1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-07-31 11:58:48

お客様は神様です

テーマ:ブログ
昨日は練習にいらした方がうーんいつもより少なかったですね。
特に女性の方が少なかったですね。
けどまあ男女問わず多数の方にいらしてほしいと思ってます。
皆さん来て来て。


練習にいらっしゃる方が少なくなった日は、
なぜ少ないのかを考えます。
そこで絶対にやらないのが、「雨降ったから」「暑いから」
「プロボクシングのタイトル戦放映があるから」「給料日だから」、
その他、原因をジムの外に持っていき、
適当な理由をこじつけて自分を納得させることです。
まずジムに何か問題はないのかを考え、思い当たるところは修正し、
練習生の皆さんから頂いたお声には即座に対応します。
それが改善・改良につながります。
時々、試合で勝てないことや、ダイエットがうまく進まないことについて
やはり同じように原因を周囲から探して、
自分自身には問題がないかのように考える方がいますが、
まず自分自身を省みることが大切だと思います。
なんでもかんでも他人のせいにしていては成長できないでしょう。
それを繰り返しているといつしか負け犬思考が身についてしまいます。


ジムに対するご意見・ご提案・ご要望・苦情・その他
いつでも受付いたしております。
それらに対しては真剣に向き合って真剣に対応いたします。
時には勇気を出して申し出て下さることもあるでしょうし、
それに対しては私も誠実に対応することが礼儀だと考えてます。

最近も数日に1件くらいのペースで
ちょこちょことそれらの内容のメールを頂きます。
頂いた内容には必ず返答し、
必要と判断すればすぐさま改善、修正に動きます。
当ジムは私佐藤の決めた方針・方向性のもとで動いてます。
その私の基本方針は、
ジムにいらした方全員にまんべんなく指導と対応をすることです。
全員に対して公平・平等に対することです。
なので試合に出る練習生のみ何かと優遇、優先させるとか、
さまざまな面で差をつけるといったことはまったくやってません。
「スパーリングをするのでリングをあけてください」など、
練習の内容でリング利用を優先するなどはありますが、
練習生の皆さんに上下の区別をつけることはしておりません。

当ジムはアマチュア専門ジムであるため、
プロボクサーを養成して試合に出場させて
利益をあげるといったことはありません。
練習生の皆さんからの会費あるいは
練習チケット購入による収益で運営してます。
なので練習生の皆さんはジムにとっては大切なお客様であり、
お客様に対してできるだけの対応をすることは当然のことです。
礼儀や節度を守り、指導と対応を万全にできるように努力し、
気持ちよく練習できるように練習環境を整えます。
それがジムの方針です。


「遅い時間に練習に行ってもよいか?」とのご質問を頂きました。
はい、もちろんよいです。
夜9時を過ぎてから練習にいらっしゃる方も珍しくありません。
ジムの練習時間は夜10時までとなってますので、
9時をまわってからジムに入っても、
めいっぱい集中して練習すればけっこう成果が上がります。
夜10時は閉館時刻ではなく練習終了時刻ですので、
10時に練習を終えてから着替えを始めても大丈夫です。
ただし、シャワーの利用は男性は10時まで、
女性は10時30分までとしてます。
その時間までに入ればいいというわけではなく、
その時間には利用を終えてくださいねということです。


練習を始めて間もない時期は、
できれば1時間くらいの練習時間がほしいところですが、
ある程度動けるようになれば
「30分しかないけど集中して動くぞ」と
短時間でも密度の濃い練習をすることもできるようになります。
ですので夜9時を過ぎてから練習にいらっしゃる方も歓迎します。
ぜひともいらしてください。


「練習するのってずいぶん久しぶりだなあ」といった
おひさしぶりね練習生も大歓迎です。
何の気がねも遠慮もいりませんので、ふらりとお越し下さい。


8月14日の中締め会ですが、
参加申込締切は8月7日金曜日としてます。
だがしかーし、これは締切であって締切ではないっ。
いやまあひらたく言えば
定員に達したらそこで打ちきるよってことです。
なので余裕をかまされている方はそろそろ動いたほうがいいと思うよ。
「えーもう締め切ったの?」と後悔することになってもしらないよ。


「谷町通信」他の冊子が入荷しましたので
女子更衣室内に置いておきます。
女性練習生の方、体験入会にいらした女性の方、
どうぞご自由に持って帰っちゃってください。



体験入会にいらした方には
通常の練習メニューをこなしてもらうことになります。
ただ、事情があってできない練習がある場合、
その他ご要望があればあらかじめお申し出ください。
たとえば
「膝をいためているのでなわとびは跳びたくない」とか
「休憩をできるだけ多く入れてほしい」など
なんでもお申し付けください。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009-07-30 11:03:28

なぜ月会費を口座引落しにしないか

テーマ:ブログ
昨日は夜に建部さんが来て下さいました。
ありがとうございます。
当ジムは「指導サポート」として
指導のお手伝いをして下さる方を常時募集してます。
不定期でOK、指導をするかたわら、
ご自身の練習をして下さってよいです。
詳しくは「トレーナー募集のお知らせ」をご覧ください。


スパーリングデビューをされた方がいらっしゃいます。
スパーリングをされた方は
自動的にジム内ランキングに名前が入ります。
経験を重ねて実力が上がるとランクアップします。


女性練習生より「指導を受ける際に・・・」と、
ひとつ苦情を頂きまして、昨日のうちに対処いたしました。
苦情の内容についてはここでは言えませんが、
苦情をくださった方の他にも
同じことを感じられていた方もいたはずだと思います。
何の件であったかどうしても気になる方はメールでおたずねください。
もちろん女性練習生に限ります。
いずれにせよ対処いたしましたのでもう大丈夫かと思います。


ぶるぶるくん(左側)の補修をいたしました。
今回は本体パネルを分解して、中を整備いたしまして、
パネル部分ががたつく点を改善いたしました。
けどまだ台座が少し不調です。
皆さん昨日も書きましたが、ぶるぶるくんを椅子のかわりにしないように、
また、本体にもたれかかるとか、跳び乗ったり、跳びはねたりといった
乱暴な乗りかたはしないようにしてくださいね。
大事に使いましょう。


