1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-10-31 12:36:10

加圧ダイエット+ボクシング練習?

テーマ:ブログ
昨日は平川さんと松本さんが指導に来てくださいました。
いつも皆さんありがとうございます。
自分の練習をするかたわらで指導を手伝ってくださる「指導サポート」を
募集いたしております。どうぞお気軽にお問い合わせください。


10月になって初めて練習にいらした方や、
姫路大会の後初めてジムにいらした方や、
再始動となる方々もぼちぼちといらっしゃいます。
姫路で敗戦を喫してから出てこられていない方も
まだ数名いらっしゃるのですが、
負けたからそれで終わりにするってのはどうかなと思います。
何か大きなものをかけてたわけでもないでしょうし、
また練習をすればいいだけだと思います。
なぜ負けたのかをあらためて振り返って、
そこをあらためる練習をすればいいのです。
「相手が強かった」「審判が悪い」「運が悪かった」
などと自分以外のせいにしたり、
「自分には向いていない」「自分はだめだ」などと簡単に決めつけたり、
そんなことをしていても何も変わらないですよ。
自分のどこが悪かったのかを省みて、そこを修正していく、
そうやって前に進むものと思います。
試合だけでなくダイエットも同様です。
うまくいかないなら、それがなぜなのかを考えることです。
これまで成功者はモニターの方を含めて数多くいらっしゃいます。
その方々は特別なことをしてたというわけではなく、
特別な体質だったというわけでもなく、
集中して普通に練習してた、それだけです。
なので、例外なく誰にでもできますよってことです。
ただし、1日や2日や1週間では無理です。
体質を大きく改善して体型を整えていくことを
併行して進めるものであるため、効果はすぐには表れないです。
ただ、これまで何年もあれこれ試しては挫折したり、
おっ、減ったぞと思っていたら
あれあれまたリバウンドしやがったわということになったり、
そんな繰り返しをこれからもずっと続けていくよりは、
当ジムでひとつ集中して数ヶ月か半年かそれ以上か、
できるだけまめに練習してみませんか。
10年間の迷走が半年で解消されたといった方もいらっしゃいます。
皆さん例外はありません。ぜひともやってみましょうよ。


ダイエットに関してですが、
「加圧衣類を着用して練習しても大丈夫か?」との
ご質問を複数の方から頂いてます。
うーん、試してみてくださいとしか言いようがないですね。
しばらくそれを着用のうえで動いてみて、
これはきついなと感じたらすぐに練習を中止するか
着用を外して少し休憩をはさんでから練習を続けるなど、
無理をせずになんらかの策をとってください。
慣れてきてスムーズに動けるようになれば、
ダイエット効果はより高まるのではと思いますが、
これまでやってる方ってのを存じないのでなんともいえないですね。
なので「試してみてください」としか言えないです。


来週の11月3日の試合ですが、当ジムからは6名が出場します。
さあどういう結果になることやら、
とにかく全力で試合に臨まれることに期待してます。


昨日は初めてマスボクシングをされた方がいらっしゃいます。
初めてのマスボクシングはどうしても緊張で体が硬くなり、
思ったように動けるものではありません。
それまでにもマスボクシングをされている方々を
見たことはあるかと思いますが、
実際に自分がやるとなると、
あれあれ思っていたより難しいぞといったことになります。
けどそれはどなたも最初はそうなんです。
最初のマスボクシングはとにかく慣れることから始めましょう。
相手に向けてパンチを打つ、
相手のパンチを止める(最初は止めるというよりさわる感覚でいいです)
打った後やかわした後に立っている位置を変える、
ひとつひとつ実際に動きながら慣れていってください。
ああしなさいこうしなさいと言われても、
それを実際にやることなどなかなかできません。
頭でわかっていても相手がいることなので
最初からうまくできるはずなどないでしょう。
水泳でも、「こう泳ぐんだよ」と口頭で説明されても
それを水の中ですぐにできるはずはないでしょう。
それよりもとにかく水に入って、
とりあえず手足をばちゃばちゃさせているうちに
徐々に慣れてきて動きに無駄がなくなり、形ができあがり、
スムーズに泳げるようになります。
まずはとにかくマスボクシングの動きに慣れることから始めましょう。


ジム内の忘れ物ですが、まず貴重品類や小物類は受付デスクで保管します。
小物の定義ですが、そうですね、
手のひらより小さいものを小物とよぶことにします。
衣類やバンデージその他の忘れ物ですが、
練習に使ったものは汗を吸っていることもありますし、
一度洗濯したうえで忘れ物箱に入れることになります。
洗濯をしてから忘れ物箱に入るまで少々日数がかかることもありますので
あらかじめご了承ください。
衣類でも上着などは更衣室内の
ハンガーにかけて置いておくことにしてます。
あと、靴下とかパンツとかは即捨てます。洗濯しません。
発見次第即座にゴミ箱に放り込みますので、
お忘れにならないようお持ち帰りください。


やるよと予告しながらまだ手つかずになっている
傘の持ち主確認ですが、来週後半あたりからやろうかなと考えてます。
傘を置いたまにしている方、忘れたままにしている方、
今一度ご確認のうえ、ご自分の傘をお持ち帰りください。


体験入会は本日土曜日もいつもと変わりなく受付しております。
いつもと変わりのない昼12時から夜10時までやっとりますので、
夜9時までに予約なしでいつでもお越しください。
手ぶらでいらしてくださってもいいですよ。
お待ちしてます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009-10-30 12:41:38

