーナーとして10年近くの経験を持つ方です。
1987年にプロボクシングミドル級の西日本新人王
(西軍代表・全日本新人王決定戦では西沢ヨシノリ氏に敗戦)、
その後、ジュニアミドル級の日本タイトル戦を2度経験
(2度とも上山仁氏に敗退)、
最高位がジュニアミドル級の日本ランキング1位、
東洋太平洋ランキング6位となりました。
トレーナーとしては所属ジムであった
グリーンツダジムさんで長らく指導をされた後、
他のジムでトレーナーを経験、
しばらくボクシングから離れられておりましたが、
このたび当ジムで常勤トレーナーとして
毎日終日指導に当たってくださることになりました。

そしてもう1人、土曜日の午後のみ
指導に入ってくださるトレーナーとして
竹原真敬氏をお迎えいたしました。
竹原氏はヘビー級のプロボクサーとして
10年近くのキャリアを持つ方です。
昨年はオーストラリアに渡り、現地で1年間練習し、
3試合に出場されたそうです。
先日帰国された後、当ジムに声をかけてくださり、
毎週土曜日の指導及び平日には
ご自身の練習のためジムにいらしてくださいます。
この方の詳しいプロフィールは
ウィキペディアに記載がありますのでご参照ください。
スタッフコーナーよりリンクをはってます。

このようなわけで、
2名の方を新しくトレーナーとしてお迎えいたしました。
まったく予告なしにスタッフの入れ替えを行ったのですが、
そのいきさつや理由については申し訳ありませんがお答えができません。
きわめて電撃的な発表となりまして、驚かれた方も多いと思います。
ただ、今回のスタッフ入れ替えにより、
これまで方針として掲げていながらなされていなかったことが
ちゃんとできるようになると考えております。
大竹さんは45歳、竹原さんは31歳、
それぞれが本当の意味でのおとなです。
そして2人とも、
これまで順風満帆の選手生活を送ってこられたわけではありません。
それだけに人の弱さをよく理解され、
やさしさといつくしみの気持ちを持ち、
さらには、 いかに対戦相手が強かろうと、
「どうせ無理だ」「勝てるわけがない」と
簡単にあきらめたりせずに挑み続けた実績を持ってます。

これまでスタッフの指導や対応に関して、改善要望や苦情を下さったり、
あるいはジムを離れていかれた皆さん、
今回のスタッフ入れ替えは改善要望に対しての最善の回答です。
これからはあらためて感謝・謙虚・実直、
それらの心を忘れず指導と対応にあたります。
感謝/ 来てくださった方々には全力で指導と対応にあたります。
謙虚/上から目線でえらそうな態度をとったりしません。
実直/何ごとにも手を抜きません。


で、当然のことながら、新しいスタッフの方々は
練習生の皆さんと初めて顔を合わせることになります。
お名前も現在の練習レベルも何もわかりません。
まあレベルに関してはミットを受ければ
ある程度はわかるかと思いますが、
お名前は何回も聞き返すこともあるかと思います。
しかしまあそういったことなのでどうぞ皆さんご理解ご容赦ください。
本日月曜日はもちろん、今週はできるだけ私佐藤も夜だけでなく
昼間もできるだけジムに入るようにします。
どうぞ皆さんよろしくお願いいたします。


また、指導のお手伝いをして下さるトレーナーを
随時募集いたしております。
空いた時間にいらして、
ご自身の練習をしながら練習生の指導もして下さる、
そのような形でけっこうです、
無報酬ですがよろしければご連絡お待ちしてます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-01-30 19:48:23

指導サポート→トレーナーと呼称変更

テーマ:ブログ
昨日は平川さんが来て下さいました。
いつもありがとうございます。

で、「平川さんは火曜日と金曜日にいらっしゃるんですね」と
そのように思いこんでおられる方もちらほら見かけるのですが、
いや、そのように決まってるわけではないです。
土曜日にいらっしゃることもありますし、
火曜・金曜に来られなくなるってこともあります。

2月より「指導サポート」との呼称を廃止し、
「トレーナー」に統一します。
常勤・非常勤を問わず、指導にいらして下さる方は全員
「トレーナー」とお呼びすることにしました。
ただし私佐藤は「マネージャー」です。
もちろんトレーナーの皆さんと同じように指導にあたります。
ただ、「会長」と名乗ることはありません。

また、来週月曜日・2月1日より指導体制の変更があります。
詳しいことはあらためて発表いたします。

指導のお手伝いをして下さるトレーナーを随時募集いたしております。
空いた時間にいらして、
ご自身の練習をしながら練習生の指導もして下さる、
そのような形でけっこうです、
無報酬ですがよろしければご連絡お待ちしてます。


明日31日の日曜日ですが、
西宮香風高校で全日本女子選手権の代表選考会が行われます。
その試合が数組実施された後、
女子のスパーリングが数組予定されてまして、
当ジムの練習生が1人それに参加することになってます。
試合ではないので勝敗もつかず、純粋なスパーリングとなりますが、
女子競技の見学も兼ねて応援に行ってやろうかと思われる方は、
13時頃より開始される予定ですので現地に直接行ってください。
阪神香櫨園(こうろえん)駅より南へ徒歩10分くらいです。


「谷町通信」の新しい号が出ましたので女子更衣室内に置いときます。
ご自由にお持ち帰りください。


皆さんの練習を見ていると、
上級レベルの選手の動きや技術を模倣して取り入れたものと
思われる動きをされる方が何人かいらっしゃいます。
試合会場で観た他の団体の上級選手の技術や、
ジム内で上級者の技術を見て覚えて
取り入れたものと思われます。

それらについては奨励してます。
試合からジム内で行うスパーリングまで
実戦の中で繰り出される数々の攻防技術や
試合運び、ペースのとりかた、それらすべてがいい勉強になります。