当ジムは月会費を手渡しで納入して頂いてます。
口座から引き落としする方法ではありません。
納入は毎月25日頃から翌月5日頃にかけての間にお願いしてますが、
多少前後にずれても特に問題はありません。

この手渡し制のメリットは
○入会時に初回2か月分の会費を払うといったことが
 必要ないので最初の負担が楽。
○「今月は会費だけど来月は多忙になるのでチケットにしたい」と
 切替が簡単。
そしていちばん大きなメリットとして
○簡単にジムをやめられる
があります。
「転勤で転居するので通えなくなった」 
「ケガで長く休むことになる」など
いわば正当な理由でジムを離れるとなれば、
堂々と申し出て引き落としをとめてもらえばいいですが、
「あーもう練習行きたくないなあ」といった場合、
「もうやめるからさ、引き落とししないようにしてよね」と
言いづらい方も多いかと思います。
それができる方ならまだいいですが、できない方ってのも多いでしょう。
行こうかな、どうしよっかなと考えているうちに日が過ぎて、
お金は毎月引き落とされて、
「今月は行ってないから返金してよ」と言っても
「練習するしないは個人の自由、会員である限りは会費はもらう」とか
「それは練習に来ないから悪いんでしょ」などと
うやむやにされることもあるかと思います。
ある雑誌の記事で、そんな「幽霊会員」の会費が
けっこうな収益になっているスポーツジムもあるとか。
また、退会するためには
ジムに出向いて直接手続きをしなければならないといった
うわーそれっていやだよなと感じさせられる
足かせ規則を作っているところもあるとか。
手続きに行ったら「なんでやめるの」「もう少し頑張ってみなよ」
などとさんざん遺留されるでしょうね。
気の弱い方はそこでやめることを断念して
ずるずると残ることになるかもしれません。

当ジムはやめたくなった時はいつでもやめられます。
ジムに行かなければそれで終わりです。
行かなくなって2か月経過後に出席簿から名前が消えます。
それだけです。
ただし、会員としての資格は存続してますので、
練習を再開したくなった時はまたふらりとジムにお越し下されば
その日から練習できます。
ややこしい手続きはありません。
その日からの会費を払うか、もしくはチケットを購入すればよいです。
「あらためて入会金を払え」とか、
これまで来ていなかった間の会費を払えなどと言いません。
また、チケットを保有していればそれをそのまま使えます。
チケットに有効期限はありません。
去る者は追わず、帰ってきた者は何も言わず迎え入れる、
そんな方針でやってます。


誰もが夢や希望を持ってジムにいらっしゃいます。
強くなりたい、やせたい、新しいことに挑んでみたい、その他・・・。
さまざまな思いでボクシングを始められると思います。
しかし、なんらかの理由や事情で
やめたくなってしまうこともあるでしょう。
そうなった時にぐだぐだなことになることなく
スムーズにフェイドアウトできるように、
そして、さわやかに再開できるように、
そういった出入りができるように
当ジムは月会費の払い込みを手渡しにして、
チケットの有効期限を定めないことにして、
気軽に出入りできるようにしてます。

けど、やめていく方がいらっしゃることについては、
いつも真剣に考えてます。
転居やけがや病気、その他の理由以外で「やめたい」と思われるのは
ジムになんらかの問題があるからだと考えます。
いらした方に満足を感じて頂いていないからだ、そう考えます。
なので常に反省と分析と改善と改良とを頭において動いてます。
「やりたくなくなったらやめればいい、残りたい人だけ残ればいい」
とは考えません。
万人に受け入れられ、満足を感じてもらえるジム作りの追求を続けます。



体験入会ですが、3回までできます。
3回めいっぱいやってみたいといった方も多いのですが、
可能であれば練習にいらっしゃる時間帯を
1回ごとに変えてみられることをおすすめします。
時間帯によって練習にいらしている方の人数も顔ぶれも、
スタッフの顔ぶれもそれぞれ違い、
雰囲気もまた大きく違います。
なのでできるならば当ジムのさまざまな面を
見て頂ければいいなと思ってます。
曜日・時間帯にかかわらず、
予約は不要ですのでいつでもお気軽にいきなりお越しください。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-29 11:03:50

ぶるぶるくんを正しく使おう

テーマ:ブログ
昨日はいやあなかなか多数の方が練習にいらして下さいまして、
ありがたやありがたや。
女性の方も今月最高の来訪人数となりまして、
ありがたやありがたや。
いやほんとに皆さん、ありがとうございます。

夜は平川さんが指導に来て下さいました。
いつもいつもありがとうございます。
練習にいらした方もなかなか多かったのですが、3人いると充実充実。


既に数名の方からお申し出を頂いておりますが、
「今月はチケット利用だったけど、8月は月会費でいきたい」
といった場合は即切り替えできます。
ひとことそう言えば終わり、簡単です。


練習生の皆さんにお願いですが、
「ぶるぶるくんを椅子のかわりにしない」
「サンドバッグは打つなら打つ、打たないなら打たない」
以上2つを守って頂きますようお願いします。

まず「ぶるぶるくんを椅子のかわりにしない」ですが、
腰を下ろしたいのであればリングのへりやフロアにすわってください。
ただ、いずれもじゃまにならないようにしましょう。
通行のじゃまになるとか、マスボクシングやミット、
シャドウボクシングのじゃまになるとか、
そういったことがないか確認してください。
ぶるぶるくんに座っている方がいるため、
使いたい方がそれを使えないといった声があがってます。
もちろんぶるぶるくんを利用している時に、
腰や背中のマッサージ効果を得るために
座って使うことはかまいません。
要は、使っていないのに座るな、ということです。
今後は使っていないのにただ単に座っているだけの方がいれば、
スタッフより直接注意いたします。
「今誰も使ってないし、別にいいじゃない」とか
「誰か使うのならすぐにどきますよ」など
聞く耳を持たないのでご了承ください。
本来の使い方以外の利用は許さないわよってことです。