ミット巡りの旅もOKです。

テーマ:ブログ
昨日は大原さんと建部さんが指導に来てくださいました。
ありがとうございます。
夜は4人での指導となりまして、まんべんなく豪華な指導ができました。


昨日は女性が多い日になりました。
同じ時間帯にけっこう女性の人数が集中しまして、
いやいやこんな日は最近珍しいなと感心。
女性どうしのスパーリングなども行いまして、
なかなか充実した練習ができました。


ホットペッパーの最新号が入荷しましたので、
女子更衣室内に置いておきます。
ご自由にお持ち帰りください。
練習生の方はもちろんですが、
体験入会にいらした方もどうぞお持ち帰りください。
ただし当然のことながら女性の方限定です。


11月3日の試合ですが、
試合会場は神戸市垂水区の神戸国際大学付属高校です。
体育館の2階にボクシング場があります。
開始時間は11時30分の予定ですが、ずれ込む可能性もあります。
交通手段ですが、JR舞子(まいこ)駅よりバス多聞東小学校前下車
徒歩7分となってますが、
JRまたは山陽電鉄(阪神直通特急)垂水駅からも
バスが出てたのでは?と思います。
バス停から高校までは、電柱に方向表示看板が設置されまくってますので
たどっていけば迷わずに行けるかと思います。
ひとつ気をつけて頂きたいのは、現地は寒いです。
大阪市内や神戸のJR舞子・垂水駅とくらべて、
2度から3度気温が低いです。
また、試合会場の体育館は底冷えします。
なので一枚多く着ていくとか、
上に着るものを持っていくなどしておいたほうがいいです。
今回もまた遠征になりますが、
多くの方々が応援・観戦に来てくださることを願ってます。


昨日も1人されていた方がいらっしゃいますが、
「ミット巡りの旅」をしてもらってもよいです。
ミット打ちは1回の練習で1セットと決まっているわけではありません。
スタッフ及び指導サポートの皆さんに
1人1セットずつミットを受けてもらうとか、
あるいは練習生どうしでのミット受け合いをするなど、
何セットか打ってもらってもよいです。
1セット目はスタッフから声をかけてミット打ちをしてもらいますが、
それ以降は自由ですので、
手のあいているスタッフもしくは指導サポートの方に
声をかけるなどしてさらにミット打ちをしてもらってよいです。


時々気にされる方がいらっしゃるのですが、
当ジムは練習生の皆さんのプライベートに
立ち入ることはほとんどありません。
「ほとんど」と書いたのは、練習生の方の側から出されてきたときに
その対応をすることがあるといったところです。
なので、入会手続時に知った情報や、
あるいはなんらかの事情で相談を頂いた際に知った情報については
他の練習生に明かすことは一切ありません。
また、ジム内でのけじめとして、
プライベートに関する話はほとんどしないようにしてます。
それもいわば公平性を保つためのひとつであり、
そういった話をする方としない方とが区分されることで
公平性と平等性が損なわれる原因になるものと考えてます。
「ほとんど」と書いたのは、時たま例外に近いことがあるためです。
先日も、ある練習生がmixiで
「会社で転勤が決まった」と書かれてまして、
それは会員内ではあるが公開されたことなのでいいかと思い、ご本人に
「転勤するってほんとか?」と聞きましたら
「はい、そうなんです、ショックで・・・」とのこと。
では練習に来られなくなるのかなと思いまして
「どこに転勤するの?」と聞いたところ、
「梅田です」。
「それって転勤っていうんか?」と返しましたが、まあ場所も時間も、
今後練習を続けるに特に支障がないようであり、
ほっとひと安心したといったところです。
まあそういうことで、
原則としてプライベートに関する話はジム内ではいたしませんので
ご心配なされていた方、ご安心ください。。



体験入会ですが、練習内容の見直しをしてみようかなと考えてます。
特に問題があるわけではないのですが、
今よりもさらに楽しく体験入会の練習ができるように
内容を変えてみてもいいかなと思ってます。
大きく変えることはありませんが、
早ければ11月から多少手を加えてみようと思ってます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-29 12:34:58

貪欲で濃密な練習をしようぜ

テーマ:ブログ
昨日は夜に松本さんが来て下さいまして、
熱心に指導をしてくださいました。
いつもいつもありがとうございます。


いちばん大きく太く重いサンドバッグの吊り直しをいたしました。
高さが少し低くなってきてたのですが、
また吊り上げましたので打ちやすくなりました。
皆さん、打ちまくってくださいね。


鏡の横の時計がこわれてしまってよよいのよいの件ですが、
昨日別の時計を設置いたしましてこれにて一件落着となりました。
いやいややはりあそこに時計があるとなんとなくおちつきます。
その時計は上本町ハイハイタウンの3階にある某ショップで買いました。
と書くと、値段がばれてしまいますね。
ちなみにその店では、洗面台に置いてあるハンドソープ(詰替用)、
シャワールームのボディソープ(詰替用)、同じくバスタオル、
あちこちの電球、トイレ内に置いてあるトイレクリーナー(便座拭き)、
あとはガムテープとかボールペンとか、領収証とかラジオペンチとか、
その他いろいろ買ってます。
いやいや便利便利。