ただ、気をつけてもらわねばならないのが、
中には反則行為となるものもあるということです。
たとえばフックですが、プロの選手のほとんどは
拳を縦にした形でフックを打ちます。
その打ち方が悪いとは言わないのですが、
ナックルパート(拳の正面のひらたい部分)を当てないと
反則打となります。特にアマチュアのルールでは
この反則は危険性が高いものとされ、かなり厳しく注意されます。
そのためアマチュアボクシングの練習では
手のひらを下に向けた打ち方を指導します。
どうしても縦打ちをしたいと思うのであれば、
確実にナックルパートを当てられるように練習してください。
時々サンドバッグをまるで手のひらで打っているかのように
ばちばち拳の内側を当てまくっている方がいますが、
それは反則行為、危険行為とされます。


女性の皆さんにもパーリングの練習や
マスボクシングといったパートナートレーニングをやってもらってます。
このパートナー練習がなんというか、
いちばんダイエット効果あがるのよ。
だって単独での練習よりも緊張感が全然違うでしょ。
パートナー練習に行き着くまでにはそうですね、
おおよそ10回以上は練習をやってもらうことになります。
それまではとりあえずそれを目標にしてがんばってみてください。



「手ぶらで体験入会」ですが、いやこれがまたなかなか好評です。
手ぶらでふらりと体験入会にいらして、
ジムのビジター用ウェアを利用される方も多くいらっしゃいます。
こ利用後はタオルと同様、
受付デスク横の洗濯かごに入れておいてください。
これももちろん毎回洗濯してます。

その体験入会は3回までOKです。
もちろん1回、2回の体験入会後に
正式入会をされて練習を継続することもできます。
どちらにしても払い込む総額に変わりはありません。

割合でいえば、3回めいっぱい体験されたうえで入会された方と、
0~2回までで入会された方とはほぼ同数くらいになってます。
もちろん、体験入会をされた後にいらっしゃっていない方も多いです。
ただ、体験入会をされた後にお渡しする領収証
(入会金割引券)にも有効期限はありません。
ですので、体験入会をされた後、
1年、2年後に入会されるといったことであっても
領収証をご提示くだされば、その金額を入会金から割引いたします。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-29 12:46:10

呼吸を読むのもテクのひとつ

テーマ:ブログ
ホットペッパーの最新号が入荷しましたので、
また例によって女子更衣室内に置いときます。
練習生の方、体験入会にいらした方、
どうぞご自由にお持ち帰りください。
ホットペッパーの他、置いてある冊子類や
あぶら取り紙も自由にお持ち帰りください。
あれはメガネクリーナーではなくあぶら取り紙なのです。


女性用パンチンググラブを2組追加しました。
同時に女性用の中から2組を男性用として移動いたしました。
またおさがりかよなんて言わないでね。
女性用グラブは傷みが少ないのです。

販売用グラブはもう少しお待ちください。
パンチンググラブはたとえば国内トップメーカーのものであれば
1万円近くの金額になります。
淀屋橋にある某社の店舗で買えば、
当ジムの練習生は販売価格より少し割引してもらえます。
けどそれでも高価です。
もっと安く、けど某メーカーの用品のように
「安かろう悪かろう」の見本のようなものは
ジムで販売したくないなと思ってます。
なので高級品とはいえないけど、低級品でもないよなといった
うんうんなかなかのレベルのものを探して
ジム内で販売することにしてます。


昨日は木曜日だというのに
予想以上の人数の皆さんが練習にいらしてくださいました。
いやあほんとにありがたく思います。
来て下さる皆さんに対して、
指導の面と対応の面で最大限のことができるようにいたします。

この「指導と対応の面」ですが、
先日より「改善の方向」を目指して考案中だと書きましたが、
その方向性の最終結論を本日中に出す予定にしてます。
最終的に決断を下すのは私自身ですが、
今回は何名かの練習生の方にもご意見を求め、
その内容を大きな判断材料としてとりあげてます。
今回なぜそのような形にしたかといいますと、
私の視野だけでは見えてなかった部分が多かったためです。
私はいつも夜の時間帯に指導に入ってまして、
昼はほとんど様子がわからず
それが原因でジム内での練習や練習生の皆さんへの
対応などの管理が不十分となっていた面がありました。。
そのことによって多数の練習生の方から
苦情や改善要望を頂くこととなりました。
これまでにもそういった苦情や要望は時々寄せられ、
そのつど対応と管理の徹底をしてきたつもりだったのですが、
それはやはり「つもり」でしかなく、改善には至っておりませんでした。
「指示したのだからこれで大丈夫だろう」
いつもそう考えてましたが、それが間違いでした。
今回はひとつの覚悟をきめて腹をくくって
根本的な改善に取り組んでます。
それがどのような形で実現するのか、
その結論を本日中、最終的には明日の朝に出します。

そして、どういった形でまとまろうと、
当ジムは大きく前進することになるものと思ってます。
すべての面においてパワーアップするはずです。
試合に出る方も、ダイエット目的の方も、
フィットネスの方も、すべての練習生の方にとってメリットがあり、
これから当ジムにいらっしゃる方にもメリットがある、
そのようなことになります。
最終的な結論については、
まず来週月曜日にこのコーナーで書きたいと思いますが、
ジム内においてもなんらかの形で
皆さんにお伝えできるようにいたします。


久しぶりに練習にいらした方も連日のようにおみえになってます。
中には以前数回しか練習しておらず、
そこからかなりのブランクがあるのでどういう練習をしてたか
覚えていない、といった方もいらっしゃいます。
そういった方は「ではまた最初からおさらいしましょうか」と、
かまえかたからあらためて練習して頂くこともできます。
なので、どうぞお気軽に久しぶりにいらしてください。お待ちしてます。


昨日は男どうし、女どうし、とスパーリングを数組行いました。
皆さんいい練習ができてます。

スパーリングですが、
原則として希望される方は全員行うようにしてます。
スパーリングデビューについては、希望される方はもちろんですが、
そろそろやっても大丈夫かなと判断した方に
「そろそろどうだい」とお勧めもします。
最初は「軽く当てる」といった条件で、
上級者の方が相手をすることになります。
適度に力を抜き、動きをセーブできるレベルの方ですね。
なので立てなくなるほどぼこぼこにされるといったことにはなりません。
私も時々そのデビューのお相手をすることがありますが、
「軽く当てる」というよりも「軽くこづく」といった力加減にして、
それもヘッドギアの上の部分のみを打つといったセーブをしてます。
それでも実際に当てる当てられるとなると
マスボクシングとはまったく違った緊張感があり、
スパーリングはその緊張状態の中で、
可能な限り自分の動きをする練習になるわけで、
実力の向上度合がもっとも高くなる実戦練習であるといえるでしょう。