次に「サンドバッグは打つなら打つ、打たないなら打たない」ですが、
サンドバッグに向かってシャドウボクシングのようなことをしたり、
グラブをつけずに、打っているのかこづいて遊んでいるのか
よくわからないようなことをされている方を時々見かけます。
打つのならグラブをつけてちゃんと打ってください。
打たないのならじゃれるようなことをせず、離れてください。
はっきり言ってまぎらわしいです。
打ちたい方が打てないでしょう。
これも同じく「今誰も使ってないし、別にいいじゃない」とか
「誰か使うのならすぐにどきますよ」など
聞く耳を持たないのでご了承ください。
本来の使い方以外の利用は許さないわよってことです。

8月14日の中締め会ですが、人数はじわじわと増えてます。
しかし昨日も「もう少し様子を見てぎりぎりに・・・」
などと言ってらした方がいましたが、
締切に関係なく、定員に達したらそこで試合終了だよ・・・
あっ違った、そこで募集打ち切りだよ。
そうなっても安西先生は・・・あっ違った、私は知らないよ。


8月より9月と10月の試合出場者の募集を始めます。
9月は公式試合、10月は公式試合に限りなく近い大会です。
もちろんアマチュア連盟の認定している大会です。
「9月に10月、まだ早いよ」などといったことはありません。
こちらも皆さん、「もう少し様子を見てぎりぎりに・・・」
などと考えず、早いうちに出る決意を固めて、
今から準備にかかりましょう。
特にデビュー戦となる方は早ければ早いほどいいです。


体験入会ですが、大丈夫です。
やさしくていねいに、そして熱心に指導します。
痛いことはしません、まあ筋肉痛は起こると思いますが
打撃系の痛さは体験しません。
その筋肉痛も最初は
けっこうきついことになったりするかもしれませんが、
2回、3回と練習を続けるうちに
体が慣れてくるのであまり起こらなくなります。
筋肉痛が起こるってのは、
その部分の筋肉をふだんあまり使ってなかったということで、
使っていないためその部分にいらん脂肪がまとわりついてたりします。
その寝ていた筋肉をたたき起こして、
寝ていたすきにつきまとっていた脂肪くんを
「さあ、もうきみらの居場所はないよ」と、とっとと消えてもらう、
それによってその部分が細くなり、体重も減るってことですね。
ふくらはぎとか、腰まわりとか、おなかまわりとか、
背中とか、二の腕とかそのあたりですね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-28 10:09:41

弱虫は嫌い、強虫が好き

テーマ:ブログ
昨日の昼はいきなりの雨で困りましたね。
どうも天気予報が今ひとつあてにならずいやいや困った。
急な雨でお困りの方はジムの傘をお貸しいたしますので
お申し出ください。


自転車の空気がうーんどうもって方、
ジムに空気入れがありますのでご利用ください。
空気入れ放題です。


8月の中締め会はぼちぼちと人数が増えつつありますが、
まだまだ増えるかと思います。
いつものことですが、「ちょっと様子をみよう」などと
余裕をかましている方もいるのではないかと思います。
そこそこ人数が集まったところで
「ここで定員いっぱい、締め切りねっ」などと
いきなり締め切ってみたろか・・・などと考えはしませんが、
実際に店の収容定員はありますので、
ただ単に余裕をかましているだけの方は
早いとこ名前を書いてください。


昨日は練習にいらした方の総数はまあそこそこでしたが、
女性の方が少なかったですね。
うーんジムに何か悪いところ、足りないところ、
いたらないところがあるのだろうか・・・
まずそう考えて、思い当たるところはすべて改善いたします。
また、ご指摘を頂いた点もすぐさま改善に動きます。
先週書きましたように、練習生の皆さん、
あるいはご覧になられている方からのご意見やご要望、ご提案や苦情は
ジムにとっての何よりの成長の糧になります。
どうぞ遠慮なくお知らせください。
考えることは常に改善と改良、
今日は昨日よりいいジムにしよう、それが方針です。
なので、「昨日女性が少なかったのは・・・」などと
適当な理由をこじつけて自分を納得させる、
そんな負け犬思考や弱虫の理論は大っ嫌いなのです。
そういうことを考えて物事がうまく運ぶことなどないでしょう。
試合で負けた時に、自分に何が足りなかったかを反省せず、
「相手が強かった」 「審判が悪い」 はては「運が悪い」などと
原因を他にこじつける、
そうやって強くなった方や実績を作った方などいないと思います。
いたとしてもきわめて少ないでしょう。
そんな弱虫にはなりたくはないですね。
弱虫は嫌い、強虫が好きです・・・あ、ごめんなさい、
またわけのわからないことを書いちまいました。



ダイエットモニター練習生の皆さんにひとつお願いというか、
ご注意ですが、決められた練習日数は守ってください。
それはモニター採用の条件だったはずです。
仕事や病気あるいはケガ等で
一時的に休会あるいは練習回数が減る時期があっても
連絡を頂き、ブログ上で告知してくださればそれはそれでいいです。
しかし、特に理由もないのに規定日数を何度も下回る、
月あたりの練習回数が来てい回数に対して一定の割合に届いていない、
それが何回か続く、そういったことになれば
予告や警告なしにいきなり解任いたします。

モニターの皆さんは会費やチケットなどの費用免除としてます。
その意味をあらためてお考えください。
一般の練習生の方も
皆さんの活動を見ておられることを忘れないでください。
ジムの練習生は全員が公平であり平等であるといつも提示してます。
モニターとしてやるべきことができていない方は
その原則から外れますのでそれを容認するつもりはありません。

ということで、来月よりダイエットモニター練習生の皆さんの
「出席率」もデータとして公開することにいたします。
必要練習日数に対しての数値ですね。
理由なくあまりにも悪い方については
1か月ごとの任期を更新せず解任とします。
ただし、先述のとおり一時的に出席率が悪くなる理由
(仕事が多忙な時期だとか、病気で休みがちになる、
病み上がりで徐々に調子を戻している)
があればこの限りではありません。