当ジムは全般的に社会人の方の割合が多いジムです。
もちろん学生の方もいらっしゃいますし、年代も未就学児から
60代以上のシニア世代の方まで幅広く練習にいらしてるのですが、
いちばん多いのが社会人の方々ですね。
そのため夜の時間などは
仕事帰りに練習にお越しになる方たちでいっぱいになります。
なので、人数が多いためにぎやかではありますが、
ぎゃーぎゃー騒ぐとか、げらげら大笑いするだとか、
そういったことをされる方はいないですね。
皆さん遊び半分ではなく、真剣に練習にとりくまれてます。
また、ジム内で派閥だとかグループだとか、
そういったものもまったくありませんので、
どなたでも気軽にジムに入ってることができます。
ボクシングは言うまでもなく個人競技ですので、
練習も単独でやってもらっていいです。
もちろんスタッフは指導をいたしますし、
対人練習のセッティングもいたします。
なので「誰か練習相手いないかな・・・」とか
「誰か声かけてくれないかな」などと気にすることもなく、
ミット受けてほしいけど声かけづらいな、と悩む必要もありません。
「自分はおとなしい性格で、
周りの人とうまくやっていけるかどうか不安だ」などと
考えることもありません。
別にうまくやっていかなくてもいいんです。
当ジムは仲良しクラブでもないですし、
練習にはチームプレイもありませんし、
スタッフは練習にいらしている皆さんにまんべんなく声をかけて
ミットを受けて、指導をして、と動いてますので、
「指導を受けにこないほうが悪い」だとか、
「わからないことがあるなら自分から聞きにくるべきだ」
などと言うこともありません。
もちろんテレパシー能力があるわけではないので、
「ん、あの人は今何かわからないことがあって聞きたがってるな」
と察知することはできませんが、
声をかけづらいなと思われれば、
マンツーマンの状況となるミット打ちの際に聞いてください。
そういった状況であれば聞きやすいかと思います。

あと、でかい声でのあいさつとか、
はきはきした返事とかも強制することはありません。
やりたい方はやってもらっていいですし、やりたくない方、
できない方はしなくてよいです。
まあほんとに気軽に気楽に出入りしてもらえればいいです。


ジム内の室温はけっこう高いです。
外とジム内との気温差が激しいので
外でロープを跳ぶ際には十分お気をつけください。
また、ジム内では汗をかきまくりになりますので、
水分補給をお忘れなく。
私も昨日はミットを受けたり一般的な指導をしたり程度で、
マスボクシングその他激しい動きはしなかったのですが、
練習後は汗びっしょりになっちまいまして、
ジムではお茶やミネラルウォーターを飲みまくりだったのですが、
オフィスに戻ってからはまたさらに
上本町ハイハイタウンの3階にある某ショップで買った
2缶で100円のジュースなどをたしなみまして・・・
いや別にその店の宣伝をするつもりなどないです。


練習生どうしでミットの受け合いをしてもらうことがあります。
それは打つ側はもちろんのこと、
受ける側も練習としてやってもらってます。
「ミットを受ける練習」ではなく、「ディフェンスの練習」です。
受ける際には相手の動きをよく見てください。
打ち出す際のモーション、パンチの軌道、ミットに当たるタイミング、
それらを体感してください。
ミットで受け止めるときは、
当たる寸前にほんの少し軽くかぶせるような形で受けてください。
それは実戦練習においてはそのまま防御技術として活きてきます。
受けた直後は立ち位置を変えます。
横にまわりこむ、あるいは後ろに下がる、
など受けた後にすぐ動いてください。
打つ側の相手も打った後に位置を変える練習になりますが、
受ける側もパンチをさばいた後
すぐに位置を変えてそこからすぐさま攻撃を返す、
そのような動きの練習になります。
あと、ミットをかまえる位置ですが、たとえば顔の横ではなく、
自分のあごの位置にミットをかまえて
相手に打ってもらえばそれはそっくりそのまま、
「顔面にとんでくるパンチをさばく練習」になりますね。
そういったことも考えながら、打たせる位置を決めてください。
相手にも練習させながら、自分も同時に練習を、
それもより濃密な内容の練習にする、
いわば貪欲な濃密な練習になるように工夫してみてください。



体験入会ですが、いちおう練習メニューのようなものはあります。
ただし進行状況によって多少ラウンド数を増減したり、
休憩をより多く入れることもあります。
そのへんはケースバイケースで対応します。
で、中には「うーん、なんか物足りない、もっと練習したいよう」
と思われる方もいるかと思います。
サンドバッグをもう少し打ちたいとか、
ミットをもう一回打ちたいとか、
ご希望があれば応じますのでお申し出ください。
満足のゆくまで動いてもらってよいです。
ただ、練習できる時間は夜10時までとなってますので、
それは守ってもらうことになります。
それ以外はできるだけ融通を利かせて応じられますので、
思う存分練習しまくってください。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-28 17:26:49

メインサイトはこちら

テーマ:ブログ
こっちがメインサイト。
http://www.k2.dion.ne.jp/~johnny/

できれば皆さん、メインサイトをメインにして見ていただきたいです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-28 12:20:10

当ジムサイトの相互リンクについて

テーマ:ブログ
まずはひとつおわびなのですが、
昨日夜19時より22時の間に
私にメールをお送りくださった方がいらっしゃいましたら
誠に申し訳ないのですが、再度お送り頂けないでしょうか。
実は昨日の夜、練習が終わってオフィスに戻り、
メールチェックをしようとしたところ
パソコンのトラブルによって、
サーバーに受信されていたメールがすべて消失してしまいました。
そういうわけなのですみませんが、
昨日19時から22時の間にメールを下さった方、
申し訳ございませんが再度メールをお送り下されば幸いです。
皆さんごめんなさい。