ある程度スパーリングに慣れた方には、
相手の呼吸を読むといった練習もしてもらいたいですね。
皆さん経験があると思いますが、
「ここでいこう」と打ち込みにかかる時は息をとめたり、
息を吸い込んだ直後に動くことが多いかと思います。
逆に息を吐いた時ってのは力が抜けていることがほとんどだと思います。
その時に攻めてこられると反応が一瞬遅れることになります。

ということで、スパーリングだけでなくマスボクシングにおいても、
相手と対峙しているとき、相手の呼吸を見極める練習をしてみましょう。
打ち合っているときはそんな余裕はないですが、
様子見状態のときはそれができます。
息をとめたとか、表情に少し力が入ったとか、
なんとなくわかるようになります。
その瞬間に自分の腕を伸ばして、かまえている相手のグラブをはたいて
打ち込みにくるタイミングをつぶすとか、
それが間に合わないならバックステップして距離をとるとか、
なんらかの対応をします。
また、相手が息を吐いた瞬間をねらって攻めるとか、
打ち合いをして互いに離れた後、息を吐いていたり、
緊張からとけた表情であれば即座に攻撃し、
そうでなければ立ち位置を変えてから攻めにいく、
つまりワンテンポ間をおいて攻撃するなどと戦法を変えます。

いろいろと考え、試し、
自分自身のひきだしを多く持てるように練習することも大切ですね。


練習生どうしでのミット打ちを奨励してますが、
それはあくまでも相互練習です。
なので、その後にスタッフにミットを受けてもらっても
もちろんいいです。


体験入会には予約なしでいつでもお越しください。
お持ち頂くものはウェア上下と運動靴です。
ウェアは運動のできるものならなんでもいいです。
Tシャツに半パンでもいいですし、
ジャージやスウェット、体操服でもよいです。
運動靴はスパイクのないものならOKです。
また、「手ぶらで体験入会」も受付してますので、
どうしてもそれらが用意できないとか、
急に時間があいたので何の用意もないけど寄ってみたよって方には
ビジター用のウェアと靴を貸し出しいたします。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-28 11:32:59

某メーカーの用品はもう扱いません

テーマ:ブログ
昨日は松本さんが来て下さいました。
ありがとうございます。

今、ジム内で販売しているパンチンググラブの在庫がありません。
早急に手配いたします。

ジム内で取り寄せの受付をしている
アメリカアシックスのリングシューズですが、
今週いっぱい(1月末)をもって注文受付を終了いたします。
ご希望の方はお早めにお申し出ください。

ジム内で販売する用品ですが、
以前は依頼を受ければなんでもかかんでも販売してましたが、
最近は厳選とまではいきませんが、ある程度選ぶようにしてます。
「このメーカーの品物はどれも長くもたないな・・・」と
思い知ったメーカーの用品は
当ジムでは一切購入も販売の代行もしないようにしてます。
あるメーカーの用品はミット・サンドバッグ・グラブ・
リングシューズ・・・どれも質が悪く、耐久性に著しく欠け、
まだジム内に共用グラブなどが残ってますが、
今後新たにそのメーカーのものを追加購入することはありません。
価格は安いのですが、練習生の皆さんにもおすすめはできないです。


今週はまた女性の方が多くいらっしゃってます。
女性どうしのマスボクシング(当てない実戦練習)はもちろん、
男女でのマスボクシングもさかんにやってます。
男女のマスとなると身長差が大きくなることもありますが、
そういった場合、女性の方はいかにして距離をつめるか、
すなわち相手のふところにもぐりこむための動きを
練習してみてください。
正面から素直に打ち込みにいっても
なかなか届く距離には入れないと思います。
ジャブをかわすと同時に前にふみこむ、
ダッキングしてボディ(腹)を狙う、
横に回って攻撃する、などいろいろと試してみてください。

男性の方は、いかに相手を自分に接近させないかを練習しましょう。
ジャブを使う、バックステップやサイドステップで距離をとる、
また、ブロックやパリング
(相手のパンチをグラブでたたいて軌道を変える防御技術)などの
練習もしてみましょう。
くれぐれも熱くなって必死に打ち込みまくるといったことはしないように。
特に軽量級の方などは女性の方と
体重があまり変わらないといったケースもありますが、
筋力に大きな差があることを忘れないように気をつけてください。


そのマスボクシングですが、1セットやってしばらく後に
「もう1セットやりたい」と思った際は
またやってもらってもいいです。
既にマスボクシングを終えた方を相手にされる場合は、
ご本人どうしで「やろうよ」と
声をかけ合ってやってもらってかまいません。
ただ、その日まだマスボクシングをやっていない方については、
スタッフの側で「あの人とあの人をマスボクシングさせよう」
たくらんで 考えていることもあるため、
必ず「あの人とマスやっていいですか?とひと声かけてください。
また、「もう一回マスしたいけど、自分で相手を探せないな」
といった場合は
スタッフにお申し出ください。どなたか探すなどします。
また、スタッフとマスボクシングをすることもできます。
それもお気軽にお申し出ください。
ただ、体力に限界があるため必ずできるとは限りませんが、
可能な限りは受けるようにしてます。


何人もの方にミットを受けてもらう
「ミットめぐりの旅」も奨励してます。
また、練習生どうしでミットを受け合うことも
自由にやってもらってよいです。


昨日も久しぶりにいらした方がちらほらといらっしゃいました。
いやいや久しぶりはうれしいです。
長らく練習行ってねえなあと思われている皆さん、
気が向いたらまたぜひいらしてください。
いつでもお待ちしております。



体験入会は2回、3回とお越しになることをおすすめします。
初回の体験入会で挫折してしまわないでください。
「想像していた以上にきつかった・・・」
と思われる方も多いでしょうけど、
初回の練習はほぼ例外なくそう思ってしまうものなのです。
2回目、3回目となると体がボクシングの動きに慣れてきますので
ちっとはましになります。
そこからさらに練習を続けると、
さほどきついなとは感じなくなります。
で、動くだけでせいいっぱいだったのが、
形に気を配る余裕が出てきて、練習がさらに楽しくなり、
成果もあがってきます。

なのでぜひ、初回で「いやあきつかった」と思われた方は、
「もう一度試してみるか」と体験してみてください。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-27 12:30:51

なんで会費は手渡しにしてるの?