体験入会ですが、
「ちょっとボクシングでも体験してみるか」と
気楽な気持ちでいらしてください。
練習してみたところ楽しかったので
本格的に続けてみようかといった場合も
「ちょっとボクシングでもやってみようか」と
これまた軽い気持ちで続けてください。

さすがに「ちょっと試合でも出てみようか」は
甘いと言わざるをえませんが、
そこまでいかなければ、ボクシングの練習ってのは
実に楽しくおもしろいものです。
特にフィットネス目的の方には、
ジムの練習をお勧めしたいと思います。
スポーツにいそしみ、体を動かすことによる体力作り、
健康増進はもちろんのこと、
ミットやサンドバッグにパンチを打ち込む練習は
ストレスの発散に実に効果的です。

時折「嫌いな上司の顔を思い浮かべて・・・」
などとのたとえかたをされるメディアもあるようですが、
実際に練習をするとそのような「雑念」は起こりません。
自然に練習に集中できる環境が整っていますので、練習に没頭し、
それ以外のことはほとんど頭に思い浮かぶことはありません。
なので、練習を終えた後は、気分爽快で充実感があり、
ストレスが消し飛んでいるってわけです。
心身共に健康になれるボクシングの練習をぜひお勧めします。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-27 13:08:41

負け犬は嫌い、勝ち犬が好き

テーマ:ブログ
先週金曜日は夜に平川さんと建部さんが来て下さいました。
あー充実充実。ありがとうございます。
また、レンゴージムさんより練習生の方が1名
スパーリングにいらして下さいまして、
いい練習をさせて頂きました。ありがとうございます。

土曜日はまた昼も夜も多数の方が練習に来て下さいました。
いやあ皆さんありがとうございます。
夜は建部さんが来て下さいまして、実に助かりました。

もしいらした人数が少なかったなら、
「天神祭だから少ない」
などと考えることになるといやだなと思ってました。
「○○だからしかたない」と考えることは
ジムの方針にそぐわないことであり、私個人的にも嫌いなことです。
何か適当な理由をとってつけて「○○だから負けた」と、
試合に負けた理由を
自分の責任の外に持っていくことにつながるからです。
そんな考えが身についてしまうと、負け犬になりさがってしまいます。
負け犬は嫌い、勝ち犬が好きです・・・
あ、ごめんなさい、またわけのわからないことを書いちまいました。


スパーリングデビューをされた方がいらっしゃいます。
「初めてのスパ」は公式試合を何戦も経験されているレベルの方や
それに近い方(ただし手加減ができない方は除く)、
あるいはスタッフが相手をすることになります。
まあ早く言えば、
相手の力量に合わせて適度に攻撃のペースをセーブできる方が
スパデビューの相手をするってことです。
なのであまり激しいことにはならないと思います。


シャワールームに腕時計の忘れものがありました。
受付デスクでお預かりしてますので、
心当たりのある方はお申し出ください。
その際は念のため、色と種類(メーカーでも可)をお伝えください。


練習生の皆さんにあらためてお願いですが、
練習にいらしたら出席簿に○(まる)をつけてください。
また、チケットをご利用の方にお願いですが、
お名前は漢字でもひらがなでもカタカナでもいいですが、
読める字で書いて頂きますようお願いします。
「これ・・・なんて読むんだろう?」
と判読できずに困ることが時々あります。
どうか誰が見ても読めるように書いて頂けると助かります。


ひきこもりモニター卒業生・ビーバーママさんのブログですが、
ブログ元のリニューアルに伴い、消失してしまったそうです。
なのでもう閲覧できなくなってしまってます。いやあ残念です。
また、同じくひきこもりモニター卒業生の
ひよわさんのブログもその切り替えで
新しいURLに変更されましたのでリンクを張り替えいたしました。


靴のはき間違えがありました。
同じタイプでサイズが違う靴をほぼ同じ時間帯にはいて来られた方が
2人いらっしゃいまして、先に帰られた方が間違えてもう1人の方の靴を
はいて帰ってしまったようです。
その方もたぶん「あれ、なんかはき具合がおかしいな」
と感じておられると思います。
このようなことが時々起こりますので十分にお気をつけください。

また、リングシューズについても
まったく同じタイプのものをはいておられる方が
数組いらっしゃいます。サイズまで同じかどうかはわかりませんが、
できればお互いに間違えることのないように
お名前をどこかに書いてもらえると助かります。
シューズの内側とかでもいいかと思います。


リングシューズといえばジム内で販売しているリングシューズですが、
残りあと1足になりました。赤のみ残ってます。
もしかしたらまた同じタイプのものを「ジムで売ってよ」と
委託されるかもしれませんが、そのへんはまったくの未定です。
なので「またそのうちジム内での販売があるだろ」
などと余裕をかましていると・・・
あ、このフレーズは先日も使いましたね。
いずれにせよあと1足、早い者勝ちの遅い者負けです。


体験入会は予約なしで来て下さってよいです。
また、最初は見学にいらして、
そのまま体験入会に移行するってこともできます。
「今日は見学だけにしとこう」とジムにいらして、
練習を見ているうちに
「うーん、自分もやってみたくなっちゃった」と思った時、
見学だけのつもりだったんで
ウェアも靴も持ってきてないやといったことであっても、
ビジター用のウェアと靴をお貸しできますのですぐに練習できます。
当ジムの「いきなりいらしていいですよ」は
そのへんの用意もあるので大丈夫ですよって意味も含めてます。
なのでほんとにいきなりいらして下さっていいですよ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-24 12:15:54

夏の中締め会はトリッキー

テーマ:ブログ
いきなりですが、練習生の皆さん、
練習にいらしたら必ず出席簿に○(まる)をつけて下さい。
鏡の両サイドに吊ってあるあれです。
いらした日は必ず○をつけてくださいつけてくださいつけてください。