昨日は建部さんが来て下さいまして、いつもながらの指導をされました。
いつもありがとうございます。


女子用のミットを1組追加購入いたしました。
同時におさがりとなったミットを
中身を詰め替えて男性用にまわしました。
いや別に女性ばかりひいきしてるわけではないのですが、
まあいいではないですか。


鏡の横の時計の調子が悪くなってます。
電池を交換しても時間の遅れがひどく、
うーんどうすっかなあと困ってます。
あそこに時計があるとあれでけっこう便利なので、
なんとかしたいなと・・・。
というわけでなんとかします。


当ジムのホームページなのですが、
多数の相互リンク依頼を頂いてます。
18歳未満禁止サイトだとかではない限り、
お受けしたいと思うのですが、
なにぶん時間の制約があるため、
そのリンク作業が遅々として進んでいない状態です。
なので、即座に相互リンクをしてほしいと考えられるサイト管理者の方は、
「自動登録の相互リンク」をご利用ください。
トップページのいちばん下に設置してあります。
ただし、ボクシングジム様・格闘技道場様・スポーツクラブ様の
相互リンク依頼は最優先でお受けいたします。
依頼メールを頂いてから遅くても3日以内にリンクをはり
ご連絡をさしあげます。
あと、スポーツ関連サイトも「できるだけ優先」でお受けいたします。

その他、業種・内容を問わず
練習生の方が運営されているサイトのリンクも
最優先でお受けいたしますのでご希望の方はお知らせください。
「練習生の〇〇です」とメールの件名または
本文の頭などに書いてくださればわかりやすいので見落としがなく
すぐにリンク作業できるのでありがたく思います。


昨日ある練習生の方から、
「ジムやスタッフに対してあれこれ意見をするのは失礼ではないのか?」
といった問いかけを頂きました。
まったくそんなことはありません。
逆に思ったとおりのことを言いまくって頂ければ
実にありがたいと思います。
「自分はこう思うがどうだろう」、「このようにしてほしい」、その他
ご意見・ご提案、ご要望、苦情、ご質問、
なんでも頂ければありがたいです。
練習生の皆さんはジムにとっては「お客様」なのです。
「練習に来て頂いている」のであって、
「指導をさせて頂いている」のです。
なので、ジムの環境、スタッフの対応や態度、指導内容について
改善要望、わからない点、その他ございましたら
なんなりとお申し出ください。
ただ、ジムの方針、物理的な問題、経済的な事情、
その他によってご希望に添えないこともあります。
いずれにしても誠心誠意の回答をいたしますので
お気軽にお申し出ください。

ジムにおいていちばんえらい立場にあるのは練習生の皆さんです。
皆さんが快適に、そして内容の濃い練習ができるように
動くのがジム側です。
私佐藤はジムの代表者ではありますが、
別にえらいというわけではありません。
ジムのルールをもとに管理監督は行いますが、
皆さんに指示をして従わせるといった形ではありません。
もちろん対人練習のセッティングや
指導上での指示などは必要に応じて行いますが、
スタッフが上で、練習生が下であるといった構図はまったくありません。
ジムは部活動やサークルではなく、あくまでもジムです。
そしてジムのスタッフは「仕事」として
「お客様」に対する指導と対応を行います。
最近のマウントオリーブ・岡崎のブログを読んで、
あらためてその大原則を思い出しました。


体験入会のおおまかな練習の流れですが、
まず柔軟体操、これは形式自由です。
足と腕を特によく伸ばしてください。
次にロープスキッピング(なわとび)を2ラウンド。
べったん跳びではなく、
つま先を使ったステップの基礎となる跳びかたを指導いたします。
そして基本のかまえかた、左ストレート(左利きの方は右ストレート)、
進み具合を見て左右ストレート、と進み、
その次にミット打ちを2ラウンド。
さらにサンドバッグ打ちを3ラウンド。
終わればまた左ストレート(左右ストレート)の練習を1~2ラウンド。
最後にロープを1ラウンド跳んで、
ぶるぶるくんに乗って、練習終了です。

この間で完全なマンツーマンとなるのが、
かまえかた-左ストレート-左右ストレートの数ラウンドと、
ミット打ちの2ラウンドです。
サンドバッグは自由に打ってもらってますが、
時々打ちかたや動きかたをチェックし、
正しい打ち方を指導します。
体験入会の練習は、時間にしておおよそ1時間くらい。
初回は疲労感や筋肉痛を味わうことになりますが、
同時に爽快感や充実感も味わえるはずです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-27 15:09:55

公平で平等で

テーマ:ブログ
昨日は雨で外ロープができない時間帯がありました。
雨が降っている際はジム内でロープを跳んでもらってよいです。
更衣室前の通路や、鏡の前の通路などを利用ください。

夕方にああ雨もやんだなと思ってたのですが、
しばらくするとまた降りだしてきたりで
あれあれよくわからん天気でしたな。
急な雨でお困りの際は、ジムの貸し傘をご利用ください。
スタッフに申し出てくださればよいです。
また、必ず返してくださいね。

傘ですが、ジムの貸し傘を返却頂くことはもちろんですが、
ご自宅や職場から持ってこられた傘も、忘れずにお持ち帰りください。
これってけっこう前々から置いてあるけど誰の傘だろう、
と思われる傘がたくさんあります。
ご自分の傘はお持ち帰りください。
また折をみて、傘の持ち主確認をやろうかなと思います。
一定期間持ち帰りがなかった傘は
処分またはジムの貸し傘として利用のいずれかにする
そういった持ち主探しキャンペーンです。


