東日本ボクシング協会 浦谷信彰執行理事の辞職を引き続き求める | ボクシング・メタボリック
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて40年。阪神タイガースファン歴40年世界戦初生観戦は1983年西は熊本・福岡・沖縄とおそらく300試合は越えている。海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。

東日本ボクシング協会、12月末でプロモーターへの補助終了 試合管理行う準備委員会立ち上げも報告

[ 2021年12月16日 17:33 ]

 ジム会長らで組織する東日本ボクシング協会は16日、定例理事会を開き、コロナ禍による興業開催時の制限が緩和されたことに伴い、プロモーターへの補助金支給を12月末で終了とすることなどを決議した。

 昨年7月の興業再開後、観客数は収容人数の50%に制限され、選手の試合前日の指定場所での隔離なども義務づけられた。同協会は東京・後楽園ホールで興業を開催するプロモーターに対し、出場選手1人あたり2万円を支給していたが、後楽園ホールが12月からほぼ100%の入場を認め、隔離も自主隔離に変更されたことを受け、補助金を12月末で終了。プロモーターフィーの減額措置も同じく12月末で終了するとした。

 なお、今月9日に開かれた日本プロボクシング協会(JPBA)の臨時理事会で日本ボクシングコミッション(JBC)への新たな対応が決議されたことも報告された。新田渉世事務局長(川崎新田ジム会長)によると、(1)1月から試合承認料などをJPBAと各地区協会で一時預かりとすることは保留するが、JBCのガバナンス体制の不備、財政の悪化を招いた責任を追及し、浦谷信彰執行理事の辞職を引き続き求める(2)浦谷執行理事の試合会場への立ち入り禁止し(3)JBCの財政悪化による存続リスクに備え、試合管理を行える体制作りのため、JPBAに準備委員会を立ち上げる…の3点が決議されたという。

 JBCからは前回の要望書に対する回答が6日にあり、その内容への対応だという。JBCの回答については公表しなかった。

 

かつて世界チャンピオンだった宮崎と日本のトップレフリーと言われたこともあった浦谷さん、宮崎は更生して執行猶予が切れるのを待ってリング復帰しましたが、浦谷さん完全に悪人としてまわりに認知されちゃいましたね。まあ裁判の判決も受け入れず居座ってるんですから協会からJBC,会場から出てけコールくらっても当然でしょう。それでも問題すり替えて守るJBCは凄い。

元世界王者・宮崎亮 5年4カ月ぶり復帰戦勝利「お父さんとして頑張れる」

16日 ボクシング51・5キロ契約ノンタイトル6回戦(メルパルクホール大阪)

 元WBA世界ミニマム級王者の宮崎亮(33)=3150ファイト=が約5年ぶりの復帰戦を白星で飾った。寺次孝有希(30)=ミサイル工藤=と対戦し、3ラウンド2分11秒、TKOで勝利した。戦績は30戦25勝(16KO)2敗3分け。

 序盤から強打で主導権を握った。ジャブでリズムをつくり、強烈な左ボディーをねじ込んだ。そして第3ラウンド、左ボディーから右ストレートをぶち込みダウンを奪うと、レフェリーが試合を止めた。完勝だった。

 試合後は「やっぱり子供がおるから、お父さんとして頑張れると思った。デビュー戦の気持ちで、いろいろ確かめながらやりました。頑張りますので、今後も応援よろしくお願いします」と声を張り上げた。

 宮崎は2012年にWBA世界ミニマム級王座を獲得。2度の防衛に成功した。だが、17年9月に運転免許停止中に車を運転した上、公務執行妨害で現行犯逮捕され、懲役1年、執行猶予3年の判決を受けた。試合は16年にWBA世界ライトフライ級王者だった田口良一に挑戦して以来だった。