8月14日の中締め会ですが、
ほんとにぼちぼちと名前が書かれ始めてます。
早々と書いて下さった皆さん、ありがとうございます。
つまらん余裕をかますことなく、とにかくまず書きこむ。
それが最善ですよ。
試合でもそうです。相手をじっと見たまま、
さあどう攻めようかななどとうだうだ考えているうちに
相手に主導権をとられるわ、時間はさっさと過ぎていくわ、
気がついたらずるずると
ポイントをとられたまま試合が終わってしまった、となったりします。
まずは先手、速攻、そしていけると思ったら
即座に連打でラッシュをかける、
くだぐだな講釈はいらないから、とにかくまず手を出すこと、
考えてるひまなどないですよ。
あ、ごめんなさい、ついつい方向が・・・。
まあとにかく「まだ仕事の都合がわからんから・・・」
といった方は除いて、
日時はあいてる、行くつもりでもいる、
けどもう少し様子見てみるか、などといった方は
そんなことを考えているうちに1人また1人と参加が増えて、
いつのまにか定員いっぱいになっていた、
そんなことになりますよ。
なのでまずは先手、速攻、そしていけると思ったら即座に・・・
あ、ごめんなさい、ついつい方向が・・・。
まあそんなわけでできるだけ早く書いてくださいな。

その中締め会に使う店「鳥貴族」の
メニューフライヤーを貼り出しておきます。
これらすべてが食べ放題・飲み放題となるわけです。
1人2800円です。
いやあ私もこの「鳥貴族」の
別のチェーン店に行ったことがあるのですが、
けっこうボリュームがあり、食べごたえがあるんですよこれがまた。
さすがは貴族と名乗るだけのことが・・・
いや、そういうわけでもないか。

今回、年末の忘年会とは別に夏場に「中締め会」をすることについて、
「珍しいですね」と問いかけられました。
はい、トリッキーな催しです・・・ごめんなさい。
この時期に実施する意味については
以前書いたことがあるのでここでは省きますが、
当ジムでは中締め会と忘年会しかやりません。
これは大原則なのね。


そろそろ8月分の月会費納入をお願いいたします。
また、今月まではチケット利用してたけど、
8月は夏休みだし月会費にしたいなと思われる方は
お気軽にお申し出ください。
たとえば今日8月分会費を払い込めば、
8月末まではその会費が有効となります。
なので今日から7月末までは
チケット利用は不要になるということですね。
なんかこういった裏ワザっぽいことを
ジム側がすすめるってのも変だと思いますが
そのへんは別にまあ細かいことを気にしないのでいいのですよ。


昨日も書きましたが、練習生の皆さんからの
ご意見やご要望、ご提案、そして苦情は喜んでお受けいたします。
実現の可否はまた別ですが、真剣に考慮したうえで回答いたします。
頂いたお声はジムを成長させる大きな糧になるものと考えてます。
私もジムを運営するにあたっては
できるだけこまやかな配慮と心配りをしているつもりですが、
ジムを開けている全時間帯常駐しているわけではなく、
また、十分に見ているつもりでも主観の違いから起こる
「見えてはいたが、気づいてはいなかった」点もありました。
練習生の皆さんはジムにとっては「お客様」です。
ジムに練習に来て下さっているお客様に対して、
礼儀と節度を重んじた対応と、
満足を頂ける丁寧な指導をすることは当然のことだと思います。
そして、練習生の皆さんにはそれを求める権利があります。
ですのでどうぞ、不手際があったり、
こうしてほしいといったご要望やご意見がございましたら
遠慮なくお気軽にお寄せください。
必ずなんらかの回答をいたします。
よろしくお願いいたします。


練習に来た時、ジムの前に原付をとめてもいいかと聞かれましたが、
もちろんOKです。
原付といわず、もっと大きな単車でもいいです。
リード90でも、KH250でも、Z400FXでも、Z750RSでも、
Z900RSでも、Z1100Rでもとめてもらっていいです。
いや、別にカワサキ車でなくてもとめてもらっていいですよ。

ただ、夜の時間帯はいっぱいでとめられないってこともあります。
その際はスタッフにお知らせください。
くれぐれも隣の家のガレージの前などに
勝手にとめるなどは厳禁です。
マナーを守りましょう。


体験入会について「いつ頃の時間帯ならすいてますか?」
とおたずねがありました。
平日であれば昼間はさほど混み合うことはありません。
夜はさすがに人数が多くなりますが、
指導スタッフも2人以上いますので
指導にぬかりはありません。
なのでいつでも遠慮なくいらして下さい。
お待ちしてます。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-23 12:49:27

中締め会は「焼鳥食べ放題」に決定

テーマ:ブログ
8月14日の金曜日、夕方6時より「中締め会」を行います。
場所は上本町ハイハイタウン2階の鳥貴族・上本町店。
今回も事務のポリシーにのっとり、「食べ放題・飲み放題」となります。
会費は男女とも2800円、メニューは焼き鳥がメインです。
飲みものは酒類もソフトドリンクもすべてOKです。

これまで忘年会においては焼肉食べ放題、
ダイニング居酒屋食べ・飲み放題、と食べ飲み放題まくってきました。
今回もその方針を変えずにいきます。

参加申込み締切は8月7日金曜日いっぱいとしますが、
収容可能人数の都合もあり、
定員いっぱいとなった場合は早くに打ち切りとすることもあります。
なので「ひひひひ、ぎりぎりまで待って締切直前に名前書いてやれ」
などといらぬ余裕をかましていると、
あーらたいへん参加できなくなったよってことにもなりかねないですよ。
なので早いとこ決めて早いとこ名前を書きましょう。

また、その8月14日は夕方5時までの練習となります。


練習生の方よりスタッフの練習生に対する
礼儀や対応についてのご意見を頂きました。
全面的に反省すべき内容であり、見落としていた面もありましたので
「改善します」の返答と、おわびと、
ご意見を頂いたことに対してのお礼とをしたためて
返信をお送りいたしました。
改善については昨日のうちに動きました。