昨日はスパーリングをはじめいろいろと練習をいたしました。
来週11月3日の試合の出場者は6名か7名になります。
12月のトーナメントの試合は現在5名が申し込みされてます。
12月の試合はまだまだ参加申込を受付してますので、
希望者はボードに記名ください。


当ジムはボクシングジムであり、
指導することはアマチュアボクシングです。
いらした方々がいっせいにインストラクターのもとで
ボクシングの動きを取り入れたエクササイズ運動を行うとか、
マシンを使って筋肉を鍛錬するとか、
単調な動きを繰り返す運動を続ける練習をしているわけではありません。
ですので、練習を開始する時間は皆さんまちまちです。
昼12時から夜10時の間ならいつでも自由に出入りできます。
そして、練習内容は個別の練習になりますし、対人練習をする際は
その時に居合わせた方と組み合わせることをいたします。

ボクシングジムですので当然公式試合に出場する練習生はいますが、
そういった選手を中心にして練習を進めているわけではありません。
スタッフも選手ばかりにつきっきりで指導をするわけではありません。
プロボクシングのジムの場合はそれがある、
いや、それをすべきであると思うのですが、
当ジムはアマチュアジムであり、試合に出ること、試合に出る選手を
それほど特別視はしておりません。

ですので、練習の目的や練習生の皆さんの性別・年齢その他にかかわらず、
公平に平等に指導することを心がけてます。
そしてそれが守られるように、
一部の練習生とだけやたらになれなれしくするとか、
はては、ジムの外で飲みにいくなど行動を共にするとか、
そういったことは一切いたしません。
それはいわば常識的なことだと思います。

先日もそのことについて書きましたが、あらためて書いておきます。
最近マウントオリーブボクシングクラブのブログ等で、
岡崎の方針として当ジムと同様のことが書かれてまして、
そうだよな、彼もよくわかってるなと感心しまして
あらためて書くことにいたしました。


体験入会ですが、ボクシング未経験の方の初回の練習は
けっこうしんどくなったりします。
個別の体力を考慮し、様子を見ながら適宜休憩をとるように指示して、
無理のないペースで進めていきますが、
それでも日常生活では使わない筋肉を使うことも多く、
終わった後は筋肉痛に悩まされることも多いです。
で、ひととおりの練習後はまず、ぶるぶるくんに乗ってもらいます。
操作方法はスタッフが指示します。
簡単なので「操作」とはおおげさですが。
ぶるぶるくんはマッサージ効果が高いため、
練習後に必ず乗るようにしましょう。
その後、柔軟体操を念入りにしてください。
練習の最初と最後の柔軟体操はしっかりと行いましょう。
それだけで筋肉痛の度合が変わってきます。

以上「筋肉痛はつらいよ」などとさんざん書きましたが、
それは最初のうちだけですし、
「おもしろかった」「楽しかった」と、
2回、3回体験練習にいらっしゃる方も、
本格的に練習を始める方もかなり多いです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-26 13:36:09

ラスト30

テーマ:ブログ
先週土曜日は松本さんが来てくださいまして、指導をしてくださいました。
いつもありがとうございます。
自分の練習をするかたわらで指導を手伝ってくださる「指導サポート」を
募集いたしております。どうぞお気軽にお問い合わせください。


スパーリングデビューをされた方が2名いらっしゃいます。
踏み出された勇気に大きな拍手と賛辞を送りたく思います。

スパーリング他の直撃練習を経験された方は自動的に
「ジム内ランキング」に名前が入ります。
ほとんどの場合はその方の階級(体重による階級)の
最下位にランクされることになりますが、
中にはいきなりもう少し上の順位に名前が入ることもあります。
マスボクシングをしっかりとこなされて直撃練習に臨まれているため
しっかりした動きができている方はそのようになることもあります。
しっかりとこなしているってのは、
ただ単に回数を積んでいるということではなく、
攻防ともに意識をしたマスボクシングをしているということです。
ガードや相手の攻撃を止める、かわすなどのディフェンスを考えずに
ひたすら攻撃ばかりするようなマスボクシングは、
何百ラウンドやろうとも実力の向上につながることはありません。
今一度自分の動きを確認しながらマスボクシングにとりくみましょう。

で、順位の決定は原則として私佐藤が行ってます。
その基準は「アマチュア公式試合を戦った場合」を用いてます。
ですので、まずプロ経験のある方はランキングに入れてません。
また、現役として公式試合に出場されている方については、
その階級に名前を入れてます。
かつて出場してたけど今は引退されている方は、
現在の体重の階級に名前を入れてます。
なので、現在の体重が80キロほどあるのに
自分はフェザー級で出てたから」と主張されましても
フェザー級のランクに入れることはありません。


土曜日は関西学院大学と慶応大学の定期戦が行われまして、
審判によばれて行ってきました。
結果はここでは書きませんが、
基本を確実に抑えた堅いボクシングをされる選手もいれば、
ディフェンスをおろそかにしているなと感じる選手もいました。