テーマ:ブログ
昨日は平川さんが来て下さいました。
ありがとうございます。

昨日は練習にいらした方の人数はそこそこでしたが、
スパーリングは実施なしで、
そういった意味では静かな1日となりました。

昼も夜も女性の方が多くいらっしゃいました。
夜はほぼ同じ時間帯にいらした女性4人で、
4人総当たりのマスボクシングなどもやりまして、
皆さんいろいろなタイプの相手とグラブを合わせることができて
なかなかいい練習になったのでは、と思います。
ただ、その4人中3人がサウスポーでしたが・・・。

で、そのいらした女性練習生のおひとりが、
最近加圧トレーナーとして活動されているそうで、
加圧トレーニング体験キャンペーンのチラシを
持ってきてくださいました。
例によっていつものごとくまたまた
女子更衣室内に置いときますので自由にお持ち帰っちゃってください。

そのスタジオはこちらです。
加圧トレーニングスタジオ STYLE


今2月分会費の納入を受付しておりますが、
当ジムは月会費を手渡しで納入して頂いてます。
口座から引き落としする方法ではありません。
納入は毎月25日頃から翌月5日頃にかけての間にお願いしてますが、
多少前後にずれても特に問題はありません。

この手渡し制のメリットは
○入会時に初回2か月分の会費を払うといったことが必要ないので
最初の負担が楽。
○「今月は会費だけど来月は多忙になるのでチケットにしたい」
と切替が簡単。
そしていちばん大きなメリットとして
○簡単にジムをやめられる
があります。
「転勤で転居するので通えなくなった」 
「ケガで長く休むことになる」など
いわば正当な理由でジムを離れるとなれば、
堂々と申し出て引き落としをとめてもらえばいいですが、
「あーもう練習行きたくないなあ」といった場合、
「もうやめるからさ、引き落とししないようにしてよね」
と言いづらい方も多いかと思います。
それができる方ならまだいいですが、できない方ってのも多いでしょう。
行こうかな、どうしよっかなと考えているうちに日が過ぎて、
お金は毎月引き落とされて、
「今月は行ってないから返金してよ」と言っても
「練習するしないは個人の自由、会員である限りは会費はもらう」
「それは練習に来ないから悪いんでしょ」
などとうやむやにされることもあるかと思います。
以前読んだある雑誌の記事で、
そんな「幽霊会員」の会費が
けっこうな収益になっているスポーツジムもあるとか。
また、退会するためにはジムに出向いて
直接手続きをしなければならないといった
うわーそれっていやだよなと感じさせられる
足かせ規則を作っているところもあるとか。
手続きに行ったら「なんでやめるの」「もう少し頑張ってみなよ」
などとさんざん遺留されるでしょうね。
気の弱い方はそこでやめることを断念して
ずるずると残ることになるかもしれません。

当ジムはやめたくなった時はいつでもやめられます。
ジムに行かなければそれで終わりです。
行かなくなって2か月経過後に出席簿から名前が消えます。
それだけです。
ただし、会員としての資格は存続してますので、
練習を再開したくなった時はまたふらりとジムにお越し下されば
その日から練習できます。
ややこしい手続きはありません。
その日からの会費を払うか、もしくはチケットを購入すればよいです。
「あらためて入会金を払え」とか、
これまで来ていなかった間の会費を払えなどと言いません。
また、チケットを保有していればそれをそのまま使えます。
チケットに有効期限はありません。
去る者は追わず、帰ってきた者は何も言わず迎え入れる、
そんな方針でやってます。

誰もが夢や希望を持ってジムにいらっしゃいます。
強くなりたい、やせたい、新しいことに挑んでみたい、その他・・・。
さまざまな思いでボクシングを始められると思います。
しかし、なんらかの理由や事情で
やめたくなってしまうこともあるでしょう。
そうなった時にぐだぐだなことになることなく
スムーズにフェイドアウトできるように、
そして、さわやかに再開できるように、
そういった出入りができるように
当ジムは月会費の払い込みを手渡しにして、
チケットの有効期限を定めないことにして、
気軽に出入りできるようにしてます。

しかし、正直な話、ジムを離れていく方には心苦しい思いがあります。
やめていく方がいらっしゃることについては、いつも真剣に考えてます。
転居やけがや病気、その他の理由以外で「やめたい」と思われるのは
ジムになんらかの問題があるからだと考えます。
いらした方に満足を感じて頂いていないからだ、そう考えます。
なので常に反省と分析と改善と改良とを頭において動いてます。
「やりたくなくなったらやめればいい、残りたい人だけ残ればいい」
とは考えません。
万人に受け入れられ、満足を感じてもらえるジム作りの追求を続けます。

「やめる人が悪い、しかたない」とか
「自分の側には問題はない」などと思うことはありません。
実際にやめた方も含めて、改善要望や苦情を多々頂いており、
それを根本的な部分から修正しなければ
今後もジムを離れていく方が多くなるかと思います。
そのことを今回は本気で考え、大きな改革と変革を手がけてます。
その結果は今週中あるいは来週前半に出ることになります。



体験入会ですが、急に思い立ってジムにいらしても、
練習用ウェアも靴も貸し出しをいたしますので、
手ぶらで来てくださってよいです。
汗を拭くタオルもありますし、水分補給のための麦茶や
ミネラルウォーターも用意してます。
用具はジムのものを自由に利用できます。
練習後にシャワーを利用される際も、
シャワールームはバスタオルを常備、
またボディソープも自由にお使い頂けます。
なので最低必要なのは体験入会料の1000円だけです。
「いきなりお越し下さい」は、
何の用意がなくても対応できるので
どうぞといった意味も含まれてます。
まさにいたれりつくせり。
もちろん指導と対応も万全、いたれりつくせりです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-26 10:32:57