練習生の皆さん、あるいはサイトをご覧になられた方々から
頂くご意見やご要望、ご提案あるいは苦情ですが、
すべて無条件で受け入れるというわけではありません。
物理的に不可能であったり、経済的理由で困難、
あるいはジムの方針にそぐわないから、
その他の理由で受け入れができない事項もありました。
また、先日の「リングをロープで区分する」のように、
私の独断ではなく、
より広く皆さんにご意見を求めて判断したこともあります。
いずれにしてもそのつどよく考えて、
可能なことはできるだけ実現することにしてます。


昨日はまた「おひさしぶりね♪練習生」がが数名いらっしゃいました。
ずいぶん久しぶりに練習にいらしても、
何の抵抗も支障も障害もハードルもわだかまりも
トラップも消波ブロックもテトラポッドも・・・
あ、なんかおかしくなってきましたね。
まあとにかく、いくらブランクがあろうとも
ごく自然に迎え入れますよってことです。

昨日久しぶりに練習にいらした方も、
練習を再開するにあたって何の手続きも話もないことに
「えっ?えらくあっさりなんですね」と驚いておられましたが、
いやまあほんとに気軽です。
昨日練習にいらして今日またいらした方も、
2年前にいらしたのが最後で、今日ひさしぶりにいらした方も、
同じようにお迎えして対応します。
なので「今まで何しとったんや」とか
「よくもまあぬけぬけと顔出せたな」とか
「入会しなおせ」とか、そんなことは絶対に言ったりしません。
それに類似する内容の言動もいたしません。
また、顔をしかめてあからさまに嫌悪感もろ出しで対応するとか、
「じゃあまずジムのTシャツ着て難波までロードワークしてこい」
などと手のこんだいやがらせをしたりも・・・もうきりがないので
このへんにしといたるわにしておきますが、まとめて言うならば
そのような心配や不安はまったくいらないよってことです。
さわやかで晴れやかな気分で練習を再開できること間違いなし。


先日ですが、マウントオリーブボクシングクラブの岡崎が
「わきをしめて、あごをひいて打つ」ことの重要性を
ブログで語っておりました。
いやあまさにそのとおりだと思います。
私もジム内でしょっちゅうそのことを口にしてます。
それは基本中の基本であり、
攻撃と防御を両立させるいちばん簡単な形です。
その基本を身につけたうえで応用技術として
形を少し変えてみることは悪いことではないです。
しかし、基本が不十分なのに、
形だけまねをしても内容がともなっていないため、
まったく意味がありません。
すかすかのぼろぼろで役に立たないですね。
すなわち、内容がないようと・・・
ごめんなさい、こりもせずまた書きました。


体験入会ですが、いつでもこいっ!・・・
ごめんなさい、いつでもいらしてください。
予約は不要です。
けど先日も書いたように、自分で自分に
「予約したんだしどうしても行かなきゃ」と
プレッシャーをかけたい時は、
メールでも電話でも電報でも伝書鳩でもいいので
予約の連絡をください。
予約の電話、いつでもかかってこいっ!・・・
ごめんなさい、いつでもおかけください。
ただ、超忙しかったり、
ミットを受けてる最中だとかで手が離せなかったり、
電話に出られないことも時々あったりするので、
「どうしても予約を入れないと気がすまないのだ」と思われる際は
メールでの連絡がありがたいですね。
もちろん本来は予約不要OKですので、
何の連絡もなしにいきなりいらしてもらって大丈夫です。
むしろそれを歓迎してます。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-22 11:24:53

まず守ることから始めてみよう

テーマ:ブログ
昨日は夜に建部さんが来て下さいました。
ありがとうございます。
当ジムは「指導サポート」として
指導のお手伝いをして下さる方を常時募集してます。
不定期でOK、指導をするかたわら、
ご自身の練習をして下さってよいです。
詳しくは「トレーナー募集のお知らせ」をご覧ください。


チケットを忘れてきてしまったって方は、
「ツケ」にすることができます。
「あのー、今日チケット持ってくるの忘れちまいました」と
申告を頂ければ
「では次回2枚持ってきてくださいな」と
「ツケ帳」に記しておきます。
ですので「ううっ、今日はチケット忘れた・・・練習に行けない」
などとあきらめなくてもよいです。


シャワールームのボディソープがなくなってしまってました。
補充用の予備まできらしてしまってまして、
しばらく何もない状態になってました。
昨日の昼に補充しました。
いやいや皆さんごめんなさい。
なんせこの季節はシャワーを利用される方がけっこう多いので
なくなっちまうのもまた早いのです。
できるだけこまめにチェックして補充するようにいたします。

で、何度もここで書き、シャワールームにも貼ってますが、
シャワールームのバスタオルは1人1枚の利用としてください。
いまだに何枚も使われる方がいるようです。
これも時々チェックして補充してますが、
シャワーを使った人数に対して、
使われたタオルの枚数が多いといったことも時々見受けます。
2枚以上使いたいなら、ご自身で持ち込みをお願いします。
これも他の練習生の方に迷惑がかかることになるわけで、
決められたルールは守って頂くようお願いいたします。


「マスボクシングがうまくできない」 
「マスがこわい」といった話を時々聞きます。
こわくないからねえ、へへへへ・・・
などと言わず、まじめに書きます。
マスボクシングを始めて間もない方が
そういった感覚になるものと思いますが、
それらに関していちばん手っとり早いと思われる方法は
ディフェンスを中心にした練習をしようと
意識してやってみることです。
相手が打ってきたパンチをガードで防ぐ、
パンチにタイミングを合わせて「ぺちっ」と軽く払い落とす、
そういった動きを中心にしてみてください。
それに慣れてきたら、自分も攻撃をしてみましょう。
相手の攻撃のペースがゆっくりになったあたりで
「よし、今だ」とパンチを打ってみましょう。
最初はそのようなディフェンスを主体にした「守りマス」でいいです。
それを何度か繰り返しているうちに目が慣れて、
相手のパンチがよく見えるようになります。
そうなれば、右手で相手のパンチを払い落とすと同時に
左のパンチを打ち込むとか、
右-左、と相手のパンチをブロックした直後に
同じ動きの流れで右のパンチを打ち返すとか
防御と攻撃をひとまとめにした動きができるようになります。
さらには相手がパンチを打とうとモーションに入った瞬間に、
「めっ」とばかりに腕を伸ばして打とうとしたパンチの
出鼻をくじくとかもできるようになります。
まずはディフェンスの動きから慣れていくこともひとつの方法です。
いちばんやるべきではないのは、
お互いに直撃しない約束であることをいいことに
ディフェンスをほとんどすることなしに
自分の攻撃ばかりを執拗に繰り返す、
そういった内容のマスボクシングです。
それでは何の練習にもなりません。
相手のパンチが当たらないのは、
ただ単に眼前で止めてくれているから、それだけです。
これがスパーリングになると、同じ感覚で攻めていこうとしても、
何発も直撃をくらってそれどころではなくなります。
「スパーリングはしない、マスボクシングだけでいい」と
おっしゃる方も多いですが、
それでもより効果的な練習をするために、
ディフェンスの重要性を再度見直してみてください。