練習生の皆さんも、試合の会場で
高校や大学のボクシング部に所属する選手の試合を
見る機会が多いと思いますが、学校の選手の特筆事項として、
「ラスト30秒を実に大切にする」ことがあげられます。
「ラスト30!」の声がかかるとそこから全力で攻勢をかけ、
ふりしぼるかのように動き続けます。
そして、実際にその30秒間で
そのラウンドをとれるかどうかが決まることも多くあります。
それまでの数分は劣勢でポイントも不利だったのに
ラスト30でひっくり返したとか、
ラスト30の攻勢でカウントを奪い、
相手に大きな精神的ダメージを与えたとか、
そういったケースは珍しくありません。
ラスト30では出し尽くすつもりで攻撃をしてください。
で、インターバルの間に大きく深呼吸をしてエネルギーを補給します。
なので、最終ラウンドのラスト30は、
スタミナをすべて出し尽くしてください。


そろそろ11月の会費納入をお願いします。
今月はチケットだったけど11月は会費にするんだいといった方、
またはその逆の方、それらの切替も自由自在で簡単です。
細かい手続きなど一切なし。
「来月は会費にするからよろしく」のひとことで完了です。


当ジムの指導ですが、丁寧に教えることを心がけてます。
丁寧にというのは、相手のことを考えながら指導することです。
相手が自分の言っていることを理解できているか、
それを考えながら指導してます。
なので、特に初心者の方にあまり難しすぎることは言いません。
わかりにくい用語を使ったり、
同時に2つも3つもああだこうだと指摘することもしません。
だってわからないでしょ。
そこでいちばん大事なことをひとつ指摘して、それを集中して指導する、
それでいいと思ってます。
あれもこれもと同時に言われてもわからないでしょう。
そんなわけでできるだけ簡素に、
そしてわかりやすい言葉と表現で指導するようにしてます。


体験入会ですが、「自分は体験入会だから」などと
引け目を感じることはありません。
堂々となさってくださってよいです。
体験入会にいらした方は基本的に最優先で指導することにしてます。
なぜかって、初めてのジム・初めてのボクシング、と
初めて尽くしだから。
初めての方に慣れた方より手厚い対応をするのはありだと思ってます。
もちろんいらっしゃる全員の方に手厚い指導と対応をいたしますが、
初心者の方や初めての方にはできるだけ時間をとりたく思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-24 17:49:58

気がつけばまた試合のことばかり・・・

テーマ:ブログ
昨日は平川さんが来てくださいました。
いつもながら助かります。
指導サポートとして指導のお手伝いをして下さる方を随時募集してます。
お待ちしてます。


現在の指導体制ですが、
12時から19時頃までは松尾くんが単独で常駐してます。
19時頃以降ラストまで佐藤が加わりまして、2人常駐になります。
そこに指導サポートの方々が不定期に入ってくださってます。
多いときは4人か5人での指導となることもありまして、
指導はけっこう充実してます。


昨日の夜は大阪工業大学ボクシング部の皆さんが
スパーリングにいらっしゃいました。
相互にいい練習をすることができたなと思います。
どういうすたいるなのかタイプなのか
まったくわからない相手とのスパーリングは、
動きながら戦略をたて攻撃方法を考え、
展開を組み立てていくいい練習になります。
ただひとつ双方にいえることは、
ガードをもっとしっかりしなきゃってことです。
あごをあげて、さらにガードが低いとなると、
これはもう「打って打って」といっているようなものです。
そのいちばん基本的な部分、ディフェンスというよりかまえかたですが、
それを抑えているかどうかで展開がまったく違ったものになってきます。
昨日もある練習生にガードのことを問われて説明を加えて答えたのですが、
「ガードのかまえがちゃんとできていたら、
 今日直撃されたパンチは半分以下になってたはずだ」と
最後にしめておきました。
レフェリーとして至近距離から展開を見たうえでそう判断してます。
いくら攻撃力が高く、相手を攻め立てても、
それ以上に打たれてしまっては勝てないです。
ガードのかまえができていればくらっていない
「無駄もらい」を減らすことを心がけてください。


11月3日の試合ですが、現在6名の方が申し込みをされてます。
26日が最終締切になりますのでもしまだ
出場希望の方がいらっしゃればお知らせください。

その次は12月の第一土日にトーナメントの大会があります。
既に出場申込受付を始めてますが、現在5名が申し込まれてます。
出場を希望される方は早いうちに出ることを決めて、
出るための練習を始めましょう。

その12月の試合で年内の公式試合スケジュールは終了となりますが、
その後の12月下旬に全日本社会人選手権が東京都で開催されます。
当ジムからは1名が兵庫県代表として出場いたします。
その試合を終えてから、
今年の当ジムの最終公式試合戦績が確定いたします。

この全日本社会人選手権に出場する選手は、
11月・12月ともに試合に出場します。
全国大会に出る前に1戦でも多くの試合経験を積んでおきたいからです。
本人は最初からその意思でしたが、私も相談されれば迷わず
「2つとも出ておこう」と勧めるつもりでした。
以前にも書きましたが、公式試合は試合ですが、
大きく力を伸ばすことができる練習でもあります。
12月19日から全国大会が始まりますが、
その2週間前に試合に出て、けがなどしないか、
大きなダメージを受けることはないかなどと
心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、
そうなってしまうような者に
全国大会に出る資格などないよとお答えします。
多少のリスクを背負ってでも、
今より少しでも力をつけて臨むべきだと思います。

また、今回のケースに限らず、今後全国大会出場を目指すのであれば、
出られる試合にはできるだけ出まくるべきだと思います。
選んでちゃだめです。
全国大会出場の常連になったとかそこまでのレベルに達したなら
「出る試合をしぼる」などと考えてもいいですが、
そこまでいくには30戦くらいしないとだめです。