本気で変革しますから

テーマ:ブログ
昨日は昼間にスポットの雨が降りましたね。
予報どおりだったので
傘の用意をされていた方がほとんどだったと思いますが、
予報を見ていなかった、予報を信じていなかった、予報を忘れてた、
といったことで
傘をお持ちでない方にはジムの置き傘をお貸ししますので、
お気軽にお申し出ください。


昨日はまた静かな1日となりました。
スパーリング等はなしで、いらした方も少なく、
静かというよりもさびしい様相さえありました。
そういう日があると、なぜそうなるのかをまず考えます。
そして、その原因をたとえば
「寒いから」「一般的な給料日だから」などと
たまたま思いついたり合致した適当なことに
すげ替えるといったことはしたくありません。
すべて自分に、ジムに原因があるものと考えます。
そうしないと成長できないからです。
なんでもかんでも他のことのせいにする、他人のせい、周囲のせい、と
自分のことを省みないことを続けていると、
成長するどころか衰退の一途をたどるでしょう。

当ジムは今変革を画策してます。
昨日も書きましたが、
今週中にひとつなんらかの形での「変革の結論」が出ます。
どのような形になるかはまだわかりません。
現状の体制で力を伸ばすことになるのか、
大きく様変わりして新しいものになるのか、
その結論は週末あたりに大きな波となって表れてくるでしょう・・・って
なんかまるで星占いの記述みたいですが、
まあ占いと大きく違うのは必ず当たるということです。
そして、その結論は私の判断だけではなく、
練習生の皆さんの意見も大きな割合で取り入れます。

抽象的でわかりにくいとは存じてますが、
今週中あるいは遅くとも来週初めには、
ジムは大きな成長期を迎えることになるものと考えてます。

当ジムは試合に出る練習生を優遇するとか、中心にするとか、
何かとちやほやするとか、そういったことは一切しない方針としてます。
年齢・性別・目的・その他不問で、
いらした練習生の方全員にまんべんなく丁寧に指導を行います。
しかし、それが必ずしも守られていないといった
ご指摘が増えておりました。

これまでにもそういったご指摘を時々頂くことがあり、
そのつど改善を図ってきましたが
私の力不足と管理不足とがあり、それが不十分であったように思います。
今回はそれを徹底的に改善する、大きく変革させることにしました。
今回はそのための覚悟もきめて手がけてます。


選手として試合に出る練習生は昨年も20名を超えましたが、
まったくの未経験から始めて、
試合に出られる・勝てるレベルまで育った方が大半です。

また、ダイエットモニター練習生以外のダイエット成功者も多く、
ひきこもり状態から脱け出して就職、復学した方もいらっしゃいます。
また「ちょっと体を動かす程度で」と練習を始め、
続けるうちにその楽しさと奥深さに目ざめ、スパーリングをこなし、
公式試合に出られる年齢ではないものの、
姫路大会などそれに準ずる大会に参加する
35歳以上の練習生が何名もいらっしゃいます。

どなたにも「練習する目的」や目標を遂行してもらえるように、
満足してもらえるように、いろいろと考え手を尽くしてます。
そしてそれは単なる気合いだけではなく実際に行い、
それぞれ成果につながってます。
なぜならば、当ジムは「スーパージム」を目指しているからです。
「スーパー」と名乗るにはまだまだですが、
ひたすら目指して努力精進します。
そして、今回の変革でそこに大きく近づけるよう画策しております。


練習生どうしでのミット打ちを奨励してます。
組み合わせをセッティングして受け合ってもらうこともありますが、
皆さんが自由に声をかけあって
受け合うことをして下さってもよいです。

これはミットを打つよりも受ける側がよりよい練習になります。
相手のパンチを受けることで、
パンチが打ち出されるタイミングやパンチの軌道、
到達のタイミングを体感できるからです。
その体感によってディフェンス力がいつのまにか身についてきます。
マスボクシングやスパーリングをされた時に気づくと思いますが、
相手のパンチを自分の手(グラブ)で受け止めるとか、
はじいて軌道を変える(パリング)とか、
それらのディフェンス技術が知らず知らずのうちに身についており、
意識して動くことなく、体が勝手に反応して動いてくれるといった
うれしいことになっていたりします。

そういうわけでミットを打つだけでなく、
持つ・受ける練習も取り入れてみてください。
また、練習生どうしでのミット打ちはあくまでも「練習」です。
それをした後にスタッフに
ミットを受けてもらうことをしてもらってもよいです。


体験入会にいらした方には
通常の練習メニューをこなしてもらうことになります。
ただ、事情があってできない練習がある場合、
その他ご要望があればあらかじめお申し出ください。
たとえば
「膝をいためているのでなわとびは跳びたくない」とか
「休憩をできるだけ多く入れてほしい」など
なんでもお申し付けください。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-25 12:39:14

変革の予告

テーマ:ブログ
先週土曜日は松本さんと建部さんが指導に来てくださいました。
皆さんいつもありがとうございます。


ぶるぶるくんは同タイプが2台となりまして、両方とも快調です。
使いまくってください。
ただ、
○タッチパネルにもたれかかって乗るなどしない。
○使わないのに椅子がわりにしない。
を守ってください。
よろしくお願いいたします。

不調となっていたぶるぶるくんですが、確認したところ動くようです。
ジム内は湿気が多いため動きにくくなっていたようで、
通常の環境ではまあ普通に近いくらいの動きをするようです。
まだ3階に保管してますので、もし「家に持って帰って使いたい」と
思われる方がいらっしゃいましたら
お気軽にお申し出ください。
お持ち帰りができる方に限ります。


そろそろ2月分の月会費納入をお願いします。
また、今月はチケットだったけど2月は会費でいくよって方は、
早いうちに2月会費を払えば、その分チケットを使わずにすみます。
逆に、今月は会費だったけど2月はチケットでいきたいという方は、
2月に入ってからチケットをお使いになればいいです。