女性の方の割合があいかわらず高いです。
そして皆さん熱心に練習されてます。
男衆も皆さん熱心に練習されてます。
ただまあひとつ言えば、
基本をしっかりとおさえて練習しているかどうかで
「時間対効果」が大きく変わってきます。
基本から外れた無駄な動きばかりを続けていると、疲れるのが早いけど、
練習効果はさほどあがらないってことになります。
基本の動きイコール無駄のないきれいな動きってことですね。
そして無駄のない動きってのはきれいな動きってことです。
きれいを目指しましょう。


体験入会での練習はおよそ1時間くらいになります。
途中で何度か休憩をはさみ、無理のないように進めていきます。
柔軟体操-なわとび-かまえかた-ストレートを打つ-
ミット打ち-サンドバッグ-おさらい-ぶるぶるくん-整理体操、
といった流れになります。
もちろんスタッフがマンツーマンに近い指導のうえで練習を進め、
かまえかた、打ちかた、
その他いろいろの部分を基本から指導いたします。
最初はうまくできなくて当然です。
未経験の方で最初からうまくできる方はほとんどいらっしゃいません。
空手であるとか別の格闘技の経験があるって方はその応用で
の見込みが早いところもありますが、その方々は例外でしょう。
なので「うーん、うまくできないよ」と不安にならなくてもいいです。
練習を続けているうちに自然にうまくなっていきます。
ただ、「どうせ自分にはだめだ」「向いてないんだ」などと
あきらめの考えでとりくんでいてはうまくなりません。
ジムとしては「うまくしよう、うまくしよう」と懸命に後押しをします。
なので「うまくなるぞ」とがんばってください。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-21 11:55:11

まず原因を解明してみよう

テーマ:ブログ
先週土曜日はなかなかうんうんいやいや
これはこれはといった多数の方が
練習にいらして下さいまして、
皆さんいつもながらのご愛顧、心から感謝いたします。
ありがとうございます。


「おひさしぶりね☆練習生」がまたぼちぼちといらしてます。
「ずいぶん長く練習から離れちまったしなあ・・・
 どのツラ下げてジムに行けるんだよ」
などと考えるこたあありません。ひとっつもありません。
だって、何ね言わずにフェイドアウトするかのように、
いつのまにか練習に来なくなっちゃったって方は
それこそ星の数ほど・・・いや、そこまではおおげさですが、
もう数え切れないほどの人数になってるんですよ。
なので、久しぶりに練習にいらしても、
「こうこうこういう事情で来られなかったんですよ」
などと説明する必要はありません。
ジム側もいちいちそんなことを気にすることもないです。
昨日練習に来て今日また来られた方も、
2年前に来て今日久しぶりにいらした方も
同じように対応いたします。
せいぜい「やあ、お久しぶりですね」と声をかける程度ですね。
いつのまにか来なくなった方は珍しくありませんし、
いつのまにか来なくなった後にまたいらしてるといった方も
同じように珍しくありません。
なので何も気にせずにいらしてください。
お待ちいたしております。


先日、ダイエットモニターの方より
「フックを打つと腕が痛くなる友人の方」の話を聞きました。
ブログでもふれられていたのでご覧になった方も多いかと思います。
フックに限らずパンチを打ってどこかが痛くなるってのは、
打ちかたに問題があることがほとんどです。
たとえば、サンドバッグにストレートを打ち込んだ時を例としますと、
まず、拳が痛くなるのは腕力で力まかせに打っているためです。
ボクシングのパンチは腕っぷしで打つのではなく、
全身、特に足腰をつかって拳に重みを乗せる形になります。
なので、パンデージを厚く巻こうが、グラブを大きなものに変えようが、
腕力だけの打ちかたを修正しないとほとんど変わることはありません。

次に、手首が痛くなるのは、当たった時の角度に問題があります。
ゆっくりでいいのでナックルパート
(拳の前面、平たくなった部分)を
全面が確実に当たるように角度を修正してみてください。

ひじが痛くなるのはほとんどの場合、
腕が伸びきっていないうちに当たっているからです。
当てるべき部分(ヒットポイント)までの距離に応じて
力の入れ方を変えることが必要になります。
長い距離であれば腕を伸ばしきって打ち抜くことになりますが、
短い距離であれば、力の入れかたを調整して打つことが必要になります。
練習を始めて間もないうちは、
伸ばしきって当たる距離で打ち抜く練習をしてもらい、
慣れてくれば短い距離を「ショートで打つ」練習も入れていきます。
しかし、その「ショートで打つ」べき短い距離を思いきり打ち抜くと
サンドバッグを押すような力の入りかたとなり、
伸びきっていないひじの部分にその衝撃の反動がたまることになり、
それが痛みの原因となります。
これは先述の「拳あるいは手首が痛くなる」も同じで、
要は打った時の衝撃がうまく抜けていくことなく
その部分に残ってしまい、それが痛みにつながるってことです。
なので、打った時にどこかが痛くなるって方は、
まず打ちかたをあらためて見直して下さい。
基本に立ち戻りましょう。改善されるはずだと思います。

