カシメロの王座をWBO認める発表 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

カシメロの王座をWBO認める発表 4団体統一目指す井上尚弥の“対抗王者”

 世界ボクシング機構(WBO)は23日、バンタム級世界王座を、ジョン・リエル・カシメロが保持していると結論づけたと発表した。

 カシメロは11日に予定されていたポール・バトラーとの防衛戦で、前日計量を欠席。防衛戦は中止となり、WBOは正式な診断書や、医療的な根拠を10日以内に提出するようカシメロ側に求めていた。

 WBOの結論はカシメロの王座維持。プロモーターのプロベラムには、15日以内にバトラーとの試合を再び設定(リスケジュール)するかどうかを決めるよう求めた。

 WBOが公表した文章には、カシメロが提出した診断書などの医学的な根拠は、正式なものとして認めるとし、バトラー戦を回避した理由が「ウイルス性の胃炎」であったとする趣旨の記述がある。

 バンタム級は、日本の井上尚弥がWBAとIBFの王座を保持しており、4団体統一を目指す井上にとって、カシメロは対抗王者となる。WBC王者はノニト・ドネアで、今月、同団体の暫定王者だったガバリョとの統一戦にKO勝利している。

 

 

でもバトラーとの防衛戦やるんでしょ?井上の統一戦計画がまた先に延びるんですよね。ドネア・カシメロ逆でもいいので何とか来年中には統一して欲しいものです。カシメロ今度は返上とかいうなよな、あんだけ挑発しておいて・・でも来年も尾身クロンの影響でどうなる事やら