以前にもこの場でお知らせいたしましたが、
柔道整復師の資格をお持ちの方で、
現在お仕事をお探しになられている方、
新規開院を予定されている整骨院で勤務しませんか?
詳細は私も聞いてますが、
現時点ではあまり大っぴらに書かないでほしいとのことなので
興味をお持ちの方はメールでお問い合わせください。
お待ちしてます。


ダイエットモニター練習生、3名募集中です。
詳しくはサイト内ので募集特設コーナーをご参照ください。
応募資格に合致している方は自動的に採用、先着3名即採用です。
毎日書いてますがうーん、応募がなかなか。
まあとにかくお待ちしてます。


久しぶりに練習にいらした方もちらほら。
どんなに長く練習を離れても気が向いたらまたいらしてください。


昨年末頃から「ジム内モニター」制度を設けて、
ご希望を頂いた何名かの練習生の方に
ジム内での練習・環境・その他について
ご意見・ご提案・ご要望・苦情その他を
ジムに頂けるようにいたしました。
それを始めたところ、モニター以外の練習生の方からも、
それらの内容を多数頂くようになりました。

簡単なもの、小さなことはそのつど修正や改善を図ってきました。
しかし、改善要望や苦情の分野でいちばん多く、
そして大きなことは十分な対応ができておりませんでした。
それについて、今週中になんらかの結論を出したく思います。
すぐに改善されるか、あるいは日数を要するかとわかりません。
しかし、いずれにしても、長い時間をかけられるものではなく、
いつまでも放置できることではありませんので、
遅くても今週中に結論を出し、その間に改善がなされるか、
もしくは2月1日より大きく様変わりがなされるか、
そのいずれかを決めたく思います。
その改善については、私独自の判断ではなく、
ご意見や苦情を出された皆さんにも
判断の一環をお任せすることにしてます。
正直なところ、改善がなされたのかどうかは
私一人の判断ではできないところもあります。

いずれにしても、今週中もしくは来週より、
ジムは改善の方向に進むものと考えてます。
どういう形での改善になるかはまだわかりません。
ただ、良い方向に進むことは間違いないものと思います。

今はここまでしか書けませんが、
これまで頂いた練習生の皆さんからのご意見は
本当に真剣に考え、対応しております。



体験入会ですが、いらした方のペースに合わせて、
体力の消耗度合などを見ながら
無理のないペースで進められるようにしております。
そのため数ラウンド練習して、1ラウンド休憩を入れて、
といった繰り返しになることも多いです。
当ジムではつらさや苦痛を乗り越えて、
といった根性物語練習は奨励しておりません。
試合出場を目的としてご自身で苦難の道を作り歩む方も
いらっしゃるかとは思いますが、
ジムから強制したり、そのような練習を課すことはありません。

ただし、1ラウンド=3分間は
集中して練習しましょうと指導してます。
集中=激しく動くこと、ではありません。
ゆっくりとていねいに
フォームを確認しながら動くことも集中といえます。
まあ、そんなわけで、
皆さん自分のペースを保ちながら無理なく楽しく練習しましょう。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-23 11:35:17

ジャブとストレートは別物です

テーマ:ブログ
昨日は平川さんが来て下さいました。
ありがとうございます。


昨日の夜はレンゴージムさんより練習生の方がお越しになりまして、
スパーリング等をこなされました。
いつもいつもいい練習をさせて頂き、感謝いたしております。


初心者の方に特に多いのですが、
左ジャブと左ストレートを混同されている方がいらっしゃいます。
ジャブは軽くスピーディに打ち、
ストレートは体重を乗せて強く打ちます。
打つ目的、使う目的がまったく違います。
ストレートは相手にダメージを与えるためのパンチです。
ジャブはいろいろな目的で使います。
主に
・相手との距離をはかる。
 離れた位置からジャブを打ちながら射程距離まで接近します。
・けん制する。
 近づく相手の前進を制するため軽いジャブを打ちます。
・リズムを作る。
 いきなり強いストレートを打たず、
 ジャブを数発打った後にワンツーにつなぐなど
 攻撃の組み立てに使います。
その他いろいろ使いみちがあります。
打ち方は肩や腕の力を抜いて
むちをしならせるような感覚ではじくように打ちます。
ストレートは打ち抜く感覚で打ちますが、
ジャブははじく感覚で打ちます。
特に引くスピードを
打ち出すスピードと同じくらい早くすることが肝心です。
軽く、速く打つこと、
そして単発ではなく連打する練習もしておきましょう。
単発のジャブは簡単にパーリングされますので
意味をなさないことになります。

ひとつひとつ技術的な向上を図り、うまくなりましょう。
うまくなればボクシングはまたおもしろくなります。
おもしろく楽しい練習になれば、練習の成果もより上がります。


で、女性の皆さんにも技術的な練習はもちろん
マスボクシング(直撃のない実戦練習)といった
パートナートレーニングをやってもらってます。
このパートナー練習があれよ、いちばんダイエット効果あがるのよ。
だって単独での練習よりも緊張感が全然違うでしょ。
パートナー練習に行き着くまでにはそうですね、
おおよそ10回以上は練習をやってもらうことになります。
それまではとりあえずそれを目標にしてがんばってみてください。



体験入会ですが、おおよそ1時間くらいの練習になります。
ジムにお越しになってから、まずは着替えてもらいます。
ウェアの用意が間に合わなかった、
靴を忘れてしまったといった方は申し出て下さい。
ビジター用のものを用意します。

まずは準備運動です。
柔軟体操を十分にやっておきましょう。
腕と足を特によく伸ばしてほぐしておきます。
次にロープスキッピング(なわとび)を2ラウンドです。
1ラウンド=3分間を2回ってことです。
「なわとびなんて小学生の頃以来だよ」って方も多いと思います。
久々でなかなかうまく跳べないよって方も多いです。
けど大丈夫です、何回か練習しているうちにすぐに慣れます。
最初はほんとに「なわとび」ですが、何回かやっているうちに
「ロープスキッピング」になります。
両者の違いは「かっこよさ」ですね。
「ロープ・・・」はリズミカルでかっこいいです。
休憩をはさんでからは「シャドウボクシング」をやります。
最初はかまえかたから。
何をやるにも最初ってのは覚えることも多く、
いきなりうまくできるはずもなく、
難しいなあと思ってしまったりすることもあるでしょう。
ボクシングもそうです。
けど最初は教わったことのすべてをこなせなくてもいいんです。
すぐにこなせる方ってのは天才レベルではないかと思います。
スタッフもそれはよくわかってますので、
何度も繰り返し丁寧に指導を続けます。