あっ、しまった、
この内容ってQ&Aコーナーで使えばよかった・・・。
けどもともと質問としてもらったメールではなかったしなあ・・・。
Q&Aコーナーは次はいつ更新できるでしょうか。


体験入会は予約不要です。
しかし予約を受け付けしていないということではないので、
「いや、予約することで、『予約したんだから行かなきゃ』と
自分にプレッシャーをかけたいから」
といった理由で予約をしてもらうこともできます。
そして
「予約したけど結局は自分に負けてしまって
 すっぽんかましてしまった」といった場合も、
「もう2度と行かない」などと思わなくてもよいです。
また、すっぽかす時も「行けなくなりました」と
連絡を頂かなくてもいいです。
あっ、しまった、
「連絡を入れた」ということは「すっぽかす」とは言わないわな。
ほんとにまったくばーかばーか。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-07-18 12:43:42

くびれ体型への道

テーマ:ブログ
昨日告知しました高知遠征ですが、
参加希望の方は7月22日までにお知らせください。
費用やスケジュールなど詳細は松尾くんに確認ください。
昨日高知の岡崎と連絡をとりあったのですが、
「懇親会は気合入れるから」とのことです。


昨日は夜に平川さん・建部さん・松本さんの3人が来て下さいまして、
総勢5名の豪華指導陣がジム内で熱血指導、
なんかおおげさですが、
いやまあそれでもたくさんいると指導も充実します。
皆さんありがとうございます。


ダイエットを目的として練習にいらしている方が
多数いらっしゃるのですが、
当ジムでの練習においては体重が減ることと同時に
体型がきれいにしぼられていくシェイプアップ効果も高いのです。
なので
「確かに体重は減ったけどさあ、体がひとまわり小さくなっただけで、
体型はさほど変わらないのよねえ」といったことはあまりありません。
逆に「うーん、体重はまだあまり減ってないんだけど、
体のあちこちがしぼられてきてるみたいなんだわさ」
といったことがよく起こります。
まあ考えればお分かりになるかと思いますが、
食事制限でのダイエットでは体重は減っても、
筋肉が発達して体がひきしまってくるってことは起こりえないです。
しかしボクシングの練習によるダイエットは、
まず体のあちこちの筋肉が増強されることで
その部分の無駄な脂肪がそげ落ちていくために文字どおり
「いらんものがなくなってひきしまる」といったことになり、
基本的には全身運動ですが、パンチを打つ時には
○二の腕を伸ばしたり引いたりする
○つま先を軸にして足首・ふくらはぎ・太もも・腰・背中を半回転
といった動きをするため、
そのへんが自然にひきしまって細くなってきたり、くびれてきたり、
となるわけですね。
そしてその体の変化にともなって、
そのあたりの無駄無駄脂肪がなくなっていくことで
体重も減っていきます。
なので、
「体重はあまり減ってないんだけどさ、
 なぜかスカートがゆるくなってきたのよ」など
あらあらいつのまにかなぜなぜといったことになったりするのですよ。
基本からじっくりきっちりしっかりと身につけた動きってのは、
こういったところでも効果を左右するわけですね。
正しい動きは言いかえれば体のあちこちの部分を効率よく動かして、
その部分のいらん脂肪を効率よく燃やして
消滅させていくってことです。
いやあ、ボクシングってほんとうにすばらしいですね。


今、「部分的な練習」ってのをわりと多くとりいれてます。
たとえばガードを集中して練習させる練習とかその他いろいろですね。
今月初めの試合では、
ガードおろそかにしたために、そこを打ち込まれて、
それが大きな敗因となった方も何人かいました。
「そこがしっかりできてたら・・・」と
もったいない負けかたをされており、
その部分を集中して直そうぜってことです。
負けたのは相手が強かったからではなく、勝負は時の運だよでもなく、
その他の原因でもなく、ただ単に自分が弱かった、
未熟だったということです。
それを見直さずに原因を自分以外のところに転嫁して
「しかたないよ」などと言っているうちは
いつまでたっても同じことの繰り返しをすることになります。
仮にひとつ勝ったとしても、その次は負けます、その次もまた負けます、
そうして気がつけば大きく負け越している、といったことになります。
なぜなら自分の実力に関係なく、
戦績が増えていけば試合でもその戦績に見合った相手と
対戦する可能性が大きくなるからです。
そうならないようにするためには、
勝っても負けてもとにかく反省すること。
そして試合で浮き彫りになった
自分の反省点を克服する練習をしましょう。
強い選手ほど慢心することなく自分を省みる時間を作っているものです。
先日の大会で当ジムは団体優勝を果たしました。
しかし、第2位の大阪大学があと2人か3人選手を出場させていたなら、
大阪大が優勝、当ジムは第2位になっていたであろうと思います。
あの大学の伝統スタイルともいえる鉄壁に近い堅固なガード、
そのガードのかまえからすかさず最短距離を打ちこんでくるストレート、
チャンスとあらばいっきに攻め込んでくる攻撃ダッシュ力、
そして試合の後半や終盤でも
ほとんど動きのペースが崩れないすさまじい体力、
それらはすべて基本中の基本です。
それがしっかり抑えられていれば、
その上にまた応用技術を載せていくことも容易です。


「体験入会は予約不要」です。ほんとに予約不要、
絶対に予約不要、真剣に予約不要、天地神明に誓って予約不要、
それでやっぱりどう転んでも結局は予約不要です。
なので、運動のできるウェア上下と運動靴だけ
持ってきてくださればよいです。
また、それらを忘れても、
ビジター用のウェアと靴の用意もありますので
「しまった、せっかく来たのに・・・」となっても大丈夫、
スタッフにお申し出ください。
また、女性の方には女性専用のビジター用ウェアを用意しております。
ただ、そうは言えども女性の方はやはり
「自分のウェアでないと・・・」と
ビジター用を遠慮されるかと思いますが、
「ウェアは持ってきたけど、あっ・・・靴忘れたっ」といった方は
お貸しできますのでお気軽にお申し出ください。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。