12月の第一土日の試合ですが、
その12月5日土曜日は昼間を休館として、
夜18時からの練習といたします。
当ジムは基本的に日曜祝日を休みとして、
盆と正月に数日の休業を頂くこととしてますが、
それ以外に7月と12月の第一土曜日を夜のみの練習としております。
その他は急な休業などはありません。


昨日はまた数ヶ月ぶりに練習にいらした方がいらっしゃいました。
いやあ久しぶりはいいよう。大歓迎でお迎えします。
ただし、オーバーアクションはありません。
しかし、平静を保っていても心の中は激喜?してます。

ひとつ気をつけて頂きたいのは、久々の練習だ、よしやるぞとばかりに
すっとばしたことをしないようにしようぜってことです。
気持ちは充実してても体は久しぶりのボクシングの練習なので
いきなり激しく動くと悲鳴をあげることになります。きゃー。


体験入会は皆さんいつでも遠慮なく来てよね。
いきなり来てくださってよいですから。
当ジムのいきなりいいよってのは、
ただ単に予約不要だよってことだけではなく、
何の用意もしていなくてもいいよってことも含んでます。
ウェアも靴もタオルも水分補給のための飲みものも用意してます。
これぞ真のいきなりOK。
というわけでお待ちしてます。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-23 13:32:40

フライング練習もOKなのだ

テーマ:ブログ
昨日は建部さんが指導に来てくださいました。
ありがとうございます。
昼には大原さんも来て下さってたそうです。
ありがとうございます。


報告が遅くなっちまいましたが、先日日曜日に女子競技の
「演技の部」競技会が開催されまして、
当ジムより参加した練習生がC級検定に合格し、
中量級部門で優勝(認定優勝)いたしました。
おめでとうございます。
「ラッキースターのあゆみ」コーナーには書き加えたのですが、
こちらのコーナーでは何も書いてなかったなと気づき、
遅まきながら報告させて頂きます。


最近のマインとオリーブボクシングクラブの
「今日のオリーブ」コーナーと、岡崎のブログ「脱あしたのジョー」は
すごくおもしろいですね。
先日もジャブの打ちかたや効用について書かれてまして、
興味深く読みました。
私はジャブの打ちかたを
「ムチをしならせて当てる感じ」と表現してますが、
岡崎は「風呂あがりにタオルでピシッとはたいたような感じ」と
書いてまして、
なるほどそのほうがわかりやすいよなと感心いたしました。
「ムチをしならせて・・・」では
今ひとつイメージがわかないのではないかなと思ったりもします。
だって今、ムチを使う方って、黒いボンデージに身を包んだ・・・
あっ、このへんでやめときます、ごめんなさい、
だめですっ、イメージしないでください。

また、ブログのほうでは、同じ地元のジムのことについて書かれてますが、
内容については賛否両論あるかと思います。
ただひとつ言えることは、岡崎という男はアクが強く、
常識にとらわれることなく、
時にろくでもないことを口走ったりしますが、
その根底には情の厚さと義理堅さを持った
浪花節を地で行く男気の強い人間だということです。


当ジムの練習時間ですが、規定は12時~22時(夜10時)です。
土曜日も同じ時間帯です。
夜10時にはほぼぴったりと練習を終えてもらってます。
10時に練習を終えてから着替えをすることは認められてます。
また、女性の方は10時30分までシャワールームを利用できます。
(男性は10時まで)
で、昼なのですが、練習開始は12時としてますが、
実際にはもう少し早い時間からジムを開けてますので、
早くいらして練習されてもよいです。
平日はだいたい11時頃にジムを開けて、掃除を始めます。
その時間、12時までの間にジムにいらしても
「出直しなっ」などと言うことはありません。
練習を始めてもらってよいです。
ただし、規定外の時間帯なので
自主トレの形で練習してもらうことになります。
また、私佐藤が掃除機をかけてたり、鏡を拭いてたり、
トイレ掃除をしてたり、その他うろちょろこしょこしょやってたりします。
しかしそれは12時になればぴたりとやめて、
12時からは通常の練習時間帯に入ります。
というよりそれまでに掃除を終えていることがほとんどです。
なので早い時間にジムにいらしてくださってもよいのですが、
11時頃に必ず開いているというわけではありません。
確率としては95パーセントくらいかな。
ただし土曜日は遅くなったりすることがわりと多くなります。

あと、体験入会を希望される方は必ず12時以降にお越しください。
体験入会はスタッフがいないと進められないため、
12時以降にお越しください。
予約は不要です。


「忘年会はいつやるのか?」と問い合わせを頂きました。
すみません、まだ決めてません。
決まってるのは店だけです。
年末の練習最終日にやることを通例としてますが、
それをいつにするかまだ決めてません。
決まりましたらまた告知いたします。


体験入会は3回までできます。
できれば2回、3回と体験されることをおすすめします。
だって初回はとにかくしんどいのです。
初めてのジム、初めて顔を合わせるスタッフ、
初めてのボクシング練習、と初めてずくめで緊張してしまううえ、
ふだん使い慣れない筋肉を使ったり慣れていない動きをするなどで、
筋肉痛は起こりまくるは、とてつもなく疲れるわ、
もちろん休憩は頻繁に入れるのですが、
とてもとても追いつかないです。
初回は誰でもそうなのです。
しかし2回目は筋肉痛も疲労感もそれよりずいぶん軽減されます。
気持ちも体も慣れるからですね。
3回目はそこからまたさらに楽になり、
逆に楽しさや面白さをより感じられるようになります。
なので初回で「あーもういいや」と終わらず、
できれば2回か3回お試しくださればわかってもらえるのに・・・
と思ったりします。
「ちがうんだっ! 誤解なんだ!」の心境ですね。
というわけでぜひぜひ数回の体験入会をおすすめします。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-10-22 12:23:23