シャドウボクシングの次はミット打ちです。
スタッフのかまえたミットに指示されたパンチを打ち込む練習です。
これはけっこう楽しいです。
ひととおり終わった後に
「もう一回ミット打ちをやりたい」と申し出てもらってもよいです。
その次はサンドバッグ打ち、
今度は自由に自分のペース・テンポでパンチを打ちます。
これもけっこう楽しい練習です。
その後に「ぶるぶるくん」で全身をリラックスさせて、
仕上げに柔軟体操をします。
体操の後はシャワーを利用できます。
タオルとボディソープ、ドライヤーも常備されてます。
これらの練習の途中には何回か休憩のラウンドを入れてます。
できるだけ無理のなきよう
個々の体力や運動ペースの様子を見て休憩を入れるようにしてます。
誰もが最初は未経験、さらに私佐藤はボクシングを始めた頃、
とてつもなく下手だったので初心者の皆さんや、
なかなかうまくできない方に対して丁寧に懸命に指導いたします。
「なんでこんなことができないのか?」などと
上から目線で見ることはありません。
逆に「下から目線」で指導することが多いのでご安心ください。
いつでもお気軽に体験入会にお越し下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-22 13:04:48

ぶるぶるくんのツインタッグ完成

テーマ:ブログ
昨日の昼は雨でした。
練習にいらっしゃる方も少なく、洗濯物もなかなか乾かず、
困ったなと思ってましたが、夕方からは雨もやみ、
練習にいらっしゃる方も増え、洗濯物も乾き、と
通常の流れに戻ってきました。

夜はスパーリングを数組やりまして、
男×男、男×女、のスパーリングを1組ずつ行いました。

久しぶりに練習にいらした方もまたお見えになったようで、
いやいやうれしいですね。

なんらかの理由で練習を離れてしまう方は多数いらっしゃいます。
珍しいことではないのです。
仕事や家庭やその他の事情で
練習に出てこられなくなるといった方も多いのですが、
ジムや練習にいやけがさして離れてしまう方、
そして、なんとなくずるずると遠ざかっていってしまったといった方も
多くいらっしゃると思います。
けど、気が向いたらいつでも練習を再開して下さっていいです。

ジムの練習ですが、理想は毎日ジムに出てきて練習を続けることです。
上達するにはそれがいちばんです。
しかし、そうはいってもなかなか時間がとれない方が大半であるため、
ほんとに毎日かかさず出てこられている、
もしくはそれに近い方は数名程度です。
大半の方は週に1~数回、
あるいは月に数回といった方もいらっしゃいます。
それでもいいと思います。
そのためにチケット制度を設けており、
そのチケットも有効期限を定めておりません。
なので11枚つづりのチケットを月に1枚ずつ
1年がかりで使いきるってのもありです。
要は、時間に余裕がある時や、
気が向いた時に練習に来て下さればいいと思います。
行かなきゃ行かなきゃ、と強迫観念を持つことはないのです。
そして、行きそびれたまま何か月も練習から離れてしまっても、
何の気兼ねもなくまた堂々とジムにいらしてください。
以前にも書きましたが、ジムは部活動ではありません。
無断欠席が続いたから退部だ除籍だといったことはいたしません。
練習生の皆さんは部員や生徒ではなく、「お客様」です。
なので「気が向いたからまた来てやったよ」
といった考えかたでいいのです。
どうぞお気軽にいらしてやってください。
離れられている皆さん、よろしくお願いいたします。
お待ちしております。


ジム内で注文受付をしているリングシューズ
(アメリカアシックス製)ですが、
1月末をもって注文の受付を終了いたします。
また、注文を頂いても、
サイズによっては在庫切れになっている可能性もあります。


左側のぶるぶるくんですが、
動かなくなってしまったので撤去いたしました。
内部の配線の接触が悪いのか、
もしくは断線したのかなとも思いますが
長い期間連日多数の方にご利用頂き、
かなりへたりがきていたこともあり、
引退のはこびとなりました。
左側のぶるぶるくん、ありがとう。
まだ当分は3階に保管しておきますので、
「直して使いたいからくれよ」
といった方がいらっしゃいましたらお申し出ください。
車で運べますが、台座とタワーとを分離すれば
単車や自転車でも運べないことはないです。
また、近所であれば台車をお貸ししますので載せて持って帰れます。

そしてその後釜には右側のぶるぶるくんと
同じ機種が入ることになってます。
ただし中古です。
しかし、あの機種は頑丈で耐久性に優れているため重宝してます。
けど、メーカーはもう生産中止にしているようで、
同じものは中古市場でしか買えないのです。
早ければ今日の夜にジムに届くのではないかな。
そして新しいユニット「ぶるぶるくんツイン」が誕生します。


昨日も夜9時をまわってから練習に来られた方が
何名かいらっしゃいました。
遅い時間からでも大丈夫です、
たとえ30分でもしっかり、みっちり、きっちり、むっちり?
練習すればその効果は表れてきます。
また、夜遅い時間に限らず、昼休みの間だけであわただしいんだけど、
30分だけでも練習したいよって時なども、遠慮なくいらしてください。
仕事中に立ち寄ったので何も持たずに来ました、と
練習ウェアを持たずにいらしても
その旨お申し出くださればビジター用のウェアをお貸しいたします。
ただ、それはそういったイレギュラーな時にのみ適用するということで、
そうでない時にはちゃんと自分のウェアを用意して持ってきてください。


ジムのサンドバッグは通常3本+スタンドバッグ1基としてますが、
それ以外にもあと2本吊り下げることができます。
で、最近あまり使われていないのですが、
アッパーバッグってのもありますので
皆さんどうぞ遠慮なくお使い下さい。
柱の横に置かれてある赤と黒のツートンのあれです。
勝手に吊り下げて使ってもらってもいいですし、
スタッフに声をかけてもらってもいいです。
特に女性の方は吊り下げが難しいかと思いますし、
スタッフにお申し出ください。
アッパー打ちまくる練習もしましょう。



体験入会ですか、いやほんとに予約なしで
いきなりきてもらっていいんだってばよってなものですので
遠慮なくお気軽にお越しください。
いやほんとにいいんだから、
神社仏閣その他すべてに誓ってほんとのことです。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2010-01-21 11:44:46

すてきだったよ、きみのミット打ち

テーマ:ブログ
昨日は松本さんと建部さんが指導に来てくださいました。
皆さんいつもありがとうございます。


夜は男女スパーリングなどいろいろやりました。
皆さんそれぞれうまくなってます。
熱心に練習を続けておられるからだと思いますが、
それをさらにバックアップする体制を考え、構築できつつあります。
もう少し時間がかかりますが、指導面での充実が期待できます。

久しぶりに練習に出てこられた方もいらっしゃいました。
どれだけ練習から離れても大丈夫、いつでも再開できますので
どうぞお気軽にジムにいらしてください。


夜は雨が降ってきまして、
傘をお持ちになっていない方もいらしたようです。
不意の雨の際はジムの置き傘をお貸しできますので
お気軽に声をかけてください。

また、雨が降っているときは外でロープを跳ばず、
フロア内で跳ぶようにしましょう。
寒いですし風邪をひく原因となります。
そこまで無理をして跳ぶこともないです。


「いつも携帯電話でサイトを見てるので、
携帯専用のサイトも作ってほしい」といったご要望を頂きました。
結論から申し上げますと、現時点では難しいです。
また、このところずっとこのコーナーに画像を入れず、
サイトの容量をできるだけ軽くしておりまして、
携帯電話でもあまりストレスなく表示されるのではないかと思います。
このような回答になりますが、
ご要望にお答えできず申し訳ございません。

練習生の皆さんをはじめ、体験入会にいらした方、
当ジムに興味をお持ちの方、あるいはどなたでも、
ご意見・ご要望・ご提案・ご質問・苦情・その他をお待ちしてます。
頂いた声には必ずお返事、回答いたします。
メールでけっこうですし、匿名でよいです。
苦情の内容であっても怒るとかいたしませんし、
逆に重要なこととして真剣に対応を考えます。
ただ、回答・返信のできない形での苦情その他は、
すみませんが無視することもあります。
十人十色と申しますように、人それぞれに考えかたがありますし、
自分の考えが他人と合わないからといって、
それを一方的に苦情として述べるだけでは何の対処もできません。
事実確認もできませんし、より詳しく内容をうかがって
対処を考えたいと思ってもそれもできず、
回答のしようもありません。
そのような理由で、返信ができない形式のお声は、
さほど重要視いたしません。

それ以外で頂いた苦情については、現在改善の方向で動いてます。
近日中に何らかの結果を出せるのではと思ってます。


昨日、ある練習生のミットを受けた後、
「以前受けてもらった時にくらべて、
悪くなったところとかないですか?」とたずねられまして、
「いや、あればそのつど指摘するけど、今日は特に何もないよ」
と答えました。
はい、ミット打ちの際は修正の必要がある部分が出てくれば、
すぐさま指摘します。
それはできるだけ端的に簡潔に、
だらだらと長ったらしくならないように気をつけてます。
ああだこうだとたくさんだらだら言われても理解しにくいでしょう。

また、ミット等のマンツーマン指導の時以外は
できるだけジムフロア内を見渡して
皆さんの練習状況や進度やらを把握するようにしてます。
見ていないようで実は見てます。
ぼんやりしてるってことはないです。
また、逆に皆さんから見られているといった
自覚と意識も常に持ってます。
自意識過剰ではなく、実際に見られているはずです。
寄せられる先述の「お声」には「よく見ておられるんだな」
と感心するような内容もあるからです。
それらを見るたび、常に緊張感と皆さんに対しての
「お客様として丁重に接する意識」を持ち、
気を抜くことなく動き、立ち回ることが必要であると感じます。
それでも時たま気をぬいてしまうといったこともありますが、
できるだけそのようなことがなきよう努力いたします。


格闘技イベント「DEEP 45 IMPACT」のチケットは、
ご希望の方に引き取られたようです。
2枚のみの配布でしたのでもうありません。
希望されてた方、もしまだいらっしゃったならごめんなさい。



体験入会にいらした方は、
余裕があればさりげなくジム内の雰囲気なども感じてみてください。
当ジムの空気は殺伐としたものでもなく、よどんだ部分もなく、
まあなんというか普通です。

たとえばカウンターメインの寿司屋でいえば
親方がやたらに下の職人や見習いの衆を叱りつけ、
それによりはりつめて空気が漂っているとか
親方や職人が常連客とべったりと話ばかりして、
他の客には声をかけられた時だけ対応するとか、
そういった雰囲気はありません。
また、量販店等で見受けられる
誰に言うでもなく「いらっしゃいませー、こんにちはー」と
同じ調子でほぼ定期的に声を出す無機質な空気とか、
そういったものもありません。

厳しい雰囲気もなく、スタッフと一部の練習生が仲良しグループを作り、
べったりとはりついているとか
表面上だけの空虚な勢いづけとか、
そういったものはなく、ほんとうに普通の空気です。

なので「周囲にとけこめるだろうか」といった心配もなく、
「人間関係を作るのがわずらわしい」といった心配もありません。
ボクシングは個人競技ですので、
チームで力を合わせて取り組むといった練習を行うことはありません。
対人練習は行いますが、スタッフの指示のもとで進行しますので
自分で練習相手を見つけなければならないとか、
綿密な打ち合わせをしなければならないとかもありません。

もちろん「友人を作りたい」といった目的で
練習にいらっしゃる方もいるかとは思いますが、
それもまた可能かと思います。

まあ皆さん細かいことは気にせずに気軽にいらしてください。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。