100のごたくより、ひとつの実績

テーマ:ブログ
昨日はスパーリングの他は、
ごくごく普通のマスボクシングをたくさんといった日でした。
ある程度練習をこなされた方には、
練習にいらした際にできるだけ
マスボクシングをしてもらうようにしてます。
ほとんど超初心者レベルの方あるいは、
見合った相手がいないなといった場合はできないこともありますが、
可能な限り組み合わせをしてます。
マスボクシングは相手とのかけひきを含めて、
攻撃のパターン確認やディフェンスの練習など、
単独の練習ではできない密度の濃い練習ができます。


昨日はまたジムの中と外の温度差が大きい日になりました。
ジム内で練習するといやあ汗が出るわ出るわです。
汗が出るってことはその時にカロリーを消費することになるわけで、
ただ単に水分を抜いただけの体重減らしとは一線を画します。
それにしてもこの季節にかく汗はじとじとぺたべたではなく、
さらさらした汗なのでさわやかです。
体を動かしていい汗かいて、実に爽快ですぜ旦那。
ふーん、そうかい・・・あ、ごめんなさい。


どうでもいいことなんですが、
昨日文中で書いた「もしゃぐる」を念のため検索したところ
西日本のある一部地域だけではなく、
関東や東北でも使われているようですね。
いやあ知りませんでした。
と、ほんとにどうでもいい話になりましたが、
いっつもかっつもそういったことばかり書きよるわけじゃないけん、
ご理解ください。


昨日もメールでお問い合わせを頂いたのですが、
「ボクシングは初めてなのだがちゃんと教えてくれるのか?」
と時々聞かれます。
これについては「はい、もちろんです」と答えてます。
この質問に対してはボクシングジムのみならず、
他の格闘技のジムや道場のほとんどが同様に
「もちろんちゃんと指導する」と答えられることと思います。
例外があるとすれば、「うちは経験者のみ受け入れている」とか
「プロ志望者以外は十分指導できないかもしれない」など、
目的やポリシーによって
入門を制限されている場合くらいではないかと思います。
で、それ以外のどこも「ちゃんと指導する」とおっしゃるわけですが、
実際のところはどうなのでしょうか?
これもいわば人によって考え方や基準が違うため、
「ちゃんと」の度合を測るものさしがないです。
家庭教師のような形でいつでもマンツーマンで
べったりはりついての指導が
「ちゃんと」だと考える方もいらっしゃるでしょう。
それが基準となると、当ジムはかなり厳しいです。
体験入会にいらした方や、練習を始めて間もない、
慣れないことばかりの方にはそれに近いところまでやっておりますが、
慣れてきて練習の流れを十分に把握し、
単独で動ける段階になったあたりから少しずつ離れていくようにしてます。
もちろんミット打ちは体験入会の方と初心者の方は
必ずスタッフが受けるようにしておりますし、
その他あらゆる面で細かい指導を行います。
また、公式試合に出るようなレベルに達している方であっても、
すべて自分でやりなさい、できるでしょといったことはせず、
ミット打ちはもちろん、
マスボクシング等の対人練習のパートナーセッティングもしますし、
トータルに目を配って練習の進行を補助します。
ただ、初心者の方と試合出場レベルの方とでは、
指導にかける時間に差がつくことをご理解ください。
ひとり立ちしている方よりも、よちよち歩きをされている方に
より長く時間をさくことになります。
これはどうぞご理解ください。

そんなよちよち歩きから始めて、徐々に力を伸ばし、
公式試合に出場することになったり、
それに限りなく近い大会に出場したり、
そこまで育って行く方も少なくありません。
昨年は20名が公式試合に出場し、全国大会出場者も現れ、
総戦績も勝ち越しを果たしてます。
今年は10月大会に17名が出場申込
(けが等での欠場があり実際の出場は13名)をされました。
これらの人数は少なくはありません。むしろ多いなと思ってます。
また、「10年間失敗を繰り返していたダイエットに初めて成功した」
といった方も多数いらっしゃいます。
その他、さまざまな形でご自身の目標を果たされている方も
多くいらっしゃいます。
数字として表せるのは試合出場者数や戦績くらいですが、
ちゃんと教えていなければ、その数字はたたき出せていないはずです。
思い上がるつもりはないですが、当ジムの「ちゃんと教える」は、
スローガンめいた口だけであるとか、
レベルの低い基準であるとかではなく、
このような具体的な数字で説明することができます。
100の言葉を並べるよりも、
ひとつの実績を提示したほうがわかりやすいかと思います。
試合に出られた方たち、ダイエットを成功された方たち、
皆さんはそれぞれ自分のがんばりに誇りを持っておられると思います。
そしてジム側も、それだけの後押しができたことを誇りに思ってます。
ただ、そこで慢心することはなく、
さらに高い実績を作れるように努力し、
練習生の皆さんの後押しにつとめます。


体験入会にいらした方には
通常の練習メニューをこなしてもらうことになります。
ただ、事情があってできない練習がある場合、
その他ご要望があればあらかじめお申し出ください。
たとえば
「膝をいためているのでなわとびは跳びたくない」とか
「休憩をできるだけ多く入れてほしい」など
なんでもお申し付けください。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。